人気ブログランキング |

カテゴリ:東電原発事故( 51 )

 

「市松模様」米NRCのレポート 2014


F1爆発核事故で

4基の燃料プールが危機となった。

冷却水が無くなる恐れがあった。


東京が危うくなった。

F1の核燃料プールは過密だった。


米専門家が

日本は(HOTな核燃料を)

市松模様にしていないのか!

と驚いたと言う。


それから7年が経つが、

この「市松模様」の保管方法は採用されたとは聞かない。


伊方原発も「市松模様」にしたとは聞かない。


それどころか、

ドライキャスクに保管するので、

空きの出来た所に増える使用済み核燃料を入れると言うし、


さらに、

リラッキング(間隔を狭め更に詰め込む)を狙っている。


本来は

核燃料の保管は、より安全にしなけばならないのに。


原発を

稼働させたいばかりに、より安全な方法を選ばない。

コストのかかる より安全な方法を選ばない。


でもね、

14より1:8の「市松模様」


311の教訓を忘れてはならない。。





以下に原文を、

翻訳はexcite 参考まで。


ML14218A493

UNITED STATES

NUCLEAR REGULATORY  COMMISSION

OFFICE OF NEW REACTORS

OFFICE OF NUCLEAR REACTOR REGULATION

OFFICE OF NUCLEAR MATERIAL SAFETY ANDSAFEGUARDS

WASHINGTON, DC 20555-0001

November 14, 2014

NRC INFORMATION NOTICE 2014-14:

POTENTIAL SAFETY ENHANCEMENTS TO

SPENT FUEL POOL STORAGE

ADDRESSEES

All holders of an operating license orconstruction permit for a nuclear power reactor under

Title 10 of the

Code of Federal Regulations

(10 CFR) Part 50, “Domestic Licensing of

Production and Utilization Facilities,”including those that have permanently ceased operations

and have spent fuel stored in spent fuelpools (SFPs).

All holders of and applicants for a powerreactor early site permit, combined license, standard

design approval, or manufacturing licenseunder 10 CFR Part 52, “Licenses, Certifications, and

Approvals for Nuclear Power Plants.” Allapplicants for a standard design certification, including

such applicants after initial issuance of adesign certification rule.

All holders of and applicants for anindependent spent fuel storage installation license under

10 CFR Part 72, “Licensing Requirements forthe Independent Storage of Spent Nuclear Fuel,

High-Level Radioactive Waste, andReactor-Related Greater Than Class C Waste.”


操作ライセンスまたは建築のすべてのホルダーは、原子力反応炉のために下に許す

the10にタイトルを付けなさい

米国連邦規制基準

10 CFR)部分50、それの"国内のライセンス

生産と利用設備、恒久的に操作を止めたそれらを含む

そして、使われた燃料プール(SFPs)に蓄えられた燃料を使った。

それのすべてのホルダーおよび動力炉より早いサイトへの志願者は、標準を許す結合されたライセンス

デザイン承認、または"ライセンス10未満CFR部分52のライセンスを製造すること、証明 および

原子力発電所のための承認。」標準へのすべての志願者は証明をデザインし、含む

デザイン証明規則の初期の発行の後の、そのような志願者。

それのすべてのホルダー、および独立な使われた燃料ストレージ設備への志願者は、下にライセンスする

10 CFR  部分72、使われた核燃料の独立なストレージのためのライセンス要件、

ハイレベルの放射性廃棄物およびクラスC浪費より大きいので、反応炉関連である。」


PURPOSE


The U.S. Nuclear Regulatory Commission(NRC) is is

suing this information notice (IN) toinform

licensees of insights associated with thestorage of spent fuel in SFPs gained through study of a

reference boiling-water reactor SFP. Theinsights discussed in this IN may help optimize

operating practices and event mitigationcapabilities to further enhance the safety of spent fuel

storage in pools. Addressees should reviewthe information for applicability to their facilities and

consider actions as appropriate. However,

suggestions contained in this IN are notNRC

requirements; therefore, no specific actionor written response is required.


米国原子力規制委員会(NRC)はであり、そうである

知らせるために、この情報注目(所)を訴える

洞察のライセンシーは、aの研究を通して得られたSFPsの使われた燃料のストレージと交際した

参照沸騰水型軽水炉SFP。このINにおいて議論された洞察は、最適化するのに役立っているかもしれない

使われた燃料の安全をさらに強化することの操作習慣とイベント緩和機能

プールのストレージ。受信者がそれらの設備に適応性のための情報をレビューするべきであるおよび

適切なので、行動を考慮しなさい。しかし、

このINに含まれている提案はNRCではない

要件;従って、具体的な行動または書かれた反応は全然必要ではない。


BACKGROUND


On March 11, 2011, the Tōhoku earthquakeand subsequent tsunami in Japan resulted in

significant damage to the FukushimaDai-ichi nuclear power station. The Fukushima Dai-ichi

SFP-structures remained intact, and thespent fuel assemblies stored in the pools remained

cool and water-covered throughout thisevent and subsequent recovery. Nevertheless,


2011311日に、日本のTōhoku地震およびその後の津波は、中に結果として生じていた

福島Dai-ichi原子力発電所への重要な損害。福島Dai-ichi

SFP-構造は、とどまるプールにそのままであり続けて、使われた燃料アセンブリは貯蔵可能であった

冷却し、このイベントおよびその後の回復にわたって水カバーされなさい。それにもかかわらず、


uncertainty regarding the status of thepools during the event raised questions about the safe

storage of spent fuel and whether the NRCshould require expedited transfer of spent fuel to dry

cask storage at nuclear power plants in theU.S.


金庫についてのイベント上げられた問題の間のプールのステータスについての不確実性

使われた燃料のストレージおよびNRCが、乾燥に、使われた燃料の促進された転送を

必要とするはずであるかどうかにかかわらず米国の原子力発電所のたるストレージ


Subsequently, in the summer of 2011, theNRC staff initiated a research project, “Consequence

Study of a Beyond-Design-Basis EarthquakeAffecting the Spent Fuel Pool for a U.S. Mark I

Boiling Water Reactor,” referred to as theSFP study or the SFPS. The results of the SFPS are

published in NUREG-2161. The SFPS examined the consequences of ahypothetical SFP

accident initiated by an unlikely,beyond-design-basis seismic event. The SFPS concluded,

consistent with earlier generic NRC studies,that the reference plant’s SFP was a robust

structure that is likely to withstandsevere earthquakes without leaking. Nevertheless, the NRC

staff analyzed the pool structure todetermine the most likely location and size of leaks that

could develop as a result of such anextreme earthquake. From thatinformation, the NRC staff

determined the conditions that would resultin fuel overheating, considering both a low-density

and high-density storage configuration, andthe radiological consequences of any predicted

release of radioactive material into theenvironment. In the unlikely eventof a leak, and

subsequent emptying of the SFP, this studyshowed that (for the scenarios and SFP studied)

the spent fuel was only susceptible tooverheating and a radiological release within a few

months after it was moved from the reactorinto the SFP. If a leak developsafter those first few

months from when the fuel was moved fromthe reactor into the SFP, then the study found that

air cooling was sufficient to preventoverheating of the spent fuel (for the 72 hour time period

analyzed in the SFPS). The SFPS demonstrated that the periodin which fuel could overheat

could be further reduced by dispersing thehottest assemblies among a larger number of colder

assemblies and by the effective deploymentof equipment and strategies implemented pursuant

to the requirements of 10 CFR 50.54(hh)(2).


その後、2011の夏にNRCスタッフが研究プロジェクトを開始したこと、"結果

米国マーク のための使われた燃料プールに影響しているデザイン向こう基礎地震の研究

沸騰水型軽水炉、SFP研究またはSFPSを称する SFPSの結果はそうである

NUREG-2161において出版される。 SFPSは仮定のSFPの結果を調査した

ありそうにない、デザイン向こう基礎地震イベントのため開始された事故。 SFPSは終えた、

参照プラントのSFPが頑強であったので、より早い一般的なNRC研究と一致している

漏らずに厳しい地震に耐えそうな構造。それにもかかわらずNRC

スタッフは、リーク that の最もありそうな位置とサイズを決定するために、プール構造を分析した

そのような極端な地震の結果として発展するかもしれない。その情報 NRCスタッフ から

決定される両方の低密度を考慮し、燃料オーバーヒートを結果として生じる条件

そして高密度ストレージコンフィギュレーション、および予測された何の放射性物質の結果でも

環境への放射性物質のリリース。リークのありそうにないイベントおよび

SFPのその後の空にこの研究によりそれは示された(調べられたシナリオとSFPのために)

使われた燃料は、少し内のオーバーヒートおよび放射性物質のリリースに影響され易かっただけである

それが反応炉からSFPに数ヶ月動かされた後に。 もしそれらの1番目の後にリークがほとんどを開発しないならば

燃料が反応炉からSFPに動かされて、そして、研究によってそれが見つかった時からの月

空気冷却は、使われた燃料のオーバーヒートを防止することについて十分であった(SFPSにおいて分析された

72時間回)(期間の間)。 SFPSはデモをした that 燃料が過熱するかもしれない期間

より大きい多く of の間の最も熱いアセンブリをより冷たく拡散させることによってさらに減らされえた

アセンブリおよび従って実施された機器と戦略の効果的な展開によって

10 CFR 50.54hh)(2)の要件に。


The SFPS analyzed cases with and withoutsuccessful deployment of 10 CFR 50.54(hh)(2)

equipment and strategies. For the included human reliabilityanalysis, the SFPS assumed that

there was sufficient staff to deploy theSFP mitigation systems and access was not impaired by

damage to the reactor core and primarycontainment. If the earthquake haddamaged multiple

reactors and SFPs, some of theseassumptions may be invalid.


SFPSは、成功した展開によって、および10CFR 50.54hh)(2)の展開なしでケースを分析した

機器と戦略。含まれる人の信頼性分析のために、SFPSはそれを仮定した

SFP緩和システムを使いこなすことについて十分なスタッフがいて、アクセスしなさい。過ぎて害されなかった

炉心および主要な抑制への損害。もし地震が複数を損ったならば

反応炉とSFPs、これらの仮定のうちのいくつかが無効であるかもしれない。


In response to the Fukushima Dai-ichiaccident, the NRC is currently implementing regulatory

actions to further enhance nuclear reactorand SFP safety For example, onMarch 12, 2012,

the staff issued Order EA-12-051 “Issuanceof Order To Modify Licenses with Regard to

Reliable Spent Fuel Pool Instrumentation,”which required that licensees install reliable means

of remotely monitoring wide-range SFPlevels to support effective prioritization of event

mitigation and recovery actions in theevent of a beyond-design-basis external event. Also on

March 12, 2012, the staff issued OrderEA-12-049 “Order Modifying Licenses with Regard to

Requirements for Mitigation Strategies forBeyond-Design-Basis External Events,” which

required licensees to develop, implement,and maintain guidance and strategies to maintain or

restore core cooling, containment, and SFP coolingcapabilities following a

beyond-design-basis external event. These requirements ensure additional mitigation capability

is in place (beyond that assumed in theSFPS) in the unlikely event in which degrading

conditions occur in the SFPs.


福島Dai-ichi事故に呼応して、NRCは現在規定していて実施している

例えば2012312日に原子炉とSFP安全をさらに強化する行動、

スタッフは、注文の注文EA-12-051"発行を修正ライセンスにそれに関連で出した

信頼できる使った燃料プール器械使用、ライセンシーが、信頼できる方法をインストールすることを必要とした

イベントの効果的な優先度付けをサポートするために広範囲に有効なSFPレベルを離れて監視する間に

デザイン向こう基礎外部イベントの場合の緩和と回復行動。またオン

2012312日、スタッフは、それに注文EA-12-049"注文修正ライセンスを関連で出した

デザイン向こう基礎外部イベントのための緩和戦略のための要件と"which

必要なライセンシー案内と戦略を開発すると実施すると維持するために維持するまたは

aに続いている中心的な冷却、抑制、およびSFP冷却機能を復元しなさい

デザイン向こう基礎外部イベント。 これらの要件は追加の緩和機能を保証する

ありそうにないイベント in which 低下 で、場所(SFPSにおいて仮定されたそれを過ぎる)である

条件はSFPsに存在する。


The NRC used insights from the SFPS toperform a regulatory analysis4of the fuel storage

practices at all U.S. operating nuclearreactors to help determine if expedited transfer of spent

fuel to dry casks was warranted. A regulatory analysis is the standardmethod for evaluating the

costs and benefits of a proposed Federalagency action. As part of its regulatory analysis, the

staff first conducted a safety goalscreening evaluation using the Commission’s safety goal

policy statement. The safety goal screening evaluation concluded that SFPaccidents are a

small contributor to the overall risks forpublic health and safety (less than one percent of the

Commission’s safety goal). Although the agency’s guidance wouldnormally allow the staff to

stop the evaluation upon determining thatthe proposed action does not provide a sufficient

safety enhancement to meet the threshold ofthe safety goal screening, the staff proceeded to

perform a cost benefit analysis to providethe Commission additional information. The staff

concluded that the expedited transfer ofspent fuel to dry cask storage would provide only a

minor or limited safety benefit (i.e., lessthan safety goal screening criteria), and that its

expected implementation costs would not bewarranted. Based on the regulatoryanalysis,

including the NRC staff’s review ofoperational experience, the NRC’s oversight history, and

other SFP studies, the NRC staffrecommended to the Commission that further regulatory action

not be pursued because the currentregulatory framework is sufficient to ensure adequate

protection of public health andsafety. The Commission approvedthis conclusion in SRM-

COMSECY-13-0030.


NRCは、規定しているanalysis4of 燃料ストレージ を実行するために、SFPSから洞察を用いた

決定するの if 促進された転送 of 使われる に役立っているすべての米国運営原子炉の習慣

たるを乾燥させる燃料は保証された。規定している分析は、theを評価する標準の方法である

提案された連邦機関行動のコストと利点。その規定している分析の部分 the として

スタッフは、最初、委員会の安全ゴールを使って安全ゴールスクリーニング評価を実施した

政策綱領。安全ゴールスクリーニング評価は終わり、SFP事故はaである

公衆衛生と安全のための全体のリスクへの小さい貢献者(委員会の安全ゴール

1パーセント未満)。エージェンシーの案内は、普通、スタッフが、することであることを可能にするけれども、

提案された行動により十分が提供されないと決めることへの評価を止めなさい

安全ゴールスクリーニングの入り口、スタッフと会う安全向上は、することを続行した

委員会追加情報を提供するために、コスト利点分析を実行しなさい。スタッフ

終えられるたるストレージを乾燥させる使われた燃料の促進された転送によりonly aだけが提供される

少ないまたは制限された安全利点(すなわち、安全ゴールスクリーニング標準より少し)、およびそれそれ

予期されるインプリメンテーションコストは保証されない。規定している分析に基づく、

操作上の経験、NRCの監督歴史のNRCスタッフのレビューを含むおよび

他のSFP研究、NRCスタッフは、委員会 that さらに規定している行動 に勧めた

現在の規定している枠組が、適正に保証することについて十分なので追跡されてはならない

公衆衛生と安全の保護。委員会はSRM-のこの結論を承認した


COMSECY-13-0030

DISCUSSION

The results of the SFPS and previousgeneric studies indicate that the current spent fuel

storage provides adequate protection of thepublic health and safety. Inaddition, recent

regulatory analyses have demonstrated thatthe safety benefits of further changes to SFP

operating practices would be limited,largely as a result of the low frequency of challenges that

could damage the SFP structure. However, the SFPS provided insightsinto operating practices

and mitigation capabilities that couldenhance defense-in-depth by further reducing the

likelihood of fuel assemblies overheatingin the event of substantial SFP damage.

Storing Spent Fuel in a More FavorableLoading Pattern

Spent fuel can be arranged in a dispersedpattern (e.g., 1 x 4 or a 1 x 8) that provides a more

favorable response to a loss of coolingwater. In a dispersed pattern,recently discharged (hot)

assemblies are surrounded by olderassemblies with less decay heat (cold). In some

circumstances, other patterns which do notsatisfy the definition of a dispersed pattern may be

used for a limited period of time when otherfactors prevent directly discharging the assemblies

into a dispersed pattern. See the illustration below for examplesof the 1 x 4 and 1 x 8 arrangements.


SFPSおよび前の一般的な研究の結果は、現在が燃料を使ったことを示す

ストレージは公衆衛生と安全の適正な保護を提供する。さらに、最近である

規定している分析は示した that SFPへのより一層の変化の安全利点

操作習慣は主として挑戦 that の低周波の結果として制限される

SFP構造を損うかもしれない。 しかし、SFPSは操作習慣に洞察を提供した

そして、deを強化できた緩和機能

さらに、theを減らすことによるfense-詳細

かなりのSFP損害の場合に過熱している燃料アセンブリの可能性。

貯蔵可能であることは燃料をより好意的なロードパターンに使った

使われた燃料は、より多くを提供する拡散したパターン(例えば、1x4または1x8)において配置できる

冷却水の損失に好意的な反応。拡散したパターン最近の放電(ホット)において

アセンブリは、少ない腐敗熱(冷気)によってより古いアセンブリにより取り囲まれる。いくつかにおいて

状況、拡散したパターンの定義を満たさない他のパターンはそうであるかもしれない

時間 他の事実 の制限された期間の間使われる

orsは、アセンブリを直接放電することを防止する

拡散したパターンに。 1x41x8の例のために下で説明を見なさい。


An air coolable fuel assembly is one where,in the unlikely event of a loss of cooling water from

the SFP, natural circulation of aircombined with radiative and conductive heat transfer between

the fuel and the storage rack structureswill prev

ent overheating of the fuel. From a risk

perspective, a reduction in the timebetween when an assembly is added to the SFP and when

it is air coolable is advantageous.


空気coolable燃料アセンブリは、もの それからの冷却水の損失のありそうにないイベントの所 である

SFP、空気の自然な流通は、間に、放射し、伝導性の熱伝達と結合した

燃料とストレージラックは、意志前を構造化する

燃料のentオーバーヒート。 リスクから

パースペクティブ、時間アセンブリがSFPに追加される時と時 の縮小

それがcoolableな空気である 有利である。


b0242956_22382911.png



Illustration of SFP patterns

From left to right: 1 x 4; 1 x 8

Red = a recently discharged assembly (hot);B

lue = an older, lower decay heat assembly(cold);

Black outline = repeating pattern

An air coolable fuel assembly is one where,in the unlikely event of a loss of cooling water from

the SFP, natural circulation of aircombined with radiative and conductive heat transfer between

the fuel and the storage rack structureswill prev

ent overheating of the fuel. From a risk

perspective, a reduction in the timebetween when an assembly is added to the SFP and when

it is air coolable is advantageous.


SFPパターンの説明

右への左から:1x41x8

=最近放電されたアセンブリ(ホット);B

lue=より古く、下の腐敗熱アセンブリ(冷気);

黒いアウトライン=反復パターン

空気coolable燃料アセンブリは、もの それからの冷却水の損失のありそうにないイベントの所 である

SFP、空気の自然な流通は、間に、放射し、伝導性の熱伝達と結合した

燃料とストレージラックは、意志前を構造化する

燃料のentオーバーヒート。 リスクから

パースペクティブ、時間アセンブリがSFPに追加される時と時 の縮小

それがcoolableな空気である 有利である。


Although variability in the SFP loadingconfigurations was not a focus of the SFPS, Section 9 of

the SFPS, “Considerations of Uncertainty,”cataloged sensitivity analyses, where the NRC staff

compared the thermal response of spent fuelstored in contiguous and 1 x 8 patterns with the

1 x 4 pattern (baseline configuration usedin the SFPS). In the unlikelyevent of a loss of cooling

water in the SFP, natural circulation ofair combined with radiative and conductive heat transfer

between the fuel and the storage rackstructures was found to reduce the likelihood of

overheating of the fuel. In the 1 x 4 pattern, fuel was found tobe air coolable for at least

72 hours for all but roughly the first 10percent of the operating cycle. When the 1 x 8 fuel

pattern was evaluated, air coolability forat least 72 hours was achieved earlier in the operating

cycle. As such, to further enhance air cooling of spent fuel,licensees may choose to configure

the SFP with a 1 x 8 loading pattern as animprovement over the standard 1 x 4 loading pattern.

If licensees choose to configure the SFP ina 1 x 8 pattern, licensees may consider integrating

the fuel movement necessary to achieve thechosen fuel configuration with necessary

operational fuel movement and implementingover multiple operating cycles to minimize overall

fuel transfers and the associatedrisk. See

IN 2014-09 for recent examples of SFPmisloading issues.


SFPロードコンフィギュレーションの変動性はSFPSのフォーカスではなかったそれのセクション9 けれども、

SFPS、「不確実性の考慮」により敏感さ分析where NRCスタッフがカタログに載せられた

比較される中に蓄えられた 隣接しているおよび使われた燃料の熱の反応 theを持つ1x8パターン

1x4パターン(ベースラインコンフィギュレーションはSFPSにおいて使った)。 冷却の損失のありそうにないイベントにおいて

SFPの水、空気の自然な流通は、放射し、伝導性の熱伝達と結合した

燃料とストレージラック構造の間では、その可能性を減らすために見つけられた

燃料のオーバーヒート。 1x4パターンにおいて、燃料は、少なくともそれのためにcoolableな空気であると気付かれた

すべてを除いて 乱暴に 操作サイクルの最初の10パーセント のための72時間。 1x8が燃料を補給する時

パターンは評価されて、最低72時間の間coolabilityを放映しなさい 操作の時により早く達成された

サイクル。そのようなもの〈使われた燃料の空気冷却をさらに強化する〉として、ライセンシーは、設定することを選ぶことができる

パターンをロードしている標準の1x4の上の改良としてパターンをロードしている1x8を持つSFP

もしライセンシーが、1x8パターンのSFPを設定することを選ぶならば、ライセンシーは、融合することを考慮するであろう

必需品によって、選ばれた燃料コンフィギュレーションを達成するのに必要な燃料動き

操作上の燃料動き、および全体に最小化する複数の操作サイクルの上の実施

燃料転送および関連したリスク。見なさい

SFP誤ロード問題の最近の例のためのIN2014-09年。


Directly Offloading Fuel from the Core intoDispersed Patterns in the SFP

The SFPS demonstrated that storing spentfuel in a dispersed pattern in SFPs promotes air

coolability of the spent fuel in theunlikely event of a loss of water. In addition, the SFPS

showed that minimizing the time that spentfuel is stored in a less favorable pattern could further

reduce the likelihood of a release if theSFP were to completely drain. Licensees may choose

to optimize spent fuel transfer into theSFP by direct placement in a dispersed pattern to further

enhance the safety of SFPs.


直接、コアから、SFPの拡散したパターンに燃料を荷下しする

SFPSは、SFPsの拡散したパターンの貯蔵可能使われた燃料が空気を促進するのを証明した

水の損失のありそうにないイベントの使われた燃料のcoolability その上のSFPS

燃料を使った時間を最小化することが、それほど好意的ではないパターンに蓄えられると知らせられて、することができた

もしSFPが完全に排水することになっていたならば、リリースの可能性を減らしなさい。 ライセンシーは選ぶことができる

するために、拡散したパターンでの直接的な配置によって、SFPに、使われた燃料転送を最適化するために

SFPsの安全を強化しなさい。


The SFPS identified that these strategiescan be challenged during periods of relatively higher

SFP heat load. In some cases, the SFPS found that existing strategiesrequired by 10 CFR

50.54(hh)(2) may not be effective, eitherbecause available equipment would not provide

sufficient mitigation flow rate orradiation levels on the refueling floor would preclude access of

responders to provide cooling water to theSFP. At the time of the SFPS, theactions being

taken to comply with Order EA-12-049 werenot fully developed and thus were not considered in

the SFPS. In light of the SFPS, licensees may choose to provideadditional mitigation

capabilities through, for example,pre-deploying mitigation equipment during times of high SFP

heat load, moving connection points andoperating controls for spray nozzles to areas of lower

dose, and providing additional watersources and connection points. Some or all of these

additional mitigation capabilities mayalready be planned to comply with Order EA-12-049.

As discussed above, Order EA-12-049requires, in part, actions associated with restoring and

maintaining SFP cooling capabilityfollowing a beyond-design-basis external event. For

example, the NRC-endorsed industry guidancefor compliance with this order, NEI 12-06,

Diverse and Flexible Coping Strategies

(FLEX) Implementation Guide” (ML12242A378),

includes a provision for connection pointsfor SFP makeup that do not require access to the

refueling floor and additional provisionsfor the reasonable protection of the associated

equipment from external events. These enhancements may provideadditional capability for

mitigating events that result in SFPdraining, beyond those required by 10 CFR 50.54(hh)(2)

and considered in the SFPS.


SFPSは識別し、これらの戦略は、期間 of の間に相対的により高く問題にされうる

SFP熱ロード。 場合によっては、SFPS10 CFRで既存の戦略が必要であると気付いた

入手可能な機器も提供しないので、50.54hh)(2)は効果的ではないかもしれない

燃料補給フロアの十分な緩和流量または放射能レベルは、それのアクセスを妨げる

SFPに冷却水を提供する応答者。 SFPSの時間 そうである行動

注文EA-12-049に従うために取られて、完全に発展するわけではなく、それから、中で考慮されるわけではなかった

SFPS SFPSを考慮して、ライセンシーは、追加の緩和を提供することを選ぶことができる

にの機能例えば、高いSFPの時の間の、あらかじめ使いこなしている緩和機器

熱ロード、進展接続要点、および動作することは、スプレーノズルのために下のエリアにコントロールする

一服および追加の水ソースと接続ポイントを提供する。いくつかまたはこれらのうちのすべて

追加の緩和機能は、注文EA-12-049に従うために、すでに計画できる。

上での議論のように、注文EA-12-049が、復元と関連した行動をある程度必要とする および

デザイン向こう基礎外部イベントに続いている維持SFP冷却機能。 それのために

例、この注文、NEI 12-06への服従のための、NRC-承認された産業案内、

「多様なおよび柔軟な対処戦略

FLEX)インプリメンテーションガイド"ML12242A378)、

theへのアクセスを必要としないSFPメイクアップのための接続ポイントへの用意を含む

結合の手頃な保護への燃料補給フロアおよび追加の用意

外部のイベントからの機器。これらの向上はそれに追加の機能を提供できる

10 CFR 50.54hh)(2)で必要なそれらを越えてSFP排水を結果として生じる緩和イベント

そして、SFPSにおいて考慮される。


CONCLUSION


The NRC’s studies continue to show thatcurrent SFPs are effectively designed to prevent

accidents affecting the safe storage offuel. The SFPS identifiedpotential improvements that

could help licensees further manage therisk of significant radiological releases associated with

SFPs. This IN discusses insights from the SFPS regarding an unlikely,beyond-design-basis

seismic event. Storing spent fuel in more favorable loading patterns,placing fuel in dispersed

patterns immediately after core offload,and taking action to improve mitigation strategies when

the SFP heat load is high may helplicensees further reduce the risk associated with the SFP.


NRCの研究は、現在のSFPsが、防止するように効果的にデザインされることを示し続ける

燃料の安全なストレージに影響している事故。 SFPSは潜在的な改良 that を識別した

ライセンシーが、結合する重要な放射性物質リリースのリスクをさらに行うことを手助けできた

SFPs このINはありそうになさ、デザイン向こう基礎についてSFPSから洞察を議論する

地震のイベント。より好意的なロードの貯蔵可能使われた燃料は、拡散し、燃料を中に置くことによって合わせて形づくる

コア荷下しのすぐ後のパターンおよび緩和戦略 を改善するために、行動を取る

SFP熱ロードは、ライセンシーが、SFPと関連したリスクをさらに減らすことを手助けできるので高い。



註) 本人の感想です。

出典: https://www.nrc.gov/docs/ML1421/ML14218A493.pdf 2014


  by setonokaze | 2018-07-16 22:54 | 東電原発事故

【下村証言】「東電本社には情報は届いていた」 / 朝日のスクープ

「東電本社には情報は届いていた」 「吉田調書」に続く朝日のスクープだ。

【要約】

下村健一氏はF1事故当時、内閣広報担当、元TBSアナウンサー
首相官邸と東電首脳のやりとりを克明に記した大学ノートを開示した。

菅首相が乗り込んだ「3.15」は東電テレビ会議の音が消えている。
「下村ノート」をもとに、緊迫した場面を再現する。

〔 6時7分 東電本社へ移動 〕
「総理執務室の誰か」が真っ青な顔で、
菅首相が東電幹部たちにぶった演説の内容を耳打ちした。

〔 現場撤退は絶対にない。日本の東半分を核廃棄物にするわけにいかない! 〕
〔 社長以下責任を負う 60才以上ここで死ぬ覚悟 〕
下村氏は驚愕した。
つい先ほどまで官邸には東電から情報がなかなか届かず、菅首相はいらだっていた。
ところが、東電本社には現場からリアルタイムで情報が入っていたのだ。
ノートの欄外に6分割されたモニター画面を描写した。

〔 かなり大きい音して急にゼロになった 〕
赤いボールペンでそう書き加えた。
2号機

〔 (東電)圧力容器 底抜けて下に落ちた? 〕
菅首相は枝野官房長官に電話した。
下村氏が理解したのは「免震重要棟を移す」ということだった。
すごく重大な状況が起きた
午前7時前、東電から紙が配られた。
「作業にあたる最低限の要員残して…」
注水作業をやめれば原子炉は加熱して制御不能になる。

〔 「注水作業と書いて!」 〕
と自身の発言を記録した。

東電本店にいる勝俣会長ら幹部について、
下村氏は「どこか他人事っぽかった」と振り返る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東電は都合の悪いことは口をつぐむ。
公開されたテレビ会議もそうだ。
東電に不都合なところは、
プライバシーに配慮し、と言いいカットだ。

重大事故に鑑み、
捜査資料として、いの一番に押収すべき重要証拠。
東電は証拠隠滅やりたい放題。

原子炉運転記録も、運転マニュアルも、機器チャートも重要証拠だ。
特に、過渡現象については、重要だ。                  参照1

各事故調は踏み込んだ調査をしていない。
証拠品一つ押収していない。
F1は地震で壊れたのか、津波で壊れたのかが、最大の問題。
地震で壊れたのなら、既存の原発の再稼働などあり得ない。

だから、各事故調がウニャムニャの調査に終わったのだろう。
F1から部課長級を含む9割の人が逃げた話も、               参照2
どの事故調の調査にない。

このスクープは
「吉田調書」に続く「下村証言」はジャーナリスト、マスコミが本来すべき姿。
一方的な東電発表だけを報道するのは、もうやめにしてほしい。





注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                東京新聞 2014年6月12日
1面
b0242956_7552124.jpg

b0242956_7553181.jpg

2面
b0242956_7554551.jpg

b0242956_7561564.jpg

b0242956_7563057.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照1 
F1は地震で壊れていた!地震原因説を追う/追いかける男 (18・終)データ絶対あるはず プロメテウスの罠
http://lituum.exblog.jp/21195391/
参照2
【吉田調書】原発所員、命令違反し撤退 / 朝日のスクープ
http://lituum.exblog.jp/22666359/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-3 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-2 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
-1 「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
9 トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
10 二人の元総理の挑戦 9 / 小泉・細川氏共闘第2章 脱原発国民運動へ 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22502319/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2014-06-13 08:06 | 東電原発事故

【吉田調書】海水注入止めた官邸の電話の主 危機招いた発端 残るなぞ / 朝日のスクープ


要約

2011年3月13日吉田所長は首相官邸から電話を受け
原子炉を痛める3号機への海水注入を断念して淡水に変更した。
電話の相手は誰だったのか。

吉田氏は電話の相手の可能性として、
東電の幹部と原子力安全・保安院の幹部の名を挙げたが、
断定はしなかった。

1時間近く3号機に水が入らず、原子炉はますます加熱した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
久々の朝日新聞の大スクープ。
だが、
政府は「直ちに」吉田氏の非公開を求める上申書を公開。
菅官房長官は開示しないと記者会見。                  参照1
吉田調書は、知られたくない、「真実」

黒塗りのところに、署名捺印があるかは定かでない。
黒塗りで隠して、本物ですと言われてもね。
本人確認にならない。
文章作成もプロがしていると思う。

「お話しいただいた言葉がほぼそのままの形で公にされる
可能性があるということをお含みいただいて、
それでこのヒアリングに応じていただきたいと思います」
と説明した。

吉田氏は「結構でございます」と即答しているから、
話が違う。

「吉田調書」は「不都合な真実」なのだ。
秘密法が施行されたら、闇に消える。


事故当初の、東電は、
F1は「直ちに再建可能」と考えていた様だ。
だから、真水にこだわった。

一度、海水を入れると、それは、原発の死を意味する。
経営者が、財産保全を最優先していた証だ。

規制委員会の解体も始まった。
F1すべてが「不都合な真実」として
秘密の闇に消えようとしている。。





注)個人の感想です。  
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               2014年5月27日朝日新聞
b0242956_20414720.jpg

参照1      時事ドットコム  2014.5.23
吉田元所長の「上申書」公開=証言資料は非開示-政府
 政府は23日、東京電力福島第1原発の事故発生時に所長だった吉田昌郎氏(故人)が政府事故調査・検証委員会に示した「上申書」を公開した。政府事故調の聴取に対し、吉田氏が証言した記録の非公開を求める内容。菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で、この上申書を理由に、証言資料は開示しない考えを改めて示した。
 上申書は、政府事故調が証言資料を国会事故調に提出するのに合わせて作成された。吉田氏はこの中で「国会事故調から第三者に向けて公表することは望まない」と強調。また、「本件資料が漏えいすることがないように、厳格に管理するとともに、調査終了後、資料を返却するよう希望する」としている。


参照2   内閣官房長官記者会見 平成26年5月23日(金)午後 
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201405/23_p.html
吉田元所長の「上申書」の公表について

平成26年5月

政府事故調が行った吉田元所長へのヒアリング記録の扱いについては、吉田元所長から政府事故調に「上申書」が提出されております。 今般、当該「上申書」を公表することといたしましたので、ご連絡いたします。

上申書(PDF形式:254KB)
b0242956_20441161.jpg

b0242956_2044448.jpg

(このブログはPDFを貼れないので、JPEGです。)

  by setonokaze | 2014-05-28 20:50 | 東電原発事故

これはモラルハザードだ / 被災者切り捨て そして再稼働 東京新聞 

今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
要約

【被災者切り捨て】
被災者切り捨ての動きも顕著だ。

【慰謝料は手切れ金】
「帰還困難区域」の住民に対し、
慰謝料として一括1人当たり700万円を支払う。
将来分と合わせて1,450万円。
代償として十分だとは言えない。
帰還を
促される被災者にも厳しい。
早期帰還者には数十万円賠償が上乗せされるが
慰謝料は解除後1年で打ち切られる。
「早く戻れ。後は自己責任で」
といわんばかり。
手切れ金と表する声

【被曝基準緩和】
解除の目安は空間線量年20ミリシーベルト
飲食が禁じられた放射線管理区域の線量が年5.2ミリシーベルト
異常だ。
帰還時の被爆線量を個人の実測線量に変更。
事実上空間線量より低くなる。
「年間被曝線量1ミリシーベルト」は
あくまで目標。

【そして再稼働】
値上げ「人質」原発を再稼働
柏崎刈羽原発を7月から再稼働
東電は再稼働が遅れれば値上げもあり得る。
電気料金を人質に再稼働を迫る。
金融機関は
5,000億円の融資を行なった。
14年度以降安定した黒字化が見込めると判断した為だ。
政府と東電、金融機関はがっちりとスクラムを組んでいる。

【モラルハザード】
京大大学院植田教授は
「廃炉に向けた会計規則の変更や汚染水対策への支出など
東電への特別扱いは問題。
事業者モラルハザードを招きかねない」
と批判する。

【破綻させないやり方にムリ】
今からでも遅くない。
東電の経営者や株主、貸し手の責任を
明確にすべきだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(写真)
ベントは重要な安全装置だ。
この装置が、地震で壊れるようでは万事休すだ。
ところで、
「原発は強固な岩盤の上に構築されているので、地震に堪えられる。
問題ない」が原子力ムラの安全神話。
だが、
実は、
原発で強固な岩盤の上に構築されているのは、原子炉の基礎だけかも。
この写真のベント設備も「強固な岩盤」と強固に結合された基礎の上に
がっちり固定されているかは定かでない。
建屋等構築物が建築基準法準拠なら、基礎は普通基礎だ。
どなたかご存知だろうか。

やっぱり
東電は
破綻させなきゃ
ダメだと思う。

今じゃ
やりたい放題。
モラルハザード
そうだと思う。

長い物に巻かれろ
処世術だと言うが、
こと、核にかかわると
そうはいかない。

いやな世に
なったものだ。

毎度、「あ〜あ」
とため息をつくのは
もう、やめにしたい。
さて、どうしよう。。。







注) 個人の感想です。
引用・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    東京新聞  2013年12月27日
b0242956_7431654.jpg

b0242956_7272574.jpg

b0242956_723912.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
9 トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2014-01-05 07:58 | 東電原発事故

東電 7月再稼働 /責任問わず国費投入 東京新聞 

今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【再建計画大筋決まる】
柏崎刈羽原発6、7号機が26年7月から
再稼働する見通しを盛り込んだ。
残る1〜5号機順次再稼働を目指す方針。
経営の改善に伴い電気料金は値下げするが、
再稼働が遅れれば値上げもあり得る。

新潟県の泉田知事は
「東電の収益より県民の安全が重要」と反発

新しい計画では
「除染は国、賠償は東電」という
負担の大枠を決定。
中間貯蔵施設の建設約3兆6,000億円に
税金や国保有東電株の売却益を充てる。
利益が足らない場合国が負担。

賠償費用は東電が国へ返済
東電への無利子資金援助上限を
5兆円から9兆円に引き上げる。

東電は「民間企業では負担しきれない」と
国に資金援助の拡大を求めていた。


【責任問わず国費投入】
過去に国の支援を受けた民間企業は
経営陣や株主の責任が問われてきた。

東電の責任を曖昧にしたままの救済の幅を
拡大した。
東電への「特別扱い」は変わらず
学識者から批判も出ている。
東電のごね得がまかり通る結果になった。

東電の再建計画がうまくいかない場合、
税金か電気代の値上げが必要。
ツケは国民に回る。

電力問題に詳しい阪大八田教授は
「既存の投資家や株主の責任を問わずに
国費を投じる前例をつくってはいけない」と主張。
「日本航空と同じように破綻させ、
国の責任で賠償や廃炉を進めるべきだ」と指摘。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やれやれ、
なんともお粗末な国の対応だ。
それにしても、東電の「へらこいこと」
何様状態だ。
国より強いのか?とも思う。
東電の強気の裏には何があるのか?

今の、
安倍政権が民の方を向いていないのは確かだ。
東電に協力せずに、東電の成績が上がらなければ、
それは、全体責任。
電気代か、税金から穴埋めだぞ。
需要家、国民への恫喝のように思える。
再稼働に反対する者への踏み絵のようにも思える。

ツイで多く流れる
「東電は破綻、整理」が
まっとうな、東電の責任の取り方だと思う。





注) 個人の感想です。
引用・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    東京新聞  2013年12月26日
b0242956_1939441.jpg

b0242956_19305325.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
9 トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2014-01-04 19:44 | 東電原発事故

東電除染 国が全額肩代わり。/国民負担追加の恐れ 東京新聞 


今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【東電除染 国が全額肩代わり】
除染費用3兆6,000億円を、全額、国の負担とする。
東電の負担分を最終的にゼロにする。

東電は支払い義務があるにもかかわらず財務状況の悪化を理由に
拒否し続けてきた。 
東電の「ごね得」

【東電への新たな支援策】
1.賠償や除染の資金支援枠を 5兆円から9兆円に拡大
廃炉の費用も税が投入される。
すでに、約10兆円もの税が、東電の尻拭いにかかろうとしている。
最終的に、20〜50兆円で済む話ではない。
100兆円オーダーの話だ。
この国が傾く話。

2.除染費用は全面的に国が負担する。
いち株式会社、私企業に税金の投入は出来ない。
これが、今までの見解。
そりゃ、そうでしょう。
なし崩しに税を使われたのでは、たまらない。
税は国民からの預かり金だ。
政府が稼いだお金ではない。

3.国が全面に出る。
安倍首相が言った「国が全面に出る」の意味は
国民の税金を全部使います
宣言だ。


東電に税を投入するなら、
東電を破綻させてからだ。
これだけの、被害を
多くの人、家族、地域、社会に与えたのだから、
当然のことだ。








注) 個人の感想です。
引用・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    東京新聞  2013年12月21日
b0242956_1216636.jpg

b0242956_12162422.jpg

b0242956_12165681.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
9 トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2013-12-31 12:19 | 東電原発事故

消防車による原子炉注水 十分届かず  東電発表 2013年12月13日 /東京新聞

今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

F1-1〜3号機 別配管へ流出か
当時、非常用冷却装置が止まり、
原子炉を冷やすために消防車のポンプを使って
冷却水を注いでいた。

東電の解析では、
2号機の核燃料の冷却に必要な水量は
毎時十トン余りだが、同75トンを注水した。
水が炉内に届いていれば、核燃料を十分に冷やすことが
できたはず。
1、3号機も同様の状態。

注水配管から別の配管への分岐は
1号機で10ヶ所
2、3号機で4ヶ所

東電は
「注水が十分できても、メルトダウンが防げたかどうかははっきりしない」
(いつもの、責任逃れトークだ。)


国会事故調 報告書によれば、

2011年3月12日
配備されていた消防車は3台
1台は故障。
1台は地震の影響によって5、6号機から移動させられず。
唯一使用可能だった1台が1号機に充てられた。
しかし、一度も注水が行なわれないまま、
2時30分原子炉圧力容器に破損が生じてしまった。           (146頁)


タイムラインによれば、(消防車の動きを抽出)              参照1

3月12日
01:48  消防車のポンプを消火系(FP)ラインの送水口につなぎ込むことを検討始める。
04:20 1〜4号機側の防護本部脇に津波で故障した消防車があり、そこから、
水を南明(興産)運用の消防車の補給し、原子炉に注水しようとしていた。
05:00 福島第一原発の自営消防隊と南明興産社員が、
1号機のタービン建屋付近に消防車で向かう。
05:46 福島第一原発の自営消防隊と南明興産社員が消火系(FP)ラインから
淡水注入を開始する。
06:30 1号機の原子炉に消防車により消火系(FP)ラインから淡水計2000Lの注入が完了する。
07:55 1号機の原子炉に消防車により消火系(FP)ラインから淡水計3000Lを注入完了
08:15 1号機の原子炉に消防車により消火系(FP)ラインから淡水計4000Lを注入完了
08:30 1号機の原子炉に消防車により消火系(FP)ラインから淡水計5000Lを注入完了
09:15 1号機の原子炉に消防車により消火系(FP)ラインから淡水計6000Lを注入完了
10:52 柏崎刈羽発の消防車1台が福島第一原発に到着する。
6時頃から7時頃にかけて到着した自衛隊の消防車2台とともに、淡水をピストン輸送。
14:56 吉田所長が1号機原子炉への海水注入の実施を指示する。
消防車3台を直列につなぎ、1号機タービン建屋の送水口に消防ホースを接続する作業をする。

15:36 1号機爆発


18:36 1号機原子炉への海水注入のため準備していたホースが損傷して、使用できない
19:04 1号機への海水注入を開始する。
3号機逆洗弁ピットを水槽として消防車3台を直列につなぎ消火系(FP)ラインから淡水注入

3月13日
00:49 3月12日に応援に来た自衛隊員と東電柏崎刈羽原発の人に4Bq以上の身体汚染を確認
0:55 TV会議 東電本社の担当者が長時間注水しているのに1号機の水位が回復しないことから、水位計が壊れているか、原子炉圧力容器か再循環系の配管に穴があいていることを疑う発言。
(穴があいていたら、爆発前に地震であいたことになるか。津波で穴があくことはない)
09:25 3号機原子炉圧力容器への消火ポンプによる注水開始。消防車を利用して消火系(FP)ラインから淡水、ホウ酸入り。
12:27 3号機への淡水100tの注入が完了する。海水注入の準備をする。 
(この時点で、まだ3号機を再稼働、再使用する考えだ。)
17:22 吉田所長が、消防車の使用実態を東電本店に報告。1号機に3台を直列で使用。2号機と3号機に各1台を使用。

3月14日
03:01 TV会議 吉田所長が調達しようとしている消防車が福島第二原発で止まっていることを、福島オフサイトセンターにいる武藤副社長に打ち明ける。武藤は「えっ、2Fで?」と驚く。
本社担当者が、福島第一に向かうはずの大型消防車が福島第二原発で止まっているのは、路面の状況が悪いからだと説明する。
03:47  TV会議 2時30分に正門で4133μSv/hを観測したと報告すると、吉田所長が「うわぁ」と声を上げる。
06:24  TV会議 吉田所長が3号機の原子炉水位が6時10分にダウンスケールしたと報告
「あれじゃん、あれがダウンスケール慕っちゃじゃん、水位が。うぇ!小森さん!」

11:01 3号機爆発




これで、万事休す。

十分、
注水できていたはずが、ドンドンメルトダウン。
水位計がスケールダウン。
原発は配管が、複雑で、どれがどれか分からん状態だったのだろ。
分かり易い水回路ですら、この混乱状況なのだから、
ベントラインは皆目、わけ分からん状態だったろう。
ベント出来るはずが、できなかった。

F1の図面を探しに、
班目委員長はオフイスに戻ったと言うから、
リアルドタバタだ。
F1の正確な図面は残っていないらしいから、
お粗末を通り越している。

製図管理を
したことのある人なら、
分かるが、原図は命。
万一に備えて、写しを別に保管する。
些細な変更も、必ず、原図を修正する。
当たり前のこと。
こんなことも、出来ていない。
核を扱う資格は全くなしだ。

ひとたび、
事故が起れば、現場は戦場と同じ。
いくら、マニュアルを整備したとて、無理な話。

これに、
ヒューマンエラーが重なれば、
どうにもならん。

再稼働と
言うなら、どこかの、誰れかぐらいは
「ブラックボックス」の設置をします。
と言い出すかと期待したが、
規制委員会も、電力も皆さんスルーだ。
F1も、「ブラックボックス」が設置されていれば、
F1は地震で壊れたと
証明ができたのに。。。

「ブラックボックス」が
あれば、次の事故は起るが、
次の次の同じ事故は防げる。
今の原発では無理。





原発やめようよ。







注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞 2013年12月14日

b0242956_23565246.png


参照1  福島原発事故 タイムライン2011-2012 岩波書店 
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
8 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2013-12-27 23:58 | 東電原発事故

原発違法労働 線量計 東電が設定変更   東京新聞

今日、
ご紹介するのも東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
前回に続き、東電の違法労働。
あきれるね。

F1で、10時間超の
過酷労働をしていた
作業員は延べ100人を超える。
労基法では10時間と定められている。

東電は
3.11の事故後、線量計の設定を
それまでの労働時間が
積算されない形に変えた。
新しい線量計を借り直させ、
10時間超えの違法労働をやらせていた。 

これは、脱法行為だよ。
しかも、
休憩時間は労働時間でないので、
算入しない。
チョイマチだ。
休憩場所に被曝がないなら、
東電の理屈も、やも得ないだろうが、
高線量地域なら、当然被爆する。
作業員を人扱いしていない。

拘束時間だけ、
雇い主は安全に配慮しますは、前時代の資本家の考え。
今じゃ、労使が互いの立場を思いやる。
当たり前のこと。

こんな東電には金輪際、原発をいじらせたくないね。
原発免許は取り上げてほしい。
東電は、破綻させてほしい。






注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞 2013年12月13日
b0242956_054261.jpg

あのう、東京新聞の為に、
もし、お気に入りましたら、ご購読の程よろしくと、購読申込先も、勝手にUPしておきます。
b0242956_0514788.jpg

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日はクリスマス。  John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)

  by setonokaze | 2013-12-25 01:05 | 東電原発事故

東電破綻回避へ 仰天内容 / 原発迷走4 朝日 

今日、ご紹介するのは、
東電破綻回避へ 仰天内容 である。
何が仰天内容なのか、
記事を読まれる前に、要点を上げておこう。

1 来年以降の融資では、担保を取らないよう要請。

普通は銀行は担保で融資する。さらに連帯保証人を要求される。
無担保でよいから、お借り下さいは、よほどの大手優良企業だ。
今の東電に無担保貸し付けは、株主利益を損ねる話だ。
不良貸し付けだろう。
10兆円の無担保融資枠も儲けるという。                 参照1

2 東電はコストを料金の値上げに反映できる「総括原価方式があるから、
どんな状況でも黒字に出来る。

とんでもない、総括原価方式である。
総括原価方式は原油の価格の変動を補正するためのもののはず。
3基半の原発を爆発させた東電の黒字を保証するためのものではないはず。
ましてや、安全だと自ら主張していた原発が爆発したのだから、
申し開きは出来ないはず。
悪用でしょう。
どんな状況でも黒字に出来る。なら、
原発やめても、黒字がでる。(ここ重要)
まず、原発を金輪際やめますと宣言してからだ。

3 今回の事故は「原子力損害賠償法」の3条1項に定める
「異常に巨大な天災地変」にあたり、
賠償の責任は東電でなく国が負う、との見解で落ちついた。

今までの、解釈は、隕石の直撃でも受けない限り、
「異常に巨大な天災地変」にあたらない。だったとや。
ご都合に解釈するのは、お上の得意なところだろうが、
ご都合主義では、
やったもん勝ちだ。
法秩序は守れない。
「異常に巨大な天災地変」にF1が相当するとの報道は 
まだ、マスコミで取り上げられていないような気がするが(確認していない)。。
この判断がなされると、全く東電の責任は無くなる。
最近、東電の態度がでかいのはこの為だろう。
今後も、原発が爆発しても、この法が適用される限り、
電力会社は安全策に熱心にとりくまないだろう。
安全費用が損になるからだ。

4 再稼働は儲けを増やし、融資をつないでもらうため。

いやぁ、ビックリである。


展開している、論議には、
この国の将来ビジョンとか、
エネルギー施策はどうあるべきか
原発は安全か
核の処分は安全にできるのか
国民のためになるか
等の論議がすっぽり、抜けている。

彼らの関心は、
責任逃れをいかにするか。
いかに融資を焦げ付かせないか。
国から、税金をいかに引き出し、
電気代からはらわせるか。
儲けのためには、安全は二の次、
融資のために、何が何でも
金貸しに催促されて、
再稼働させて貰いますだ。


この国のゆくすえに
暗澹たる想いだ。






注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   朝日新聞 2013年12月16日
b0242956_192060.jpg

b0242956_1922273.jpg

b0242956_1924741.jpg

b0242956_1941697.png

b0242956_194423.jpg

参照1 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞 2013年12月14日夕刊
 政府が、東京電力の賠償と除染の原資に貸し付ける交付国債による無利子融資枠を、現行の五兆円から九兆円程度に拡大する方向で検討していることが十四日、分かった。福島第一原発事故の除染費用などの拡大に対応し、賠償費用の増加によっては十兆円規模に膨らむ見通しだ。
 政府が年内に開く原子力災害対策本部で決める。東電は年内に見直す総合特別事業計画(再建計画)に盛り込む。
 拡大する四兆~五兆円分のうち、二・五兆円を除染費用に充てる。一兆円は除染に伴って出る廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設費で、原子力損害賠償支援機構から無利子で東電に貸し付ける。
 政府がエネルギー対策特別会計から複数年度にわたり、東電に代わって原賠機構に返済することで、実質的に政府が負担する。
 賠償費用を追加するが、必要額を詰めている。政府はこれまで無利子融資枠を八兆~九兆円に拡大する方針だったが、賠償額の増加で融資枠をさらに拡大する方向となった。
 政府や地方自治体がこれまでに計画した除染費用は東電が負担し、二・五兆円となる見通し。計画に含まれていないインフラ整備に伴って追加的に発生する除染費用は国が負担する。これにより、東電の負担分に事実上の上限を設ける。
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
0 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
2 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3 メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
4 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
5 アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
6  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
7  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2013-12-16 19:53 | 東電原発事故

使用済み燃料 再処理出来ても 解決策にはならぬ 米原子力規制委員会委員長 インタビュー

今日、ご紹介するのは、
アリソン・マクファーレン委員長の
朝日新聞のインタビュー記事。

F1事故は、原発大国
米国に大きな衝撃を与えた。


1. これから原発を持つ国には
運転前に、最終処分の計画を
持つ事を求めたい

2.オバマ政権は
ネバダ州での処分計画を中止し
ブルーリボン委員会に代替案の作成をゆだねた。

3.核変換 うまくいつても半減期が30年程度の核種は
残るので、依然として数百年単位で貯蔵しなければなりません。

4.放射性物質 人間の住む環境からできるだけ遠ざける必要があります。
地上か地中かの簡単な選択ですが、地上に置けば1万年の間に管理が行き届かなくなって、人間の住む環境に入ってくること十分ありうる。地下ならその不確実性を減らせます、

5.再処理計画 再処理がうまくいっても最終処分地は必要になります。

6.F1から学ぶべき教訓 すべての原発に対し、時間無制限で安定的なバックアップ電源で対処出来るよう求めています。

7.原子力業界からのものすごい圧力 
独立性の維持には政府の後ろ盾が必要。仕事を遂行させるだけの権限や予算、人的資源を政府が与えてくれなければなりません。

8.市民の信頼を得るには  
事業者とは友達のような関係にはなりません。
昼食を共にしたり、クリスマスパーティーに行ったりすることは許されない。 

【 まとめ】
彼女はヤッコ前委員長の後任だ。
日本の田中委員長とは、認識レベルにおいて、大違だ。
最終処分の計画なくして、原発は成り立たない。
当たり前ことだ。

だからこそ、
アメリカにおいて、原発は採算が合わない。
冷静に、客観的に評価する。
大切なことだ。

それに比して、
この国では、規制委員会の田中委員長以下
安倍総理官邸に呼び込まれて以来、
迷走中なのが取り返しのつかぬ事になりはしないかと、
気をもんでいる。




引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               朝日新聞 2013年12月5日  
b0242956_22191177.jpg

b0242956_22192526.jpg

b0242956_22203559.jpg

b0242956_22233797.jpg

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おすすめ当ブログ

2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
トイレなき原発の限界 「原発ゼロ」小泉発言の衝撃
http://lituum.exblog.jp/21336601/
アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  http://lituum.exblog.jp/21285539/
原子力ルネサンス はもはや存在しない! [ニューヨークタイムズ]
http://lituum.exblog.jp/20794482/
メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
vhttp://lituum.exblog.jp/19980944/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2013-12-05 22:29 | 東電原発事故

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE