「晴れ着から考えた」 斎藤美奈子 / 本音のコラム 東京新聞


今日、ご紹介するのは東京新聞の記事。

ちょい遅れだが、重要な情報源


【 要約 】

                                                              

1月8日の成人の日。

貸衣装業者がトンズラし、晴れ着を着られなかった新成人が大勢出た。


私はひねくれた二十歳だったので、

成人式にも晴れ着にもまったく興味がなかった。

が、いま思うと成人式の晴れ着は平和の象徴なんだよね。 

                         

くだんの業者の対応は言語道断。

被害にあった人たちはお気の毒だったと思う。


でもそれを不幸とか悲劇と呼ぶのはどうなのか。

人生にハプニングはつきものだし、成人式は通過点。


二十歳で希有な体験をしたことは

絶対無駄にはならないと思うよ。


                  東京新聞18年1月10日

b0242956_21401193.jpg

・・・


「生き馬の目を抜く」

都会は油断すると何が起こるかわからない。


もっとも、

親分格の東電も、

大親分格のアベ政権も、


そんなもんだから、

格段、驚きはしないが、

性善説が成り立たない。


性悪説しか成り立たないなら、

社会費用はとんでもなく高くなることを意味する。


悪いことをする の前提にたてば、

あらゆる悪の対応策を施さなければならなくなる。


いやな世になったものだ。。





1)個人の感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2018-01-13 00:09 | 東京新聞

<< 288回目四電本社前再稼働反対... 被ばく医療体制 整備に遅れ 1... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE