東海第二審査終了めど 規制委員長「見通し持てた」 / 東京新聞



今日ご紹介するのは東京新聞の記事。
ちょい遅れだが重要な情報源。

【要約】

東海第二原発
更田原子力規制委員長は6月20日の定例会見で
「(終了)の見通しを持てた」と述べた。

規制委が打ち切りを示唆したこともあったが、
11月末の期限までに終わるめどがついた。
規制委は事実上の「適合」を示す審査案を早ければ今月末にも公表する。

             東京新聞18年6月21日
b0242956_20281838.jpg




・・

やれやれ、茶番。
規制委が打ち切りを示唆しといて、
めどがついただと。

どこに
国家試験(審査)を受けるのに、
ここまで申請者に配慮してくれる試験(審査)があると言うのだ。

手取り足とり、
答案の段取りまで手筈してくれる
試験(審査)なんてある?

これで、
「適合」なんて、まともな炉なの??
この国が滅ぶよ。。





注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第一原発の略称。
・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2018-06-23 20:33 | 東京新聞

<< 311回目四電本社前再稼働反対... 島根原発周辺の今 / こちら原... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE