「兵糧攻め」 斎藤美奈子 / 本音のコラム 東京新聞


4日の名護市長選で与党推薦の渡具知氏が当選。

止まっていた米軍再編交付金を政府は再開する方針という。


なんじゃそりゃ。あんたは鳥取城を兵糧攻めで落とした秀吉か!


選挙中、自民党は交付金の再開を当然ちらつかせただろう。

札束の力で自治体をねじ伏せ、住民を分断させる恫喝政治。

これ、民主主義なんですか。


       東京新聞 18年2月7日

b0242956_22452388.jpg



勝てば官軍、負ければ賊軍。

選挙は結果がすべて。


勝てば、ご褒美にあずかれる。

名護もそうなのだろう。


なんで、こんな選挙結果になったのか、

仲間が明快に分析したレポート記事を教えてくれた。



名護市長選の分析~辺野古反対派はなぜ敗北したのか?~ 2018.2.9

http://www.huffingtonpost.jp/hiroshi-meguro/nago-inamine-lose_a_23356638/



ふむふむ、そうだったのか。。


  by setonokaze | 2018-02-10 22:50 | 東京新聞

<< 292回目四電本社前再稼働反対... 再稼働 触れず 東海第二住民説... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE