人気ブログランキング |

新型原子炉開発15億円 / 東京新聞 


ちょい遅れだが、重要な情報源。


【要約】


経産省は2020年度予算の概算要求で、

小型原子炉や高温ガス炉などの新型原子炉の開発支援事業費として

15億円を盛り込んだ。


             東京新聞19年8月31日

新型原子炉開発15億円 / 東京新聞 _b0242956_01501518.jpg



■新型原子炉開発事業の環境

高レベル放射性廃棄物の最終処分地が定まっていない。

事業環境は未整備。



■2019年度

原発メーカーから「革新的な原子力の開発案」を公募し

研究開発費を補助。

小型炉や高温ガス炉の研究が進んでいる。



■2020年度


□事業費を増額。

新型炉の実施設計を念頭に「原子力技術の高度化」を目指す。

「原子力の産業基盤強化事業」(15億円)を新設。


□原子力関連事業の要求総額

20年度   計1370億円

19年度   計1317億円

の微増。



・・


何度でもいうが、

現在も、「原子力緊急事態宣言」発令中だ。

何が、新型小型原子炉、高温ガス炉開発だ。


原発のトイレもないのに。

非科学的特性マップの発表で、

まもなくNUMOが見つけてくれるでしょう。の

ノーテンキでさらなる原発開発に邁進したい。のかい。


小型原発

小型では効率が悪いので、次々と大出力の原発を開発をしていたのに、

急に宗旨替えとはね。

小型にしても、必要な機能はものは一揃いいる。

電気に出来ない熱が増えるので、余剰熱を利用するというが、

(水素製造、地域熱供給等)

電気出力効率が上がるわけではない。


高温ガス炉

いいことばかり言うが、弱点も見ないとね。


高温、高圧になる程、扱いは厄介になる。

高温、高圧になる程、使える材料が限られる。

高温、高圧になる程、安全性は低くなる。

事故の危険が増大する。




いいとこばかりではない。






注1)個人の感想です

2F1は福島第一原発の略称。

・・・・・・・

お気に入りましたら、ご購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。

東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/

東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2019-09-04 23:47 | 東京新聞

<< 仏高速炉の開発停止 東京新聞 ... F1 どうする汚染水処理の副産... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE