人気ブログランキング |

2019年 06月 06日 ( 1 )

 

ドイツ最前線報告 再エネ 拒めない送電会社 / 原発のない国へ 上 東京新聞 


ちょい遅れだが、重要な情報源。

【要約】

アルトマイヤー独経済・エネルギー相が再エネ推進に向けた日独連携を呼び掛けた。
再エネが伸び悩む日本に対し、大幅拡大に成功し、2022年までの原発ゼロも実現しつつあるドイツ。
現地を訪ね、仕組みを探った。        

             東京新聞19年5月31日
b0242956_05164772.jpg


■独テネット社
「再エネ発電所の接続を断る権限は私たちにありません」送電線だけを持つ「送電会社」だ。
ドイツでは4つの「送電会社」が送電網を運営する。

■再エネ拡大の原動力
「送電網中立」の仕組みこそが「再エネ拡大の原動力」2000年から「再エネ最優先」も法律で定めた。

■ドイツ
チェルノブイリ事故をきっかけに脱原発を決めた。
市民も草の根から支持する。発電はもう大手電力の特権ではない。 

・・

日本は原発が今だに最優先。
安倍首相が「原発・命」安倍首相は全電源喪失は起こらない。と
国会答弁した程の「原発・オンチ」

『原発最優先政策』がいかに『愚策』か
理解出来る「知能」を有しない。

この国の『不幸』
安倍首相はアメリカカブレ。トランプ大統領の巾着餅。
アメリカの悪いところばかり鵜呑み。

だったら
アメリカの厳しい原発規制を真似ればいいのに、
世界最低レベルの原子力規制基準を
「世界最高レベルの(原子力)規制基準」と嘯いて平気。

FIT
太陽光買取制度10年終了後に「0円なら引き取ってもいい」などと
暴言を吐く電力まで現れた。
電力会社の一番嫌いな太陽光。

政治が悪いと
国の政策も悪くなる。
世界は「再エネ」へとシフトしているのに、
日本は世界からもう数周遅れ。



注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第一原発の略称。

・・・・・・・

お気に入りましたら、ご購読のほどよろしくと、勝手に東京新聞の購読申込をUPしておきます。
東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2019-06-06 05:25 | 東京新聞

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE