人気ブログランキング |

2019年 08月 21日 ( 1 )

 

原発の安全対策 追加要求次々 規制委許可取り消しも視野 /  東京新聞 


ちょい遅れだが、重要な情報源。


【要約】


「バックフイット制度」に基づく処置で、強制力を伴う。

ただ、対策実施までに猶予期間を与えるなど、

電力側に配慮する姿勢もうかがえる。


             東京新聞19年8月14日

b0242956_08284398.jpg
b0242956_08285360.jpg



  • 降灰量

美浜、大飯、高浜の3原発

昨年11月、規制委は「火山灰の層の厚さ25センチ程度」と

基準に達していない状態と判断、関電に審査受け直しを命じた。


  • 現状安住認めず

許可後に新たな処置を求めるバックフイットは福島の教訓で導入。

電力側が拒否すれば運転停止を命令できる。


緊急性ない

電力関係者

「いつ止められるか分からないようでは原発は成り立たなくなる」

と危機感を募らせる。

大山の火山灰も「噴火の緊急性はない」


・・・


規制委

原子力推進委員会とも、

再稼働推進委員会と揶揄される。


既に、

設立時の意気込みはない。


やるぞ、やるぞ委員会でもある。


F1アルプスで処理出来ない核汚染水も、

東電HDが言い出せないので、

「海に流せ」と代弁する始末。


なんでもOK委員会でもある。






1)個人の感想です。

2F1は福島第一原発の略称。

・・・・・・・

お気に入りましたら、ご購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。

東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/

東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2019-08-21 23:23 | 東京新聞

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE