人気ブログランキング |

2019年 08月 10日 ( 1 )

 

廃炉が決まった福島第二原発の今 / こちら原発取材班 東京新聞 


ちょい遅れだが、重要な情報源。


【要約】


7月31日、東電はF2の全4基の廃炉を正式に決定した。

             東京新聞19年8月7日

b0242956_10393563.jpg


新施設

「乾式貯蔵施設」を新設。

原発構内で核燃料を一時保管する方針。


放射性廃棄物の処分先

処分先は未定。

1号機     1万1320トン

2号機     1万3310トン

3号機     1万3500トン

4号機     1万3560トン


廃炉費用

4100億円+α=


施設解体       約2822億円

使用済み核燃料処理  約1276億円

新設核燃料貯蔵施設     含まない


福島県と地元自治体への約束

廃炉を終えるには40年を超える期間が必要。

並行するF1の廃炉(事故収束)には影響を与えない。


核燃料は廃炉完了までに福島県外に搬出する。



・・・


東電話法


「40年を超える期間が必要」とは

40年を超え何年かかるか分からない。


「福島県外に廃炉完了までに福島県外に搬出」とは

廃炉が終わらな限り福島県外に搬出はあり得ない。

永久に福島県内もあり。


「F1の廃炉は30〜40年で終える」は

F2廃炉は40年と矛盾するが、F1廃炉とは別の話。と言うこと。


騙されたあなたが悪い。





1)個人の感想です。

2F1は福島第一原発の略称。

・・・・・・・

お気に入りましたら、ご購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。

東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/

東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。



  by setonokaze | 2019-08-10 10:45 | 東京新聞

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE