<   2014年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

調書は語る3 海水注入ためらったか 吉田所長の証言 /東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】

F1 1号機で爆発が起こる前から、吉田所長が最も
心配していたのが水の確保だ。
水源は防火水槽。一つの水槽には40トンほどしかなく、
使い果たすのは時間の問題だった。

■ 淡水は尽きる
Q 海水注入の経緯は。
「**『いずれも淡水がなくなるから、海水注入をする準備をしておきなさい』
ということは言っておりました」
〈 10メートルの高さを汲み上げる。簡単なようで、
強力なポンプでなければ難しい。**  〉

■ 炉の再使用を考えず
Q 淡水がなくなったら、海水を入れようと考えるまでの間に
本店なり円卓のメンバーなりに合意を求めたか。
「『淡水がなくなったら、海水にいくように検討をやっている』
というような話は、午後にはしていたと思います」

■ 吉田所長が一芝居
〈 **海江田経産相は17時55分に海水注入の命令を出した。
だが、吉田氏らが注水を始めたところでストップがかかる。
電話の主は東電の武黒い一郎フエローだった。 〉

「19時4分に海水を注入した直後、官邸にいる武黒から電話がありまして
『官邸ではまだ海水注入は了解していない、と。だから停止しろ』との指示でした」
「『できませんよ、そんなこと、注水をやっと開始したばかりじゃないですか』と。
はっきり言うと、(黒武氏から)『四の五の言わずにとめろ』と言われた」

「何だ これはと思ってとりあえず切って、本店に
『こういうこと言ってくるけどもどうなんだ。
そっち側に指示がいっているのか』と聞いた。

指示がいっていたような、いないようなあいまいなことを言っていました」
「(結局、本店との協議で)『やむ得ない、では止めるか』と。
**だだ、私はもうこの時点で注水を止めるなんて毛頭考えていませんでしたから。
**私の判断でやると」

「円卓にいた連中には、『中止する』と言いましたが、
それの担当している防災班長には、『中止命令はするけれども、
絶対に中止してはだめだ』と指示をして。
それで、本店には『中止した』という報告をしたということです。
その後で官邸の方から注水してもよいという話が来た。**」

Q 官邸の方から了解が出た、と。
「官邸からというより、テレビ会議で本店からの指示が来た。OK、了解のお話はね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 3つの問題 】

1
海水は扱う液体としては厄介者だ。
塩が析出するからだ。
熱い釜に海水をどんどん入れれば、
製塩装置になる。
塩が断熱材になり過熱せぬかの心配だ。
だが、
F1ではまず冷却。
当時、
選択の余地はない。


2
「海水注入停止」は誰がしたか。
官邸からの指示とあるが、
黒武東電フエローからの電話。


黒武東電フエローが出しゃばるのはおかしい。
出所不明の指示だ。

3
ポンプ
ポンプは原理から、約10メートルしか吸い上げられない。
それ以上なら、いわゆる深井戸用ポンプになる。
ジェットノズル等で押し上げる理屈だ。
だから、
冷却ポンプは海水面に近い程、金目は少なくて済む。
F1の場合は、5〜6メートルだろう。
7m以上の津波がくれば、アウトだ。

消防ポンプも同じこと。
何台もつなぎ合わせて、海面から押し上げるしかない。

津波に対して、十分に高い位置にあるから原発は大丈夫とはならない。
海水面から、原発に海水をポンプUPするのがそれだけ難しくなるからだ。


このような事態を避けるには、
原発より高い位置にあらかじめ、十分な水量のプールを作るしかない。
貯槽では底、配管が抜けたらアウトだからだ。
米ディアブロ・キャニオン原発には丘の上に2つのプールがある。
b0242956_19291430.jpg

Wikiから
それでも、米ディアブロ・キャニオン原発は危ない原発とされている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いくつもの
幸運がかさなって、
F1がこの程度に収まった。
最悪シナリオだと、東京が壊滅だった。


いつまでも
この幸運が続くと思うのは大間違い。
運が尽きた時、
この国が終わるのでは
かなわない。。









個人の感想です。
注1)福島第一原子力発電所のことを東電用語では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月18日
b0242956_18461649.jpg

b0242956_18471746.jpg

b0242956_18471336.jpg

b0242956_18473015.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-6 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-5 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/

-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

終わりなき人体汚染 チェルノブイリ事故から10年
チェルノブイリ 人体汚染3

  by setonokaze | 2014-09-30 19:31 | 東京新聞

調書は語る❶ 津波で全電源喪失 吉田所長の証言 /東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】

地震に無事、つかの間
Q津波が来る前に、配管の漏れや、平時と異なる事象はあったか。
「基本的には、ほとんどなかったです。水漏れとか機器の損傷とか、私は全く聞いておりません」

Q電源関係の異常は。
「DGが廻っているんで、外部電源喪失がこの時点であったと思います」

「冷却中」と思いこみ
Q次にどういう対応をとろうと考えたか。
「絶望していました。どうやって冷却するか検討しろという話はしていますけれども、自分で考えてもこれというのがないんですね。」

Q ICやRCICがどのくらいもつという判断だったのか。
「八時間で死ぬと思っていた」

Q 18時18分に当直が1号機のICの弁を開閉しているが、弁の操作情報は上がってきたか。
「来ていなかった。少なくとも私は聞いていない」

Q 弁を開けるということは、ICが動いていない可能性があるということになる。情報は。
「入っていない。ICについては当直がシステムが生きているとずっと思っていた」

Q 22時ころ、ICは十分に作動していたという認識か。
「私の認識はそうだ。ICは生きていると思った。動いているんだと思いこんでいた。そういう操作を当直がやっていたか、細かくは全然、把握していないということです」

水位計を信用、誤認
〈IC作動中は蒸気が勢いよく噴き出し、ごう音がとどろく。しかし、現場の運転員は「作動経験がなく、訓練も受けていなかった」(事故調査報告)〉

Q ICの情報は把握していなかったのか。
「基本的に把握していなかった。本当はICが大丈夫なのかということを何回も私が確認すべきだった。思い込みがあって、水位がある程度確保されているから大丈夫かなと思っていた部分があります」

Q 今にして思うと、何が誤認の原因か。
「水位をある程度、信用していたのが間違い」

Q 水位計が信用出来ないと思い始めたのは。
「線量があがってきて、おかしいと。**水位があって、漏れることはまずない。
燃料損傷にいたっていいる可能性はあるなと」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

重要な誤認が2つ。

1つは
ICの停止。
その原因は不明。(地震の可能性は不問にされた)
最後の望みが絶たれた。

もう1つは
水位計。
水位計に水位が出ていたから、
水があると単純に思いこんだ。

記憶だが、
スリーマイル原発の事故の原因が、これだ。
運転員が、水位計に水位が出ているのを
そのまま、信じ込んだ。

原発の炉の中の水位を直接計ることは出来ない。
フロートの位置を間接に測る。
炉内がボイドだと、
気泡がフロートを押し上げ、水位が出る。
但し、この状態だと水位が不安定になるから、
水位が出たり、出なかったり。で
分かるはずなのだが。

F1の状況がまさにこれだ。

スリーマイル原発の事故は他人ごと。
対岸の火事としたつけだ。


こんな危うい水位計なのに
「新規制基準」の対象外。
ヒューマンエラーで片付けられた。。



注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月15日
b0242956_1264021.jpg

b0242956_1271478.jpg

b0242956_1282090.jpg

b0242956_128716.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-5 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

終わりなき人体汚染 チェルノブイリ事故から10年
チェルノブイリ 人体汚染2

  by setonokaze | 2014-09-29 01:35 | 東京新聞

116回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月26日(金)高松


日本学術会議は                         引用1
原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)について、
10万年程度とされる最終処分の前に、
原発ごとに保管施設を設け、
30年間暫定保管すべきだとする報告書を公表した。        

核のゴミに
根本解決策はないですよね。
最終処分に行き詰まり、
苦し紛れに、地上保管と言い出しましたよね。

そして、
「原発ごとに保管施設を設け、30年保管案ですよね。
伊方原子力発電所には安全な保管場所はないですよね?
地上保管となると、テロ対策はどうされるのですか?
四電には核テロ撃退能力はないですよね?

保管費用は、
電気代で、需要家に負担させるつもりですか?
それとも、
日本学術会議の提言は無視するのですか?



本当のところを四電の社長にぜひ、聞いてみたい。



この、レポは 
四電の中の人にも
ぜひ、読んでいただきたいと
思っている。


・ ・・・・・・・・・・・・・・・
みんなで、力を合わせて、116回目の再稼働反対!
b0242956_1530142.jpg

私、河村 整(かわむら ただし)はこの夏の香川県知事選に挑戦しました。 
b0242956_15304840.jpg

3.11を忘れない!!  伊方原発再稼働 NO !
b0242956_153234.jpg

伊方原発再稼働反対 ELDの灯りが訴える。全部で4個。
b0242956_15323069.jpg

伊方原発再稼働反対!!
b0242956_15324986.jpg

四国電力株式会社 殿 「 いつかは起こる 過酷事故 」 今宵抗議に参上!
b0242956_15334936.jpg

原発は国の毒薬 地域の麻薬 傘デスプレーはここ四電本社前特製。。
b0242956_15334724.jpg

今宵、マスク氏参上。
b0242956_15352213.jpg

金曜脱原発集会  ここ四電本社前抗議のポスター  伊方はハイロ
b0242956_1536352.jpg


【 祝島伝統のシュプレヒコール  】
きれいな故郷を守ろう エイエイオー!
上関(伊方)原発反対 エイエイオー!
きれいな海を守ろう  エイエイオー!
上関(伊方)原発いらない エイエイオー!
いのちの海に原発いらない エイエイオー!
b0242956_15354822.jpg

四電本社前で今宵も声を上げる。。
b0242956_16482160.jpg

・ひ・み・つ・3者会談中。。
b0242956_15385023.jpg

廃炉 
終わりなき作業。廃炉が完了して 伊方原発が更地になっても、核のゴミが10万年も続く。
四電が10万年も栄え続けるとはとても思えない。10年先ですら、予測出来ない。
四電が排出した核のゴミの管理が10万年も必要だとの認識は、四電にまるでない。
いつまでも、当社に関わりのないことですの方便が、成り立つ訳はない。
b0242956_15401959.jpg


【 四電本社前情報  】
野菜もらってください
ふちのひらひらしているのは「しかくまめ」といいます。1〜2分くらいゆでてください。
b0242956_15414814.jpg

永田町恐怖新聞 山本太郎  http://www.taro-yamamoto.jp/daily-activities/3668
b0242956_1542224.jpg

DAYS JAPAN  福島100ミリシーベルトのウソ 福島の母440人の証言
b0242956_15422538.jpg

日本在住のアメリカ人監督イアン・トーマス・アッシュがカメラにおさめた”フクシマ”
ドキュメンタリー映画「 A2-B-C 」
フクシマで生きる子どもたちに、今何が起きているのか
高松上映会のご案内
日時   2014年11月29日(土)
     1回目上映  10:00〜
     2回目上映  12:30〜
参加費  500円(高校生以下無料)
場所   高松市男女共同参画センター 第8会議室
主催   「歴史は消せない!」みんなの会
b0242956_15435130.jpg

映画『A2-B-C』予告編

マスコットの「どろ」と「こち」とチアーキャッツと仲間達。 「たりないのは愛だろー バカヤロー 」フライングダッチマン 
b0242956_15434766.jpg

のぼり「原発絶対反対 四電本社前」
この のぼりは88年の出力調整反対の時に、ここ四電本社前にひるがえったのぼりの「ミニチュア」なのですって。下に当時の動画見つけたのでUPします。(14回目)
原発サラバ記念日 お祭りバージョン no1
再生回数 466 回
http://youtu.be/CYwNuXl7CUg

このシリーズは10巻 順次UP中 @veeten さんのUPに感謝。

【 福島を想う 】
オーガニックフエスタ四国 2013 http://lituum.exblog.jp/20292241/
フライングダッチマン 小出裕章 小出 裕章 田中 優曳地ハル&トシ 亀山ののこ 各氏の講演会。出演メンバーからのメッセージです。
b0242956_15441917.jpg

【 東京新聞 】
ここ四電本社前に届けて戴ける東京新聞 うれしいね。記事は別にUPします。
吉田調書特集 全面記事
b0242956_15453977.jpg

【 安らかに 眠らせてください 過ちを 繰り返さないために 】
モンジュ君にはこのままお眠り戴こう。。
b0242956_1545719.jpg

【 虫たちの声 】

りりりりりりり 
ちちちちちち 
るるるるるるる 
ちりちりちりちり 
りゅりゅりゅりゅりゅ 
ちゅりりりりり 
以上 
福島在住 
虫たちの声でした
b0242956_15463590.jpg

福福島@nonn311 さん https://twitter.com/nonn311
多くの詩を発信されています。一部しかご紹介出来ません。
ぜひ、フォローしてみて下さい。
( この詩には人の心を動かす力がある。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月24日

病気の人がでるたびに
あっ
もしかしたら
あっ
あれかしら
そんことを思います
余計な心配なら
いいのだけれど
不安は
消えてはくれません


福島を離れることが
福島を捨てることには
なりません
避難している人を
非難するのは
やめましょうね


9月20日

こどもをまもる 
おとなをまもる 
命をまもる 
そんな大事なことに 
向きあおうともせず 
土をまもることに 
一所懸命なおとなたち 
掘って 
集めて 
寄せて 
隠して 
蓋をして 
さぁ 
これからどうするのでしょう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


原発やめようよ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月3日(金)

F1の事故から3年が経つも、原発の状況は悪くなるばかりです。
四電本社前抗議今月で3年目になります、気持ちを切り替えて、ここ四電本社前でアピール、抗議です。
新たな方も、お待ちしています。

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19〜20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。

【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。
b0242956_20484260.jpg

引用1 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
経産ニュース
核のゴミ「30年間暫定保管を」 学術会議報告書公表  
2014.9.25 20:09
 日本学術会議は25日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)について、10万年程度とされる最終処分の前に、原発ごとに保管施設を設け、30年間暫定保管すべきだとする報告書を公表した。この間に、長期の政策選択に関し国民の合意を得た上で、政府の判断を促している。原発の再稼働が近づく中、核のゴミの最終処分場の選定は行き詰まっており、学術会議が一石を投じた格好だ。
 報告書によると、各電力会社がそれぞれの管内で核のゴミの「暫定保管施設」を建設する。保管期間を30年間としたのは、「現世代が責任を果たし、将来に負担を先送りしない」という考え。その間に最終処分の合意形成を図り、合意を促進する中立的な機関として「高レベル放射性廃棄物問題総合政策委員会」(仮称)の設置を提言した。
 保管施設は地上につくる案と地中につくる案を併記した。管理の容易さや費用面から地上案が「基本」と位置付けている。技術的には、50年間程度であれば暫定保管は可能としており、50年を大幅に超える場合は、保管施設の更新や安全確保の検討が必要と指摘。核のゴミを金属容器などに入れる「乾式貯蔵」が暫定保管に適しているとした。
 学術会議は平成24年、核のゴミは取り出し可能な場所で暫定保管すべきだと国に提言。保管期間は「数十年から数百年」と幅が広かったため、その実現可能性や技術的問題を検討していた。(原子力取材班) 

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21
2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
3.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
4. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
5. メルトダウンしていた米国初の原発 

http://lituum.exblog.jp/19675969/

6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 http://lituum.exblog.jp/19960375/
11.  四国電の町長罵倒「事件」/ 原発マネーが生む悲劇 / 話題の発掘 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21916532/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

終わりなき人体汚染 チェルノブイリ事故から10年
チェルノブイリ 人体汚染1

  by setonokaze | 2014-09-28 16:54 | 四電本社前抗議

原発発電コストは風力より高い。事故防止 対策費が高騰 廃炉費計算外でも割高 米調査機関 /東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】

原発の発電コストは世界的には1キロワット時当たり平均14セント(約15円)で
太陽光発電とほぼ同じレベル、陸上風力発電や高効率天然ガス発電の
8.2セントに比べてかなり高いとの試算を、
エネルギー問題の調査機関として実績のある米企業系
「ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス」(BNEF)が
まとめた。

2004年の日本政府による試算では、原発発電コストは
1キロワット時当たり5.9円だった。

炉心溶融などの深刻な事故を防ぐ為の対策強化が求められるようになった結果、
原発の発電コストは近年上昇しており、設備利用率を92%と高く見積もっても
1キロワット時当たり14セントとなった。
廃炉費用は含んでいない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原発は金食い虫だ。
コストも高い。
裏付けられた。

今、
規制委員会が原発の安全審査の基準にしているのが、
「新規制基準」
これが、くせ者。

既存の
原発にさほどのお金をかけずに合格出来る基準を定めた。
だから、田中委員長は
「新基準」合格しても、安全を保証出来ないと言う。
「ゼロリクスは万歳」不可能とも言う。

安倍首相は
「世界で最も厳しい日本の原発安全基準」と言うが、
規制委員会は「世界最高水準の安全を目指す」と言う。
「世界最高」ではない。
「世界最高水準」だから、いかようにでもなる。
骨抜き規制だ。

まともに、
安全な原発にしようと思えば、
既存の原発は作り替えなければならない。
これは、お上の意向に反するから、
学者も、マスコミも、触れたがらない。


安全な原発を安く造ることは不可能だ。
商用原発は成り立たない。










注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月17日
b0242956_0252913.jpg

b0242956_0255672.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

活断層と原発、そして廃炉 アメリカ、ドイツ、日本の選択

  by setonokaze | 2014-09-26 00:34 | 東京新聞

「原発いらんぜ市民の会」再稼働に反対 宇和島で結成  南海日日新聞/東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】

四国電力伊方原発から半径30キロ圏内の自治体のうち、
最も人口の多い愛媛県宇和島市。
同市民ら100人が9月7日、伊方原発の再稼働を阻止しようと、
「原発いらんぜ市民の会」の結成総会を開いた。

宇和島市の北西部が30キロ圏内だ。
福島の事故後、住民の避難計画の策定が義務づけられた。
当然、宇和島市の動向は、伊方原発の再稼働に影響する。

「**避難計画は、複合災害を想定したものではな机上の空論。
伊方原発で事故が起これば私たちは被害者となり、
農業、漁業は壊滅的な被害を受ける」と強調した。

総会に先立ち、
元東電社員でF1の設計管理にも携わっていた木村俊雄さんが
「福島原発と私たちのくらし」と題して講演。

安倍政権の方針について
「事故原因が分かっていないのに新基準をつくり、再稼働しようとしている」
と疑問を投げかけた上で、
「節電と太陽光発電、蓄電など良い方法を工夫して使う暮らしを考えていこう」
と訴えた。

今後は
毎月11日を統一行動日として集会や街頭宣伝を実施するほか、
自治体への要請活動などにも取り組む。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四電が
今も、原発地元として認めるのは、伊方町のみ。
これまでに、原発マネーをふんだんに投下し、
色々、ご機嫌を取ってきた。

311後も、
四電社員が2人一組で、住民宅を訪問し、
アンケート、調査にいそしんでいる。
3巡目以上になるのではないか。

その見返りは
伊方原発の再稼働、原発容認だ。

当然、
手間も、金目もかかる関係地元は狭いほど、
四電には都合がいい。
現在の関係地元を広げたくない。

大飯原発判決文によれば、
「強制移転を求めるべき地域が170キロメートル以遠にも生じる可能性」
「住民が移転を希望する場合にこれを認めるべき地域が東京都のほぼ全域や
横浜市の一部を含む250キロメートル以遠にも発生する可能性」
を認定している。
とても30キロ圏内で済む話ではない。
広島までもが対象になる。


木村俊雄さんのお話は、
彼が直接F1に拘っていただけに、貴重だ。
一度、講演を聴きたい。



確かに、
30キロ圏内で再稼働反対のグループが結成されれば、
自治体や県も、再稼働に容易に同意が出来なくなる。

今後の
「原発いらんぜ市民の会」の活躍を期待したい。








注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月17日
b0242956_18211997.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
参照1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

大間原発:原子炉から300mの民家あさこはうすが問いかけたこと

あさこはうすは根性がある。見習うべき根性がある。
反原発運動の基本だろう。。

  by setonokaze | 2014-09-25 18:30 | 東京新聞

伊方原発 秘蜜体質 今につながる 原発の地に眠る軍事要塞   / 東京新聞


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】

伊方原発が立地する佐田岬半島は、大正から太平洋戦争敗戦までの間、
軍事要塞と化していた。だが、当時の住民はその実態をほとんど知らなかった。

半島先端部には、砲台を備えた軍事要塞が大正10年から建設され、
住民の立ち入りが禁止された。
半島最大の三机湾は、特殊潜航艇の訓練海域でもあった。

南海日日新聞は89年に「三机の人々と『軍神』」を連載した。
戦意高揚の為に戦死者を軍神とたたえても、
戦争が終われば放置するのが国のやり口なのだ。

秘密法が年内に施行されると、原発や軍事に関する情報は封印され、
国民は「戦争体制」の真っただ中に放り込まれるかもしれない。
「広く世界の平和を呼びかける礎石とすべく」
建立された三机の九軍神の慰霊碑がそう警告している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地方には
その地の歴史、いわれがある。
都会に危険で置けないから、人のまばらな、辺地に原発を作る。
原発マネーもちらつかせる。

人が
まばらなだけに、その効果は絶大だ。
たちまち、原発マネー依存症となる。
さらなる、マネーのおねだりだ。
こうして、辺地に雨後の竹の子よろしく、原発が出来た。

伊方も
その一つ。
安全だから、受け入れたのではない。
安全なら、辺地に原発を作る必要はない。
安全でないから、辺地に作る。

原発マネーはその見返りだ

いやなら、断ればいい。








注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月10日
b0242956_20454720.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
参照1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】
大間原発:原子炉から300mの民家あさこはうすが問いかけたこと

あさこはうすは根性がある。見習うべき根性がある。
反原発運動の基本だろう。。

  by setonokaze | 2014-09-24 20:48 | 東京新聞

調書 要旨 汚染水放出私の判断 「退避」全員だと思った 今まさに最悪シナリオ  / 東京新聞


政府関係者らの調書  要旨 細野氏 汚染水放出私の判断 海江田氏 「退避」全員だと思った 近藤氏 今まさに最悪シナリオ  / 東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
関心のある所だけ読んで下さい。不要な所は読み飛ばしてもいいです。

【 要約 】
政府関係者らの調書要旨

〖 細野氏 汚染水放出私の判断 〗 細野豪志 首相補佐官

Q 1号機ベントについて官邸の指示と東電の動きに矛盾はなかったか。
「原子炉の蒸気を外に出すベントがなかなか実行されないので、東電が何を考えているのか、疑心暗鬼で分からなかった部分があった。12日の朝の4時とか5時には、なんでやらないんだという話になっていた。どうもできなかったようだが、やれるみたいなことを聞いていたから、フラストレーションがあった」

Q 菅首相が原発を視察した経緯は。
「11日午後11時ごろ、首相が現地に行くと言い出した。あの首相にスイッチが入った。指揮官が離れるということに関して反対だったが、一方で絶対行くと思った。当事者意識とか、ここをなんとか乗り越えなければならないという念の強さみたいなものは3月20日ぐらいまではプラスに働いていたとみている。ベントを遅らせていないのであれば行ってよかった。今から考えたら大きなリスクだった」

Q 菅首相が1号機への海水注入を止めたと言う話が出ているが。
「12日の夕方に海水注入が始まった直後、首相が再臨界の危険はないのかと言い出した。そんなことがあるのかなと思ったが、班目さんがあり得るというようなことを言ったので、すごく驚いた。1時間ぐらい議論して、7時半ごろ注入にゴーを出したが、その時点では入っていないと思っていた。東電本店が止めろと言ったがF1の吉田所長は止めていなかった」

Q 1号機の放射線量が異常に高くなったことから炉心溶融を疑わなかったのか。
「12日の朝方には放射線量が上がっていたので、燃料が溶けているだろうと認識していた。溶けていることは間違いないけれども、程度は分からない」

Q 記者会見で正確な情報を出さなかったと国民は疑念を持っている。
「スタンスとして、分かったことを正確に話そうという雰囲気だった。『炉心溶融の可能性もあるけれども分からない』と説明するのが、正しいリスクコミニュケーションだった」

Q 1号機が水素爆発した時の状況は。
「この爆発は何かということが分からなかった。テロかもしれないという話まで出た。基本的に爆発の前後で周辺の放射線量が変わっていないのですごくほっとした」

Q 爆発を知ったのは。
「瞬間に分かった。3号機の爆発のあたりから、周辺の放射線量が上がってきたので、本当にこれはまずいと思った」

Q 吉田所長との電話連絡は。
「**14日夕方、2号機の水が入らなかった時に吉田さんから電話がかかってきて、これまで『いや大丈夫です』『まだやれる』という返事だった人が弱気になっていたから、これは本当にだめかもしれないと思った」

Q 菅首相は東電の全面撤退をうたがっていたが、東電は撤退の意図を否定している。
「清水社長から海江田経済産業相に電話があり、海江田さんは完全に撤退すると解釈していた。電話後、海江田さんがそう言う話をしていた。武黒一郎・東電フエローもしょんぼりして『もう何も出来ません』みたいな話をした。一番の専門家の班目さんも『もう打つ手はないから撤退やむなし』と言ったのは愕然とした」

Q 吉田所長は、全員が現場を離れる指示はしていないと説明している。
「吉田所長が言っているなら信じるが、そうはとっていなかった」

Q 4月4日の汚染水の海洋放出に、1日時点では反対ようだったが。
「**実質的には海洋放出は私の判断だ」

Q 原発の過酷事故、津波対策をどう思うか。
「多重防護にはなっているが多様性はなく、本気でこう言うことがあったらどうかと考えているように見えない。東電にはいろんなことを言い合って改善していく風通しの良さがない。原子力安全・保安院は電力会社の人を凌駕する知識、能力がなく、資源エネルギー庁と密接不可分、全くイコールといってもいいくらいだ」

〖 海江田氏 「退避」全員だと思った 〗 海江田万里 経済産業相

Q ベントを行なうと記者会見した後、手間とったことにいらだちは。
「なんでベントが出来ないのだろうかとずっと思っていて、吉田所長と直接電話で話した。『全力でやります』と」

Q 東京電力が海水注入をためらってると思った根拠は。
「海水を入れれば当然炉が傷むから、もうこれは廃炉です。『いつまでもやらないなら命令するぞ』ということは何回か発言した。東電本店の指揮命令系統はどうなっているのかと思った。**」

Q 東電撤退の話は誰から聞いたのか。
「清水社長からの電話ですね。僕が覚えているのは『撤退』ではなく『退避』という言葉。第一原発から第二原発に退避」

Q どう反応した。
「そばにいた人に『どうなる』と聞いた。『第一原発は5号、6号を含め全部爆発ですよ』とそういう話を聞いたから『それは無理だ』と言った。だめだというより『何とか残って下さい』という言い方だったと思う」

Q 事故対応の中で、SPEEDIが非難に使えるかという話は。
「全く、全くない」

〖 近藤氏 今まさに最悪シナリオ 〗 近藤駿介 原子力委員会委員長

Q 最悪シナリオの作成経緯は。
「3月22日**菅首相から班目*委員長と私に、『事態が落ち着いたので最悪シナリオを知りたい。考えてくれないか』と言われた。私からは『今起きていることがまさに最悪のことと思いますが、現状でさらに都合の悪いことが起きたらどうなるか2、3日で何か用意してみましょう』と申し上げた。本来であればそのようなシナリオは3月16日の一番危機だったときにつくるべきなのにと思った」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

官邸の緊急対策本部の体制がお粗末だ。
会議の様子。やりとり。外部とのやりとり。電話。これらは全て、
後々の検証の為、録音、録画記録されていると思っていた。
公開された、東電会議の記録のように。
この記録があれば、
「全員退去」か「一部退去」か「撤退」かも言い逃れ出来ない。
電話、会話ぐらい全て録音しておけだ。

東電体質から、
東電に不利なことは極力官邸に上げないことは当たり前だ。

この記事で
一番気になるのが、
3号機に関しての細野証言。
 
「瞬間に分かった。3号機の爆発のあたりから、周辺の放射線量が上がってきたので、
本当にこれはまずいと思った」

1号機では爆発の前後で周辺の放射線量が変わっていない
とある。

1号機は透明な爆発。3号機は黒い爆発。
その差が放射線量が上がった原因の可能性。
TV会議で3号機の爆発をどう説明するかの論議で、
保安院が水素爆発と言っているのでそれでいいんじゃない(文言は不正確かも)とあった。
3号機の黒い爆発は1号機とは別の事象だと考えるのが自然。
3号機の黒い爆発は謎だ。

F1の爆発は
建屋での爆発。これが格納容器内なら、大変だ。
原子炉内ならもっと大変だ。
プールの水が抜けても、大変だ。
東日本壊滅。近藤委員長の最悪シナリオとなる。
たんに運が良かっただけのこと。
運が尽きれば、アウトだ。

再稼働はさほどに怖い。







注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月12日7面
b0242956_191888.jpg

b0242956_183897.jpg

b0242956_195792.jpg

b0242956_110282.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
参照1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

福島第一原発爆発 安全神話はなぜ崩れたか 4/ 4

  by setonokaze | 2014-09-24 01:25 | 東京新聞

調書 要旨 枝野氏 間違いなく全面撤退趣旨 福山氏 班目さん「あちゃー」顔 他 / 東京新聞

政府関係者らの調書  要旨 枝野氏間違いなく全面撤退趣旨 福山氏班目さん「あちゃー」顔 菅氏海水止めない判断立派 他 / 東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
関心のある所だけ読んで下さい。不要な所は読み飛ばしてもいいです。

【 要約 】
政府関係者らの調書要旨
〖 枝野氏間違いなく全面撤退趣旨 〗 枝野官房長官

Q 東電の撤退問題。
「夜に呼ばれて、首相応接室で海江田さんと話し、東電撤退も話も出てきて、
そうしたら私あてに清水社長から電話がかかってきて、同じ趣旨のことをおっしゃった。
私の一存で、はいと言える話ではありませんということで電話を切った」
「間違いなく全面撤退の趣旨だったと自信があります。
そうでなかったら私に電話してきません。
社長が私に電話をかけつくるのは特別なことなんです。
ほかの必要のない人は逃げますという話は、別に官房長官に上げるような話ではないから、
わざわざそんなことで私にかけてくることは考えられない。勘違いとかはあり得ない。」
「まさに、首相を夜中にたたき起こさないと判断出来ないような話であると。
それから社長を呼んで撤退なんてあり得ないということを伝える」

Q 撤退はありえないと伝えた時の社長の反応は。
「わかりました、撤退なんかしませんと」

〖 福山氏 班目さん「あちゃー」顔 〗 福山官房副長官

Q 1号機爆発の話を。
「当初は白煙が上がっているという報告と報道があった。首相が班目さんに聞いたら、
爆発は揮発性のものがたくさんあるので漏れているのでないか、みたいな話だった。
その後、寺田学・首相補佐官が『今、うつっています』とテレビをつけた。
建屋が吹っ飛んでいます、爆発ではないかと、首相と私はほぼ同ぐらいに叫んだ。
班目さんは『あちゃー』という顔をされてた。
チェルノブイリ型の爆発が起こってしまったのかと思った」

〖 菅氏 海水止めない判断立派 〗 菅直人首相

〈 菅氏は聴取の冒頭、事故原因の見解を述べた 〉

「F1事故は事故以前に、その大半の原因があったというのが、私の認識であります。
歴史的に見れば、あの地域は50年や百年に一度は大きな津波が来ているところであり、
そういう考慮が当時全くなされていなかった点が象徴的にも言える。
また原子力安全・保安院は、原子力を推進している経済産業省の中にあった。
それがいろんな形で安全性を軽視することにつながったという事例は、
たくさんあったように思えてなりません。簡単に言えば、
全電源喪失を一切想定しない中で行なわれていたところに大きな理由があったと思っています」

Q 黒武さんの説明だと、海水注入の了承が官邸で得られないので、注入をちょっと待ってくれと吉田所長に連絡している。
「止めろと言ったことは一度もない。東電の伝達ミスか、誤解か、
おもんばかりというものが、私に対する批判になっているんですよ。
そこが一番問題で、東電の体質ですよ。
吉田所長は、一応止めるぞと言って、実は止めなかったという判断をしたわけですよ。
立派だったと思いますよ」

Q 東電の撤退の話を聞いたいきさつは。
「15日午前3時ころ、私は執務室の奥の部屋でソファに寝ていたのですが、
経産相から『東電が撤退したいと言ってきている』と官房長官の方からも
『自分の方にも来ている』と。私自身は撤退はあり得ないと思っていました。
清水社長が『そんなこと言っていませんよ』という反論は一切ありませんでした。
やはりおもっていたんだなと」

〈 東電への不信感を募らせた菅氏は15日早朝、政府・東電の統合対策本部を設置。
東電本店に乗り込んだ 〉

Q 首相が東電本店にいくことになった。
「行ってみると、200人ぐらいの会議室で、私なりの気持ちを込めて
皆さんに話をしたわけです。苦労しているのは分かると。しかし、
ここは何としても踏ん張ってもらはないと、日本の国が成立しなくなる。
命を懸けてください。逃げても逃げ切れない。金はいくらかかっても構わない。
日本が潰れるかもしれない時に、撤退はあり得ない。会長、社長も覚悟して決めてくれと。
60才以上が現場に行けばよい。撤退したら東電は潰れる。
そんな話をしたんです。それ以来、撤退の話は聞かなくなりました」

Q 事故に対処した首相として、後世に伝えたいことは。
「やはり原発というのはちっとやめておいた方がいいなと。
やはりなんと行っても第一はリスクの大きさです。首都圏を含む1/3に近いところは、
ある時期住めなくなるというリスクを考えた時に、そのリスクを完全にカバー出来る
安全対策はあり得ないというのがわたしなりの結論です。
もう一つ
大きな問題は核廃棄物の問題です。今回の4号の問題は象徴的で、
プールには使用済み燃料と同時に、使用中のホットな燃料も一緒に入っているわけです。
使用済み燃料でも水が抜ければメルトダウンしている可能性は十分ありますし、
結局持って行く先がないと。
原発のリスクの大きさを考えるときには、責任を取りきれない。
根源的なリスクを人間はコントロールし切れないだろうと思っています」

以下略。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京新聞の
記事と公開された調書PDFを読み比べてみたのだが、
東京新聞の記事も、まとめが入っているので、
とんでいるところや、
つなぎ合わせたところがある。

この記事の通りに質問、回答がされたわけではない。

やはり、原文に当たれだ。

政府事故調査委員会ヒアリング記録 内閣官房
菅直人 2012.4.3  (全62頁) 
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/702_koukai.pdf
枝野幸男 2012.3.25 (全63頁)
http://www.cas.go.jp/jp/genpatsujiko/hearing_koukai/641_koukai.pdf




・・・・・・・・・・・・・

個人的意見だが、
東電は電力のドン。
自尊心だけは業界一だ。

だが、原発に関しては、
どの電力会社も、いまだにそうなのだけれども、
運転マニュアル至上主義。

原子力メーカーは
系列になっていて、
自社情報が系列外に流れることを極端に嫌う。

納品原発にマズイことがあっても、出来るだけ、
電力会社には伝えない。
他社原発メーカーに情報が抜けると、次の受注にも触るからだ。
本当のことはメーカーにしか分からない。

一方、
電力会社は、知りませんでは通用しないから、
知ったぶりをする。

だが、
マニュアルにないことは、対処外。
ヘタに対応すれば、規則違反。
ことと次第ではクビだ。

こんな実態の東電に、
国の命運がかかっていたとは、
考えるだけで恐ろしい。
たんに、運がよかっただけ。

それを、
大したことになっていないのだから、再稼働だ。
やれ、戻って、住めと言われてもね。
運が尽きればそれまでだ。






注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月12日6面
b0242956_17381692.jpg

b0242956_17393712.jpg

b0242956_1739553.jpg

b0242956_17393483.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblo
g.jp/18757169/

7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

福島第一原発爆発 安全神話はなぜ崩れたか 3/ 4

  by setonokaze | 2014-09-23 18:03 | 東京新聞

吉田調書 Ⅴ要旨 13日 官邸から「何とかしろ」14日 40人不明情報 死のうと15日全員撤退 / 東京新聞

吉田調書 Ⅴ 要旨 13日 官邸から「何とかしろ」 14日 40人不明情報 死のうと 15日全員撤退言っていない / 東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
関心のある所だけ読んで下さい。不要な所は読み飛ばしてもいいです。

【 要約 】

〖13日 官邸から「何とかしろ」〗
〈 非常用冷却装置のおかげで冷却が続いていた3号機。しかし、
13日の未明に注水が止まると状況が悪化していく 〉

—優先的に淡水を使った理由は。
「やはり官邸です。
—それが一番か。
「一番です。私は海水もやむを得ずというのが腹にずっとありますから、
最初から海水だろうと、当初言っていたと思います。
その後に官邸から電話があって、なんとかしろという話があったんで、
がんばれるだけ水を手配しながらやりましょうと」

〈 海水注入が再開されたが、3号機は深刻さを増してゆく 〉

—13〜14時ころ、建屋の2重扉のあたりが300ミリシーベルトとか、
白いもやがあった記録があるが、そういう印象は。
「あります」

〈 3号機の状況はさらに悪化し、水素爆発の危険性が高まった 〉

—燃料棒の相当部分が露出している認識は。
「もちろんある***」
—ベントの準備は。
「圧力が上がって、ラプチャーディスクを開けば自動的に
出るようにしておけという指示はしてあった」
—圧力が下がらない原因は。
「結局ラプチャーディスクを割るような圧力バランスまで行っていないんだろうと」                  参照1

〖14日 40人不明情報 死のうと〗

〈 14日になると、危険はさらに高まる 〉

—ドライウェルベントの検討は。
「もちろんしている。ウエットウェルベントを先行してしまって、
それをやっている間に爆発してしまった」

〈 11時1分、3号機で水素爆発。すでに危険な状況で、作業員たちは退避していた 〉

—どこに退避する。
「需要免震棟だ。***」
—行ってから爆発までどれくらい時間があった。
「結構短かった。ゴーかけて、よし、じゃあという段取りにかかったくらいで爆発した。
現場から上がってきたのは四十何人、行方不明という話。**その時、
死のうと思った。**そこで腹切ろうと思っていた。
確認したら、一人も死んでいない。私は仏様のおかげとしか思えない」

〈 2号機は14日昼、炉の水位が低下。何日も機能し続けていたRC-Cが駄目になった 〉

—2号機への注水再開の経緯は
「圧力が下がらない**」

〈 2号機は打つ手なしの状況が続く。原子炉や建屋内プールにある
核燃料の膨大な放射性物質が全て流出する最大の危機を迎えた 〉

「バルブが開かないと。私はなにせ焦っていたんで、早く減圧させろと。
開かないと言っても、私自身、パニックになっていました」
「***ここで何回目かに死んだと思ったんです」
「2号機はこのまま水が入らないでメルトして、
完全に格納容器の圧力をぶち破って燃料が全部出て行ってしまう。
そうすると、**チェルノブイリ級ではなくて、
チャイナシンドロームではないですけれども、ああいう状況になってしまう。**」

〈 吉田所長はさらなる事態の拡大を予想した 〉

「結局、放射能が2Fまで行ってしまう。
2Fの4プラントも作業出来なくなってしまう。**最悪そうなる可能性がある」
—退避は検討したか。
「***電話で(栄副社長)にいったのかな。こんな状況で非常に危ないと。
操作する人間だとか、復旧の人間は必要ミニマムで置いておくけれども、
退避を考えた方がいいんではないかとはなしをした記憶があります」
—それはSR(蒸気逃がし安全)弁がなかなか開かないからか。
「開いたんですがなかなか圧が下がらない。どんどん水位が下がっていく。
圧力が下がり、水を入れるタイミングのときに、消防車の燃料がなくなって、
水が入らないと。これでもう私はだめだとおもったんですよ。
私はここが一番死に時というかですね」
—だめだと思ったのは3号機とかよりも2号機か。
「**(2号機は)水が入らないいんですもの。水が入らないということは、
ただ溶けていくだけですから、燃料が。燃料分が全部外へ出てしまう。
プルトニウムであれ、なんであれ、今のセシュウムどころではないわけですよ。
**われわれのイメージは東日本全滅ですよ」

〖15日全員撤退言っていない 〗
2号機の危機が迫っていた3月14日夜から15日未明にかけ、
東電は1部人員の「撤退」を検討したが、官邸には「全員撤退」と伝わった 〉

—撤退も検討という話は出でいた。
「細野さんに**現場の人間はミニマムにして退避ということを言ったと思う。
電話でいった」
—本店の反応は。
「**分かったと」
—東電社員は。
「何かあったらすぐに退避できるようにというのは指示している」
—5時くらいに菅首相が本店に来て、退避はないとか、命を懸けて下さいとか。
「どれはいっていた」
—所長はその前に細野さんらに、撤退と言ったのか。
「全員撤退して身を引くということは言っていない。
**関係ない人は退避させますからということを言っただけだ」

〖 備えないと他も危ない〗
〈 吉田所長は所長になる前、原発の耐震対策などを担当する本店の
原子力設備管理部長だった 〉

福島第一の10メートルほどの津波が来る可能性があると言う話は聞いていたか。
「聞いていた。もっと高い津波が来るなら対策が必要だと常に
社長、会長、原子力の本部長以下にも報告していた」

〈 東電は複数の原子炉が同時に事故を起こす事態を想定していなかった 〉

—電動のスイッチで対応出来なくなった時のことまでかんがえなかったのか。
「3月11日の前はそういう発想にはいっていないのだろう。
スイッチを押せばその通り動いてくれるという前提でのマネジメント。
これは東電福島第一だけでなく、オールジャパンどこでもそうだと思う」




・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉田所長は
東日本全滅までも覚悟した。

原発は核燃料を使う限り、メルトダウン、核物質の漏洩、核汚染から、
逃れることは出来ない。

F1から、学んだことだ。
さらなる、悲劇がこの国を襲うまで、目が覚めないなら、
この国の未来はない。。







注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月12日5面
b0242956_23423376.jpg

b0242956_23424810.jpg

b0242956_2343613.jpg

b0242956_23434578.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
参照1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.e

  by setonokaze | 2014-09-22 23:53 | 東京新聞

吉田調書Ⅳ 要旨 11日 冷却装置作動思いこみ 12日 1号機爆発大きな盲点 / 東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。
関心のある所だけ読んで下さい。不要な所は読み飛ばしてもいいです。

【 要約 】

原発の状況が刻々と変化する中、吉田氏は焦りや、厳しさを理解しない
政府や東電本社への怒りを率直に語っている。
(さらに詳しい調書の内容は15日付けから連載)

〖 11日 冷却装置作動思いこみ 〗
—津波が来る前、配管の水漏れや平時と異なる事象はあったのか。
「基本的にほとんどなかったです。水漏れとか機器の損傷とか、
私は全く聞いておりません」

—どう対応しようと。
「絶望していました。どうやって冷却するのか検討しろという話は
していますけれども、考えてもこれというのがないのです。
DDを動かせば行くというのは分かっていて、水がなさそうだという話が入り、
非常に難しいと思っていました」

—22時頃、ICは作動していたと認識か。
「そうです。1号機は水位があるという報告があったものですから、
ICは動いていると思っていました」(誤認していた)

〖 12日1号機爆発大きな盲点 〗
1号機の状況は悪化し、12日にはベントで格納容器の圧力を抜くことを迫られた。

「私もこの事象に初めて直面しているので、はっきり言って分からないんですよ。
AO弁のエアがない、もちろんMO弁は駄目だと。手動でどうなんだと言うと、
線量が高いから入れない」

—12日6時50分に、経産相からベント実施命令が出たが経緯は。
「知りませんけれども、こちらでは頭にきて、こんなにはできないと
いっているのになにを言っているんだと。命令出して出来るんだったらやってみろと」

—首相は何の話を。
「かなり厳しい口調で、『どういう状況になっているんだ』
と聞かれたので、
『要するに電源がほとんど死んでいます。制御がきかない状態です。
津波の高さも分かりません。津波で電源が全部水没して効かないです』
という話をした。
『ベントはどうなった』というから、
『われわれは一生懸命やっていますけれども、現場は大変です』
という話はしました」

—最初の海水注入の指示はいつか。
「午後から淡水がなくなるから海水注入をする準備をしておきなさい
ということは言っておりました。3号機の逆洗ピットに津波の海水が残っていると、
かなりの量があるということを聞いていて、そこから取るしかない なと、
海水注入の指示の前に検討して決めていた」

〈 ベントが成功海水注入しようとした直後の15時36分、1号機で水素爆発が起きた 〉

—水素爆発の可能性は全く考えなかったのか。
「われわれは思い込みが強いんですけれども、
格納容器の爆発をすごく気にしていたわけです。
今から思えばあほなんですけれども、格納容器が爆発するくらいの水素、
酸素が発生しているのに、それが建屋にたまるところまで思いが至っていない。
今回の大反省だと思っているんだけれども、
思い込みが、あそこが爆発すとは思っていなかった。
原子力屋の盲点、ものすごい大きな盲点」

〈夜までにホースをつなぎ直し、海水注入し始めたところで、官邸からストップがかかる〉

「19時4分に海水を注入した直後、官邸にいる黒武から電話がありまして、
『官邸ではまだ海水注入は了解していない、と。だから停止しろ』との指示でした。
それで本店の方と話をして、試験注入が完了したので停止するということにしましょうと。
ただ、私はもうこの時点で注水を停止するなんて毛頭考えていませんでしたから、
いつ再開できるんだと担保のないような指示には従えないので、私の判断でやると。
ですから、円卓にいた連中には中止すると言いましたが、担当している防災班長には、
ここで中止命令はするけれども、絶対中止しては駄目だと指示をして、
それで本店には中止したという報告をしたということです」

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

公開された吉田調書はPDF。
しかも、読みにくい。

ICレコーダに記録されたものを、文字起こししたのだろうが、
ICレコーダと文字起こしした調書の整合性は保証されていない。
そこに、意図的な隠蔽、改ざんがあるか否かは、知る術もない。

聴取結果書には
東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会事務局
局員 加藤経将 の名があるだけだからだ。

【取扱い厳重注意】とヘッダーにあるが、文章管理番号もない。
普通【取扱い厳重注意】書面なら、各頁に割り印があるが、それもない。
無論、作成検証委員会の印もない。
担当者の印もない。
手書きの020の数字が表紙にあるだけだ。

それなのに、PDF書面。

極秘の印がない。
これが、秘密文章なの?

6名の聴取者の名前が記録されているが、本文では、すべて質問者とだけある。
誰が質問したかは不明だ。

以上のことから、
公開された吉田調書は原本、又はそのコピーではない。
公開用に作成された調書に思える。

・・・・・・・・・・・・・・・

【吉田所長は公開を了承した上で、聴取に応じている】  調書4頁

それから、もう一つは、ここでお答えいただいたことを記録に取りますが、
その記録が公になるという可能性がある。何から何まで、どう出るか、
それは今分かりませんが、ことと次第によっては、お話いただいた言葉が
ほぼそのままの形で公になるという可能性があるということをお含みいただいて、
それでこのヒアリングに応じていただきたいと思います。
大きなところは大体そんなことなんですが、それでよろしいでしょうか。
◯回答者 結構でございます。

吉田所長は公開を了承した上で、聴取に応じている
朝日のスクープに対して、政府は公開しない。
生前、吉田氏の公開しないでくれと言う上申書が出ている。
菅官房長官のもっともらしい記者発表は
何だったのでしょうね。

吉田氏の上申書なるものの真贋も
印はないし、自筆サインもない。
それらしきを黒塗りにしているが、
自筆サイン印なら黒塗りにする必要もない。
文体から見て、弁護士、その類いが作成した文だ。
吉田所長の自作とは思えない。
これらは定かでない。
b0242956_2135290.jpg

b0242956_2135376.jpg


何が真実か?
せまるのは容易ではない。
ただ、怪しいね。とい言うのは分かる。
それから、先が問題。
記者さんの本当の仕事がそこだと思う。。

東京新聞がこれだけがんばっている。
朝日新聞も、はなから、東京新聞位詳細に報道してればよいものを。
だが、
朝日新聞も、めげずに頑張ってほしい。。
目覚めよ記者魂。。




注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月12日4面
b0242956_18472035.jpg

b0242956_18474254.jpg

b0242956_18475276.jpg

b0242956_18484117.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/" target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

福島第一原発爆発 安全神話はなぜ崩れたか 2/ 4

  by setonokaze | 2014-09-21 19:22 | 東京新聞

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE