あと一歩で大飯が止まる!大飯原発の即時停止を求める緊急オンライン署名

あと一歩で大飯が止まる!
大飯原発の即時停止を求める緊急オンライン署名

昨日の大飯断層調査団の評価会合で、
島崎委員は
F-6が12万~13万年前以降に動いたことを、
調査団全員の確認としました。
これは、とても重要なことです。

関電や国は、設置許可やバックチェックで、
「12万~13万年前以降に動いていない」として、
「活断層ではない」としてきました。
これが、根底から覆されることになりました。
関電や国の責任が厳しく問われるべきです。

ズレの原因については、
「活断層によると考えても矛盾はしないが、
地滑りの可能性もある」と
いうまとめになり、
7日に関電の反論も聞いて議論することとなりました。

国の「手引き」に従えば、
活断層の可能性が否定されない限り活断層とみなすべきです。
この活断層の真上には重要施設である非常用取水路があり、
活断層の上に重要施設がある場合は
原発の建設が認められないことになっています。

国民の大きな声が今回の現地調査を実現させました。
今度こそさらに大きな声で大飯原発を止めましょう!

★緊急55時間署名★大飯原発の即時停止を求める緊急署名

http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/55-0f57.html
オンライン署名フォーム→https://fs222.formasp.jp/k282/form2/
補助フォーム→https://pro.form-mailer.jp/fms/45b5497a35338

(転載 渡辺さと子 便  2012.11.5 )
(当家は即署名済ませますた!)

  # by setonokaze | 2012-11-05 23:19 | 脱原発

まだまだ不安,学校給食(日本の歪んだ給食行政)

今日、ご紹介するのは

田中一郎氏のレポート

学校給食は
放射能フリーが望ましい。
だが、無頓着な、学校、教育委員会、
市、県、教育関係者が多い。
業者、PTAにしてもそうだ。
理解の程度がピンキリだ。

大切な我が子を預ける親としては、
放射能の知識を身につけていればいる程、
学校の無理解にあきれ果てる。

国の基準に準じている。
安全である。
今まで問題は起っていない。
大多数の他の父兄からの問題指摘はない。
などなど、無理解も甚だしい。
 
立ち向かうママ達は孤立しがちだ。
間違った主張をしているのではない。
言うべきことは言っておかないとならない。
だが、放射能のイロハから理解してもらうのは
大変だ。
そんなママ達に 
少しでも参考になればと思う。

引用 ……………………………………………………………………………………………
   
   まだまだ不安,学校給食(日本の歪んだ給食行政)  田中一郎  2012.11.2

下記の4つの記事は,『週刊金曜日 2012.10.26』掲載の学校給食の放射能汚染に関する記事や,学校給食関連記事を若干集めたものです。ごく簡単にご紹介だけしておきます。

 <学校給食関連記事>
・まだまだ不安,放射能と学校給食(『週刊金曜日 2012.10.26)』
・マダムトモコ・インタビュー「情報くを提供することで子どもの健康を守りたい」
(『週刊金曜日 2012.10.26』)
・お勧めの給食検査はこれだ
(『週刊金曜日 2012.10.26』)
・いわき市が地元産給食を凍結(2012年10月7日付河北新報)

 上記の記事の中でも,『週刊金曜日』の成澤宗男氏が「黒猫先生にQ&Aで学ぶ」として3ページにわたり執筆されている記事は必読のように思えますので,是非,ご覧になってみてください。若干の記述を引用してみますと,

(1)「(厚生労働省の新基準の一般食品=放射性セシウム100ベクレル/kgは)廃棄物の基準として,環境省は,1キロあたりセシウムが100ベクレル以下であれば廃棄物として,安全に再利用できると定めています。逆に言えば,100ベクレル/kg以上であれば,廃棄物としても安全に再利用できないということになります。この新基準値を,学校給食の使用基準にしている自治体もありますが,給食としてはありえない数字だと思います」(⇒ 全くその通りで,学校給食の基準が,捨ててもいい放射能汚染ゴミの基準と同じ,などというのは考えられません:田中)

(2)「多くの自治体の流通品検査を見ていると,出ないことが分かっている食材ばかり測定している。(中略)市民測定所の結果を見ていた方がよほど役に立つ」(⇒日本の行政のやることは,どうしてこうもダメなのでしょう。確かに日本の行政は国も地方も問題だらけですが,他方で,一つには我々一般市民・国民にも責任の一端があるように思います。ろくでもない人間を地方議員や首長に選ばない,ということや(住民投票に反対した政治家などは二度と当選させないという厳しい姿勢が必要です等),様々な形で行政に異議申し立てや改善を求めて行く姿勢が,国民・市民・地域住民に不足しているのではないかと思います。人間の権利は守ってもらうものではなく,みんなで力を合わせて自分で守るものです:田中)

(3)「毎日のように食べているかどうかということと,1回あたりの摂取量,そして,セシウムの濃度の3つを総合的に判断して,(検査する対象の)優先順位を決めるべきです」(⇒ 全くその通りですが,それ以上に,検査機器類の大量導入や検査要員の抜本的拡充を政府や自治体にさせなければなりません:田中)

(4)「(給食に出す使用基準は)食材平均で0.25ベクレル/kg,(中略)それが無理なら,それぞれの自治体が2.5ベクレル/kgとか3ベクレル/kgという使用基準をしっかり設けて,それ以上の数値が出たらもう使わない,もしくは使用基準値と定量下限値を合わせるべきです」(⇒ 私は学校給食はゼロベクレルであるべきだと考えております:田中)

(5)「丸ごと検査を実施している自治体は多いですが,私はほとんど意味がないと思っています。丸ごと検査は,行政にとってみれば「給食検査」をしていることをアピールでき,費用も単品ごとの検査よりも安く済むし,定量下限値を高めに設定すれば検出されることはまずない」(⇒ つまり,うるさいお母さんを黙らせるためにやる検査が「丸ごと検査」ということのようです。しかし,今日のような学校給食行政では,全てのお母さんは「超うるさく」なるべきです:田中)

 それから,成澤氏が紹介した「黒猫先生」のサイトのURLは下記です。興味深い内容です。
*黒猫の戯言
 http://tomynyo.tumblr.com/

 私は,この学校給食を巡る行政と,子どもを守らんとするお母さん達との攻防を見ていて思うのは,次のようなことです。

(1)女性の危機認識,特に母性のそれは,(屁)理屈を超えた大きな正論パワーを感じさせ,今の歪んだ日本の仕組みやあり方=特に食生活や子育ての抜本改革につながっていく大きな可能性を感じます。今回の学校給食における「食」の安全確保に真っ先に熱心に取り組んだのは,今まで政治運動や市民運動とは縁がなかった一般の主婦・お母さんたち地域住民でした。また,福島第1原発事故後の脱原発・反原発の動きを底辺で支えているのも,多くはこうした女性の方々です。

(2)学校給食における放射能汚染の排除・子どもの無用の被曝回避の対策は,自治体によって差が大きくなっています。各自治体の首長や地方議員,自治体職員の理解度にもよりますが,それ以上に,上記(1)で申し上げたお母さんたちの活躍の差が大きいと言えます。

(3)上記にも書きましたが,日本の行政は国も地方もどうしてこうもダメなのかと思います。中でも学校教育・学校給食をつかさどる教育委員会は最悪の部類でしょう。抜本改革が必要です。(但し,維新の会・橋下方式は絶対にダメです)

(4)学校給食の安全確保をはじめ,食の放射能汚染と安全の問題に関しては,どういうわけか既成の革新政党・政治グループや,これまで食の安全に熱心に取組んでいた市民団体・市民運動の姿が薄くてよく見えません。3.11福島第1原発事故以降,休眠してしまったのでしょうか? 私は,この1年半の動きを振り返り,(多くの脱原発・反原発市民運動が,福島第1原発事故で大きな被害を受けられた東日本全域の被害者の方々への賠償・補償・再建支援の問題に取組まない・応援しないことと併せて)日本の市民運動や市民運動団体に,やはり問題があるように感じています。
 徹底的に批判されるべきは,もちろん加害者・東京電力や事故責任者・国,それに原子力ムラや原子力産業達やマスコミなどですが,それを批判する側も反省すべきところはあるように思えます。

田中一郎様 快く掲載許可戴きありがとうございます。感謝致します。  (2012.11.5) 
……………………………………………………………………………………………
【瀬戸の風の特選動画 】
霧箱アルファ線の錯乱(1)アルファ線はまるで線香花火のようです。目で見て実感して下さい。
内部被曝が問題なのは、体内で細胞の染色体が放射線の直撃を受けるからです。
100ベクレルは1秒間に100放射線が放射される。1分で6000、1時間で36万、1日で864万放射線が飛びでる。。

  # by setonokaze | 2012-11-05 00:04

ガレキを受け入れるって どんなこと?

東北をほんとに応援したいあなたへ

今日、ご紹介するのは
はなさんのこと

彼女は今、
高松に避難して来ている。
気丈な人だ。
色々なことを
企画するのがとても上手だ。

その彼女が考えだしたのが、
手渡しガレキ・チラシ。
只のチラシではない。
A4版を八ッ折にした、ミニチラシ。
手渡ししやすい。

しかも手作り、手書きだ。
かけた費用もエコだ。

書かれている内容も
よく調べた最新情報。
さすがだ。

ガレキの広域処理は
ほんとにひどい話だ。
技術先進国としては恥ずかしい限りだ。
どうして、この国はこうなってしまったのだろう。
原子力ムラの圧倒的パワーに政治家はなす術もない。

放射能公害を防止する原則
1.封じ込める。移動させない。拡散しない。(半減期を期待する。自然減を待つ。)
2.燃やさない。焼却しない。(濃縮するので被害が大きくなる。)
3.薄めて処分は禁止。まぜて規制逃れは厳罰に。(濃度規制だけでは放射能公害は防げない)

はなさんはいつもこのミニチラシを持ち歩いていて、
すっと手渡す。
受け取りしてもらいやすいのだ。という。

街でこのミニチラシを渡されたら、はなさんだ。

表紙
b0242956_6555696.jpg

1ページ 放射能以外に何故か有害物質が盛りだくさん。
b0242956_6563078.jpg

2ページ バグフイルターでセシュウムは完全除去出来ません。
b0242956_657453.jpg

3ページ 利権によるガレキの広域処理 それにつきる。
b0242956_657596.jpg

4ページ 堤防に使うは理にかなっている。最近、やっと取組みが始まった。
b0242956_6583667.jpg

5ページ 四国は放射能フリーであるべきだ。安全な食料の生産地として。
b0242956_6594699.jpg

A4サイズに図のようにコマを配置し、印刷(コピー)する。
まず縦に折りさらに、横に織り込む。表紙が上になるようにする。
b0242956_701679.jpg

いや、はなさんの折はもう一つ手が込んでいた。(24.11.4追加)
A点からB点までカッターで切る。A4を縦に折った後、点線を山折にする。
読みやすい小冊子の出来上がり。なるほどだ。
b0242956_16254555.jpg

…………………………………………………………………………………
当ブログ
24. ガレキの広域処理 放射性物質の事は考慮されていなかった。 考察 http://lituum.exblog.jp/18946530/
23.  もしも、私が環境大臣なら¸♪♫•*¨*•¸♪♫ http://lituum.exblog.jp/18798677/
22.  ガレキ広域処理(
ドイツ放射線防護協会の勧告)の落とし穴 15 http://lituum.exblog.jp/18794336/
21. ガレキ広域処理(
日本弁護士連合会 会長声明 100ベクレル)の落とし穴 14 
http://lituum.exblog.jp/18168465/
20. ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13 
http://lituum.exblog.jp/18165295/
19. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 12
http://lituum.exblog.jp/18153390/
18. ガレキ広域処理(細野大臣がこのガレキ安全とした理由)の落とし穴 11 
http://lituum.exblog.jp/18147548/
17. ガレキ広域処理(クリアランスレベルの破棄)の落とし穴 10
http://lituum.exblog.jp/18132561/
16. ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 9
http://lituum.exblog.jp/18120574/
15.ガレキ広域処理(10万ベクレル処分方法)の落とし穴 8
http://lituum.exblog.jp/18115211/
14. ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
13.ガレキ広域処理(バグフイルターの論拠)の落とし穴 6
http://lituum.exblog.jp/18100310/
12.香川県内の市町はガレキ受け入れ表明ゼロ。
http://lituum.exblog.jp/18093153/
11. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 5 
http://lituum.exblog.jp/18070826/
10. ガレキ広域処理(8000ベクレル)の落とし穴 4 
http://lituum.exblog.jp/18050279/  2012.3.30 
9. 坂出市に続いて高松市もガレキ受け入れ困難 香川
http://lituum.exblog.jp/18045121/ 2012.3.29
8.ガレキ広域処理の落とし穴3  http://lituum.exblog.jp/18040373/ 2012.3.28
7.ガレキ広域処理の落とし穴2  http://lituum.exblog.jp/18001993/ 2012.3.21
6. ガレキ広域処理の落とし穴1 http://lituum.exblog.jp/17989600/ 2012.3.18
5.ガレキ問題 四国の状況 http://lituum.exblog.jp/17968498/  2012.3.14
4.ガレキの広域処理  http://lituum.exblog.jp/17963290/ 2012.3.12
3.「瓦礫」のトリック http://lituum.exblog.jp/17925190/ 2012.3.7
2.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 1
 http://lituum.exblog.jp/17918815/ 2012.3.6
1.全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法 2 
http://lituum.exblog.jp/m2012-03-01/ 2012.3.6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
霧箱アルファ線の錯乱(1)アルファ線はまるで線香花火のようです。目で見て実感して下さい。内部被曝が問題なのは、体内で細胞の染色体が放射線の直撃を受けるからです。
100ベクレルは1秒間に100放射線が放射される。1分で6000、1時間で36万、1日で864万放射線が飛びでる。。


  # by setonokaze | 2012-11-04 07:38 | ガレキの広域処理

四電本社前再稼働反対 抗議レポ 11月2日(金)

今宵の抗議

今日は、風弱し の予報が、風強し。寒いです。

四電が10月31日に発表した決算は
四電単体での赤字は196億円だという。
電気料金値上げについては「近いうちに判断したい」と
明言をさけた。
原発再稼働しても、しなくても電気代はいずれ、
2倍位に値上げになるらしい。
だが、
原発が動かなければ、値上げする。との主張だ。
東電、関電の成り行きを見るのだろう。
どちみち、電気代値上げになるなら、
再稼働なしの原発なしがいいに決まってる。
一方、
パナソニックは7650億円の赤字だが、
製品の値上げは予定していない。
やりくりで問題ない様だ。
この、
対応の違いは何故だ。
四電に問うてみたい。

今日も、
めげません。
ギャラリーも、記者さんもおいでです。

正門は抗議中は閉ざされます。依然として、外灯は消されます。
社員は裏門から退社。
で、
今宵も裏門に出張抗議。通行人に何やっているのですか。と問われ、「伊方原発の廃炉です。」というと、賛成してくれましたと。
b0242956_641632.jpg

伊方原発再稼働STOP 原発ゼロ じょんならん! 原発廃炉で、自然エネルギーへ 手製のプラカード?ひかりものも組み込みです。色々、工夫致します。
b0242956_6413733.jpg

今宵もマイクで四電に。子ども、孫のためです。原発反対!
b0242956_642116.jpg

No Nukes 寒さにめげずに今宵も参上です。静かに抗議します。
b0242956_6455464.jpg

久々に登場です。タイガーマスク 原発廃炉に ぶっとばしますぞ。
b0242956_6465228.jpg

ハイロ NO NUKES 廃炉 ハイテク?プロジェクター の仕掛けなんです。
b0242956_6473327.jpg

渡辺さと子さん 参上です。原発、ムリ!
b0242956_6483444.jpg

伊方をとめて! NO NUKES Take Action for New Energy 願いをこめて
b0242956_6484351.jpg

いのちぐらいは大切にね! 東京暴力 じゃん! ポスターの持ち主は暴力の字があるのであまり好きでないと。
b0242956_6491123.jpg

早川マップ(放射能汚染地図)無料販売スタンド。今宵も開店中
b0242956_650136.jpg

今宵、このうらめしや〜提灯 どこにしようかな〜
b0242956_6442745.jpg

それで、今宵はここにしたのです。そしたらね。監視カメラで、監視してました。すぐに警備の人が飛んできました。「植え込みの木がいたむ恐れがあるから」外せと。四電の財産を毀損する恐れがあるから外せと言うこと。恐れがあるぐらいで、そこまで言うなら、伊方原発が爆発したら住民の財産を毀損させる恐れがあるのだから、伊方原発外させさせることがで来るな。と気がついた。四電の代表者に四電の財産の毀損の恐れで、うらめしや提灯撤去要求に応じさせたのだから、今度は、伊方原発を民の財産を毀損させる恐れがあるので撤去要求に応じてもらおうか。
b0242956_7411982.jpg

撤去要求により 今宵はここからうらめしや〜 ほんと、四電うらめしや〜(街路樹の下です)
b0242956_7375967.jpg

マスコット猫の「どろ」と「こち」とチアキャッツ (チェアーキャッツは椅子のにゃんこになりますとのご指摘。そうです間違いでした。><)下にネズミのチュー太がミラクル光線発射チュー。
b0242956_6502095.jpg

原発いらなゃーい ハイロ!! はいろ!!
b0242956_6511535.jpg

四電本社前抗議 渡辺さと子1 「自然エネルギーの利用を」2012.10.26

四電本社前抗議 渡辺さと子2 「さくらの木の除染」「俺たちもっと怒っていいんだ」「福島の子どもたち なんでこんなことに」2012.10.26

来週 11月9日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時過ぎくらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやってます。


【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクでトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしてます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ

四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月14日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月31日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月17日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月10日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月3日(金)高松  http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 7月27日(金)高松  http://lituum.exblog.jp/18735275/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 7月20日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18685624/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
霧箱アルファ線の錯乱(1)アルファ線はまるで線香花火のようです。目で見て実感して下さい。内部被曝が問題なのは、体内で細胞の染色体が放射線の直撃を受けるからです。
100ベクレルは1秒間に100放射線が放射される。1分で6000、1時間で36万、1日で864万放射線が飛びでる。。

  # by setonokaze | 2012-11-03 08:42 | 脱原発アクション

日立はなぜ、英国の原発会社を買収したか。

10月30日
日立は英国の原子力発電事業会社
「ホライズン・ニュークリア・パワー」を
完全子会社化すると正式発表した。
買収額は約850億円。

経営権を得て日立製原発を建てることを決めた後、
出資比率を50%未満にひきさげるという。

すなわち、
日立製の原発を売り込みだけが目的と言うのだ。
こんな、身勝手が国際的に通用するのだろうか?
さらに、
11月末までに英国の2カ所の原発候補地の土地を保有する
ドイツのホライズンの全株式を買い取る。
そして、年内にホライズンの所有する土地に
日立製の原発を作るための認可を申請する。
その後、出資比率を50%未満まで下げる計画だ。

原発が事故を起こした際に、責任を避けるためだと言う。
原発が事故を起こす可能性があることはメーカーなら、
充分に認識していると言うことだ。
メーカーは、鼻から、安全神話などあり得ないと
熟知していることになる。

この計画で
ババを引くのは、
英国民と、英国政府と言うことになる。
日立は
初めての原発海外建設だ。
これを足がかりに、さらに原発を海外に売り込みたいのだ。
 
リトアニアの原発で1800億円稼ぐあてがはずれたのを、
取り戻すつもりの様だ。
英国は発送電が分離。ホライズンは原発発電を売るつもりだが、
原発発電の固定価格買い取りが続く保証はない。

日立は2007年米国GE社と経営資源を融合して、
日立GEニュークリア・エナジー(株)を設立。
だが、肝心のGE社は原発事業から撤退すると言う。

国内でGE製のマークⅠ型原発がF1の1.2.3号機で爆発した。
国内ではもはや、原発事業は出来ないので、
海外進出なのだろうが、
悪あがきにしか思えない。

使用済み燃料が完結しないシステムは欠陥システム。
やめたほうがいい。






ブルガリアで原発の是非を問う国民投票が決まった様だ。
(NHK-TV11/1)
注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             2012.10.31 朝日新聞
b0242956_22292321.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
霧箱アルファ線の錯乱(1)アルファ線はまるで線香花火のようです。目で見て実感して下さい。内部被曝が問題なのは、体内で細胞の染色体が放射線の直撃を受けるからです。
100ベクレルは1秒間に100放射線が放射される。1分で6000、1時間で36万、1日で864万放射線が飛びでる。。

  # by setonokaze | 2012-11-01 22:32 | 原発

【必見動画】 『天然放射能と人工放射能は違う! 』(市川定夫・埼玉大学名誉教授)

今日、ご紹介するのは
「天然放射能と人工放射能」の違いについて、
分かりやすい動画を見つけた。

埼玉大学名誉教授・市川定夫氏(放射線遺伝学)の講義
とにかく分かり易い。
7分15秒なので、
半分でもいい
ぜひご覧になってください。

3.11直後
福島が高線量になり。
食べ物が危ないとtwitterで騒いでいた時
天然にも放射能はあるぞ。
放射能怖いならバナナは食べられないぞ。
カリュウム40が一杯あるぞ。
ラドン、ラジュウム温泉もあるだろう。
だった。

小生は
「福島のこどもたち香川へおいでプロジェクト」の
ボランテアに参加している。
福島の子どもたちが香川で体内ベクレルを
低下させることが出来るからだ。
その拠り所となる
内部被曝の論理は重要だ。
最近になり、それが正かったと
認知されつつあるのは
嬉しいことだ。

今、
一番問題のなが
内部被曝。

【必見動画】 『天然放射能と人工放射能は違う! 』(市川定夫・埼玉大学名誉教授)


http://www.youtube.com/watch?v=gjbwiKNlULc&feature=player_embedded
‪(hokkaidomilk さんが 2011/09/11 にアップロード)

埼玉大学名誉教授・市川定夫氏(放射線遺伝学)の講義。
原発由来の放射能と、自然由来の放射能を同列に並べ比較する原発推進派のウソが分かります。

市川氏は1935年大阪府生まれ。京都大学農学部卒・同大学院修了。農学博士。米国ブルックヘブン国立研究所研究員、メキシコ国立チャピンゴ農科大学大学院客員教授、埼玉­大学理学部教授等を経て、現在、埼玉大学名誉教授。その間、伊方原発訴訟や原爆症認定訴訟などの原告側証人として放射線と遺伝の関係を証言。また、ムラサキツユクサの研究­は有名で、ごく低線量でも生物に影響があることを証明。1995年から原水禁国民会議副議長を務め、今年4月に議長に就任。

この講義、分り易すぎです...目から鱗が落ちました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典1.
http://www.youtube.com/watch?v=gjbwiKNlULc&feature=player_embedded
‪(hokkaidomilk さんが 2011/09/11 にアップロード)
出典2. 暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~  2012年10月30日 http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/949e59c746c2fb848c1e5078c88bf9d4
タグ ムラサキツユクサ 市川定夫 天然放射能 人工放射能
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
霧箱アルファ線の散乱(1)アルファ線はまるで線香花火のようです。目で見て実感して下さい。内部被曝が問題なのは、体内で細胞の染色体が放射線の直撃を受けるからです。
100ベクレルは1秒間に100放射線が放射される。1分で6000、1時間で36万、1日で864万放射線が飛びでる。。この動画は10ベクレル前後、多分ですよ。

  # by setonokaze | 2012-10-31 12:54 | 放射能汚染

F1の放射能汚染水はいずれ、太平洋に放出するつもり。

今日、ご紹介するのは
AP電が伝えた
東電の水処理マネジャーへのインタビュー。

今は、
敷地内にタンクを設けて、汚染水を貯めている。
しかし、貯蔵に限界だとして、太平洋に放出したい。
東電は、海洋汚染について考えが、企業側の論理だけだ。
虎視眈々、海へ放出のチャンスをうかがっている。

政府、環境省が
先手を打って、
汚染防止策をプランニングしているとは思えない。

建屋内の割れ目から
地下水が流れ込んでいる。
とは表現しているが、
地下水を汚染させているという
彼の記述はない。

割れ目が
基礎のヒビだとしたら、
強固な岩盤の上に基礎を構築したはずが、
はずだけになっていたと言うこと。
地下水が建屋に流入すること自体、
危うい話だ。

次の事故を起こさないうちに
原発はやめたほうがいい。




注1) 個人の感想です。
注2) 自動翻訳なので、つじつまが合わないところは、英文を参照して下さい。Excite翻訳を使用。
注3) 福一原発のことを東電用語では1Fと表示しているが、1Fは建築図では1階を示す。
当ブログでは福1をそのままF1とする。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Sunday, Oct. 28, 2012

b0242956_18305783.jpg

最前線:福島第一発電所の岡村雄一、水処理マネージャー、月曜日にインタビューされている APは。

集積スペースがmaxedされた1番の放射性の水タンクを急速に追い出すとともに、新しい処理システムは太平洋へ解除を見ることができました。
マリ山口によって
AP

労働者、で、福島1番のプラント、何万ものトンを格納するスペースを高度に見つけようと努力している、汚染水はかつてはその駄目にされたリアクターを冷やしました、水処理チームのマネージャーは言いました。
約200,000トンの放射線をもった水(50を超えるオリンピック水泳プールを満たすのに十分)は、複合体のまわりで建造された何百もの巨大なタンクに格納されています。
東京電力社は、より多くのタンクに場所を空けるために既に木を切り倒しており、水のボリュームが3年で3倍以上になるだろうと予言します。
「私たちの土地が制限されて、私たちが結局集積スペースを使い果たすだろうので、それは緊急の問題です」と水処理マネージャー(Yuichi岡村)がAPに伝えました。
Tepcoは、水を海洋に流れ込むように十分に安全にすることができる、新しい処理システムを始めることに接近しています。
しかし、ほとんど原子炉建屋中の割れ目が地下水を中へ入れているので、そのタンクは一方いっぱいになっています。
エキスパートは、高濃度放射能汚染水が環境に永続する影響を及ぼすかもしれないと心配し、リアクターのためにそれが漏れるのではないかと心配することができました、そして、水が1部の設備から別のものまで流れて、これは既に起こっています。
核エンジニアおよび大学講師Masashi後藤は、汚染水強化が長期的な健康および環境上の脅威を持ち出すと言いました。
彼は、原子炉建屋の最下部の放射線をもった水が既にそれがプラントをはるかに越えて移動することができ、恐らく公共用水へ供給するところで、地下水系へ漏出することおよび太平洋かもしれないと心配します。
「あなたは、それが漏れており、一度、それが外にあるところに、適所にそれを戻すことができないことを知りません」と彼が言いました。
「それはまったく法外で、事故がどれくらい大きな災害か示します。」
関係は、2011年3月11日、地震および津波が外に打った後、Tepcoがその週で面した悪魔のシナリオほど厳しくありません、発電所、引き起こす水素爆発および世界で最悪の核災害中の3つの原子炉心炉心溶解での力および冷却装置、以来、チェルノブイリ。
プラントは大気、土および海洋へ放射線をリリースし、それらがいつ家へ返ることができるだろうか(あるいはそもそも返るかどうかも)不確かな100,000を超える地元住民を置き換えました。
傷ついたリアクターの中への大量の水のダンプはさらに大きな大災害を回避するただ一つの方法でした。
岡村は、高さ50メーターの原子炉建屋のトップの近くにある使用済み燃料プールに水を得る方法を見つけようと半狂乱でしたことを覚えています。
水なしでは、使用済み核燃料は、広大なエリアに放射性の煙を分散させて、潜在的に何百万もの人々に影響して、恐らく過熱し溶けていたでしょう。
「水は蒸発し続けるでしょう。また、もし私たちがそれらをそのままにしておいていればプールは完全に乾いていたでしょう」と岡村が言いました。
「それはその終了になっていたでしょう。」
ヘリコプターからの水をダンプする試みは効果がありませんでした。また、プールの中への消防自動車からの水のスプレーはどちらも動かしませんでした。
岡村、その後、燃料プールへ水をスプレーするほど遠隔の抑制された腕を備えたコンクリートに通常長く使用される巨大な、ドイツ人作られたポンプを持ち込むのを支援します。
計画は動かされました。ちょうどそのうちに、岡村は言いました。
それらの手段他は、非常に細い管理の下でプラントを持って来るのを支援しました。しかし、3つの破壊されたリアクターによって放射された放射性物質をきれいにするのに数十年間かかるでしょう。
また、それらの絶望的なステップは、Tepcoのための別の巨大な頭痛を作成しました:
リアクターから漏れて、それらおよび近くの設備を収容する建物の地下室に集まったすべての放射線をもった水をどうするべきもの。
水のうちのいくらかは、海洋生物とシーフードの汚染に対する太平洋の上げる懸念に衝突しました。
20kmのゾーン内の水域はまだ立ち入り禁止です。また、ハイ・レベルの汚染は海底沈殿物、およびそのエリアでテストされた魚で見つけられました。
仕事は、冷却液として水を再使用にとって十分に清潔にし、労働者と環境被害のための健康の危険を減らすことを目指した処理システムのセット・アップで岡村に課されました。
初めは、Tepcoは汚染された水をリアクターの近くの既存の貯蔵タンクへ振り向けました。
その間に、岡村の55メンバーのチームは3か月の災害内に活動中処置部を得ようと先を争いました。彼は、通常約2年かかるプロジェクトと言いました。
「それの遂行は奇跡でした」と岡村が、最初のユニットが開始した時、喝采が彼の部下から上昇して行ったと述べて言いました。
その設備を使用して、Tepcoは原子炉心へ再処理されたウォーターバックを循環させることができました。
しかし、たとえリアクターが今、もっぱら回収水で冷やされていても、ほとんど地下水が原子炉建屋最下部の中への割れ目によって漏出しているので、汚染水のボリュームはまだ増加しています。
来月、岡村は、新しい浄化する設備上のスイッチを弾く彼のグループ・プランと言った、東芝の技術の使用、それは恐らくある、検知できるレベル以下にストロンチウムおよび他の核種を潜在的に削除することにより、水を浄化するのに有能。
Tepcoは、実際にそうするかどうかそれは言っていませんが、この新システムからの再生水が十分に清潔なので、海洋へリリースされると主張します。
とにかく、それは権威と地元同意に許可を要求し、国内と海外でさらに恐らく酷評を引き起こすでしょう。
超過に対処することは水を汚染しました。ユーティリティは、プラントのまわりで置かれた300基を超える巨大な貯蔵タンクにそれに水路を開きました。
Tepcoには700,000トン以内の貯蔵タンクをインストールする計画があります-約もう3年の価値の汚染水。
それらの設備がそうだった場合、大成功する、およそもう2年の価値の放射線をもった水のためにそれが追加スペースを構築するかもしれないとマユミ吉田は言いました、Tepcoスポークスウーマン。
しかし、これらの予測は、次の2年にわたって漏れを最小化するために検知する計画および被害を受けたリアクター中のプラグ穴に依存します。
Tepcoは、さらに地下水がリアクター最下部へ漏出しないようにするステップを取ることを計画します。
両方はタスクTepcoです、それらのエリアがそのままであるので、どのように遂行するべきでまだ不確実である、それがそうである高放射能、不明瞭、人間どころかロボットは、どのようにそれらの中で作動することができますか。
危険がさらにあります、そのエリアが別の強力な地震あるいは津波によって打たれる場合、それらを接続する貯蔵タンクおよび応急装備のパイプ・システムが破損されるかもしれません。
後藤(核エンジニア)は、リアクターの穴をすべて修理するのにTepcoの2年のゴールよりはるかに長くかかるだろうと思います。
溶かされた燃料と他の残骸がすべてリアクターから取り除かれるまで、プラントはさらに汚染水に対処しなければならないでしょう-容易に10年間以上かかるプロセス。
彼はそれを加えて、「希望的観測」としてその問題に対処するためにTepcoのロードマップについて記述しました「それが長くとるほど、それらはより多くの汚染水になります。」

原文・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Japan Times http://www.japantimes.co.jp/text/nn20121028a3.html#.UIxi1bwGPUI.twitter

Sunday, Oct. 28, 2012

New treatment system could see discharges into Pacific as storage space rapidly runs out
No. 1 radioactive water tanks maxed

By MARI YAMAGUCHI
AP
Workers at the Fukushima No. 1 plant are struggling to find space to store tens of thousands of tons of highly contaminated water used to cool its crippled reactors, the manager of the water treatment team said.
About 200,000 tons of radioactive water — enough to fill more than 50 Olympic swimming pools — are being stored in hundreds of gigantic tanks built around the complex. Tokyo Electric Power Co. has already felled trees to make room for more tanks and predicts the volume of water will more than triple in three years.

"It's a pressing issue because our land is limited and we would eventually run out of storage space," the water-treatment manager, Yuichi Okamura, told AP.

Tepco is close to starting a new treatment system that could make the water safe enough to discharge into the ocean. But its tanks are filling up in the meantime, mostly because cracks in reactor buildings are allowing groundwater in.

Experts worry the highly radioactive water could have a lasting impact on the environment, and fear that because of the reactor leaks and water flowing from one part of the facility to another, this is already happening.

Nuclear engineer and college lecturer Masashi Goto said the contaminated water buildup poses a long-term health and environmental threat. He worries the radioactive water in the reactor buildings' basements may already be seeping into the groundwater system, where it could travel far beyond the plant and possibly into public water supplies and the Pacific.

"You never know where it's leaking out and once it's out you can never put it back in place," he said. "It's just outrageous and shows how big a disaster the accident is."

The concerns are less severe than the nightmare scenario Tepco faced in the weeks after the March 11, 2011, earthquake and tsunami knocked out power and cooling systems at the power station, causing hydrogen explosions and three reactor core meltdowns in the world's worst nuclear disaster since Chernobyl.

The plant released radiation into the atmosphere, soil and ocean, and displaced more than 100,000 local residents who are uncertain when — or even if — they will be able to return home.

Dumping massive amounts of water into the stricken reactors was the only way to avoid an even bigger catastrophe.

Okamura remembers frantically trying to find a way to get water to the spent-fuel pools located near the top of the 50-meter-high reactor buildings. Without water, the spent nuclear fuel likely would have overheated and melted, dispersing radioactive smoke over a vast area and potentially affecting millions of people.

"The water would keep evaporating and the pools would have dried up if we had left them alone," Okamura said. "That would have been the end of it."

Attempts to dump water from helicopters were ineffective, and spraying water from fire trucks into the pools didn't work either. Okamura then helped bring in a huge, German-made pump normally used for concrete with a remote-controlled arm long enough to spray water into the fuel pools.

The plan worked — just in time, Okamura said.

Those measures and others helped bring the plant under tenuous control, but it will take decades to clean up the radioactive material emitted by the three wrecked reactors. And those desperate steps created another huge headache for Tepco: What to do with all the radioactive water that leaked out of the reactors and gathered in the basements of the buildings housing them and nearby facilities.

Some of the water ran into the Pacific, raising concerns about contamination of marine life and seafood. Waters within a 20-km zone are still off-limits, and high levels of contamination have been found in seabed sediment and fish tested in the area.

Okamura was tasked with setting up a treatment system that would make the water clean enough for reuse as a coolant, and was also aimed at reducing health risks for workers and environmental damage.

At first, Tepco shunted the tainted water into existing storage tanks near the reactors. Meanwhile, Okamura's 55-member team scrambled to get a treatment unit up and running within three months of the disaster — a project that would normally take about two years, he said.

"Accomplishing that was a miracle," Okamura said, noting a cheer went up from his men when the first unit started up.

Using that equipment, Tepco was able to circulate reprocessed water back into the reactor cores. But even though the reactors are now being cooled exclusively with recycled water, the volume of contaminated water is still increasing, mostly because groundwater is seeping through cracks into the reactor building basements.

Next month, Okamura said his group plans to flip the switch on new purifying equipment using Toshiba Corp. technology that is supposedly able to decontaminate the water by removing strontium and other nuclides potentially below detectable levels.

Tepco claims the treated water from this new system is clean enough to be released into the ocean, although it hasn't said whether it would actually do so. At any rate, that would require the permission of authorities and local consent and would also likely trigger harsh criticism at home and abroad.

To deal with the excess tainted water, the utility has channeled it to more than 300 huge storage tanks placed around the plant. Tepco has plans to install storage tanks for up to 700,000 tons — about three more years' worth of contaminated water. If those facilities were to be maxed out, it could build additional space for roughly two more years' worth of radioactive water, said Mayumi Yoshida, a Tepco spokeswoman.

But these forecasts hinge on plans to detect and plug holes in the damaged reactors to minimize leaks over the next two years. Tepco also plans to take steps to keep groundwater from seeping into the reactor basements.

Both are tasks Tepco is still unsure how to accomplish, as those areas remain so highly radioactive it is unclear how humans or even robots can operate in them.

There's also a risk the storage tanks and jury-rigged pipe system connecting them could be damaged if the area is struck by another powerful quake or tsunami.

Goto, the nuclear engineer, believes it will take far longer than Tepco's goal of two years to repair all the holes in the reactors. The plant also would have to deal with contaminated water until all the melted fuel and other debris is removed from the reactors — a process that will easily take more than a decade.

He described Tepco's road map for dealing with the problem as "wishful thinking," adding that "the longer it takes, the more contaminated water they get."
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
1. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
  http://lituum.exblog.jp/17909501/
2. 黒い雨 3 http://lituum.exblog.jp/18959657/
3. 福島の生活 取り戻す。放射能は浴びせられ損なのだ。
http://lituum.exblog.jp/19064207/
4. 福島第一原発は今も、終息していない。http://lituum.exblog.jp/18970441/
5. 12年後の福島  http://lituum.exblog.jp/18902331/
6. 東電の罪を問う  http://lituum.exblog.jp/18898290/
7. 東電のはかない抵抗 3  http://lituum.exblog.jp/18475879/
8. 東電のはかない抵抗 2  http://lituum.exblog.jp/17907197/
9. 東電のはかない抵抗 1  http://lituum.exblog.jp/17696293/
10. 原発があやういわけ 2  http://lituum.exblog.jp/18249283/
11. 原発があやういわけ 1  http://lituum.exblog.jp/18241083/
12. 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート 
http://lituum.exblog.jp/18025076/
13. 3.12福1原発1号機爆発 中央制御室の当時の生々しい様子
http://lituum.exblog.jp/18017477/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  # by setonokaze | 2012-10-29 18:43

「1キロ100ベクレルは国が決めたから」 武田邦彦

「1キロ100ベクレルは国が決めたから」 武田邦彦
時事寸評 「1キロ100ベクレルは国が決めたから」とマスコミ

今日、
ご紹介するのは 
武田邦彦教授の 
100ベクレルの解説。
クリアランスレベルの基準だ。
ぜひ、音声で聞いてみて下さい。

福島の悲劇は 
100ベクレルを放棄した事から全てが始まった。
と考えている。

原則を外したとき、
悲劇が始まる典型例だろう。
未曾有の
放射能公害の始まりだ。

何で、
この国は
こうなってしまったのだろう。
悔やまれる。

引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(音声)
http://takedanet.com/files/tdyno.303-(7%EF%BF%BD%EF%BF%BD43).mp3

日本はこれまで食品安全ではかなりのレベルにあり、原則は3つだった。
1)100分の1原則、
2)人工的に添加するものについて厳しく(キャラメル事件)、
3)食品会社や流通を厳しく糾弾する、
4)実質的に安全でも産地偽装ばかりではなく、添加物の量と順序なども厳しく求める。

ところが、放射性物質になって、急変した。
1)法律(内部+外部被曝=1ミリ)を無視、
2)食品安全委員会の1キロ100ベクレルは外部被曝ゼロの時と知っていながら100ベクレル以下なら良いと報道、
3)汚染された給食を提供し続ける川崎市長を「教育上の配慮」とかばい、会社の名前を隠すなどの「配慮」をしている。

「マスコミはなぜ、食品だけで1年1ミリという基準を使っているのですか?」とある大手のマスコミの記者に聞いたら知っているが書けないと言う。表現の自由を放棄したマスコミ、サラリーマン化した記者は日本の将来にどのような影を落とすだろうか?  

 (平成24年10月25日)             武田邦彦

引用
http://takedanet.com/2012/10/1100_2095.html
武田邦彦(中部大学) 時事寸評 
「(C)武田邦彦 (中部大学) 引用はご自由にどうぞ」 ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
霧箱アルファ線の錯乱(1)アルファ線はまるで線香花火のようです。目で見て実感して下さい。
内部被曝が問題なのは、体内で細胞の染色体が放射線の直撃を受けるからです。100ベクレルは1秒間に100放射線が放射される。1分で6000、1時間で36万、1日で864万放射線が飛びでる。。

  # by setonokaze | 2012-10-27 23:57

四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 10月26日(金)高松 

今宵の抗議

今日は、風弱し 助かります。
抗議日和です。

原発が危険とわかっていても、
何故やめないか。
四電曰く。
国策だから。の一点張りのいい訳。

で、
国策をググってみた。
国策によって、
原発を動かさなければならないと言う
法律は見つからなった。
国策と言う法律はない。

日本は、法治国家。
国策という法律がないのに、
なぜ、原発を運転するのか
四電に問うてみたい。

今日も、
めげません。

正門は抗議中は閉ざされます。依然として、外灯は消されます。
社員は裏門から退社。

で、
今宵は裏門に出張抗議。や〜な顔されたらしい。
b0242956_5192198.jpg

子どもの未来を守ろう
b0242956_520116.jpg

青い地球を守ろう
b0242956_5204966.jpg

伊方を動かすな
b0242956_5215091.jpg

No!! Nukes!!
b0242956_5234121.jpg

伊方を動かすな 伊方を動かすな。10/27早朝地震。揺れた、高知震度3、高松震度2.
伊方原発は震度6はもたない。震度5の強でヤバイ。もうやめようよ。事故る前に。。
b0242956_5251981.jpg

今宵、お化けの提灯 弟分が木の枝に参上。うらめしや〜
原発廃炉で、自然エネルギーへ
b0242956_526367.jpg

早川マップ(放射能汚染地図)も 早川マップを求めてわざわざお越しの方も。200円です。
b0242956_527352.jpg

伊方の原発再開断固反対 こわい! ほんと、伊方が福島のように事故ったら、ヤバイ。
b0242956_5273793.jpg

うらめしや〜 今宵は自転車から。。うらめしやぁ〜
b0242956_5281964.jpg

あの、オリジナルTシャツがバージョンアップです。
あかんやろ? そらあかんで 処分できへんのに 
奥様 グレーと黒のカラーコーデネートです。
原発ゼロ NO NUKES 左腕のワッペンも手作り。無料配布中。
b0242956_5282638.jpg

四電にもの申し上げます。
b0242956_5293164.jpg

いい場所み〜つけ で座り込み抗議中。動きません。◯さんの愛猫「はなちゃん」です。
b0242956_5301469.jpg

夜はチュー太の出番です。マスコットキャットの前に闇にまぎれてです。
しかも、ミラクル光線を発します。まるで、アルフア線放射です。
b0242956_5304923.jpg

マスコットの「どろ」と「こち」とチエアーキャッツ
中央下にネズミのチュー太が放つミラクル光線。
b0242956_5312176.jpg

チエアーキャッツのご紹介。 「子どもの未来」 薔薇のぼんぼり両腕につけて、抗議です。
b0242956_5314667.jpg

渡辺さと子氏の心にしみるスピーチ「もう原発はやめよう」先週(10/19)の分です。風の強い中でのスピーチ、みんな聞きいっていました。


来週 11月2日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時過ぎくらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやってます。



【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクでトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月19日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月14日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月31日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月17日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月10日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月3日(金)高松  http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 7月27日(金)高松  http://lituum.exblog.jp/18735275/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 7月20日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18685624/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】1
■ 東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図

■ ※この動画は、音は消さずに(むしろ少し音量を大きめにして)ご覧になってください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】2
ドイツ公共第一放送 福島のチョウの奇形 
「私達は放射能のチョウへの影響を調査しています」「立ち入り禁止区域のチョウはみんな事故後すぐ死んでしまいました」福島由来の放射能が体系的に遺伝子を傷つける様子が初めて証明された。
「お母さん方が後で福島に残ったことを後悔するようなことになってほしくないです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  # by setonokaze | 2012-10-27 06:26

「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」2012年夏企画の報告書

この夏のプロジェクトの報告書が出来た。

10月20、21日サンポート高松の
「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」のブースで
配布したものをUPします。

今回のプロジェクトも、
多くのボランテアのサポ−トで、
出来たもの。
このプロジェクトの
延べボランテア数は800人を超える。
多分。

さらに、
多くのボランテアにより、
支えられたプロジェクトになるだろう。
高松にも、こんなbigなプロジェクトがあるのだ。

下段に
レポをリストにしてありますので、
内容をぜひご覧になって下さい。
福島の子どもたちと一緒に、
生き生きと活動している様子が分かります。

この、
プロジェクトを通じて、共に進歩する。
ボランテアの方もこのプロジェクトから何かを得る。
とても大切な事だと思っています。

そして、
プロジェクトに参加した、子どもたちは、
将来、とてもすてきなボランテアになるだろうと
密かに確信している。
何故なら、このプロジェクトで、
ボランテアの素養を
子どもたちは
知らず知らずに会得していると
思うから。。

20年、30年後が楽しみだ。
b0242956_21434251.jpg

多くのボランテアに支えられてのプロジェクトです。個人あり、企業あり、自治体、団体ありです。
皆、一生懸命が、嬉しいですね。
b0242956_21443495.jpg

大きな家族のように。。福島と向き合う あなたも参加しませんか? 
会計報告もしっかり掲載。大切な事です。
b0242956_21445441.jpg

守る つなぐ 広げる ご支援 ご協力ありがとうございました!
【ご協力くださった企業 団体】【募金箱設置協力店】【賛助会員】文字が小さくてごめんなさい。
b0242956_2145332.jpg

「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」のHP
http://fukushimanokodomo.ashita-sanuki.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
20.「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」ブース のご報告。in 香川
http://lituum.exblog.jp/19306791/
19. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」8月19、20日 レポ #save_children
[ 2012-08-20] http://lituum.exblog.jp/18855000/
18. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」8月15日 レポ #save_children
[ 2012-08-16 ] http://lituum.exblog.jp/18834904/
17. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」8月14日 レポ #save_children
[ 2012-08-15 ] http://lituum.exblog.jp/18830341/
16. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」8月12日 レポ #save_children
[ 2012-08-13 ] http://lituum.exblog.jp/18822717/
15. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」始まる。  #save_children
[ 2012-08-09 ] http://lituum.exblog.jp/18804697/
14. 福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト 2012 夏休み企画 募集
[ 2012-07-05] http://lituum.exblog.jp/18545881/
13. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」高松サンサン祭で活動PR #save_children
[ 2012-04-30 ] http://lituum.exblog.jp/18216456/
12. 「子どもたちを守るために知っておきたい食べ物と放射能のこと」 #save_children
[ 2012-04-24] http://lituum.exblog.jp/18188630/
11. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」の活動予定4〜5月 #save_children
[ 2012-04-23 ] http://lituum.exblog.jp/18182981/
10. 「放射能からいのちを守る全国サミット」   #genpatsu
[ 2012-02-21] http://lituum.exblog.jp/17841145/
9. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」2011冬休み企画  渡辺さと子 #save_children
[ 2012-01-12] http://lituum.exblog.jp/17593857/
8. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」2011冬企画  #save_children
[ 2012-01-05] http://lituum.exblog.jp/17537459/
7. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」渡辺さと子 #save_children
[ 2011-12-30] http://lituum.exblog.jp/17490815/
6. 「福島の子供たち香川へおいでプロジェクト」 2011冬休み企画 まじかの準備状況 #save_children
[ 2011-12-23 ] http://lituum.exblog.jp/17420623/
5. 「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」今日街頭募金します。高松駅前12-13時 #save_children
[ 2011-12-17] http://lituum.exblog.jp/17347813/
4. 福島の子どもたち香川へおいで街頭募金
[ 2011-12-15 ] http://lituum.exblog.jp/17326735/
3. 福島の子供たち香川へおいでプロジェクト冬休み企画 準備状況 @watanabesatoko
[ 2011-12-14 ] http://lituum.exblog.jp/17310493/
2. 福島の子供たち香川へおいでプロジェクト冬休み企画 準備状況 @watanabesatoko
[ 2011-12-10 ] http://lituum.exblog.jp/17261015/
1. 福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト冬休み企画[ 2011-12-03 ]
http://lituum.exblog.jp/17172538/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】
■ 東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図

■ ※この動画は、音は消さずに(むしろ少し音量を大きめにして)ご覧になってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  # by setonokaze | 2012-10-25 22:18 | おいでプロジェクト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE