「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ガレキの広域処理 ( 35 ) タグの人気記事

 

ガレキの広域処理(何人も、特定廃棄物(ガレキ)を焼却してはならない。法第47条)の落とし穴 16

今日ご紹介するのは、ガレキ法。
ツイでは、つぶやいていたのだが、
ブログにまとめていなかった。
遅ればせながらの、UPです。

正式名は
「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」という長い名前の法律。
通称「ガレキ法」
ザル法である。

見つけたのは、これ、
(特定廃棄物の焼却の禁止)
第四十七条 何人も、特定廃棄物を焼却してはならない。

すなわち
何人も、がレキ(特定廃棄物)を焼却してはならない。
のだ。

ガレキを燃やせば、国際問題になる。
だから、法律としては、
「何人も、がレキ(特定廃棄物)を焼却してはならない。」
と定めたのだ。
これで、国際的に非難されることは無い。
国として、正しい法律なのである。

ところが、
どこの誰がしたのか分からないが、
骨抜きにした。

それが、
但書条文。
「ただし、国、国の委託を受けて焼却を行う者その他環境省令で定める者が第二十条の環境省令で定める基準に従って行う特定廃棄物の焼却については、この限りでない。」
と但書条文を忍ばせた。

現在、行なわれている、ガレキの焼却は
この但書条文を拠り所にしている。
環境省令で定める基準に従って行う焼却については、
この限りでない。と骨抜きにした。

但書による焼却は、例外と認められる場合のみだ。
本文に影響を与えない範囲だ。

だから、
第六章 雑則 に紛れ込ませた。
第四十七条だから目立たない。
しかも、但書による省令基準。
見落とすよね。

ガレキの焼却は但書に依る省令基準で
おおっぴらに行なわれているのだ。
由々しきこと。

お上は、
建前では、国際的にも通用する立派な法律を定めながらも、
但書でザル法にして、ガレキ利権で、イケイケドンドンで、
ガレキガレキのオンパレード(細野大臣当時)。
民との関係がぎくしゃくするのは、当然だ。

核汚染物の対処法は
そのまま、そのまま。
ひたすら半減期を期待する。

燃やすと濃縮する。
目先は減量するが、
その分、管理が大変になる。
焼却灰にして最高8000ベクレルに濃縮してしまうと(セシュウム137)
90年たっても1000ベクレル/kg。まだ稲の作付けは出来ないレベル。

やめようよ。
ガレキの焼却。








注)個人の感想です。
出典 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H23/H23HO110.html

平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法
(平成二十三年八月三十日法律第百十号)

最終改正:平成二五年六月二一日法律第五四号
        (略)
   第一章 総則
(目的)
第一条  この法律は、平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故(以下本則において単に「事故」という。)により当該原子力発電所から放出された放射性物質(以下「事故由来放射性物質」という。)による環境の汚染が生じていることに鑑み、事故由来放射性物質による環境の汚染への対処に関し、国、地方公共団体、原子力事業者及び国民の責務を明らかにするとともに、国、地方公共団体、関係原子力事業者等が講ずべき措置について定めること等により、事故由来放射性物質による環境の汚染が人の健康又は生活環境に及ぼす影響を速やかに低減することを目的とする。
(定義)
         (略)
   第二章 基本方針

         (略)
   第三章 監視及び測定の実施

         (略)
   第四章 事故由来放射性物質により汚染された廃棄物の処理及び除染等の措置等

          (略)
    第二節 事故由来放射性物質により汚染された廃棄物の処理

(汚染廃棄物対策地域の指定)
第十一条  環境大臣は、その地域内において検出された放射線量等からみてその地域内にある廃棄物が特別な管理が必要な程度に事故由来放射性物質により汚染されているおそれがあると認められることその他の事情から国がその地域内にある廃棄物の収集、運搬、保管及び処分を実施する必要がある地域として環境省令で定める要件に該当する地域を、汚染廃棄物対策地域として指定することができる。
2  環境大臣は、汚染廃棄物対策地域を指定しようとするときは、あらかじめ、関係地方公共団体の長の意見を聴かなければならない。
3  環境大臣は、汚染廃棄物対策地域を指定したときは、遅滞なく、環境省令で定めるところにより、その旨を公告するとともに、関係地方公共団体の長に通知しなければならない。
4  都道府県知事又は市町村長は、当該都道府県又は市町村の区域内の一定の地域で第一項の環境省令で定める要件に該当するものを、汚染廃棄物対策地域として指定すべきことを環境大臣に対し要請することができる。
(汚染廃棄物対策地域の区域の変更等)
           (略)

   第五章 費用

(財政上の措置等)
第四十三条  国は、地方公共団体が事故由来放射性物質による環境の汚染への対処に関する施策を推進するために必要な費用についての財政上の措置その他の措置を講ずるものとする。
(この法律に基づく措置の費用負担)
第四十四条  事故由来放射性物質による環境の汚染に対処するためこの法律に基づき講ぜられる措置は、原子力損害の賠償に関する法律 (昭和三十六年法律第百四十七号)第三条第一項 の規定により関係原子力事業者が賠償する責めに任ずべき損害に係るものとして、当該関係原子力事業者の負担の下に実施されるものとする。
2  関係原子力事業者は、前項の措置に要する費用について請求又は求償があったときは、速やかに支払うよう努めなければならない。
(国の措置)
第四十五条  国は、第三条に規定する社会的な責任に鑑み、地方公共団体等が滞りなくこの法律に基づく措置を講ずることができ、かつ、当該措置に係る費用の支払が関係原子力事業者により円滑に行われるよう、必要な措置を講ずるものとする。
   第六章 雑則

(汚染廃棄物等の投棄の禁止)
第四十六条  何人も、みだりに特定廃棄物又は除去土壌(以下「汚染廃棄物等」という。)を捨ててはならない。
(特定廃棄物の焼却の禁止)
第四十七条  何人も、特定廃棄物を焼却してはならない。ただし、国、国の委託を受けて焼却を行う者その他環境省令で定める者が第二十条の環境省令で定める基準に従って行う特定廃棄物の焼却については、この限りでない。
(業として行う汚染廃棄物等の処理の禁止)
第四十八条  国、国の委託を受けて特定廃棄物の収集、運搬、保管又は処分を行う者その他環境省令で定める者以外の者は、特定廃棄物の収集、運搬、保管又は処分を業として行ってはならない。
2  国、都道府県、市町村、第三十五条第一項第四号の環境省令で定める者(国、都道府県、市町村又は同号の環境省令で定める者から委託を受けて除去土壌の収集、運搬、保管又は処分を行う者を含む。)その他環境省令で定める者以外の者は、除去土壌の収集、運搬(土壌等の除染等の措置が行われた土地外に搬出するものに限る。第六十条第一項第四号において同じ。)、保管又は処分を業として行ってはならない。
(報告の徴収)
第四十九条  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、関係原子力事業者に対し、第十条第一項の規定により当該関係原子力事業者が講ずべき協力措置に関し、必要な報告を求めることができる。
2  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、第十七条第二項(第十八条第五項において準用する場合を含む。)の規定により指定廃棄物の保管を行う者に対し、当該保管に関し、必要な報告を求めることができる。
3  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、特定廃棄物の収集、運搬、保管又は処分を行った者その他の関係者に対し、特定廃棄物の収集、運搬、保管又は処分に関し、必要な報告を求めることができる。
4  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、除染特別地域に係る除染等の措置等を行った者その他の関係者に対し、当該除染等の措置等に関し、必要な報告を求めることができる。
5  除染実施計画を定めた都道府県知事等は、この法律の施行に必要な限度において、除染実施区域に係る除染等の措置等を行った者その他の関係者に対し、当該除染等の措置等に関し、必要な報告を求めることができる。
(立入検査)
第五十条  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、関係原子力事業者の事務所、事業場その他の場所に立ち入り、第十条第一項の規定により当該関係原子力事業者が講ずべき協力措置に関し、帳簿書類その他の物件を検査させることができる。
2  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、第十七条第二項(第十八条第五項において準用する場合を含む。)の規定により指定廃棄物の保管を行う者の事務所、事業場その他の場所に立ち入り、当該保管に関し、帳簿書類その他の物件を検査させ、又は試験の用に供するのに必要な限度において指定廃棄物を無償で収去させることができる。
3  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、特定廃棄物の収集、運搬、保管若しくは処分を行った者その他の関係者の事務所、事業場、車両、船舶その他の場所に立ち入り、特定廃棄物の収集、運搬、保管若しくは処分に関し、帳簿書類その他の物件を検査させ、又は試験の用に供するのに必要な限度において特定廃棄物を無償で収去させることができる。
4  環境大臣は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、除染特別地域に係る除染等の措置等を行った者その他の関係者の事務所、事業場、車両、船舶その他の場所に立ち入り、当該除染等の措置等に関し、帳簿書類その他の物件を検査させ、又は試験の用に供するのに必要な限度において除去土壌等を無償で収去させることができる。
5  除染実施計画を定めた都道府県知事等は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、除染実施区域に係る除染等の措置等を行った者その他の関係者の事務所、事業場、車両、船舶その他の場所に立ち入り、当該除染等の措置等に関し、帳簿書類その他の物件を検査させ、又は試験の用に供するのに必要な限度において除去土壌等を無償で収去させることができる。
6  前各項の規定により立入り、検査又は収去をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示しなければならない。
7  第一項から第五項までの規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。
(措置命令)
第五十一条  環境大臣は、第十七条第二項(第十八条第五項において準用する場合を含む。)の環境省令で定める基準に適合しない指定廃棄物の保管が行われた場合において、指定廃棄物の適正な保管を確保するため必要があると認めるときは、必要な限度において、当該保管を行った者に対し、期限を定めて、当該指定廃棄物の適正な保管のための措置その他必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。
2  環境大臣は、第二十条の環境省令で定める基準に適合しない特定廃棄物の収集、運搬、保管又は処分が行われた場合において、特定廃棄物の適正な処理を確保するため必要があると認めるときは、必要な限度において、当該収集、運搬、保管又は処分を行った者(第十五条又は第十九条の規定により当該収集、運搬、保管又は処分を行った国を除く。)に対し、期限を定めて、当該特定廃棄物の収集、運搬、保管又は処分の方法の変更、当該特定廃棄物の適正な処理のための措置その他必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。
3  環境大臣又は除染実施計画を定めた都道府県知事等は、第四十条第一項の環境省令で定める基準に適合しない除染特別地域又は除染実施区域に係る土壌等の除染等の措置が行われた場合において、適正な土壌等の除染等の措置を確保するため必要があると認めるときは、必要な限度において、次に掲げる者に対し、期限を定めて、当該土壌等の除染等の措置の方法の変更、適正な土壌等の除染等の措置その他必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。
一  当該土壌等の除染等の措置を行った者(当該土壌等の除染等の措置を行った国、都道府県又は市町村を除く。)
二  第四十条第二項の規定に違反する委託により当該土壌等の除染等の措置が行われたときは、当該委託をした者(当該委託をした国、都道府県又は市町村を除く。)
4  環境大臣又は除染実施計画を定めた都道府県知事等は、第四十一条第一項の環境省令で定める基準に適合しない除染特別地域又は除染実施区域に係る除去土壌の収集、運搬、保管又は処分が行われた場合において、除去土壌の適正な処理を確保するため必要があると認めるときは、必要な限度において、次に掲げる者に対し、期限を定めて、当該除去土壌の収集、運搬、保管又は処分の方法の変更、当該除去土壌の適正な処理のための措置その他必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。
一  当該除去土壌の収集、運搬、保管又は処分を行った者(当該除去土壌の収集、運搬、保管又は処分を行った国、都道府県又は市町村を除く。)
二  第四十一条第二項の規定に違反する委託により当該除去土壌の収集、運搬、保管又は処分が行われたときは、当該委託をした者(当該委託をした国、都道府県又は市町村を除く。)
5  環境大臣又は除染実施計画を定めた都道府県知事等は、第四十一条第四項の環境省令で定める基準に適合しない除染特別地域内又は除染実施区域内の土地等に係る土壌等の除染等の措置に伴い生じた廃棄物(特定廃棄物を除く。)の保管が行われた場合において、当該廃棄物の適正な保管を確保するため必要があると認めるときは、必要な限度において、当該保管を行った者に対し、期限を定めて、当該廃棄物の適正な保管のための措置その他必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。
6  前各項の規定による命令をするときは、環境省令で定める事項を記載した命令書を交付しなければならない。
(関係地方公共団体の協力)
第五十二条  国、都道府県及び市町村は、この法律に基づく措置の実施のために必要があると認めるときは、関係地方公共団体に対し、必要な協力を求めることができる。
(汚染廃棄物等の処理等の推進)
第五十三条  国は、基本方針に基づき、地方公共団体の協力を得つつ、汚染廃棄物等の処理のために必要な施設の整備その他の事故由来放射性物質により汚染された廃棄物の処理及び除染等の措置等を適正に推進するために必要な措置を講ずるものとする。
(調査研究、技術開発等の推進等)
第五十四条  国は、事故由来放射性物質による環境の汚染への対処に関する施策の総合的かつ効果的な実施を推進するため、事故由来放射性物質による環境の汚染が人の健康又は生活環境に及ぼす影響を低減するための方策等に関する調査研究、技術開発等の推進及びその成果の普及に努めなければならない。
(知識の普及等)
第五十五条  国及び地方公共団体は、事故由来放射性物質による環境の汚染への対処に関する施策に関し、国民の理解と協力を得るため、事故由来放射性物質による環境の汚染が人の健康又は生活環境に及ぼす影響及びその影響を低減するための方策に関する知識の普及及び情報の提供に努めなければならない。
       (以下略)
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おすすめ当ブログ
ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501

  by setonokaze | 2013-09-04 20:32 | ガレキの広域処理

放射能汚染と復興についての考察 1

放射能汚染と復興についての考察

F1の原発事故は、
原発3基が爆発、1基が半壊。
人類史上初めての同時原発事故。
だが、お上は、
何事もなかったことにして、
原発の再開を模索中だ。
最初のボタンの掛け違い。
だから、
今でもちぐはぐの
施策ばかり。
故に、真の復興が見えてこない。

未曾有うの原発事故だと
正しく、認識して、
復興計画を立案した方が、
よりスムースに復興出来るのに、
見せかけが多いから、
復興がなかなか進まない。

あちこちで、
矛盾が出るたびに
復興が停滞する。

1. セシュウム
薄く含んだガレキを焼却すると濃縮する。
一度濃縮すると、
さらにセシュウムの扱いは厄介になる。

放射性物質を
含んだガレキを
焼却するのは世界に例がない。
米国、フランスですら焼却はしていない。

放射性物質により
汚染された地域の復興がガレキの広域処理をすれば、かなうかのような、
前細野大臣のキャンペーンに実効性があったとは 
とても、思えない。

放射能に汚染されたのに、
阪神大震災のときのガレキ処理と
同じに性急に論じる訳に行かない。
放射能による、二次被害を防止する対策を
こうじながら処理すべきなのに、
考慮されない。残念なことだ。

現地に
十分な放射能対策を施した
新型の専用焼却設備を稼働させるのが、
望まれる。(既に稼働を始めた施設もある)
あと、2-3年をあわてなければ、現地で処理出来る。
お金も、現地に落ちる。
せっかくの復興費用が輸送費に消えるのはムダなこと。

2. セシュウムの自然減を期待することの利点。

早川マップ                    参照1
表ページの中段左 の図
セシュウムの減衰曲線
セシュウム137の半減期は30年だが、
セシュウム134の半減期は2年。
故に、放射性セシュウムとしては
図にあるように、5年で37%にまで、
低下する。

これが、
そのまま、そのまま。
右の汚染地図を見れば、
薄い汚染地域の面積は高濃度汚染地区に比して、
十分に広い。
そのまま、そのままでも、(除染してもしなくとも)
比較的短期間に
安全に居住可能になることを示している。

3. 汚染地区の対処

低汚染地区は、
自然減を期待する。

中汚染地区は
除染にお金を使うより、一時避難 にお金を回し、
十分に線量が低下してから、戻る。
放射能障害に対して、安全側な施策と出来る。

高汚染地区は、
戻れるなどの気休めは止めにする。
移住可能な施策が必要。
除染するので、戻れと言うのではなく。
放射能障害に対して、安全側な施策として、
早い段階から、移住すべき。
都市計画での強制移住と同じ補償をすれば、
新しい地での生活再建は出来る。


移住について
最低でも
チェリの移住基準を守るべきだ。           参照2
この国は技術先進国
チェリ以上の放射能汚染安全側移住基準を定めるべきだ。

現在の、東電のなんだかんだの減額査定では、
都市計画での査定の半分にも満たないとか。
それでは、
生活の再出発が出来るはずもない。
由々しきことだ。
真の復興はおぼつかないどころか、
夢のまた夢だ。

4. 除染
これらの施策をした上での、
方策が基本。
ホットスポットなど、
ピンポイントで線量を有効に低減出来る。
除染は封じ込めるための施策。
やみくもにしたのでは
リバウンドする。







注1)個人の感想です。
注2)不明の点はググッて見て下さい。
2012.12.11  加筆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照1
1. 早川マップ 7訂版 表 http://gunma.zamurai.jp/pub/2012/0727A.pdf
2. 早川マップ 7訂版 裏 http://gunma.zamurai.jp/pub/2012/0727B.pdf
3. キプカスピリット https://kipuka.buddysp.com/ 一部200円で入手出来る。

参照2
1. チェリノブイリの移住基準  http://onodekita.sblo.jp/article/45459241.html
強制避難、強制移住、任意移住、管理エリアに分けられている。
2. チェリノブイリ周辺諸国の移住基準
 http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20120401/1333206463
ウクライナ、ベラルーシ、ロシア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
22. ガレキ広域処理(
ドイツ放射線防護協会の勧告)の落とし穴 15 
http://lituum.exblog.jp/18794336/
21. ガレキ広域処理(
日本弁護士連合会 会長声明 100ベクレル)の落とし穴 14 
http://lituum.exblog.jp/18168465/
20. ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13 
http://lituum.exblog.jp/18165295/
19. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 12
http://lituum.exblog.jp/18153390/
18. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 11 
http://lituum.exblog.jp/18147548/
17. ガレキ広域処理(クリアランスレベルの破棄)の落とし穴 10
http://lituum.exblog.jp/18132561/
16. ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 9
http://lituum.exblog.jp/18120574/
15.ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 8
http://lituum.exblog.jp/18115211/
14. ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
13.ガレキ広域処理(バグフイルターの論拠)の落とし穴 6
http://lituum.exblog.jp/18100310/
12.香川県内の市町はガレキ受け入れ表明ゼロ。
http://lituum.exblog.jp/18093153/
11. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 5 
http://lituum.exblog.jp/18070826/
10. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 4 
http://lituum.exblog.jp/18050279/  2012.3.30 
9. 坂出市に続いて高松市もガレキ受け入れ困難 香川
http://lituum.exblog.jp/18045121/ 2012.3.29
8.ガレキ広域処理の落とし穴3  http://lituum.exblog.jp/18040373/ 2012.3.28
7.ガレキ広域処理の落とし穴2  http://lituum.exblog.jp/18001993/ 2012.3.21
6. ガレキ広域処理の落とし穴1 http://lituum.exblog.jp/17989600/ 2012.3.18
5.ガレキ問題 四国の状況 http://lituum.exblog.jp/17968498/  2012.3.14
4.ガレキの広域処理  http://lituum.exblog.jp/17963290/ 2012.3.12
3.「瓦礫」のトリック http://lituum.exblog.jp/17925190/ 2012.3.7
2.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 1
 http://lituum.exblog.jp/17918815/ 2012.3.6
1.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 2 
http://lituum.exblog.jp/m2012-03-01/ 2012.3.6
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】1
迫り来る巨大地震、その激しさ。実感出来ます。
■ 東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図

■ ※この動画は、音は消さずに(むしろ少し音量を大きめにして)ご覧になってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-11-29 07:55 | 放射能汚染

ガレキを受け入れるって どんなこと?

東北をほんとに応援したいあなたへ

今日、ご紹介するのは
はなさんのこと

彼女は今、
高松に避難して来ている。
気丈な人だ。
色々なことを
企画するのがとても上手だ。

その彼女が考えだしたのが、
手渡しガレキ・チラシ。
只のチラシではない。
A4版を八ッ折にした、ミニチラシ。
手渡ししやすい。

しかも手作り、手書きだ。
かけた費用もエコだ。

書かれている内容も
よく調べた最新情報。
さすがだ。

ガレキの広域処理は
ほんとにひどい話だ。
技術先進国としては恥ずかしい限りだ。
どうして、この国はこうなってしまったのだろう。
原子力ムラの圧倒的パワーに政治家はなす術もない。

放射能公害を防止する原則
1.封じ込める。移動させない。拡散しない。(半減期を期待する。自然減を待つ。)
2.燃やさない。焼却しない。(濃縮するので被害が大きくなる。)
3.薄めて処分は禁止。まぜて規制逃れは厳罰に。(濃度規制だけでは放射能公害は防げない)

はなさんはいつもこのミニチラシを持ち歩いていて、
すっと手渡す。
受け取りしてもらいやすいのだ。という。

街でこのミニチラシを渡されたら、はなさんだ。

表紙
b0242956_6555696.jpg

1ページ 放射能以外に何故か有害物質が盛りだくさん。
b0242956_6563078.jpg

2ページ バグフイルターでセシュウムは完全除去出来ません。
b0242956_657453.jpg

3ページ 利権によるガレキの広域処理 それにつきる。
b0242956_657596.jpg

4ページ 堤防に使うは理にかなっている。最近、やっと取組みが始まった。
b0242956_6583667.jpg

5ページ 四国は放射能フリーであるべきだ。安全な食料の生産地として。
b0242956_6594699.jpg

A4サイズに図のようにコマを配置し、印刷(コピー)する。
まず縦に折りさらに、横に織り込む。表紙が上になるようにする。
b0242956_701679.jpg

いや、はなさんの折はもう一つ手が込んでいた。(24.11.4追加)
A点からB点までカッターで切る。A4を縦に折った後、点線を山折にする。
読みやすい小冊子の出来上がり。なるほどだ。
b0242956_16254555.jpg

…………………………………………………………………………………
当ブログ
24. ガレキの広域処理 放射性物質の事は考慮されていなかった。 考察 http://lituum.exblog.jp/18946530/
23.  もしも、私が環境大臣なら¸♪♫•*¨*•¸♪♫ http://lituum.exblog.jp/18798677/
22.  ガレキ広域処理(
ドイツ放射線防護協会の勧告)の落とし穴 15 http://lituum.exblog.jp/18794336/
21. ガレキ広域処理(
日本弁護士連合会 会長声明 100ベクレル)の落とし穴 14 
http://lituum.exblog.jp/18168465/
20. ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13 
http://lituum.exblog.jp/18165295/
19. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 12
http://lituum.exblog.jp/18153390/
18. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 11 
http://lituum.exblog.jp/18147548/
17. ガレキ広域処理(クリアランスレベルの破棄)の落とし穴 10
http://lituum.exblog.jp/18132561/
16. ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 9
http://lituum.exblog.jp/18120574/
15.ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 8
http://lituum.exblog.jp/18115211/
14. ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
13.ガレキ広域処理(バグフイルターの論拠)の落とし穴 6
http://lituum.exblog.jp/18100310/
12.香川県内の市町はガレキ受け入れ表明ゼロ。
http://lituum.exblog.jp/18093153/
11. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 5 
http://lituum.exblog.jp/18070826/
10. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 4 
http://lituum.exblog.jp/18050279/  2012.3.30 
9. 坂出市に続いて高松市もガレキ受け入れ困難 香川
http://lituum.exblog.jp/18045121/ 2012.3.29
8.ガレキ広域処理の落とし穴3  http://lituum.exblog.jp/18040373/ 2012.3.28
7.ガレキ広域処理の落とし穴2  http://lituum.exblog.jp/18001993/ 2012.3.21
6. ガレキ広域処理の落とし穴1 http://lituum.exblog.jp/17989600/ 2012.3.18
5.ガレキ問題 四国の状況 http://lituum.exblog.jp/17968498/  2012.3.14
4.ガレキの広域処理  http://lituum.exblog.jp/17963290/ 2012.3.12
3.「瓦礫」のトリック http://lituum.exblog.jp/17925190/ 2012.3.7
2.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 1
 http://lituum.exblog.jp/17918815/ 2012.3.6
1.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 2 
http://lituum.exblog.jp/m2012-03-01/ 2012.3.6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
霧箱アルファ線の錯乱(1)アルファ線はまるで線香花火のようです。目で見て実感して下さい。内部被曝が問題なのは、体内で細胞の染色体が放射線の直撃を受けるからです。
100ベクレルは1秒間に100放射線が放射される。1分で6000、1時間で36万、1日で864万放射線が飛びでる。。


  by setonokaze | 2012-11-04 07:38 | ガレキの広域処理

ガレキの広域処理 放射性物質の事は考慮されていなかった。 考察

ガレキの広域処理 放射性物質の事は考慮されていなかった。 考察

2012年9月6日の朝日新聞「プロメテウスの罠」がれきの行方2 
に経緯が記載された。
阪神大震災ではほぼ3年でがれきの処理ができた。
東日本で大震災でも広域処理の仕組みを使えば3年以内で処理出来る。
これががれき騒動の元だった。

今まで、分からなかった。
何故、ガレキが広域処理される様になったか。
放射性物質を含んだガレキを焼却すれば、セシュウムは濃縮する。
簡単な、この原理を無視して
何故環境省がガレキの広域処理にこれ程までに夢中になるのか。

結論を先に述べると。
当時の松本龍環境相・防災担当大臣が
がれきの広域処理の仕組みづくりを命じた。
松本はいう。
「放射線物質の拡散のおそれが、岩手や宮城のがれきの処理にまで影響を及ぼすなどということは,当時は想定もしていませんでした」

何たる事か。
環境相たるものが、放射性物質について、全く考慮していなかったと言うのだ。
環境省には放射線のエキスパートもいただろうに、
誰一人大臣に意見する事無く、放射能を含んだがれきが全国に拡散されることになった。
そして、それが、細野大臣になって、がれきがれきのキャンペーになった。
細野大臣は行く先々で、強烈な反対に合うが、
一度決められた施策は変える事は出来ない様だ。
我々の税でなのにだ。

北九州市では本格的がれき焼却が始まろうとしているが、とんだ迷惑である。
大前提が崩れているのだから、やめるべきだろう。
今からでも、遅くはない。

そもそも、
がれきの広域処理について、論議されたのは、第一回の有識者会議
この会議では、福島の浜通り、中通りの高放射能汚染のがれきをどうするかについて論議された。
そして、クリアランスレベル(100ベクレル)の破棄が決められた。
これを勝手に拡大解釈して、全国へのがれきの拡散が始まった。と考えている。
[参照 ガレキ広域処理(クリアランスレベルの破棄)の落とし穴 10 
http://lituum.exblog.jp/18132561/ ]
環境省が環境汚染省になってしまった。
情けないね。

無知から、世界初の 放射能の全国拡散が始まった。
世界から、非難、勧告がなされる事になる。
技術立国、技術先進国と言われる日本。
なぜ、誤りを正せないのだろう。

政治がお粗末では済まない。
被害を受けるのが、これからの将来を担う、
若い人達、子ども、乳幼児、胎児ほど、大きな影響を受けるからだ。
若いママ達の母性本能だろう。
生理的に拒否反応が出ているのは充分理解出来る。

これらに、どう答えるのか、
今、政治家一人一人に問われていると思う。
長いものに巻かれろでは、通用しない。






注)個人の感想です。
………………………引用……………………………………………
            朝日新聞 2012.9.6
b0242956_15101769.jpg

…………………………………………………………………………………
当ブログ
23.  もしも、私が環境大臣なら¸♪♫•*¨*•¸♪♫ http://lituum.exblog.jp/18798677/
22.  ガレキ広域処理(
ドイツ放射線防護協会の勧告)の落とし穴 15 http://lituum.exblog.jp/18794336/
21. ガレキ広域処理(
日本弁護士連合会 会長声明 100ベクレル)の落とし穴 14 
http://lituum.exblog.jp/18168465/
20. ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13 
http://lituum.exblog.jp/18165295/
19. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 12
http://lituum.exblog.jp/18153390/
18. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 11 
http://lituum.exblog.jp/18147548/
17. ガレキ広域処理(クリアランスレベルの破棄)の落とし穴 10
http://lituum.exblog.jp/18132561/
16. ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 9
http://lituum.exblog.jp/18120574/
15.ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 8
http://lituum.exblog.jp/18115211/
14. ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
13.ガレキ広域処理(バグフイルターの論拠)の落とし穴 6
http://lituum.exblog.jp/18100310/
12.香川県内の市町はガレキ受け入れ表明ゼロ。
http://lituum.exblog.jp/18093153/
11. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 5 
http://lituum.exblog.jp/18070826/
10. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 4 
http://lituum.exblog.jp/18050279/  2012.3.30 
9. 坂出市に続いて高松市もガレキ受け入れ困難 香川
http://lituum.exblog.jp/18045121/ 2012.3.29
8.ガレキ広域処理の落とし穴3  http://lituum.exblog.jp/18040373/ 2012.3.28
7.ガレキ広域処理の落とし穴2  http://lituum.exblog.jp/18001993/ 2012.3.21
6. ガレキ広域処理の落とし穴1 http://lituum.exblog.jp/17989600/ 2012.3.18
5.ガレキ問題 四国の状況 http://lituum.exblog.jp/17968498/  2012.3.14
4.ガレキの広域処理  http://lituum.exblog.jp/17963290/ 2012.3.12
3.「瓦礫」のトリック http://lituum.exblog.jp/17925190/ 2012.3.7
2.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 1
 http://lituum.exblog.jp/17918815/ 2012.3.6
1.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 2 
http://lituum.exblog.jp/m2012-03-01/ 2012.3.6

  by setonokaze | 2012-09-07 02:16 | ガレキの広域処理

もしも、私が環境大臣なら¸♪♫•*¨*•¸♪♫ #原発いらない

夢シリーズ 2 「もしも、私が環境大臣なら¸♪♫•*¨*•¸♪♫ 」
    
第1章   引き継ぎ

1. モナ大臣からの引き継ぎ。
モナさんは引き継ぎますか?
引き継ぎたいけど、路上ちゅーでフォーカスされてモナ。。

2. 環境省の役目はなんだってんですか?
それはね、環境を利用して、利便性をあげることなんだよ。
どうやるのですか。
内緒だけど、
大々的がれきキャンペーンとか、意見聴取会とか、全国的にやれば、色々、いいことあるだろ。
それが、美味しいのだよね。
え、
環境を守るのではないのですか?

3. 予算
増えましたね。
そう、どうやって使ったらいいのか分かりませ〜ん。
それはね。
使った振りをすればいいんだよ。
え、
今は、民主のスローガンが「コンクリートからコンクリートへ」だから
コンクリートの除染に励めばいい野田。
何回でも、仕事ができるぞ。
(コンクリートとセシュウムの相性は良く、なかなか除染出来ない)

4. ガレキの広域処理
どうしますか?
あ、それね。
ガレキが少ないのがバレバレで、
もう全国のお待ちの方の期待に答えられない野田。
美味しい話は、終わり。
今後、一見さんお断りだよ。

でも、燃えないがれきはどうします?
それが、それ
新たな飯のたね。。
美味しい話は、いつまでも。。

5.ドイツに指摘されている国際合意違反は内緒だからね。
どんな内容なのですか?

「食品、がれき処理について、希釈禁止合意に違反している。」
という厳しいものだよ。
「食品を薄めてとか混ぜてとか、ガレキの広域処理,焼却が出来なくなる。」
ばれたら、環境大臣の首が飛ぶだけでは済まんだろうな。
あちゃ、しゃべっちまった。><

大事になるから、知らんぷりしているだ。
あ、知らんぷりですか。
出来るかな〜
(出来そうにない我はもじもじ。。)


6. つけ
3.11いらい。無理に無理を重ねたからね。
このツケの支払いはよろしく。
どんなツケなんですか?
おいおい、言えないよ。アンダーな話は。
国際的問題もあるしね。国内的な問題もあるよ。
どんな。
言えるわけないだろ。

ヤバイ話?

あのう。。引き継ぎ止めたいのですが。。

………………………………………………………………

で、目が覚めた。



注)夢の話故、現実と異なります。
……………………………………………………………….
当ブログ
夢シリーズ1
もしも、私が原子力規制委員長なら¸♪♫•*¨*•¸♪♫ http://lituum.exblog.jp/18782610/

  by setonokaze | 2012-08-08 20:01 | ガレキの広域処理

ガレキ広域処理(
ドイツ放射線防護協会の勧告)の落とし穴 15 #ガレキ

ドイツ放射線防護協会が昨年の11月に
日本政府への勧告を出していたが、どうも、
あっさりと、日本政府はいまだに無視だ。
この勧告、読んでみたが、まっとうだ。
どうして、無視をしたのだろうか?
どうして、まっとうな判断が、出来なくなっていたのだろうか?

原発ありきで、原発の3つや4つが吹っ飛んでも、
やめる訳にいかないとの
大前提が、
東電を、なりふり構わず、救済し、
チェリノブイリを超えるかと言う、未曾有うの放射能汚染を、
除染、除染のオンパレードで、安心させ、
警戒地区解除で、もどれもどれの大合唱。

御用学者総動員で、安心、安全教育。
民は、どうしたものかと、右往左往。
あげくの果てに、夫婦喧嘩や、一家離散。
罪作りな、お上である。

でも、冷静に考えて、
この、ドイツ放射線防護協会の勧告、
日本の為に親身になって勧告してくれているのは、間違いない。
日本政府は、直ちに、勧告を受け入れるべきだ。
だが、聞く耳持たずの様だ。
日本の悲劇の始まりだ。

このツケはとても高くつくことになるのだが、
残念ながら、今の政権では、無理の様だ。
前書きが長くなった。要点をあげよう。

1. 放射線防護の国際的合意として、
特殊措置をとることを避けるために、
汚染された食品や廃棄物を、
汚染されていないものと混ぜて「危険でない」とすることは禁止されている。

ガレキの広域処理は放射線防護の国際的合違反なのだ。
一般ゴミと混ぜて焼却することも、ごまかし。
決して、してはならないことだ。
この勧告に従うべきで、
細野大臣のガレキ政策は明確な国際的合意違反だ。


2. すべての日本の市民が知らぬ間に
東京電力福島第一原子力発電所事故の「
二次汚染」にさらされることになるだろう。

ガレキの広域処理は「二次汚染」を引き起こす。
絶対に認める訳には、いかない。
現在の汚染がれき および食品への対応では、
日本市民に健康被害が広がってしまうだろう。と、
警告されているのだ。

3. トイツ放射線防護協会は、
少なくとも妊婦と子とものいる家庭について、
現在の避難地域より広い範囲で至急の避難・疎開か
支援されなければならないと強く警告する。

多くの、ツイートで、「避難して、お願い。。」があるが、その論拠だ。
ガレキの広域処理なぞ、とんでもないだ。
政府は国際ルールを守れ。

4. 子ともに年間 20 ミリシーベルトの被曝を強要することは
悲劇的な過ちである
この件に関しては、若いママ達の猛烈な反撃に遭い、
年間1ミリシーベルトをめざすとしたが、
うやむやに。

年間の被曝量の限度は 1ミリシーベルト。毎時に直せば
0.114マイクロシーベルト毎時 の中に1年間居ると
限度量を超える。
0.114マイクロシーベルト毎時を超える地域で生活している人は
直ちに避難が必要となるのだが、、
「避難せよ」と言うと、変なバッシングに遭うと言う。
注3)

福島で、
ICP A一般人 年間許容被ばく線量は 1mSV
欧州放射線リスク委員会(ECRP)は    年間0.1mSV


ちなみに文科省が出した数値子供20mSVという数値や、
5月23日に渡辺格文科省科学技術・学術政策局次長が口にした
「健康上問題があるとされているのは100mSV」
「100mSV以下ではがんなどの問題は認められていない」と公言するのは論外 http://fxtrader.at.webry.info/201108/article_9.html


環境省のHPを調べたが、(8/7現在)1mSVしたとの記述は見つからなかった。
文科省のHPを調べたが、(8/7現在)1mSVしたとの記述は見つからなかった。
現在も年間1mSVは単なるお題目に過ぎないようだ。

注3)環境省は自然放射線量を除外。全国平均で1m_Sv/yは0.23μSv/hと算出。
注2)3.4はガレキの広域処理とは直接ないが、重要なので、記載しました。
注1)この値が、自然放射線量を含むか、のぞくかについては、
訳文からは、判断できないが、除いて判断しても、
かなりのリスクが福島にあるのは間違いない。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。引用。。。。。。。。。。。。。。。。

        ドイツ放射線防護協会:日本政府への勧告
                            2011年 12月6日


ドイツ放射線防護協会は、11月27日、ベルリンにて「放射線防護の基本規則は、福島原発事故後も無視されてはならない」とのプレスリリースを発表しました。

リリースは、同日ベルリンにて開催された講演会「福島の経験」(ドイツ放射線防護協会、日独平和フォーラム、FoEドイツ、FoE Japanの共催)で、日本へのメッセージとして、会長のセバスティアン・プフルークバイル氏より発表されました。日本政府の対応への厳しい批判と早急な方針変更を訴えています。

出典)http://www.foejapan.org/energy/news/111206.html


……………………………………………………………………………………………………..
       ドイツ放射線防護協会 会長 セハスティアン・フフルークハイル(博士)
Dr. Sebastian Pflugbeil, Präsident Gormannstr. 17, D-10119 Berlin Tel +49 (0)30 / 44 93 736, Fax +49 (0)30 / 44 34 28 34 eMail: pflugbeil.kvt@t-online.de
                     ベルリン、2011 年 11 月 27 日

【プレスリリース】
ドイツ放射線防護協会より:

放射線防護の基本規則は、福島原発事故後も無視されてはならない

ドイツ放射線防護協会は問う:
原子力利用と引きかえにどれだけの死亡と疾病を許容するのか?

放射線防護の国際的合意として、特殊措置をとることを避けるために、汚染された食品や
廃棄物を、汚染されていないものと混ぜて「危険でない」とすることは禁止されている。
本政府は現在、食品について、および地震・原発事故・津波被災地からのがれき処理について、この希釈禁止合意に違反している。ドイツ放射線防護協会はこの「希釈政策」を至急撤回するよう勧告する。撤回されない場合、すべての日本の市民が知らぬ間に東京電力福島第一原子力発電所事故の「二次汚染」にさらされることになるだろう。空間的に隔離し、安全を確保し、管理された廃棄物集積所でなければ、防護策は困難である。「汚染を希釈された」食品についても同様である。現在の汚染がれき および食品への対応では、日本市民に健康被害が広がってしまうだろう。

日本ですでに始まっている汚染がれきの 各県への配分、焼却、および焼却灰の海岸埋め立て等への利用は、放射線防護の観点から言えば重大な過ちである。焼却場の煙突から、あるいは海洋投棄される汚染焼却灰から、がれき中の放射性物質は必然的に環境に放出される。 ドイツ放射線防護協会は、この計画の至急撤回を勧告する。

チェルノブイリ事故後ドイツでの数々の研究により、胎児や乳幼児が以前の想定よりはる かに放射線影響を受けやすいことか明らかとなっている。乳幼児の死亡率、先天障害、女児 出生率の低下など、チェルノブイリ後の西ヨーロッパで明らかな変化が確認されている、すなわち、低量あるいはごく微量の追加放射線によって数万人の子どもか影響を受けているのである。さらに、ドイツの原発周辺における幼児のかん白血病についての研究でも、微量の追加放射線でも子どもたちに健康被害を与えうることか示されている。トイツ放射線防護協会は、少なくとも妊婦と子とものいる家庭について、現在の避難地域より広い範囲で至急の避難・疎開か支援されなければならないと強く警告する。われわれは同時に、子ともに年間 20 ミリシーベルトの被曝を強要することは悲劇的な過ちであると考える。日本政府は、 現在の避難基準になっている年 20 ミリシーベルトを直ちに撤回するべきである。

出典)http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111127_j.pdf
原文(ドイツ語)[PDF]http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111127_g.pdf
…………………………………………………………………………………………….

当ブログ
21. ガレキ広域処理(
日本弁護士連合会 会長声明 100ベクレル)の落とし穴 14 
http://lituum.exblog.jp/18168465/
20. ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13 
http://lituum.exblog.jp/18165295/
19. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 12
http://lituum.exblog.jp/18153390/
18. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 11 
http://lituum.exblog.jp/18147548/
17. ガレキ広域処理(クリアランスレベルの破棄)の落とし穴 10
http://lituum.exblog.jp/18132561/
16. ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 9
http://lituum.exblog.jp/18120574/
15.ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 8
http://lituum.exblog.jp/18115211/
14. ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
13.ガレキ広域処理(バグフイルターの論拠)の落とし穴 6
http://lituum.exblog.jp/18100310/
12.香川県内の市町はガレキ受け入れ表明ゼロ。
http://lituum.exblog.jp/18093153/
11. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 5 
http://lituum.exblog.jp/18070826/
10. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 4 
http://lituum.exblog.jp/18050279/  2012.3.30 
9. 坂出市に続いて高松市もガレキ受け入れ困難 香川
http://lituum.exblog.jp/18045121/ 2012.3.29
8.ガレキ広域処理の落とし穴3  http://lituum.exblog.jp/18040373/ 2012.3.28
7.ガレキ広域処理の落とし穴2  http://lituum.exblog.jp/18001993/ 2012.3.21
6. ガレキ広域処理の落とし穴1 http://lituum.exblog.jp/17989600/ 2012.3.18
5.ガレキ問題 四国の状況 http://lituum.exblog.jp/17968498/  2012.3.14
4.ガレキの広域処理  http://lituum.exblog.jp/17963290/ 2012.3.12
3.「瓦礫」のトリック http://lituum.exblog.jp/17925190/ 2012.3.7
2.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 1
 http://lituum.exblog.jp/17918815/ 2012.3.6
1.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 2 
http://lituum.exblog.jp/m2012-03-01/ 2012.3.6

  by setonokaze | 2012-08-07 23:05 | ガレキの広域処理

今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。6 小豆島土庄町長 会見 #ガレキ

やっと、
土庄町長、「震災がれき受け入れ不可能」の コメントを13日、
岡田町長と三枝議長が町役場で会見を開いて発表した。
よかった。よかったである。

小豆島の
将来のためにも、小豆島の人々のためにも。
小豆島を訪れる観光客のためにもだ。

とりあえず、
ほっとしたのが、正直なところだ。
英断して戴いた、町長に感謝を申し上げたい。
長い目で見れば、小豆島のためになること。
豊島産廃問題の苦しみの再来を防止できたことは、
何よりである。

重ねて、岡田町長に御礼申し上げます。



そもそも、
細野大臣がガレキガレキのオンパレードで,今、
ガレキの広域処理の試験焼却が先行しているが、

放射性物質汚染対処特措法  によると
http://www.env.go.jp/jishin/rmp/attach/law_h23-110a.pdf

(特定廃棄物の焼却の禁止)
第47条 何人も特定廃棄物を焼却してはならない。   とある。

細野大臣が、
錦の御旗の様に言うガレキの焼却は 
放射性物質汚染対処特措法(ガレキ法)第47条で
「何人も特定廃棄物を焼却してはならない。」と
明確に規定されている。
環境省は「ガレキを燃やすことは最悪」、
世界で日本だけの愚行と認識しているのだ。

この
焼却の禁止の47条に但し書きを付け、
「省令に定める**焼却については、この限りでない。」と
付け加えたのがざる法と言われるゆえんなのだ。
とんでもないことをしてくれたと思っている。
省令の定めなければ、
この騒動はそもそも起らなかったのである。

この
但し書き条文(省令)を細野大臣が振り回すから、
全国で今ややこしいことになっているのだ。
あくまでも、但し書き条文である。
国民を二分してイガミ合うことはないのである。

省令ではなく法の基本は
「焼却の禁止」「何人も特定廃棄物を焼却してはならない」のである。


(注釈) 省令 所轄省庁が定める。従う義務は発生する。
罰則規定がなければ、守らなくても罰はない。(gooベストアンサー)



・ ・・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・
   YOMIYRI ONLINE(2012年6月14日 読売新聞)

土庄町長「震災がれき受け入れ不可能」
東日本大震災で発生したがれきへの積極的な対応を求めた土庄町議会の決議について、岡田好平町長は13日、記者会見し、がれきの受け入れは不可能との考えを明らかにした。受け入れの候補地が国立公園にあり、法的に困難としている。

 決議は4月の臨時議会で可決。震災がれきが被災地復興の障害になっているとし、町に対して「できうることを積極的に行う」よう求めた。

 決議を受けて、町は一般廃棄物の最終処分場計画地での受け入れを検討。しかし、計画地は国立公園内で、地元以外からのがれき搬入は自然公園法に抵触することから、不可能と判断したという。岡田町長は「廃棄物の受け入れ以外で被災地支援を積極的に考えたい」と述べた。

 県内では現在のところ、震災がれきの受け入れを正式表明している市町はない。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         四国新聞 web 2012年(平成24年)6月14日(木)

被災地がれき受け入れ断念/土庄町、自然公園法に抵触

 香川県土庄町は13日、町議会から積極的に取り組むよう要請があった東日本大震災に伴う災害廃棄物の受け入れに関して、断念せざるを得ないと発表した。


同日の町議会全員協議会で説明した後、岡田町長と三枝議長が町役場で会見を開き説明した。

 
岡田町長は国に出向いて安全面、財政面、制度面について検討し、国から
▽ 処理予定地(土庄町小部・灘山地区)は瀬戸内海国立公園普通地域であり、自然公園法に抵触する
▽ 現在稼働中の施設に依頼しており、処理期限目標2014年3月を考えると新規施設での受け入れは難しい―との回答を得たと報告。
今後はそれ以外の部分で被災地支援を行っていきたいとした。


 町議会は4月6日の臨時議会で、町としてできることを積極的に行うことを要請する議員発議の決議を賛成多数で可決していた。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考 当ブログ

12. ガレキ受け入れが東北復興の為になるって思っていませんか?(マンガ)  http://lituum.exblog.jp/18064903/
11. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。5 小豆島土庄町長の経過報告 
http://lituum.exblog.jp/18404896/
10. 香川が ガレキ広域処理でゆれる。4 札幌市の見解 
http://lituum.exblog.jp/18423737/
9. 香川が ガレキ広域処理でゆれる。3 細野大臣に再質問 新潟 
http://lituum.exblog.jp/18392313/
8. 香川が ガレキ広域処理でゆれる。2  徳島見解 
http://lituum.exblog.jp/18387021/
7. 香川が ガレキ広域処理でゆれる 1 浜田知事「お手伝いしたい」
http://lituum.exblog.jp/18379954/
6. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。5 支離滅裂 http://lituum.exblog.jp/18331276/
5. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。4 エンジェルロード http://lituum.exblog.jp/18315742/
4. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。3  木下黄太さん http://lituum.exblog.jp/18307545/
3. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。2  徳島見解 http://lituum.exblog.jp/18287101/
2. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。1 なぜ?  http://lituum.exblog.jp/18270853/
1.ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13 
http://lituum.exblog.jp/18165295/




注)個人の感想です。
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-06-14 22:38 | ガレキの広域処理

香川が ガレキ広域処理でゆれる。4 札幌市の見解  #ガレキ 

香川が ガレキ広域処理でゆれる。

香川県浜田知事が県市町長会議で、
ガレキの広域処理で「なんとかお手伝いできないかと思っている」
との考えを明らかにしたと報道された。

札幌市の例を浜田知事はご存知なのだろうか。


今日、ご紹介するのは、
札幌市のガレキ受け入れに関する見解

札幌市は冷静に、ガレキの問題を捉えている。
香川県にも、札幌市の様な見解を出せなかったものだろうか。
人材が豊富な、香川県、札幌市以上の優れた、見解を出せるはずなのだが。
今も、出ない。情けないの一言だ。

札幌市の見解に対しても、環境省の反論はない様だから、
札幌見解は、認知されたと言うことだろう。

要約と考察
1.「放射性廃棄物は、基本的には拡散させない」ことが原則と言うべきで、不幸にして汚染された場合は、なるべくその近くに押さえ込み、国の責任において、市民の生活環境に放射性廃棄物が漏れださないよう、集中的かつ長期間の官営を継続することが必要である。と私は考えています。非常時であっても、国民の国民の健康と生活カンッ今日そして日本の未来を守り、国内外からの信頼を得るためには、その基本を守ることが重要だと思います。

放射能に汚染されたものは、拡散させない。動かさずに、封じ込める。が基本。
拡散させるは最悪なのだ。基本中の基本。
環境省がこのことを知らないはずはない。
全国に拡散させるなどの寓挙は、かってのソ連邦でもやらなかったこと。

2.放射能物質についてですが、震災前は「放射性セシュウム濃度が、廃棄物1kgあたり100ベクレル以下であれば放射性廃棄物として扱わなくてもよいレベル」だとされてきました。しかし現在では、「焼却後8,000ベクレル/kg以下であれば埋立て可能な基準」だとされています。「この数値は果たして、安全性の確証が得られるのか」というのが、多くの市民が抱く素朴な疑問です。全国、幾つかの自治体で、独自基準を設けて引き受ける事例が報道され始めていますが、その独自基準についても本当に安全なのか、科学的根拠を示すことは出来ていないようです。

クリアランスレベルを突然無視したのが、環境省。この件について、
環境省は納得できる論拠を示していない。

3.私たちの住む北海道は日本有数の食料庫であり、これから先も日本中に安全でおいしい食料を供給し続けていかなくてはなりません。そしてそれが私たち道民にできる最大の貢献であり支援でもあると考えます。

汚染を拡散させなければ、安心できる食料を供給できる。大切なことである。

4.「市長として判断する際に、最も大切にすべきこと、それは市民の健康と安全な生活の場を保全することだ」という、いわば「原点」にたどりつきました。

市民の安全を第一に考えれば、ガレキの受け入れなどできるはずもないこと、
長たるものの責務であることは自明だ。

札幌市長の決意に、心からエールを送りたい。

香川県も、豊島産廃問題を教訓に、環境先進県をめざしてほしいと
切に願うばかりだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・
b0242956_0262532.jpg

b0242956_0265620.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おすすめ 当ブログ

4. ガレキ広域処理(クリアランスレベルの破棄)の落とし穴 10
http://lituum.exblog.jp/18132561/
3. 香川が ガレキ広域処理でゆれる。3 細野大臣に再質問 新潟 
  http://lituum.exblog.jp/18392313/
2. 香川が ガレキ広域処理でゆれる。2  徳島見解 
http://lituum.exblog.jp/18387021/
1.香川が ガレキ広域処理でゆれる 1 浜田知事「お手伝いしたい」
http://lituum.exblog.jp/18379954/

  by setonokaze | 2012-06-11 00:35 | ガレキの広域処理

今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。5 小豆島土庄町長の経過報告 #ガレキ 

小豆島 土庄町 町長室だより 「東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理について に岡田土庄町長の広域処理についての経過報告が掲載された。

事の始まりは、3月16日の野田総理、細野大臣の香川県知事への協力要請により、3月23日に浜田知事から各市町長に対しての通知のようだ。

「3月23日に浜田知事から各市町長に対し、被災地支援と安心安全の両面から検討して頂きたいとの通知がありました。」を考察する。

1.香川県浜田知事は何の事前検討も、香川県としてせずに、
県内の市町に降ろしてしまった様だ。

2.徳島県の見解を検討した様子もないのか。
香川県には公害防止の専門家はいないのだろうか、
いるはずなのだが。。

3.浜田知事は、天下りがんがちだから、
中央の要請をそのまま鵜呑みにしてしまったのだろう。
大所高所から、の判断が知事には求められると思うが。。

4.今、地方は中央の従属からの脱却が求められている。
道州制の検討もその象徴だ。
中央の言いなりはもうやめる時期なのに。。

5.浜田知事は、先日小豆島土庄町豊島の産廃汚染土壌の
大津への搬出を断念したばかりだ。
土庄町が更なるガレキの受け入れをするなぞ。論外のはず。
ブレーキをかけるべき知事が、
小豆島土庄町へのガレキ受け入れをアクセル踏んで、
応援するなぞ、どうなっているのだろうか。


6.香川県知事浜田恵造オフィシャルwebサイト
 http://www.hamada-keizo.jp/policy/
をのぞいて見た。(さらに浜田恵造のマニフェストをクリック)

浜田恵造の政策
2 安心のできる香川
 8.女性や若者の意見を取り入れ、「赤ちゃんからお年寄りまですべての人が笑顔で暮らせる社会を」めざします。
とある。

ガレキ受け入れが、若い女性や、若者の意見を取り入れた事になるのか。
ガレキ関連業者の意見を、取り入れただけにならないのか。
はなはだ疑問だ。

 13. 環境問題に全力で取組み、自然環境を守って、快適なふるさとの創造につとめます。
とある。

ガレキの受け入れを打診して、何が、自然環境を守るだ。
つじつまが合わんではないか。国立公園だぞ。
環境省に指摘されるまで、分からなかったのだろうか。
お粗末と言う事につきる。
環境を守り、ふるさとを守って知事でしょうが。。
中央と対立しても香川県の環境、自然環境を守るが香川県知事の責務。
ガレキ受け入れなど出来るわけがない。

3夢と希望あふれる香川
 17. 年間観光客数を1000万人台に増やしていくようにめざします。

観光客を増やしたいなら、ガレキを受け入れる事は真逆の政策になる。
こんな簡単な事も分からんはずがない。
何の理由でガレキをそこまで無理をしてまで受け入れようとするのか。

うどん県PRで多額の宣伝費をつかっている。
まるで、香川にはうどんしかないような勢いである。
さらに、別のタレント?バイオリニスト?を使うやに。
その一方で、ガレキ受け入れを無理矢理やろうとする。
施策に整合性は全くないではないか。
小豆島は観光が売りだ。
そこで、ガレキを受け入れを知事が要請なんて、
正常な判断力が問われる事だ。

香川には香川の特徴を生かした、被災地の応援がある。
ガレキの受け入れだけではない。
絆と言うなら、ガレキでなく、
人を受け入れるとか、他にもいっぱい方法はある。

「二十四の瞳」の小豆島でガレキ受け入れはやめた方が良い。
知事の1000万人観光客誘致の方が、はるかに香川の為になる。

  
                          続く



・ ・・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・・
b0242956_2337841.jpg

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考 当ブログ
9. ガレキ受け入れが東北復興の為になるって思っていませんか?(マンガ)  http://lituum.exblog.jp/18064903/
8. 香川が ガレキ広域処理でゆれる。3 細野大臣に再質問 新潟 
http://lituum.exblog.jp/18392313/
7. 香川が ガレキ広域処理でゆれる。2  徳島見解 
http://lituum.exblog.jp/18387021/
6. 香川が ガレキ広域処理でゆれる 1 浜田知事「お手伝いしたい」
http://lituum.exblog.jp/18379954/
5. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。5 支離滅裂 http://lituum.exblog.jp/18331276/
4. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。4 エンジェルロード http://lituum.exblog.jp/18315742/
3. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。3  木下黄太さん http://lituum.exblog.jp/18307545/
2. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。2  徳島見解 http://lituum.exblog.jp/18287101/
1. 今、瀬戸内海「二十四の瞳」の小豆島がガレキ受け入れでゆれる。1 なぜ?  http://lituum.exblog.jp/18270853/

注)個人の感想です。
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-06-06 23:46 | ガレキの広域処理

香川が ガレキ広域処理でゆれる。3 細野大臣に再質問 新潟 #ガレキ 

香川が ガレキ広域処理でゆれる。

今日、ご紹介するのは、
新潟県のガレキ広域処理の必要性に関する細野大臣に対する再質問状です。

この質問状、
読んでみましたが、優れものです。よく考察されています。
香川県にも、新潟県と同じ様にガレキの広域処理について考察出来る、
優れた人材はおいでないのでしょうか。
香川県は、教育県。優れた人材はおいでるはずなのだが。。

おそらく、
この質問状に細野大臣はきちんと答える事は出来ないだろう。
なぜなら、この質問状に書かれている事は至極まっとうな事だからだ。

この質問状について、
tsunamiwasteさんが的確な解説をしています。詳しく知りたい方はぜひ読んでみて下さい。http://tsunamiwaste.ldblog.jp/archives/7474423.html

要約
1.原子力災害が起きた→特措法を作った→でも既存法とバランスがとれていない
(例えば、現在稼働中の原子力施設や大学等から出る放射性廃棄物は従来通り
ドラム缶で厳重保管なのに、福島第一原発由来の放射能で汚染された地域の汚染は
そのままでいいのか、など)というのは、問題です。
突発的な事故が起きたからといって、人間の身体が突然放射能に強くなるということでもないし、
これまで積み重ねてきた法制度をないがしろにする新法を作っていいという
ということでもないです。

2.災害廃棄物安全評価検討会の議事録の一部が欠損してる点を突いています。
議事録がないどころか、録音もしていなかったというのが判明しています。
**一方、受入自治体の側はというと、議事録がないと困るそうです。
どのような議論を経て審議会・検討会は結論を出したのかと、議事録を参考にするそうです。

3.国はICRPの考え方を採用しているのですが、細かいところでは
”ジャパンスタンダード”とでもいうべき恣意的な判断・運用をしている点が、
よく批判されます。そこを突いています。

4.泉田・新潟県知事は以前、「どこの国に市町村ごとに放射性廃棄物処分場を
設置しているところがあるんだ」と怒っていましたね。

5.私たち、広域処理反対派の市民も総量規制の話をよくします。
環境省は、基本的に有害物質は総量規制の考え方なのですが、
今回の放射能だけは濃度規制です。  

6.ぜひこの質問に対する環境省の回答を聞きたいところです。
不安を煽るから非公開にしたなら、そのがれきを引き受ける受入自治体は、
なおさら不安を覚えます。だいたいどうやって県民に説明できるんですか?

7. 国の対応が後手後手であることが分かります。
ゼオライトもベントナイトも震災後に急にもてはやされたもので、
まだ科学的知見が蓄積しているとは言えません。
なのに、無謀にも政策だけを進めようとしています。
まず科学的知見を審議会・検討会などで意見集約し、
法令で基準を作るというのが本来の順序のはずです。

8. 島田市の試験焼却結果を考える~バグフィルターは本当に99.9%取れるのか?~

9. 群馬・伊勢崎の最終処分場排水、セシウム基準超 

10. 千葉県 市原エコセメントの放射能を含む排水に関する経過について

11. 宮古の処理単価の16,300円/tですが、この数字を初めて見ました。
私は現地処理で5万と聞いています。5万という数字は、
普段に比べると「高い」「国が被災地の要求を丸ごと飲んでいる」という批判を見ましたが、
この処理単価は本当なのかしら。
私は判断を保留しますが、環境省の回答をぜひ伺いたいです。

12. 数日前にも、泉田・新潟県知事は、県下の三条市の市民から
「がれき受入に反対するためにはどうしたらよいのか」と相談されて、
「市長をリコールすればいい」と思い切ったアドバイスをしたという報道が流れています。

香川県知事にも、下記の新潟県の質問状についてきっちり説明して戴きたいと願うばかりだ。

・・・・・・・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0242956_12161588.jpg

b0242956_12163637.jpg

b0242956_1217261.jpg

  by setonokaze | 2012-06-04 12:30 | ガレキの広域処理

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE