日立の英原発計画正念場 他社からの出資集め難航 / 朝日新聞


【 要約 】


日立が英国で進める原発新設計画が、正念場を迎えている。


日立は撤退もちらつかせて英政府に支援を迫り、

借金の政府保証を引き出したが、

着工の前提としている他社からの出資金集めの

めどは立っていない。


日立の計画を「原発輸出の試金石」と位置付ける

日本政府が撤退に抵抗するのも必至だ。


                  朝日新聞18年5月19

b0242956_19412418.jpg


  

・・・


「原発・命」の安倍首相。

アベノミクスの失敗を

原発輸出で取り戻すつもり。


破格の扱いで、政府保証を付ける。

税を投入。


次期経団連会長に内定している日立中西会長

英原発輸出から簡単に撤退出来るはずがない。


いやいや演技が透けて見える。




1)個人の感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2018-05-19 19:44 | 朝日新聞

<< 306回目四電本社前再稼働反対...  エネ計画 公募意見「黙殺」/... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE