人気ブログランキング |

被ばくと甲状腺がん関連「否定」  / こちら特報部 東京新聞 


ちょい遅れだが、重要な情報源。


【要約】


6月3日、F1事故時に18歳以下だった福島県民に

県が行う甲状腺がん検査を巡って、

県の専門部会は被ばくとの関係を分析した報告書案を公表した。


              東京新聞19年6月9日

被ばくと甲状腺がん関連「否定」  / こちら特報部 東京新聞 _b0242956_00141440.jpg
被ばくと甲状腺がん関連「否定」  / こちら特報部 東京新聞 _b0242956_00143092.jpg



鈴木元国際医療福祉大教授(放射線疫学)部会長

「新聞の方でフライング的な報道があった。どういう議論を経たか、プロセスが

伝わっていない。結論だけが先行する」と切り出した。


経緯

「甲状腺の被ばく線量が多い集団ほどがんが多く見つかっていれば、

被ばくでがんが増えたと判断できる」


「線量の増加に応じて発見率は増えず」

「現時点において関連は認められない」


問題

一番の問題はアンスケアの線量推計だ。


・・


個人線量

個人線量が分からない。


福島県マニュアルは事故時には放射性ヨウ素の程度を計り、被ばくの状況を判断する手順が記されていた。


事故が起きると県の測定は省かれ、国が原発から遠い30キロ圏外で1080人を調べただけ。


100mSv相当の基準を下回ったとされ、

「線量増加前に避難完了」

「避難者は健康上問題ない」と記した文章が作成された。


数値に不透明さ

分析に用いたデータの不透明さ。

グループ別のガン検査の受診者数やがんの発見者数は公表されず。


ざっくりとした折れ線グラフで

「線量が中程度のグループでがんの発見率は一番高い」

などと図指示しただけ。


牧野淳一郎神戸大教授(計算科学)

「チェックされると困る事情があるから、

データを公表しないのだろう」


・・


なるほど、

データが荒くて何も分からん。






1)個人の感想です。

2F1は福島第一原発の略称。

・・・・・・・

お気に入りましたら、ご購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。

東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/

東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2019-06-13 23:12 | 東京新聞

<< 原発・金食い虫 鎌田慧  / ... CO2をプラ素材や燃料に 20... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE