人気ブログランキング |

2019年 05月 28日 ( 1 )

 

東電 スマートメーター 新たに施工ミス4件 5.4万台年内修理 / 東京新聞 


ちょい遅れだが、重要な情報源。

【要約】

5月22日、
東電が家庭などに設置している「スマートメーター 」火災が相次いでいる問題で
東電は抜き取り調査結果を発表。
約5万4000台のねじを年内に締め直す。

              東京新聞19年5月23日
東電 スマートメーター 新たに施工ミス4件 5.4万台年内修理 / 東京新聞 _b0242956_21061921.jpg


■調査
設置済Sメーターは2千100万台に上る。
その内1割(約3500台)ミスした作業員らが設置。
それ以外5600台計9000台を調査。
実際は多くの施工ミスの可能性。

■原因
ねじの締め付けが緩んでいた。

■東電パワーグリッド
「作業の最後にねじを確認する手順が組み込まれているが、
当社の指導が徹底できておらず、作業員の理解も欠落していた。*」

・・

電力メーターの端子の締め付けは
電気工事士が、
トルクドライバーを使い、規定のトルクで締付ける。
緩みで発熱焼損することは考えられない。

それが、
抜け道があった。
短期の簡単な特別講習を受ければ、
「Sメーター」の取り換え工事が出来ると言うのだ。
しかも、トルクドライバーを使わなくてもいいと。

電気工事のプロがトルクドライバーを使い、
即席素人がトルクドライバーを使わなくても工事が出来る仕組み。
当然の結果、焼損、メーター火災が発生。
当たり前。

ミスした9人が設置した全ての約5万4000台のねじを締め直すと言うが、
(その締め直しもドライバーを使わなないのならいい加減)

再発防止をしたいなら、
トルクドライバーを使わなかった全てを
トルクドライバーを使って締め直すべきだ。

費用がかかり過ぎるので、それは事故時に対策した方が安上がり
だと考えているのか。

以前なら、
東電株式会社の責任だが、
今は、配電部門は東電とは別の会社の東電パワーグリッド。
所帯が小さくなっている。
目先の儲けに汲々だ。

東電PGの下請け仕事。
何次下請けかはわからない。

親会社にしても、
下請けの不始末だからで済ますのだろう。。

・・

Sメーターにも問題がある。
以前のメーターは本体は鉄箱。
端子カバーも鉄製。
指示部はガラス製。
締め付け不良が万一出たとしても、
端子台の焼損ですむ。

Sメーターは
オールプラスチック製。
端子の締め付け不良は
メーター全体がやられ(焼損か変形溶解)る。
メーター取付部が木製などの可燃(壁)の場合は極めて火災のおそれ。




【 参照 】

4 東電PGプレスリリース
東電 スマートメーター 新たに施工ミス4件 5.4万台年内修理 / 東京新聞 _b0242956_05353616.jpg

3 施工ミス火災7件 スマートメーター 危険かもしれないのに / 東京新聞 19.3.25 https://lituum.exblog.jp/29333658/



2 火災続出 スマートメーター 設置 ビッグデータ活用狙い 消費者メリット乏しく / 東京新聞 19.1.30
https://lituum.exblog.jp/29242854/



1 スマートメーター発火広がる懸念 施工ミスかまた火災 11 東電設置急いだ「つけ」 / こちら特報部 東京新聞 19.1.10
https://lituum.exblog.jp/29189871/




注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第一原発の略称。
・・・・・・・
お気に入りましたら、ご購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2019-05-28 21:22 | 東京新聞

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE