人気ブログランキング |

再生エネ発電 東電が分社化 /  東京新聞 

ちょい遅れだが、重要な情報源。


【要約】


8月7日、東電FDは水力や風力、太陽光といった再生可能エネルギーの発電事業を、

2020年4月1日をめどに分社化する。

             東京新聞19年8月8日

b0242956_00364062.png


狙い

迅速な意思決定を図り、資金が集まりやすくする。


目標

再エネを主力電源の一つにする。


今後

国内外で、洋上風力と水力を中心に国内外で計600万~800万キロワットを開発、

新会社の純利益を1000億円にする。



・・・


東電株式会社はとうになく、

あるのは、東電HDと言う持ち株会社。

原発部門は廃炉カンパニーに社内分社化されている。

東電HDはいつでも廃炉カンパニーを切り捨てることができる。


再生エネ発電分社化はこれとは逆で、

分社化することで、水力発電資産をF1賠償、債務から切り離せるので、

財産の保全になる。風力、太陽光発電は今後の儲けの話。

原発訴訟による賠償請求を免れることが出来る。


再エネを主力電源の一つにする。

お題目だけだ。

水力発電は一番古い主力電源で、今でも主力電源の一つだ。


すでに

原発が主力電源でないのは明らか。

こちらの方が問題だ。






1)個人の感想です。

2F1は福島第一原発の略称。

・・・・・・・

お気に入りましたら、ご購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。

東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/

東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2019-08-13 23:36 | 東京新聞

<< 東通原発運営 新会社を検討 /... 370回目四電本社前再稼働反対... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE