<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

英の原発計画 混迷 膨らむ建設費、経営危機の恐れ 東京新聞 / ヒンクリー・ポイント原発


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

英国で約30年ぶりの新設を目指すヒンクリー・ポイント原発の計画が混迷している。
事業主のフランス電力公社(EDF)内部で今月初め、
現行計画の財務上の危険性を訴えた最高財務責任者(CFO)が辞職。
世界最高額とされる建設費がさらに膨らむ恐れがあらわになる中、
それでも推進の旗を振る英政府に批判が高まっている。

不安の根源は、
欧州加圧水型炉という仏アレバ社製の新型原子炉だ。
仏とフィンランドで建設が進むが、
トラブル続きで計画が数年遅れ、
フィンランドで52億ユーロ(約6400億円)、
仏で72億ユーロ(約8800億円)の予算オーバーが生じている。

マクロン仏経財相は
「必要ならEDFへの資本強化をいとわない」と政府による財政支援を約束した。

英政府
破格の補助金を打ち出し、計画を後押しする姿勢を崩さない。
石炭火力を10年以内に全廃する方針で、
原発が「未来を照らし続ける」(キャメロン首相)と位置付ける。

だが、
ヒンクリー・ポイントは泥沼化の様相で
「この局面で計画を進めるのは狂気に近い」

グリーンピースは
「原発に数十億ポンドを浪費するより、再生可能エネルギーに投資すべきだ」
と計画撤回を訴え。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■欧州加圧水型炉(EPR)
特徴                       wiki
1 4つの独立した非常冷却用システム
2 原子炉の密封封じ込め
3 溶融炉心を炉外に逃がす際の外部コンテナと冷却面
4 飛行機の衝突や内圧に耐える、合計の厚さが2.6mの2層のコンクリート壁

ヒンクリー・ポイント原発
2基予定。
総工費160億ポンド(約2兆5000億円)


オルキルオト3号機(フインランド)            参照1
2005年8月 着工 2009年開業予定。
当初コスト約37億ユーロ(約4,700億円)
2010年  約64億ユーロ(約8,157億円)に。
2015年  約85億ユーロ(約1兆1600億円)に        参照2

■「夢の原子炉」といわれ、
航空機(エアバス)が衝突しても耐える。
電源停止も原子炉が安全に停止するという。
コアキャッチャーがある。

■もはや
安全とされる原子炉は
商業炉としては成り立たない。

巨大核発電プラントは「バベルの塔」





注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年3月20日
b0242956_8132165.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
参照1
http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/28/uk-nuclear-power_n_4172088.html
参照2 安全な原発は夢か 仏アレバの新型炉建設が難航 2015/1/26 7:00
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82205990R20C15A1000000/?df=2
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-31 08:17 | 東京新聞

福島避難区域を地裁検証 浪江町 双葉町 富岡町 関連訴訟で初めて 東京新聞 /防護服で検証自体異様


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

F1事故で東電に現状回復などを求めた訴訟で、
福島地裁の金沢秀樹裁判長らが3月17日、
全域が避難区域の浪江、双葉、富岡の3町で被害の現状を検証した。

原告側弁護団によると、
原発事故に関連する訴訟で裁判所による避難区域内の検証は初めて。

国や東電側も立ち会った。
地裁は検証結果を証拠として扱い、今後の審理に役立てる。

訴訟は
事故でふるさとを失ったなどとして損害賠償のほか、
放射線量を事故前の状況に戻すよう求めている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「無主物」

東電が
バラまいた放射性物質は雨や雪、海に泳ぐ魚のように無主物。
一度、東電の手を離れたものに責任はない。
こんな、被害者をバカにした主張。
東電はいまだにこの主張を取り下げていない。

政府が
東電に罰を与えないなら、裁判に訴えるしかない。
当たり前のことだ。

泣き寝入りなどしてたまるか。
虫けら のように扱われてたまるか。
声を挙げなければ、
踏みつぶされる。
道は開かない。






注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2016年3月18日
b0242956_1891077.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。

【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-30 18:18 | 東京新聞

平成2年 伊方原発 潜水作業員2人水死 ゴンドラで放水口を点検中 毎日新聞/ 吸い寄せられ死亡  

今日、
ご紹介するのは毎日新聞の記事。
Bさんが「タンスを整理していたら中敷きにこんな記事があったよ」と、
四電本社前に届けて戴けた。25年前の記事。

【 要約 】

平成2年8月29日午後1時半ごろ、
伊方原発1,2号機の放水口を点検していた福岡市西区今宿青木、
海洋調査会社「東洋企画」の潜水作業員、鈴木洋一さん(39)と
和田俊一さん(37)の2人が水死した。

八幡署の調べや四電の説明によると、放水口は原子力建屋の北側にあり、
発電用蒸気の冷却水を一時的に貯めておく半円形状のプール。
直径25メートル、深さ6メートルで、
底部に冷却水を放流する直径1.6メートルの水路8カ所が設けられている。

鈴木さんら2人は放水口と海とを仕切るコンクリート堤のすき間を点検するため、
高層ビルの窓ふき用ゴンドラに似た高さ1メートル、
幅1.4メートル、奥行き0.9メートルのゴンドラに潜水具をつけて乗り、
午後1時頃から、クレーン車でつり下げたゴンドラごと潜っていた。

水中電話から和田さんの「停止」という緊迫した声がし、
ゴンドラをつり下げたワイヤが突然、渦を巻くように回り出したため、
約40分後、別のクレーン車で引き上げたが、
2人とも空気ボンベからのびたホースが口から外れて、意識がなかった。
八幡浜市内の病院に運んだが、和田さん鈴木さんも亡くなった。

八幡浜署は、
放流用水路の上2.3メートルまでしか降ろさないことになっているゴンドラが、
何かの事情でそれ以下に下がり、
毎秒4.8メートルの水流によって放水口水路に吸い寄せられたとみている。

伊方原発は昭和52年9月30日、全国で9番目の原発として営業運転を開始、
同57年3月19日には2号機も運転を始め、現在、3号機も建設中。
今回のような建設、点検中の労災死亡事故は初めて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発の現場は危険が多い。
油断すれば、命に関わる。

稼働中の放水口の近くで作業するのだから、
2.3メートル以下に降ろすと命の危険があるなら、
2.3メートル以下に降ろせないように、
別のワイヤーできっちり制限をかけとけば、
2重安全なのだが、
下請け、孫請け仕事なら、そこまで出来ない。

毎秒4.8メートルの水流は9.33ノット。
1ノット=1.852km/h。

泳ぎきれる速度                             参照1

初心者     0.5ノット
標準ダイバーで 1ノット
競技者レベル  2ノット

9.33ノットでは
ダイバーはどうしようもない。

つり上げたワイヤーがと
渦を巻くように回りだしたとあるから、
この時点で、水流に巻き込まれたことになる。

40分後に別のクレーン車で引き上げたとあるから、
ゴンドラをつり上げていたクレーン車では引き上げられなかったことになる。
写真のゴンドラの底板が編みでなく板のように見える。
底板もアミなら水の抵抗も少なく、つり下げていたクレーン車で
すぐにつり上げられたかもしれない。

事故時
記事からは原発が稼働中だったかどうかは定かでないが、
原発が吐き出す温排水は半端でない。
1日に100万 kW発電する原発は、毎秒70トンの温排水
と言われる。     

文字通り、命がけだ。

この死亡事故で、
四電の責任を問うことは出来なかっただろう。
死亡したのが四電社員でないからだ。
請負契約なら、どうしようもない。
孫、ひ孫請負も大変だ。

これらの、犠牲の上に、原発が成り立っている。。。

・・・

米国                                 参照2
フロリダ州のセントルーシー原発で、今年の3月、
取水管に吸い込まれるも原発敷地内にある池にたどり着いて助かる騒ぎがあった。
同原発では1989年にもダイバーが
取水管に吸い込まれる騒ぎがあったが無事だった。
という。

放水口と取水口の違いがあるが、
日本とは大違いだ。










注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第一原発の略称。
引用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              毎日新聞  平成2年8月29日
b0242956_21311857.jpg

b0242956_2056945.jpg

参照1 潮流の速さとフィン遊泳速度
http://www.h5.dion.ne.jp/~s_coral/webmaster/current.html
参照2 ダイバー、原発の取水管に吸い込まれるも無事 米フロリダ州
http://www.cnn.co.jp/usa/35079005.html
b0242956_21413121.jpg

ダイバーが取水管に吸い込まれる出来事があった=WPTV
(CNN) 米フロリダ州のセントルーシー原子力発電所近くでスキューバダイビングをしていた男性が同原発の取水管に吸い込まれたものの、原発敷地内にある池にたどり着いて助かる騒ぎがあったことがこのほど分かった。
原発の運営企業フロリダ・パワー・アンド・ライトによると、取水管の直径は約4.9メートル、長さは約400メートルで近くの海底まで伸びている。毎分約50万ガロン(約1893キロリットル)の海水を取り込んでいる。
男性は5日、CNNの取材に、真っ暗な取水管内にはもまれながら4〜5分間いたと説明。吸引力は激しく、水中眼鏡を押さえなければならなかったという。遠くにわずかな光が見えた後、突然、運河のような池で陽光を浴び、多数の魚も見たと振り返った。
この後、原発従業員を見付けて携帯電話を借り、妻に連絡を試みていた。原発従業員は男性の出現に驚いたという。
騒ぎの発生は昨年7月12日で、男性はその後、同社を提訴。取水管の位置を知らせる目印がなく、危険な事態に遭遇したと主張している。
同社の広報担当者はCNNに取水管には保護目的のふたがあると強調。男性は意図的に取水管内への異物混入を防止する装備品をすり抜けた後、取水管の1つに近付いたと反論している。
また、取水管の場所には同原発の稼働開始以降、ブイを浮かばせ、約30メートル離れるよう警告しているとも主張。これに対し、男性は地元のCNN系列局WPTVに、当人と友人は同日に黄色のブイと海面下に沈む大きな輪郭の物を見たが、ブイには注意事項は記されていなかったと述べた。
米通信社UPIによると、同原発では1989年にもダイバーが取水管に吸い込まれる騒ぎがあったが無事だった。

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-29 22:17 | 原発

SPEEDY「信頼性ない」規制委 避難に活用弊害指摘 東京新聞 /ほんとうか?


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

3月16日
原子力規制委員会はSPEEDYを用いた放射性物質の拡散予測について
「信頼性はない」との見解で一致、
原発事故時の住民避難に活用するのは弊害が多いと結論付ける文書をまとめた。

政府は
自治体からの要望を受け、
自治体の裁量でSPEEDYの活用を3月11日に容認したが、
政府自体は活用しない方針を変えていない。

政府の活用容認は、
原発再稼働に対する地元同意を円滑に進めたい思惑が背景にあるが、
自治体任せの政府対応に批判が強まる可能性もある。

規制委は、
予測に必要な放射性物質の放出タイミングを
事前に把握することは不可能と指摘。
予測を住民避難に活用すれば
「かえって避難を混乱させ、被ばくの危険性を増大させる」と強調。

田中委員長は
「拡散予測が出れば人々は冷静さを失い、
われ先にと行動をとりがちだ」と述べた。

全国知事会は
「放射性物質の拡散が始まった後の避難では遅い」として
SPEEDYの活用を政府に要望していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

米国では
深層防護の第5層
有効な避難計画は米規制委員会の仕事だ。
だから、有効な避難が出来なければ、
原発の稼働は出来ない。


この国では
深層防護の第5層
避難計画は
世界一厳しいとされる「新規制基準」にない。
なぜだろう?

だから
自治体に丸投げ。
洪水等の防災対策と同じ扱いだ。
避難計画さえあればいい。
それが、有効か有効でないかは問われない。

これを
根拠に自治体の長の同意だけで、
強引に稼働させる。
避難の責任は各自治体にあるというわけだ。

田中委員長は
「拡散予測が出れば人々は冷静さを失い、
われ先にと行動をとりがちだ」と述べた。
というが、
パニックを起こす恐れがあるのは
「有効な避難計画」ではない。

SPEEDYを使ったパニックを起こさない「有効な避難計画」をつくる。
「有効な避難計画」がつくれない場合は、原発を稼働させない。
当たり前のことだ。

F1爆発核事故で
ベントに際して、東電が風向きを気にしていたことは
東電TV会議に記録されている。
飯館村の例を見ても、有効なのは明白。

SPEEDYはダメだというので、
規制委員会のHP記録を覗いたが、
検討記録が見つからない。

SPEEDYはダメと言うなら、
なぜダメか
キチンとした有識者、学者による検証をしてほしい。

F1爆発核事故では
SPEEDY情報が握りつぶされた。

ヨウ素剤の服用は                        参照1
「被曝が一瞬に生じると仮定して、100mgのヨウ化カリウム剤「ヨウ化カリウム
丸」を飲むことによって被曝を阻止できる 率は、

服用が12時間前 90% 

服用が 直前    97%
服用が1時間後 85% 

服用が3時間後 50%

とある。

すなわち、
直前がよく、12時間前でも90パーセントの効果がある。
それに比して、
3時間後だと50パーセントしかない。

SPEEDYを使わないということは、
ヨウ素剤の効果が50パーセント以下になる可能性がある。

理由
モニタリングポストの値が
500μSv/hが検出されて初めて、避難指示だから、
(50mSv/週、しかも30キロ圏外に避難。)
F1の例からは100キロ圏外に脱出が必要だ。           参照2

それ以前(放射能プルームに襲われる前に)に
ヨウ素剤服用の指示が出るとは考えにくい。

実際には
3時間以上遅れることは十分に予測される。

実害を
どう防ぐかが初動の基本なのに、
「パニックを恐れて」知らせないは、おかしい。

F1爆発核事故でも、
「パニックを恐れて」知らせなかったというが、
情報を得ていた、政府関係者、東電社員の家族らは、
さっさと避難した。
福島のオフサイトセンターですら、東電社員、保安院らはヨウ素剤を服用し、
住民に知らせもせず、トンズラしている。

SPEEDYを使わせない 別の理由があるにちがいない。。。







注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年3月16日
b0242956_18322075.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
参照1 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
参照2 
「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-28 19:24 | 東京新聞

194回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 3月25日(金)高松

「 廃炉 」

伊方原発は廃炉しかない。
そう言う時代になったということ。
時代の流れを読み違えると取り返しのつかぬことになる。

伊方原発1号機を廃炉にすると言う。                   参照1、2
歓迎したいが、1号機だけではどうにもならない。

伊方原発2号機は再稼働させたいというが、
1号機が廃炉なら、当然2号機も廃炉にせざるを得ない。
どちらも、ポンコツ原発だからだ。

1、2号機が廃炉なら、3号機だけ稼働させても、
毎13ヶ月に3ヶ月程度定検となり、
ベース電源にならない。
(2、3号機だけでも、ベース電源にならない)


伊方原発の造りを見れば分かるが、
3基セットで1プラント。
3号機だけ稼働ではコスト高は明らか。
経営の負担が増えるだけだ。

今や、原発に正義は無い。
それでも、意地で原発やめませんと言うのだろうか?




本当のところを四電の社長にぜひ、聞いてみたい。


この、レポは 
四電の中の人にも
伊方原発の中の人にも
ぜひ、読んでいただきたいと
思っている。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・
みんなで、力を合わせて、再稼働反対!
b0242956_10271857.jpg

脱原発 NO NUKES CHANGE ENERGY
b0242956_10273575.jpg

原発ゼロ
b0242956_1027497.jpg

伊方を廃炉に 私達に 原発を残さないで
b0242956_1028394.jpg

【 定点観測です。】

いつもの平和な丸亀町ドーム。三越デパート前の風景。
毎金曜日に定点観測の様に撮影するポイントです。

何故か、丸亀町ドームが伊方原発3号機に見えてしまうのですよね。
しかも、水素爆発後の鉄骨だけになった姿に。。

四電本社前から、こんなにリアルに伊方原発3号機の事故後が
想定出来るスポットがあったなんてね。。

平和な三越のにぎわい。だがよく見ると、ドーム方向には進入禁止の赤い標識。
左か右に行けという矢印の交通標識。しかも、信号は赤信号。。。
「 伊方を 廃炉に 」
b0242956_10292763.jpg

金曜脱原発集会  ここ四電本社前抗議のポスター
b0242956_10303417.jpg

Song for GAZA
Pink Floyd のRoger Water が2年前ガザのために歌った
We shall overcome です。
「…兵士の死体にはめったに出会わない。
戦争と呼ばれるものの犠牲者はほとんど市民だった。」
DAYS JAPAN 8月号 編集後記より
b0242956_10305142.jpg

毎週、この曲が流れる。

Pete Seeger - We shall overcome

伊方は 廃炉!!
b0242956_10351023.jpg

【 我輩は原発に反対である。 安倍ニモマケズ 肉球新党 猫の生活が第一 】

名は「トメ吉」へタレ猫なんだにゃ。
原発本気で止めるだニャ。

隣にガンコ猫だにゃ。20年以上ご主人宅に居候ニャン。
「いつも原発のこと考え中」だニャン。

b0242956_10363160.jpg

「 激震 伊方原発 崩壊 」
電力社員も必読の本。
第1章 伊方原発の基礎知識
第2章 近藤誠氏の記録
第3章 反対運動にかかわる諸団体、個人のメッセージ
2016.3.11発行
b0242956_1037244.jpg

【マスコットの「どろ」と「こち」とチアーキャッツと仲間達 】 
「たりないのは愛だろー バカヤロー 」フライングダッチマン 
「原発絶対反対」こののぼりは1988年伊方原発出力調整反対デモで、ここ四電本社前に翻ったのぼりのミニチュア。88年の意思を継ぐ。
b0242956_10375170.jpg

「原発絶対反対」「どろ」と「こち」
b0242956_1039848.jpg

全員集合! 
b0242956_10393049.jpg

【 福島を想う 】
オーガニックフエスタ四国 2013 http://lituum.exblog.jp/20292241/
フライングダッチマン 小出裕章 小出 裕章 田中 優曳地ハル&トシ 亀山ののこ 各氏の講演会。出演メンバーからのメッセージです。27.4三宅洋平さん追加。
b0242956_10395811.jpg

【 東京新聞 】
ここ四電本社前に届けて戴ける東京新聞 うれしいね。記事は別にUPします。
◯高浜原発停止命令
◯苦闘5年 まだ続く 311特集
b0242956_10401623.jpg

【 広島2人デモ 】http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/
このHP読む価値あります。おすすめです。。
b0242956_1041205.jpg

現在日本は、福島第一原子力発電所事故による 「原子力緊急事態宣言」下にあります (2011年3月11日19:03発令)

There is no safe dose of radiation
「放射線被曝に安全量はない」 世界中の科学者によって一致承認されています。
日本はまだ原子力緊急事態中です 原子力緊急事態中ということは、事故拡大の応急対策を 採らねばならない事態が継続中ということです 福島第一原発による第二苛酷事故の可能性も去っていません
原子力災害本部⻑は内閣総理大臣で、国⺠の安全と生活を守るため 全力を挙げて終息させるよう指揮を執る責任と義務を負い、遂行する権限を持っています
事故前の通常時からすれば、本来出てはいけない核種の放射能がまだ大量に出続けています 高い被曝線量により原子炉にも高濃度汚染水にも人間は近づけず、 デブリを取りだす技術もまだありません 最低でも10数年はこのままの状態が続くことが決定的です
原発賛成・反対は二の次の問題、福島原発事故が終息してからの問題です 再稼働などもってのほかです 福島原発事故の上に、追加放射能と新たな原発苛酷事故のリスクを付加するだけです 黙っていれば容認になり、そのリスクや負担はすべて私たちが負うことになります
一人一人がいま、正確な情報を知り、知ろうとし、考えることが大切です 一人一人が正確な情報を知ろうとすることだけでも、それは解決の方向に向かう大きな力になります
毎回、チラシのテーマ・内容かが違います。過去チラシも是非ご参考にしてください
▼タイトル
◯伊方原発広島裁判のHP http://saiban.hiroshima-net.org/

  by setonokaze | 2016-03-27 18:40 | 四電本社前抗議

電力 私が選ぶ  再稼働 前のめり /東日本大震災5年特集 東京新聞 


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

■電力 私が選ぶ

◯再エネ活躍
政府が原発回帰の動きを強める一方、
電力会社を取り巻く環境は大きく変化しつつある。

既に大口の電力契約は自由化され、新電力PPSへの契約切り替えを進めている。
自家発を導入する企業も多い。

ミクロの存在だった再エネが太陽光を中心に急速に成長。
夏のピーク時は重要な電源として活躍するようになった。

多様な業種が電力事業者に参入してきている。
価格が下がる可能性がある。
「クリーンエネルギーを応援したい」
などの要望に応えるプランも増えそうだ。

◯東京都と新潟県の住民計2000人アンケート
当面は原発を活用         8割以上

今後力を入れるべきエネルギーは何か
原発を絡めた人          1割強
再エネ、火力、水力の組み合わせ  7割以上


■再稼働 前のめり

◯核のごみ 目をつむり
F1事故は5年後もいまだ収束せず、
10万人近い福島県民が避難を強いられている。
放射性物質を含む汚染土を処分するめども立っていない。

そんな状況をよそに、政府は原発再稼働を進める。
原発が動けば核のごみは増え、
問題はさらに深刻になっていく。

・・・・・・・・・・・・・

なぜ、
政府と電力会社は原発の再稼働に前のめりなのか?
なぜ、原発にこだわるのか?
なぜ、この国に原発は必要なのか?

原発の存在
その根本が問われているのに、

「新基準」をクリアした。
赤字解消だ。
当期利益をなんとしても出したい。

何とも、低レベルな話。

ひと昔も前の資本家まるだしだ。

F1爆発核事故が、
日本を住めない国にしていたかもしれない。
少なくとも、日本の半分が住めない国にしていたかもしれない。
数多くの奇跡が重なり、F1が現被害でかろうじて踏みとどまっている。
が、現在も核被害は進行形だ。

次の原発事故は
こんな程度で収まる保証はない。

にもかかわらず、
再稼働にひた走る。
亡国への道なのに。。。





注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年3月12日
b0242956_6292461.jpg

b0242956_6302516.jpg

b0242956_630855.jpg

b0242956_6294990.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-26 06:39 | 東京新聞

ノーモア広島からノーモア被ばく者へ 原発停止を求め市民提訴 /こちら特報部 東京新聞 


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

放射能の苦しみを知る広島は、
核兵器廃絶を訴え続けてきた。
だが、
被爆地ゆえに「原子力の平和利用」の旗振り役を担わされ、
反対運動の中で「原発」はしばしば切り離された。
F1事故は、ヒロシマと原発の関係も大きく変えた。

東日本大震災から5年を迎える3月11日
被爆者たちは四電伊方原発の運転差し止め訴訟に踏み切った。

「ノーモア・ヒロシマ」から「ノーモア・ヒバクシャ」へ

・ ・・

■ヒロシマの「3・11」

堀江原告団長
「(放射能の)害という意味では、原爆も原発による害もかわらない」
「放射線の恐ろしさを身をもって知る者として、後世に知らせないのはまずい。
ややこしいものは一つでも除いて次の世代に引き継ぎたい」

伊藤副団長
「福島事故まで不安に思ったことはなかった。
『安全神話』を百パーセント信じていた」

河合弘之弁護団共同代表
「伊方原発が過酷事故を起こしたら、風向きによっては放射能が飛んでくる。
今回、世界で最初に原爆の被害を受けた広島の人々が、新たな被ばくを拒んで立ち上がった。この歴史的な意義は大きい」

原告は広島、長崎の被爆者18人を含む9都府県の67人。
このうち3人は3号機の差し止めを求める仮処分も申し立てた。
広島市民が中心の提訴は今回が初めてだ。

・ ・・

被爆地・広島は「復興」のかけ声の下で、
「原子力の平和利用」にからめとられた。

1956年には
広島で「原子力平和利用博覧会」が開催された。
1958年
「広島復興大博覧会」でも原子力の平和利用が言いはやされた。
1975年
原水禁世界大会で森滝広大名誉教授が「核と人類は共存出来ない」と演説し
原発も含めた核廃絶を呼びかけた。しかし、原発の評価をめぐっては、
被爆者間でも対立が生まれ、往々にして議論は後回しにされた。

・ ・・・・

3月11日
広島市の平和記念公園親水テラスでは、
東日本大震災の犠牲者を追悼する集会が開かれていた。
夕方には、500本のろうそくが点灯され、
「3・11」の数字も浮かび上がった。

その対岸にある原爆ドーム前では、
母の胎内で被ばくした元英語教師の三登さんが終日、
手製の資料を手に外国人観光客らを案内していた。


三登さんは
3.11前から脱原発だった。
福島事故後、海外の客から
「なぜ被爆国の日本にこんなにたくさんの原発があるのか」と
問われることが増えた。

「『知っていても何も変わらない』と言われるが、そうじゃない。
知らないんです。戦後70年たっても、やっぱり事実を知らない人が多い」

GHQの報道規制で、原爆の放射線障害が隠された。
「行政も専門家も残留放射能や内部被ばくの影響をほとんど無視してきた。
70年前の戦争も、命より経済を優先して暴走した。
今も何も変わっていないではないか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■原発

電力会社は国策とばかり、
規制委員会の合格を得たと再稼働に走る。
立地地元(町)と立地県(知事)の了解を戴いた。

まるで、印籠を振りかざすように。

安倍首相は
「新規制基準」は世界最高(レベル、水準)の基準であると胸を
張る。
安全が確認された原発は稼働させると言う。

田中原子力規制委員長は
「新規制基準」は安全を保証するものではないという。

これが、原発を稼働させたい側の論理だ。
(よ〜く考えると、理屈が合わない)

■再稼働反対

多くの人が今も、電力会社、首相官邸、県庁、いろんな場所で、
反対の声を挙げている。
その声は、切実な願いである。
5年を経てなお続く、この声は今も無視されている。

発電手段なら、原発以外にいくつもあるのに、
原発の発電コストは高いのに、
原発は「トイレのないマンション」なのに、
ひとたび、地獄の釜(原子炉)の蓋が開いたら
250キロはなれていても、約24時間で退避となるのに、
F1爆発核事故は、たまたま、いくつもの幸運(奇跡)が重なって、
今の程度で収まっているのに、
今も、原子力緊急事態宣言が発令中なのに、
なぜ、再稼働させるのか?

■声を挙げる

声を挙げる大切なこと。
一人で、みんなで、力を合わせて、
巨大権力に立ち向かうは大変だ。
だが、声は挙げ続けなければならない。
なぜなら、相手はこちらが疲弊するのを待ち構えているからだ。

像の背中に止まった蚊位のつもりかもしれない。
セミの小便くらいかもしれない。
でもね、
原発の論理は破綻している。

原発に正義はない。
原発はみんなのためにならない。
社会の役に立たない。

こんな原発がいつまでも
人間社会に存続出来るわけはない。
消滅する運命にあるのは間違いない。

■四電伊方原発運転差止広島裁判 http://saiban.hiroshima-net.org/

蜂の一刺しになるだろうと期待している。

広島2人デモ(http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/)さんの資料を読んだことのある方なら、
お分かり戴けるが、ハンパでない。
それを踏まえての、訴訟。
5年目の311に満を持しての訴訟。
ぬかりはない。

全力で応援したい。






注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年3月14日
b0242956_024465.jpg

b0242956_025395.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-23 23:58 | 東京新聞

なお増え続ける汚染水 危険な旧型タンク延命 /核心 東京新聞 


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

F1事故から5年たつのに、いまだに汚染水問題が解決していない。
ここにきて、汚染水が増えた。
海側の遮水壁が完成したことで、行き場を失った地下水が汚染水化しているからだ。

後手
「こうなると分かっていたのではないか。
追い込まれてから話を持ってきたという疑念がある」
「後手後手になっている」
約350トン/日くみ上げ、2号機タービン建屋に移送。

強調
東電は凍土遮水壁がうまく凍結すれば、
5月には移送量は1/3に減り、
ボルト締め型の数も徐々に減っていくと強調する。

決別
もし、効果が出ないと、ボルト締め型タンクは8月には
ほぼ使い果たす見通しだ。
ボルト締め型との決別はさらに遠のく。

・・・・・・・・・・・

東電は
本気で核汚染水に対処しようとしていない。

海に流してしまえば、
お金もかからないし、タンクもいらない。
これが東電の考え。

地元の
了解が得られないので、
しぶしぶ、当面タンクに貯めているだけだ。

だから、
危険なボルト締め型タンクでも、平気だ。
漏れれば、それはそれで、
核汚染水を海に捨てる話が加速すると。

核汚染水対策に
キチンと向き合わなければならない。
核処理にいいかげんは許されない。

アルプスで処理した水は
あたかも処理済みのただの水のごとき
報道だし、東電の考えのようだが、

どっこい、
トリチウムだけが取れないのではないようだ。
とれない核種が幾つかあるのだが、
何なのかは公表されていないようだ。

核汚染水は
タンクに貯めて、安全なレベルになるまで、
保管するしかない。

そのためにはどうすればいいのか。
この考えがない。

F1の敷地だけでは当然、無理で、
まずF2、東電の他の用地に仮保管。
100万トン級の貯留設備を複数用意する覚悟が必要だ。

これだけの
核事故を起こしておいて、
安易なチャラ核処理は考えない方がいい。

アルプスが吐き出す核汚染廃棄物(核処理カートリッジ)の
保管問題もいずれ、浮上する。








注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年3月11日
b0242956_7284066.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-22 07:43 | 東京新聞

Aさんと「伊方原発 88年の出力調整反対」 と  [危険な話 チェルノブイリと日本の運命] 広瀬隆著

「 はい、お勉強!! 」と
Aさんに渡された本がこれ、
「危険な話 チェルノブイリと日本の運命」広瀬隆著

Aさんは伊方原発2号機、88年の出力調整反対 以前からの猛者。
(猛者ではあるが、いわゆる活動家ではない。
ご自身で考え、勉強し、原発は危険だと。
市民派である)
いつからなのかは、いまだ聞きそびれている。

Aさん
「1988年の1月25日は小雪まじりですごく寒かった。
全国から集まった子ども連れのお母さんたち 、、
朝から四電本社前で抗議していた。          ( 参照1、2)

寒さと疲労で限界かなと思われた頃、
H先生による巧妙でとぼけた誘導で、
あれよという間に、四電ロビーに入ってしまいました。

…お母さん! 子どもさんがくしゃみしてますよ。
そこのお父さん!寒くて震えているじゃないでですか。
中に入れてもらいましょう。…
とかナントか、

四電はなんと、会議室を提供してくれて、
なんと、野中原子力部長が出てきて、
急きょ、質疑応答の場になったのです。

その時に、
徳島県那賀郡鷲敷町(わじきちょう)おじいさんが
『私には孫がいる。本当に原発は安全なのか!! 』と
体をふるわせ、声をふりしぼって
野中原子力部長に質問すると

野中原子力部長はしばしの沈黙のあと、
『100%安全とは言い切れない』と答えたのです。

すごいでしょ。
野中さん、あとでたいへんだったみたい。

そのあと、
ビーテンさんが布団をたくさん部屋に運び込み、
(チロリン村にあった布団)
前代未聞、四電の中に大勢が泊まりこんでしまった。
翌朝には、機動隊が取りかこんでいた。

で、私と言えば、
廊下の隅に疲れて座り込んでいる広瀬さんを発見!
ミーハーの私は“これはチャンス!! “とすぐに近くの本屋に走り
“ 危険な話 ”をゲット。

広瀬さんに
『サインお願いしますーっ!! 』と差し出すと大笑いされました。
『こんな場所でサインを求められたのは初めてだ!! 』だって。

これがその時の本です。」



お宝本である。
四電1988年出力調整反対デモの最中、四国電力にての1月25日のサイイン入り。
危険な話
(本の写真b0242956**3894jpg)
b0242956_19283848.jpg

1988年1月25日四国電力にて 広瀬隆
(本のサインb0242956**13992jpg)
b0242956_19314832.jpg

・ ・・

311のF1核事故は予言されていた。
この国の原発は
「安全新話」で過酷事故は起こらないとされていた。
その安全神話は原子力ムラが構築した。

なぜ、「安全神話」を作り上げたかというと、
安全対策に費用がかかりすぎたら、
モウケが、減るからだ。
商業炉として、成り立つには、
かけた費用に対して、モウケが出なければならない。

危険な話だ。

・ ・・

「危険な話」 (以下、本の内容のご紹介)

目次

序                        5
第1章 チェルノブイリで何が起こったか     
はじめに                     8
チェルノブイリで何が起こったか          11
ソ連の報告書                   20
チェルノブイリ原子炉の現状            26
IAEAとクレムリンの密談              36
死の灰の拡散                   43
キュリーの危険性                 48
死の灰とは何か                  52
肉体の中の時限爆弾                56

第2章 実害の予測と現実
南太平洋のデータ                 68
アトミックソルジャーの白血病           74
放射能のおそろしい選択              80
モルモットとされた風下の住民           88
ジョン・ウェインはなぜ死んだか           102
牛乳と食べ物の問題                107
西ヨーロッパの汚染                117
ポーランドの汚染                 131
隠されたソ連の汚染と大量の死者 138
汚染された食料はどこへ              155

第3章 日本に大事故が起こる日
次は日本かフランスか               170
科学技術庁の秘密報告書              173
大事故の脱出法                  181
原子力発電所の欠陥ー緊急炉心冷却装置       185
原子力発電所の欠陥ー格納容器とコンクリート建屋  191
原子力発電所の欠陥ー蒸気発生器          203
事故の要因ー地震と津波              214

第4章 原子力産業とジャーナリズムの正体    
エネルギー問題は存在しない            226
南アとロスチャイルド               228
モルガンとロックフェラー             243
謎の怪物ドクター・ハマー             252
日本のジャーナリズム               263
日本の原子力産業                 270
無用の原子力                   274

あとがき                     291

・ ・・・・

広瀬隆は言い当てた。

■ 次は日本かフランスか

フランスが40基
日本の原発が33基
つまり確率論から考えて、
次は日本かフランスで大事故が
に違いないと予測されているわけです。

■ 事故の原因—津波と地震

地震のため蒸気発生器が連続破壊する、
津波がぐんぐん海水を沖合に引いてゆく、
巨大な震動のため制御棒を突っ込むことが出来ない、
ECCSはポンプの主軸が折れていた、
そしてあらゆるパイプから水が噴出し………

という組み合わせが最も起こりやすいでしょう。
これらの現象は、いずれも同時に発生する可能性が最も大きい。

原子炉がまとめてメルトダウンということが起こりえます。

・・・

■予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー(201年3月20日インタビュー)

2号機の格納容器は欠陥製品だ。
格納容器が壊れる。(ほんとうに壊れた)
もうすぐ水素爆発が起こると記者に言った。
福島で全電源喪失が起こっていた。その追求がなされなかった。
津波も甘く見ていた。5mの津波想定。おかいしい。何で、想定外か。
われわれが心配しているのは外部被曝でなく、内部被曝。
(原発なければ)電気がないはうそ。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ 四電本社前抗議 http://lituum.exblog.jp/i21/

毎金曜日の18時から20時まで雨の日も風の日も、
抗議が続けられている。
(28.3.18で193回目となる)
88年の意思を継ぐ。

のぼり「原発絶対反対 四電本社前」
この のぼりは88年の出力調整反対の時に、
ここ四電本社前にひるがえったのぼりの「ミニチュア」
b042956*221852100jpg
b0242956_19354223.jpg

2014.3.14
b0242956_20192282.jpg

帽子も、ハチマキも88年当時のもの。
B0242956**2220756jpg
b0242956_193702.jpg

■参照1 【当時の動画】   
当時の様子よく分かる。(ビーテンさんが集めたもの)

▼実録 原発サラバ記念日(活動家バージョン) 
no.1 http://youtu.be/064h7Exgzhg

no.2 http://youtu.be/eDH75w4J5JA
no.3 https://youtu.be/RheaJFux3rQ
no.4 https://youtu.be/spe_O-KpLf0
no.5 https://youtu.be/RrM0x92riwg
no.6 https://youtu.be/rIVnCdGh4wI
no.7 https://youtu.be/0CkTCQ3de5o
no.8. https://youtu.be/iEtFxi1Efi0
no.9 https://youtu.be/aoY18kk5z5k
no.10 https://youtu.be/zJRO22v3Un4
no.11 https://youtu.be/wsiD-QbmlJg
no.12 https://youtu.be/SjHPR_lKwRA
no.13 https://youtu.be/ywaWcmObmIg

▼原発サラバ記念日 お祭りバージョン 
no1 https://youtu.be/CYwNuXl7CUg

no.2 https://youtu.be/JrcAimdhKuo
no.3 https://youtu.be/QqYooq2itJ8
no.4 https://youtu.be/l2CmJ7oLEzM
no.5 https://youtu.be/lEX2J9YWT8w
no.6 https://youtu.be/PgUG-W61jSs
no.7 https://youtu.be/5Ou0Su1g5pM
no.8 https://youtu.be/mUmrsdCbns4
no.9 https://youtu.be/avEPr1xwb40
no.10 https://youtu.be/ehB-M4fi-0s

▼実録伊方闘争 通産省抗議行動
no.1 https://youtu.be/Jr15-6-4J9Y

no.2 https://youtu.be/Z5QElPmJ3Ig
no.3 https://youtu.be/rMXOvUlPJkg
no.4 https://youtu.be/th-ASQAIFT8
no.5 https://youtu.be/UDYJilIB9jg
no6 https://youtu.be/jMjexlqDKqg
no.7 https://youtu.be/iAKYfDmgVg4
no.8 https://youtu.be/y-robArkiyA
no.9 https://youtu.be/X_r-3cANd_g
no.10 https://youtu.be/hNs-8ZJDF7E

▼実録 伊方原発出力調整実験反対行動 1月
no.1   https://youtu.be/W1UYeOJZIRs

no.2 https://youtu.be/txumCHnrgiA
no.3 https://youtu.be/a3CAPjDVvm8
no.4 https://youtu.be/_ORt2qY96-o
no.5 https://youtu.be/pVr-TFnjRPg
no.6 https://youtu.be/gUYyzDuyc7Y
no.7 https://youtu.be/hslm-oLDpRQ

参照2 「原発やめてええじゃないか」●実録いかたのたたかい●1988伊方原発出力調整実験反対運動/共感テンコモリ   http://lituum.exblog.jp/25265844/

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-21 20:53 | 四電本社前抗議

福島第一原発 苦闘5年 まだ続く /特集 東京新聞 3月11日


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

◀◀◀2011年
3月11日  東日本大震災
全電源喪失 冷却も長時間停止
1、3、4号機で水素爆発

汚染水問題の始まり

事故から5年を迎えたF1では、
原子炉の暴走こそ止まったものの、
汚染水との格闘が続く。

遮水壁などの対策を講じたが、効果は十分出ていない。
強い放射線に阻まれ、廃炉に向けた道もいまだに見えてこない。

なかなか減らない海のセシウム濃度

◀◀◀2013年
「仮設」の弱さが露呈
3月 8日 ネズミで停電 プール冷却停止
4月 5日 地下貯水池の汚染水が漏えい
8月19日 ボルト締め型タンクから300トン汚染水もれ
9月7日 東京五輪決まる
     安倍首相汚染水の影響は 港湾ないで完全にブロック。
                 状況はコントロール 
◀◀◀2014年
2月 警報無視して送水、タンクから100トン漏えい
3月28日 土砂崩落で初の死亡事故
7月〜   「氷の壁」で地下トンネルの水抜き難航
11月7日  タンクから鋼材落下 3人が重軽傷
12月22日 4号機使用済み燃料の取り出し完了。

◀◀◀2015年
1月19日  タンクから落下 1人死亡。
2月24日  排水溝より外洋への汚染水漏れが発覚
8月8日   大型バキューム車で死亡事故

◀◀◀今年
3月末    排水溝の付け替え完了予定。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・

F1の始末は
できないだろう。
20〜30年でかたがつくわけはない。

チェルノブイリですら、
30年になるも、
新しい屋根を作る段階。

石棺にするしかないのだが、
検討すらし始めない。

溶け落ちた核燃料が
どこにあるのか、
ミュー粒子で撮影出来るのだが、
作業の邪魔になるとの理由で、
新型の撮影機すら使う気がない。
(位置が分かったときのパニック、衝撃を恐れ、知ろうとしないのか)

前回撮影したのは、
空の原子炉。
そんなの撮影する前から
分かりきったこと。

溶け落ちた核燃料の
位置、状態は
(既に、秘密に指定され、やみの中かも)

F1全体が
闇の中に沈みはじめている。。。



注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年3月11日
b0242956_10321181.jpg

b0242956_10322764.jpg

b0242956_10324637.jpg

b0242956_1033239.jpg

b0242956_10331622.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-21 10:39 | 東京新聞

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE