「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

福島を想うFrom kagawa 2   1号機の爆発 メルトダウン

福島を想うFrom kagawa 2  1号機の爆発 メルトダウン

今日、ご紹介するのは
ツイからみつけたものです。

2011年3月12日15時36分
F1の 1号機が爆発した。
そして、その爆発の意味する所を
正確に把握していた方がおいでた。
雁屋哲(かりや てつ)氏                参照1

爆発当日の16時16分
雁屋氏のブログ「雁屋哲の美味しんぼ日記」にUPされた。
爆発から、わずか40分後だ。

今、
読んでみると、すべて、お見通しだ。
メルトダウンをなかなか認めなかった、
お上、御用学者とは
大違いだ。
すぐさま、メルトダウンと指摘している。
「冷却水が止まったら原子炉がどうなるのか、
原力工学のイロハを知っていれば分かることだ。」
と。
しかも、その責任の所在も自民党に有りと指摘。
指摘はすべて、正しい。

政権に返り咲いた
自民党は
安倍内閣において、
過去にふれず、反省もない。

原発の再稼働はおろか、
新設すらもするという。
福島の事はすっかりお忘れの様だ。
再び福島と同じ事故を起こしても、
気付きそうにない。

もはや
ば◯に
つける薬はない。

民は、
政府、マスコミから正しい情報を与えられなかった。
真実を知らされなかった。

「科学者よ、声を上げよ」 と
 70年代の反原発運動の草分け
故水戸教授の奥様が投稿されていた           
のが、まさに、この事だ。                参照2

今こそ、
科学者が原発事故の真実を語る時だ。
さもなくば、後世に禍根を残す事になる。

福島を想うとき、
いかに事故直後からの隠蔽がひどいか。
いまだに、あらゆる面での隠蔽がいかにひどいか。
事故直後からのお上の対応が
真摯であれば、
どれだけ福島が救われたか。
くやまれてならない。

事故はなかったことにしたい
意図がはっきりしているだけに、
やるせない。






個人の感想です。
参照1
雁屋氏は東京大学に入学。教養学部基礎科学科で量子力学を専攻、 
電通在籍中に漫画原作者としての活動を始め、昭和49年退社後、
フリーとなって本格的に活動。         (wiki)

参照2 「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻
http://lituum.exblog.jp/18471961/

引用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雁屋哲の美味しんぼ日記
http://megalodon.jp/2011-0313-0233-37/kariyatetsu.com/nikki/1340.php
2011年3月12日(土)@ 16:16
 東北地方を中心とする大地震でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。
 また、被害に遭われた方々に、心からのお見舞いを申し上げると同時に、どうか心を強く持って、頑張って下さるようお願い致します。

 昨日来、NHKのテレビにしがみついています。
 私が人生で見た、最悪の災害です。
 仙台は私の愛する町です。
 私の敬愛する大先輩のご一家が住んでおられます。

 しかし、どうしても電話が繋がらない。
 心配でたまりません。
 また気仙沼には、世界一の魚焼きの名人「福よし」の村上さんがおられる。
「福よし」は港に近かったから被害を受けられたのではないか。
 心配でたまらない。
 唐桑町の世界一の牡蛎の養殖場、畠山水産の畠山重篤氏はどうしておられるだろうか。

 仙台だけではない、青森県にも、岩手県にも親しい方が大勢いる。
 しかし、電話が全く通じない。
 心配で心配でたまらない。
 さらに心配なのは福島原発である。

 私は地震の知らせを聞いた時にすぐに原発は大丈夫かと、そっちの方に頭が行った。
 案の定だ。
 福島第一原発の冷却水が止まって、原子炉の冷却水が回らなくなり、炉のが高くなり、破裂寸前だという。
 NHKに出て来た東大教授は、如何にも何でもない軽微な事故のように言うが、これが軽微だったら重篤の事故なんて物はない。
 冷却水が止まったら原子炉がどうなるのか、原力工学のイロハを知っていれば分かることだ。
 中央制御室内の放射能の値が既に通常の1000倍になっていると言う。
 その大学教授は、防護服を着て制御の作業に当たれば何でもないといった。

 おっさん、気は確かか。防御服を着て制御するなんて、ジョーク以外の何物でもないだろう。
 中央制御室は原子炉から離れたところにある。そこの室内の放射能の値が1000倍になったと言うことは、既に、原発敷地内全てが1000倍の放射能に汚染されているということだろう。
 放射能は、敷地内に留まるような行儀の良い奴ではない。
 とっくに、周辺に拡大しているだろう。
 この先、冷却装置が回復せず、原子炉を冷却することが出来なくなったら、どうなるのか。

 1号機は、沸騰水型原子炉である。
 沸騰水型原子炉とは、炉心の周りに水を流して、その水を炉の熱で沸騰させて蒸気にしてタービンを回して発電する、と言う構造になっている。
 その炉心の周りに流すのが冷却水だが、その冷却水が補給されなくなったら、原子炉での核分裂反応は止まるが、原子炉の運転には関係なく、燃料棒の中の様々な不安定な原子核を持つ物質は崩壊してより安定な元素になって行き続けている。
 崩壊する時に熱も放射線も出す。
 その時出る熱を崩壊熱と言うが、崩壊熱は、原子炉を運転していようと止めていようと、そこに不安定な核を持つ物質がある限り発生する。
 で、冷却水が無くなってしまうと、崩壊熱の逃げ場が無くなり、燃料棒の集合体は短時間の内に数千度にまで達し、溶けて落ちる。
 これが、あの恐るべき炉心が溶けてしまう、メルト・ダウンなのだ。
 この、崩壊熱で溶けた燃料が水に触れると水蒸気爆発を起こす。
 これが、原子炉格納容器を爆発させたら、チェルノブィリ以上の事故になる。

 今政府は、半径10キロ以内の住民の避難を勧告しているが、10キロどころで収まる訳がない。
 福島原発の数10キロ四方の土地はこれから、数千年、数万年人が近寄れない土地になるだろう。
 周辺の魚も全部食べられなくなる。

 さらに、福島第二原発でも、冷却水が止まってしまったという。
 福島第一原発に続いて、非常事態遷化が出されたのである。
 もう、われわれは、幸運を祈るしかない。
 なんとか、冷却水が間に合うように、神を信じることの出来る人は神に祈って下さい。
 私は無信仰だから、しっかり事態を見届けるしかない。

 しかし、はっきりしておきたい。
 地震は天災である。
 だが、原発事故は人災である。
 過去の自民党政権の遺産である。
 自民党の現議員たち・前議員たち・元議員たち、総出で福島冷却水問題に当たれ。
 本当に国を思って原発を建てたのなら、今こそ自民党人柱隊を作って福島原発に突入せよ。
 今の民主党政府の取り組み方を批判する資格はお前たちにはない。
 分かっているのか、この、腐れ自民党どもが!
 貴様等の悪政が今の悲劇を招いているんだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2013-01-29 00:22 | 東電原発事故

29回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月25日(金)高松

今宵の抗議 29回目です。

寒いです。
風が強いのでパネルは飛ばされます。
ヤッケにウインドウブレーカ、さらに
雨カッパ、足の裏、腰、背中にホッカイロ。
それでも、効き目がありません。
今宵の抗議は根性がいります。

環境省が東電に対して、
11年度の除染の費用17億円を請求。
東電は昨年12月に
支払い済みと言う。

ビッグニュ−スだ。                 参照1
なぜなら、
東電は、まき散らした放射性物質は
「無主物」と裁判で抗弁しているからだ。         参照2
この主張を取り下げたと言う
報道はいまだない。

環境省の除染費用の東電への請求は
東電の放射性廃棄物排出者責任を
国として、みとめたことに他ならない。
国は東電がばらまいた放射性物質を
「無主物」と認めないと言う事だ。
これで、東電は窮地だ。

四電も、
伊方原発から、放射性物質をまき散らしたら、
「無主物」主張するのだろうか?
国から、自治体、企業、個人から
除染の費用を請求されたら、
支払いきれるのだろうか?

こんな、リスクの高い原発を
いつまで続けるつもりなのだろうか?
四電の社長に問うてみたい。


今宵も、寒さにめげずに再稼働反対!
b0242956_6532524.jpg

反原発 
b0242956_6541759.jpg

大飯をとめろ
b0242956_6543654.jpg

静かに抗議です。iphonのチェックは欠かせません。
b0242956_655612.jpg

伊方を動かすな 白い手袋、白いヤッケ。寒さ対策です。
b0242956_6552627.jpg

伊方をうごかすな 
b0242956_6554744.jpg

伊方原発再稼働反対
b0242956_6561074.jpg

原発 NO!! みんな手袋しています。 
b0242956_6563424.jpg

お二人 今宵も参加して下さいました。 GO! 原発ゼロへ
b0242956_657982.jpg

原発は今すぐゼロへ 子どもの未来をまもろう!!
b0242956_6574130.jpg

伊方をうごかすな
b0242956_658965.jpg

太鼓で間の手を入れるのですが、あまりの寒さに。。チジ込んでます。でも再稼働反対!
b0242956_6582369.jpg

子どもの未来を守ろう 青い地球を守ろう
b0242956_6585367.jpg

No!! Nukes!! プラを高く掲げて四電に訴えます。
b0242956_659796.jpg

うしおじさんの和三盆ラスク 大山牧場のジャージミルクに和三盆白下糖をあわせ、手づくりで仕上げ  うしおじさんの食パン ジャージーミルク入りです。美味しかったです。oさん。
b0242956_6593265.jpg

マイクリレー 井戸川双葉町長から町民へのメッセージ pさん
 

マスコットの「どろ」と「こち」 「たりないのは愛だろー バカヤロー」と応援のチアーキャッツとその仲間達。今宵もにぎやかに再稼働反対!
b0242956_70531.jpg

福島を想う From Kagawa 井戸川双葉町長が辞職に追い込まれました。これも、双葉町の民意なのだが、想像以上に原子力ムラの反撃は強いのかも。原発依存が長く、おいそれと、脱却できないのだろう。惜しまれる。
b0242956_702844.jpg

福島の@nonn3.11さんのメッセージ 
どうして 色がないのでしょう
どうして 匂いがないのでしょう
どうして 味がないのでしょう

見えたら いいのに
香ったら いいのに
味があったら いいのに
そしたら 避難できるのに
b0242956_704994.jpg

母が子を思う気持ち、子を放射能から守ろうとする母性本能。どうしてお上は止められようか。
子どもに寄り添う、大切な事。子どもはなにも、分からない。親が子を守るしかない。
この国、なんと 民に冷たいのだろう。こんな国になったのは何故だろう。
b0242956_711516.jpg

パパは考えてるんだ。
どうすれば、わが子を守れるか。
どうすれば、わが子が被曝をせずにすむのか。
どうすれば わが子が苦難を乗り越えられるのか。

パパの能力には限界もあるし。
パパは今の生活で精一杯だし。
でもね
パパはここのところ、
ずーと考えてる。

思い切って、
新しく、生活やり直そうかと。
一からやり直そうかと。。
b0242956_6101163.jpg

(追加 2013.1.27)
25年前の今日、1988年1月25日、ここ四電本社前で
伊方原発出力調整運転反対のデモがあった。
同年10月30日には全国から300人(1000人とも聞いた)が集まり
の鎖を作り、パレードした。                参照3
当時の動画 四電本社前 ハンスト デモ     けっこうかなり激しいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月1日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやっています。

【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照1  時事ドットコム 2013.1.23
東電に除染費17億円請求=福島での11年度事業で-環境省
 東京電力福島第1原発事故を受け国が進める放射性物質の除染事業の費用のうち17億円を、環境省が東電に初めて請求したことが23日、分かった。請求したのは、2011年度に福島県内で実施した除染費用の一部。東電は既に全額を支払った。福島県などでの除染の費用は累計で1兆円を超える見込みで、環境省は今後、執行額が確定した分から順次、東電に支払いを求める方針だ。
 国は除染関連の費用をいったん肩代わりするが、放射性物質汚染対処特別措置法に基づき最終的には東電に賠償請求する。ただ、汚染廃棄物を保管する中間貯蔵施設の建設などで費用がさらに膨らめば、東電側の負担能力などから調整が難航する場面も出てきそうだ。
 環境省が請求したのは、国の除染特別地域(福島県内11市町村)内の役場など拠点施設を対象にした除染費用の一部。昨年11月下旬に請求し、同12月中旬に東電から振り込みがあった。(2013/01/23-17:18)

参照2 プロメテウスの罠 第4部 東電は述べた「放射性物質は無主物である」
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahi/asahishimbun/product/2012021700007.html
第1章 だれのものでもない

 放射能はだれのものか。この夏、それが裁判所で争われた。
 2011年8月、福島第一原発から約45キロ離れた二本松市の「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」が東京電力に、汚染の除去を求めて仮処分を東京地裁に申し立てた。
 ――事故のあと、ゴルフコースからは毎時2~3マイクロシーベルトの高い放射線量が検出されるようになり、営業に障害がでている。責任者の東電が除染をすべきである。
 対する東電は、こう主張した。
 ――原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。したがって東電は除染に責任をもたない。
 答弁書で東電は放射性物質を「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」としている。
 無主物とは、ただよう霧や、海で泳ぐ魚のように、だれのものでもない、という意味だ。つまり、東電としては、飛び散った放射性物質を所有しているとは考えていない。したがって検出された放射性物質は責任者がいない、と主張する。
 さらに答弁書は続ける。
 「所有権を観念し得るとしても、既にその放射性物質はゴルフ場の土地に附合(ふごう)しているはずである。つまり、債務者(東電)が放射性物質を所有しているわけではない」
 飛び散ってしまった放射性物質は、もう他人の土地にくっついたのだから、自分たちのものではない。そんな主張だ。
 決定は11年10月31日に下された。裁判所は東電に除染を求めたゴルフ場の訴えを退けた。
 ゴルフ場の代表取締役、山根勉(61)は、東電の「無主物」という言葉に腹がおさまらない。
 「そんな理屈が世間で通りますか。無責任きわまりない。従業員は全員、耳を疑いました」
 11年7月に開催予定だった「福島オープンゴルフ」の予選会もなくなってしまった。通常は年間3万人のお客でにぎわっているはずだった。地元の従業員17人全員も11年9月いっぱいで退職してもらった。
 「東北地方でも3本の指に入るコースといわれているんです。本当に悔しい。除染さえしてもらえれば、いつでも営業できるのに」
 東電は「個別の事案には回答できない」(広報部)と取材に応じていない。

参照3 チロリン村HP
1988年 http://www.niji.or.jp/chirorin/INDEX/kaisyagaiyou2.html

四国電力伊方原発出力調整実験反対「原発サラバ記念日!大パレード」の連絡場所になる。(当時、デモをパレードとはふざけるな!とお叱りを受けましたが15年後の現代2003年では常識になりましたね)

ちろりん村がオープンして4年目、とある日、九州大分から全国のお母さん達の願い(危険な原発の出力調整実験は止めて下さい)を込めた100万人の署名を車に積んで小原良子さんが突如平和なちろりん村へ怒濤のごとく押し寄せました。毎日早朝くるみの会(無農薬野菜の生産者グループ)へ野菜を取りに行き、行列のできているお店に並べ、夜遅くまで仕事だけをする日々でした。
彼女の「このお店はファックスが2台以上あるので連絡場所はここね!」の一言で連絡場所になったのです(笑)

日本全国から食や環境に危機感を抱いているお母さん達が大勢押し寄せてきました。
ニュースステーションも生中継に来ましたよ。


2013.1.29  加筆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
28回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月18日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19860524/
27回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月11日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19826944/
26回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月4日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19785492/
四電本社前再稼働反対抗議レポ 12月28日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19751083/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月21日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19707670/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月14日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19669742/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月7(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19632079/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月30日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19593823/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月23日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19551625/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月16日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19512759/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月9日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19468532/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月2日金高松http://lituum.exblog.jp/19423004/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ10月19日金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ9月14日(金高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日金高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月31日金)高松http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対抗議レポ8月17日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ8月10日(金)http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月3日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ7月27日(金)高http://lituum.exblog.jp/18735275/
2回目四電本社前再稼働反対抗議レポ7月20日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/18685624/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画】ドイツZDF フクシマのうそ Part2

  by setonokaze | 2013-01-26 07:52 | 四電本社前抗議

福島を想う From Kagawa 1  井戸川双葉町長が辞任 

福島を想う From Kagawa 1  井戸川双葉町長が辞任 

未曾有の原発事故が起きた。
そして、放射性物質が
双葉町を覆った。

町民約6900人が避難生活中だ。
戻れるめどはない。
30年後に戻れるかも定かでない。

井戸川町長はもともと原発推進派だった。
だが、3.11以来、
政府、東電の対応の矛盾を追求していた。
原発の不条理に気付いたからだ。

3月12日                         引用2
ボンという鈍い音を聞いている。            
1号機の爆発音だ。
それから、
圧力容器・格納容器を包んでいる
断熱材のグラスウールが舞いあがって、
それが降ってきたのですよ。
大きいのから、小さいのから。
空から降ってくるのですよ。
音はしない。
静かに降りてくるのですよ。 
「もう、これで終わりだな」と思いました。
「ここで、おれは終わりだな」と。    

1月23日 
井戸川町長は辞職した。
そして、双葉町のHPに町長メッセージを寄せた。      引用1
町長として町民へのメッセージだ。
どれだけの町民が、
このメッセージを理解出来るのだろうか。

繰り返し読んだが、
放射能被災した町長として、
心からの訴えだ。
今後、進むべき道を示唆している。
双葉町の歴史に刻まれるのは
間違いない。

町会議員も選挙で選ばれたのだから、町の民意だろう。
一方、町長も選挙で選ばれたのだから、これも町の民意だ。
町長と、町会議員で構成される町議会とは、イーブンの関係だと思う。
切磋琢磨すれば、優れた町政となるのだろうが、
8人しかいない町議会ではいかんともしがたい。
原発利害関係者がおいでなら、なおさらだろう。

この状況での
井戸川町長辞職は止む得ない状況だが、
有能な町長を失うのは
あまりに惜しまれる。

長い目で見られないのが、
この世の常かも。

政治に空白は許されない。
新たな町長を町民は選ぶ事になる。
双葉町の明日が少しでも明るいものになるかは、
本当は町民次第なのだ。




注)個人の感想です。
引用1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
福島県双葉町公式ホームページ臨時サイト【災害版】
http://www.town.futaba.fukushima.jp/message/20130123.html/

双葉町は永遠に 

 私たちは前例の無い避難という過酷な状況に置かれています。いつまでも海原を漂流するわけにはいきません。早く上陸地を国が準備して、再興できる日を求めてきました。しかし、時間が足りませんでした。
 放射能のないところで平和な、皆が集える町ができることを祈り町民の安寧を願って、私は本日、双葉町長の辞職申し出をしました。
 私の今までの取り組みから次のことを申し上げたいと存じます。

1 事故に負けない
 原発事故で負けるということは、今のまま、何もしないことである。
 双葉町民には負けてほしくない。勝ってそれぞれ生き抜いてもらいたい。今はそれぞれの地に離れて住もうとも、廃炉が完了して故郷から放射能の危険が去り、自然と共生出来るようになったら再結集しよう。
 我が子どもたちへ、この悔しさを忘れることなく、何としても生き抜いて何倍も幸せな双葉町を再建していただきたい。そのためにも負けないで学び、求められる人になれ。世界の雄になってもらいたい。
(1) 負けないということは以下のことを忘れないこと
①避難してくださいと国から頼まれたこと。
②東電と国は事故を絶対起こさないと言っていたこと。
③町と県と東電には安全協定があること。
④事故は我々が起こしたものではないこと。
⑤正式な謝罪と見舞いがないこと。(形のあるものではないこと)
⑥自分の権利は自分以外に行使できないこと。
⑦被ばくさせられたこと。
⑧放射能の片付けをさせられること。
⑨20msv/yで町へ帰ること。(一般公衆の限度は1msv/y以下)
(2) 勝つためには何をしなければならないか
①事故の原因者を確定すること。
②我々の受けた損害のメニュー作成すること。
③損害の積算をすること。
④回復の請求をすること。
⑤回復の限界と代替を請求すること。(仮の町、借りの町)
⑥立証責任の不存在を共有すること。
⑦気づくこと。
⑧水俣の住民の苦難を学ぶこと。
⑨広島・長崎の住民の方に聞くこと。
⑩避難先の皆さんの恩を忘れないこと。
⑪多くの町民が健全な遺伝子を保つこと。
⑫ウクライナの現実を確認して同じテツを踏まないこと。
(3) 町民の力を結集すること
①役割分担をすること。
 ・汚染調査 ・除染問題 ・賠償問題
 ・住居問題 ・職場問題 ・健康問題
 ・墓地問題 ・学校問題 ・中間貯蔵施設問題
 などの調査研究する組織をつくり町民の不利益を解消すること。
②事故調査委員会をつくること
 事故の報告書には避難を強制された住民の実態が語られていない。外部に任せていたらいい加減に処理されてしまうので、委員会を町独自に構成して正しい記録を残さなければならない。
2 主張する権利を行使する
①見守り隊の組織
②法律家の組織
③文書学事の組織
④ボランティア活動組織
⑤被ばく被害者団体の組織
などを組織して国民の主権と被害者の復権を勝ち取らなければならない。
3 この世には先人の教えがある
(1) 温故知新
 歴史から新しい発想が出てくる。自分が直面している問題について語られています。遠くは私たちの祖先である標葉藩が相馬に滅ぼされたこと、会津藩が長州に負けたこと。しかし、負けても滅びる事もなく私たちは生きてきました。先人達に感謝し、これからは私たちが町の存続を引き継ぎ後世に繋がなければなりません。今度の事故は前例がありません。今は子どもたちを放射能の影響によるDNAの損傷を避けて暮らし、幾多の困難に負けずに 双葉町の再興に向かって、生き延びましょう。
(2) 人生に五計あり
 中国、宋時代の朱新仲が教訓として伝えた人生の処世訓とされるものです。生計、身計、家計、老計、終計があり、生き抜く考えが記されています。
(3) 八正道と言う道
 昔、釈迦がインドで行われていた求道について、新しい道があることを説いたとされています。
正見  : 正しい物の見方
正思惟 : 正しい思考
正語  : 偽りのない言葉
正業  : 正しい行為
正命  : 正しい職業
正精進 : 正しい努力
正念  : 正しい集中力
正定  : 正しい精神統一

 今の私たちにはこのような精神にはなれません。この言葉は東電と国あるいはこの事故を被害者の人権を無視して矮小化しようとしている勢力に猛省を促す言葉として捉えてほしい。願わくば、双葉町の子どもたちに人生の教訓の一部として、心に刻んでほしい。

 この事故で学んだことは多い。我国でも人命軽視をするのだと言うことがわかった。国は避難指示と言う宣戦布告を私たちに出した。武器も、手段も、権限もない我々はどうして戦えるだろうか。

 白河市にアウシュヴィッツ博物館がある。ナチスがユダヤ人を毒ガスで虐殺したことは衆目の事実だ。福島県内では放射能という毒で県民のDNAを痛めつけている。後先が逆だ。この状態から一刻も早く避難をさせること以外に、健康の保証は無い。その後に十分時間をかけて除染をやれば良い。
 人工放射能に安全の基準を言う実績が少ない。20msv/yで住めると言う人が家族と一緒に住んで示すことが先だろう。その安全が確認出来たら福島県民は戻ればいい。これ以上モルモットにするのは、外国の暴君が国民にミサイルを撃つのと変わり無い。
 福島の復興なくして日本の再生はないとは、人口減少の今、将来の担い手を痛めつけていては、真に福島の復興には繋がらないと心配している県民は少なくないと思う。双葉町は原発を誘致して町に住めなくされた。原発関連の交付金で造った物はすべて町に置いてきました。

 原発の誘致は町だけで出来ない、県が大きく関わってはじめて可能となる。私たちは全国の人たちから、「お前たちが原発を誘致しておいて被害者面するな」という批判を受けている。私たちはどこにいても本当の居場所がない今、苦悩に負けそうになりながら必死に生きている。子どもたち、高齢者、家計を支えなければならないお父さん、お母さんたちの悲鳴を最初に菅総理に訴えた。変わらなかった。そのために私は野田総理に国民としての待遇を訴えたのです。しかし、今の町民の皆さんは限界を超えています。何とか国には町民の窮状を訴え、町民には叱られ役をやり、マスコミに出されるようにしてきました。

 県にも窮状を訴えています。最近も質問をしました。回答は具体的な内容ではなく失望しました。知事は福島の復興のために双葉町に中間貯蔵施設を造れと言うので、双葉町の復興はどうするのですか、と聞くと答えてくれません。そこで、踏み込んで私に町をくださいと言いましたがやはり答えませんでした。これでは話し合いになりません。

 環境省の局長にどうして双葉に二つの場所を決めたのですかと聞いたら、分かりませんと言いました。では会議録をみせてくださいと聞いたら、後日ありませんと言う返事でした。このようなことで、調査だけで建設はしないからと言われて、ハイいいですよとは言えません。
 町には古くから先人が築いてきた歴史や資産があります。歴史を理解していない人に中間貯蔵施設を造れとは言われたくありません。町民の皆さんが十分議論した後に方向を決めていただきたい。若い人に決めてもらうようにしてほしい。

 今まで支えていただきました町民の皆様、双葉地方各町村をはじめ福島県内各市町村の皆様、国及び福島県そして事故発生時から避難救済にご支援いただきました国民の皆様、国会議員の皆様、全国の自治体の皆様、埼玉県と埼玉県議会の皆様、県民の皆様、加須市と加須市議会の皆様、市民の皆様、さくら市の皆様、医療界の皆様、福祉関係の皆様、貴重な情報の提供された方、最後に国内並びに世界中からボランティアのご支援をいただきました皆様、この避難を契機にご支援いただきました多くの皆様に支えられて、ここまで来ることができました。心から感謝を申し上げまして、退任のご挨拶に代えさせていただきます。
 長い間誠にありがとうございました。
 
 平成25年1月23日
                    双葉町長 井戸川 克隆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引用2「双葉郡民を国民と思っているのですか」双葉町・井戸川町長に聞く
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

  by setonokaze | 2013-01-24 21:24

2013年1,2,3,4,5月の脱原発関係イベントのご案内 in高松 4/28更新

毎週金曜日 18:00〜20:00        

 四電本社前再稼働反対 抗議 
毎週金曜日 18:00〜20:00
 5月3日(金)四電本社前抗議  やります。雨天決行 とのこと。6時だヨ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやってます。

【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクでトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしてます。
42回目四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 4月26日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/20349380/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月19日(土)                      終了

=====================
「原発事故子ども・被災者支援法フォーラム」        
=====================
とき:1月19日(土)13:30〜16:30
ところ:高松市男女共同参画センター5階第8会議室

講師:尾谷恒治弁護士(SAFLAN:福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)」

内容:尾谷弁護士による支援法の解説
   語り合い(ワールドカフェ方式)

参加費:無料(当日、会場にお越しください)

託児あり:無料(1/17までにお申し込みください)

主催:NPO法人 福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
後援:SAFLAN(福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆緑の党の中四国会員 大集合!               終了
 参院選に向けての選挙学習会&交流会

日時 2013年1月27日(日)14:00〜17:00
場所:横田えつこ・鬼木のぞみ事務所
  住所:岡山市北区野田5-8-11
  TEL:086-244-7721
  
○講師:井奥雅樹さん(緑の党副運営委員長)
○参加者:緑の党会員・サポーター
  *参加可能な方は事前にご連絡ください。
○参加連絡・問合せ:坂田光永(緑の党運営委員)
  TEL:090-9115-3317
  メール:sakatakouei@livedoor.com
*ねらい
○緑の党の参院選に向けた準備状況・タイムテーブルを共有する
○参院選(比例)で何ができるか、何が有効かを確認する
○中四国各地の連携を深める



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月3日(日)13:00~               終了

「かがわ・手をつなごうプロジェクト」交流会のお知らせ。
原発事故により香川県に避難・移住された方々と支援者でつくる交流会。
避難・移住したことによる生活環境の違い、様々な疑問など話し会い生活のこと、子どもたちの未来を一緒に考えていきませんか。

ところ 高松市男女共同参画センター
高松市錦町1丁目20番11号 2F第2会議室

「かがわ・手をつなごうプロジェクト」
http://lovefukushima.ashita-sanuki.jp/
主催:NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
代表 伊藤 洋(yo.ito@nifty.com 090-2786-3342)
2/3レポ
第一回目 方針 県内に避難されている方に広く参加戴く方策,イベント企画の検討。
b0242956_544284.jpg

b0242956_5453983.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月11日(月)13:00~15:00           終了

講演会「今、福島は」
講師:福島聖書教会牧師 木田恵嗣氏
とき:2月11日(月)13:00~15:00
ところ:高松シオン教会
    高松市木太町2371-4
087-862-3585
主催:信教の自由と平和を守る会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月16日(土)から21日(木)まで              終了

香川の高松で市民放射能臨時測定所が開催。

日時  2月16日(土)から21日(木)まで
     10時〜17時 (16日は15時〜)
場所   高松市福岡町1丁目10-46(大捕柏用機工内) 競輪場の南

Nalシンチレーション型検出器をレンタルして
気になる食べ物を、
この機会に測定して自分の目で確かめて見ませんか?
と市民が立ち上がった。

測定は予約制。
下記ホームページの申込フォームから予約を。

主催:しこく市民放射能測定所設立準備会
予約・問合せ:http://shikoku-sokutei.jimdo.com/
shikoku.sokutei@gmail.com
携帯090-4083-4121(駒場)

しこく市民放射能測定所 ‏‪@shikokulabo 2013.1.27
はじめまして。 2月16日~21日まで6日間、高松市で市民測定所を開催します。
気になる食材、測りに来てね! 測定は完全予約制。
予約は下記サイトから。
‪http://shikoku-sokutei.jimdo.com/
質問はメールでね。
メール:shikoku.sokutei@gmail.com
b0242956_5394058.jpg

b0242956_5402447.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月17日(日)      (会場が松山です。)      終了

復興庁・環境省との対話集会 in 四国

と き  2月17日(日)14時〜17時
ところ  コムズ松山   4F

主催 子どもたちの未来を守る愛媛の会   090-3788-4467
共催 NPO 福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
協力 香川こどもといのちを守る会
b0242956_18393732.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月4日(月)                   終了

「六ヶ所村ラプソデイ」上映会

コープ自然派オリーブハウス

3月4日月 10:00〜12:30
オリーブハウス 円座町366-1
組合員200円 非組合員300円
託児 組合員200円 非組合員 300円
場集 20名
〆切り 2月22日(金)
抽選日 2月25日
組合員サービスセンター (0120-408-300) http://twitter.com/bakenya/status/305990792911151104/photo/1
注)〆切りと抽選日は過ぎています。お問い合わせしてみて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月9日 (土) 終了

3.9さようなら原発ウォーク

3.11から2年…福島の大惨事の反省もなく、
再び原発維持政策に戻ろうとする政府が、
次に際稼働を目指しているのは伊方原発だといわれています。

今、あきらめて黙ってしまったら、
子どもたちの未来を守ることはできません。
次の世代に原発のない未来を手渡すために、
ごいっしょに「さようなら原発」の声をあげましょう。

3月9日(土)12:45 琴電瓦町駅陸橋上集合
       13:00 出発(商店街をウォーク)
       13:45 四電本店前でアピール、要請書提出

プラカードや鳴り物をご自由にお持ちください。
       
主催:脱原発アクションin香川
問合せ先: kyoudoukoudou@gmail.com
090-8698-2114
b0242956_18335885.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月9日(土)10日(日)                     終了

311四国避難者交流会  

3月9日(土) 19:00〜 宿泊場所の志度おいでハウスで懇親会 

3月10日(日)13:00~17:00
ところ:かがわ総合リハビリテーションセンター(田村町1114番地)


参加費:無料
共催:NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
   NPO法人えひめ311 
   えんじょいんと香美
協力:香川こどもといのちを守る会
   髙松ボランティア協会
   福島県
お問い合わせ先:NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
        087-813-0715


「かがわ・手をつなごうプロジェクト」交流会のお知らせ。
原発事故により香川県に避難・移住された方々と支援者でつくる交流会。
避難・移住したことによる生活環境の違い、様々な疑問など話し会い生活のこと、子どもたちの未来を一緒に考えていきませんか。

「かがわ・手をつなごうプロジェクト」
http://lovefukushima.ashita-sanuki.jp/
NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
代表 伊藤 洋(yo.ito@nifty.com 090-2786-3342)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月10日(日)                   終了

震災復興さよなら原発in香川
明日につなげる大集会とアピールウオーク

場所 まなびCAN 3F

連絡先 087-816-5382(香川県労連内)
b0242956_21244467.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月11日(月)                        終了

3.11心をつなぐ
 -あれから2年、被災地の今と南海地震に備えて-

   ①保険から考えるリスクマネジメント~プロから学ぶ無料セミナー~
         地震・災害保険から備える防災・減災
         日本損害保険協会四国支部 副事務長 講演
         3月11日(月) 16:30~17:30 無料

   ②映画 鎌仲ひとみ監督作品『内部被ばくを生き抜く』を上映
 
        【上映時間】
  3月11日(月) ※上映料500円/1drink付
上映時間 80分
         ▶①10:00~11:20
         ▶②15:00~16:20
          ▶③18:30~19:50

13時から防災ノート活用講座もあります!

日時: 2013年3月11日(月) 10:00~20:00
場所  高松市男女共同参画センター 5階大会議室
    高松市錦町一丁目20番地11号

詳しくはWebで! http://t.co/g0Ln5tXmn2
@teamkagawa311
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月17日(日)〜19日(火)            終了

原発ゼロ フェアな社会へ
みどりの党なう@香川

3月17日(日)〜19日(火) 11:00~18:00
脱原発ポスター展 「クリエーターが描いた脱原発メッセージ」

3月18日(月)
18:30〜21:00 ナビ 長谷川 羽衣子 (Grees Japan,みどりの党共同代表)
「シェーナウの想い…自然エネルギー社会を子どもたちに」 
上映とトーク&トーク


3月19日(火) ナビ 長谷川 羽衣子 (Grees Japan,みどりの党共同代表)
11;00〜13:00  オーガニック・カフェ
18:30〜21:00  緑の党はドイツをこう変えた。

会場 北浜Alley ギャラリーマルアール
   

主催 みどり・香川

上映会とカフェは先着20名
参加費無料(カンパのご協力をお願いします)

問い合わせ  midori.kagawa@navy.plala.or.jp
090-1004-8529 (渡辺)

b0242956_2235810.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月21日(木)~27日(水)                終了
       
2回目 香川の高松で市民放射能臨時測定所が開催。

日時   3月21日(木)~3/27(水)までの7日間です。
     10時〜17時 
場所   高松市福岡町1丁目10-46(大捕柏用機工内) 競輪場の南

Nalシンチレーション型検出器をレンタルして
気になる食べ物を、
この機会に測定して自分の目で確かめて見ませんか?
と市民が立ち上がった。

詳細は下記の通りです。

測定は完全予約制。
下記ホームページの申込フォームから予約を。
料金:不明 前回は2000円~(測定時間によって変動します)
【測定時間】【測定料金】【検出限界値】
30分(1検体) 2000円各 5Bq/kg
30分(2検体セット) 4000円(セット特典として次回使用できる
500円のクーポンを差し上げます)各 5Bq/kg
1時間(1検体) 3000円各 3.5Bq/kg

測定時間:30分~
検出限界値 ヨウ素131
セシウム134
      セシウム137 いずれも5Bq/kg
使用測定器:Nalシンチレーション型検出器
      (ATOMTEX AT1320A)
必要検体量:1リットル 
      (2㎝ほどに細かく切ってお持ちください)

予約・問合せ
しこく市民放射能測定所
高松市福岡町1丁目10-46
   Webサイト:http://shikoku-sokutei.jimdo.com/
   E-mail : shikoku.sokutei@gmail.com
   Twitter : @shikokulabo

前回レポ 2/17 http://lituum.exblog.jp/20004895/ 瀬戸の風
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月23日 (土)                    終了

上映会「おだやかな日常」

日時 3月23日(土)から
場所 ソレイユ 高松
詳細 未定

@waentertain「おだやかな日常」3月23日から高松のホールソレイユでの公開が決まりました。宜しくお願いいたします。
1月22日 

これが私たちの毎日
3.11東日本大震災による原発事故ーー
傷ついた女性たち、
そして子どもたちへおくる、
いのちの鼓動。
内田伸輝監督作品

おだやかな日常 公式サイト http://www.odayakafilm.com/
おだやかな日常 予告編


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月24日(日)〜4月4日(木)              終了

福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト 春企画

3月24日~28日(5泊) 小豆島ヘルシーランド保養研修所
3月29日~4月4日(6泊)高松市近郊の5軒の「おいでハウス」に分宿。

活動内容:お花見、浜遊び、スポーツ、移住相談など。
ボランティアとともに自炊を基本とし、後半の6泊は「おいでハウス」に分宿します。子どもだけの参加者の滞在する一番大きな「志度ハウス」にはボランティアが常駐しますが、保護者同伴の場合は、生活必需品のそろった他の4軒の「おいでハウス」に滞在して自由に活動していただきます(ボランティアが必要に応じてサポートします。これら4軒の「おいでハウス」に滞在中の食材費は各自ご負担願います)。みんなが参加できるイベントも企画します。 

送迎バスを仕立てて40人を迎える春休みの保養プログラムを実施する予定。


福島の子どもたち香川へおいでプロジェクトHP http://fukushimanokodomo.ashita-sanuki.jp/
問合せ先:NPO法人 福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト
     代表 伊藤 洋(yo.ito@nifty.com 090-2786-3342)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月14日 (日)            終了

オーガニックフェスタ四国
さぬき100%オーガニックマルシェ2周年記念スペシャル企画

日時 4月14日(日) 9:00〜16:30
場所 丸亀市綾歌総合会館アイレックス

四国最大級のオーガニックマルシェとして、88店舗の出店になります。
美味しい、楽しい、Happyな一日をお楽しみいただけますよ。

講演会 大ホール  講演会のみ前売り1500円当日2000円
大人から子どもに伝えておきたいこと〈未来の食と環境〉

出演 小出裕章・田中優・岩上安身
   ・曳地義治&トシ・亀山ののこ・フライングダッチマン
出入り自由!丸一日、豪華ゲスト講演会&オールスターパネルディスカッション
b0242956_1235248.gif

レポ 瀬戸の風
オーガニックフェスタ四国 2013 レポ フライングダッチマン ライブ・講演会編
http://lituum.exblog.jp/20292241
オーガニックフェスタ四国 2013 レポ マルシェ編 http://lituum.exblog.jp/20288068/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月17日(水) 10時〜             終了

【第4回お話し会】香川こどもといのちを守る会

場所 男女参画センター
  (高松市錦町1丁目20−11)


 お弁当の注文を受けつけています
 OK弁当(ほぼ香川産)の注文もまだ間に合いますよ♪
  食材ほぼ香川県産『禾』のマクロビ弁当、1個500円です
 OK弁当(事務局基準)食べながら、ゆっくりお話ししませんか?

・ ご注文、お問い合わせ → kagawa.save@gmail.com
・ 香川こどもといのちを守る会
https://twitter.com/kagawa_save

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月20日(土)             終了

緑の党
・ 「第4の革命〜エネルギー・デモクラシー」試写会と
・ 「緑の党Greens Japan」参院選へGo!「みどり・香川」作戦会議
・  4月20日(土)13:30〜16:00
・ アイパル香川(香川国際交流会館)3階第2会議室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月21日(日)          終了

福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト の活動報告パネル展示
坂出塩祭り 瀬戸大橋記念公園 

(このプロジェクトは脱原発とは直接関係ありません)
「福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト」さかいで塩まつり2013 に参加 レポ
http://lituum.exblog.jp/20330770/ 瀬戸の風
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月28日(日)                 終了

第33回サンサン祭り                  ( 脱原発ではありません。)
4月28日(日)9:30〜16:00
サンポート高松展示場
福島の子どもたち香川へおいでプロジェクトの活動報告パネル展示。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月10日(金)~14日(火)               
       
3回目 香川の高松で市民放射能臨時測定所が開催。

日時   5月10日(金)~5/14(火)までの5日間です。
     10時〜17時 
     5月12日は、ちろりん村で出張測定やります。
     天気が良ければ、ソーラーパネルの電気で測定器を動かす予定。
     ちなみにこの日、ちろりん村では太陽光発電のワークショップあり。

場所   高松市福岡町1丁目10-46(大捕柏用機工内) 競輪場の南

Nalシンチレーション型検出器をレンタルして
気になる食べ物を、
この機会に測定して自分の目で確かめて見ませんか?
と市民が立ち上がった。

詳細は下記の通りです。(前回)

測定は完全予約制。
下記ホームページの申込フォームから予約を。
料金:不明 前回は2000円~(測定時間によって変動します)
【測定時間】【測定料金】【検出限界値】
30分(1検体) 2000円各 5Bq/kg
30分(2検体セット) 4000円(セット特典として次回使用できる
500円のクーポンを差し上げます)各 5Bq/kg
1時間(1検体) 3000円各 3.5Bq/kg

測定時間:30分~
検出限界値 ヨウ素131
セシウム134
      セシウム137 いずれも5Bq/kg
使用測定器:Nalシンチレーション型検出器
      (ATOMTEX AT1320A)
必要検体量:1リットル 
      (2㎝ほどに細かく切ってお持ちください)

予約・問合せ
しこく市民放射能測定所
高松市福岡町1丁目10-46
   Webサイト:http://shikoku-sokutei.jimdo.com/
   E-mail : shikoku.sokutei@gmail.com
   Twitter : @shikokulabo

前回レポ 
3/21,23 http://lituum.exblog.jp/20185438/
2/17 http://lituum.exblog.jp/20004895/ 瀬戸の風
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月11日(土)

  鎌仲ひとみ監督の「六ヶ所村ラブソディー」 上映会

5月11日(土)①13:00~②15:30~の2回上映。
会場:     eーとぴあ・かがわBBスクエア
        高松市サンポート2-1シンボルタワー棟4,5F 087-822-0111
料金      1000円(高校生以下無料)

主催      BPW香川クラブ・自由席 
協力      映画の楽校
お問い合わせ  湯浅090-3181-4519 FAX087-889-5015
     MAIL 1234 yuasa@m9.dion.ne.jp

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ http://ameblo.jp/rokkasho/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月12日(日)

チロリン村 
ソーラー発電ワークショップでは「しこく放射能市民測定所」も同時開催!
ソーラパネルとバッテリーを乗せた車に測定器が搭載されてます。測定器、パソコン、プリンタは太陽光発電で賄えるよ”

とき:2013年5月12日(日)
ところ:ちろりん村ガレージ前

10時~12時 ソーラー発電キットワークショップ
       講師:大塚尚幹さん ※要事前予約(見学は自由!)

13時~14時 大塚尚幹さん講演会
      「3.11」その時の体験。福島からの移住の話。そして、これからのエネルギーの話。

11時~13時/14時~15時
◯マクロビ総菜・お弁当の販売
「五名の畑」さん
「ナガオハウス」さん

10時~15時
◯しこく市民放射能測定所 同時開催!
気になる食材を測定しましょう!
費用:2000円~(要予約)
詳しくは
http://shikoku-sokutei.jimdo.com/

10時~19時
◯ちろりん村は感謝セール開催!!
番茶や調味料各種、お菓子類などを感謝セール価格にて。
最大25%引きの目玉特価もあるかも。売切れ御免です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

注)必ずしも、脱原発イベントでないものも掲載あり。


2013年5、6月の脱原発関係イベントのご案内 in高松
http://lituum.exblog.jp/20365556/ につづく。

  by setonokaze | 2013-01-23 19:46 | 脱原発イベント案内 香川

訳の分からない放射能除染  ニューヨークタイムズ

訳の分からない放射能除染  

今日ご紹介するのは、
ツイから見つけた、
1年前のニューヨークタイムズの記事。
だが、今の除染の事情をよく予見したレポだ。

この国では、
お上も、マスコミも
原発再稼働の障害となる事の報道には背を向ける。
一刻も早く原発を元のように稼働させる為に、
必死だ。

世論誘導にも、
力を入れている。
首相官邸前抗議が、野田総理に面会したとたん、
腰砕けとなった。
原発推進派の思うツボだ。
ドジな事をしたものだと思う。

本当の事を知れば、結論は
違ったものになるのだろう。
真理の追究をやめるのは、
思考の停止だ。

お上、東電のロボットにはなりたくないものだ。






注)個人の感想です。
引用1 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
            
A Confused Nuclear Cleanup   The New York Times 2012.2.11
By HIROKO TABUCHI Published: February 10, 2012
b0242956_22384932.jpg

IITATE、日本 - 防護服および人工呼吸器マスク中の500人の労働者がこの破壊された福島第一原子炉から20マイルの村を浄化するために扇状に展開するとともに、それらの混乱は明白でした。
b0242956_22401638.jpg

b0242956_22404786.jpg


「5センチメートルあるいはここに深い10センチメートルを掘りますか。」
サイト・スーパーバイザは取り除かれる放射性の表土のパッチを指摘して、彼の同僚に尋ねました。
その後、彼はコミュニティーセンターの方へ村広場を横切って身振りをしました。
「だからといってありに行くわけではないことは倒壊されますか。
それを浄化しましょうか。」
作業班の無計画のアプローチですくめられて、放棄された近くの学校でウィンドウをすっかり拭く日雇い労働者。
「私たちはみなアマチュアです」と彼が言いました。
「誰も、放射線をきれいにする方法を実際に知りません。」
誰も実際にやり方を知ってはなりません。
しかし、それは日本政府に大部分が放射性降下物に露出した8,000平方マイルの地域-ニュージャージーほとんどほど大きなエリア-よりもっと修復するのが目的の契約で最初の130億ドルを渡し始めることを思いとどまらせていません。
主なゴールは、Iitateの6,500人の村民を含む先の3月の核災害のサイトに最も近い80,000人以上の難民の多くのリターンを可能にすることです。
しかしながら、それは全く明らかではありません、証明されていない精製法は有効になります。

汚染除去プログラムの批評家にもっとその上妨害することは、3社の巨大な建設会社-誰か他の人より放射線掃除にこれ以上の専門知識を持っていないが、日本の原子力の前の抱擁から多いに利益を得た企業-に政府が最初の契約を与えたという事実です。
原子力資料情報室(監視団体)からのデータによって日本の54の原子力発電所(突発故障を引き起こした津波に耐えないかもしれない福島第一で原子炉建屋および他のプラントを含んでいて)のうちの45を構築するのを支援したのはこれらの同じ3つの会社でした。
それらの1つ(大成株式会社)は、今の労働者を防護服中のIitateのまわりで歩かせたコンソーシアムをリードします。
それらの中で大成および他の2つの大手会社(大林と鹿島)主導のConsortiumsは、合計約9300万ドルになって、政府の最初の12のパイロット汚染除去プロジェクトの契約を受け取りました。
「それは詐欺です」とキヨシ桜井、核工業の批評家および元研究者が日本原子力研究開発機構(それは汚染除去のこの過程を監視している)に先駆者で言いました。
「汚染除去は大企業になっています。」
掃除契約、桜井氏および他の批評家は戦います、長い間核工業と政府の間に存在したと彼らが言う快適すぎる結束を象徴します。
「日本の核工業はそうです「もっと失敗するほど、あなたはより多くのお金を受け取ります」と桜井氏が言ったように実行されました。
日本原子力研究開発機構は、大手建設会社が将来の仕事(それは環境省によって外部に発注されるだろう)の大部分を必ずしも受け取らないだろうと言いました。
しかしながら、会社関係者は、彼らが事業主体として役立ち続けるのを予期したことを示しました。
「私たちは、働くとともに専門知識を構築しています」とFumiyasu平井(大成のスポークスマン)は言いました。
「それは試行錯誤のプロセスです。しかし、私たちは仕事のためによく装備されます。」
鹿島と大林は、彼らがプロジェクトに関して進行中コメントすることができなかったと言いました。
環境省職員(Katsumasa Seimaru)は、必要な人材を集めて、ハイウェーと山脈の浄化のような大計画を監視し、適切に清掃作業員の間の放射線被曝を保護し、モニターするために、大手建設会社が最も装備をされたと言いました。

「あなたは促進したか、前もって核、掃除に対して支援するためにあなたができるものほど重要でない。」Seimaru氏は言いました。
他の建設会社はアクションに加わろうと先を争っています。
1月後半に、前田株式会社(もう一人のゼネコン)は掃除契約を勝ち取りました(環境省によって与えられたこのもの)。
前田は大成を含む他の競売人から苦情を引き出した戸口の中で足を得る、半分未満の期待原価のための仕事(明白な目玉商品演習)を引き受けようと競り合いました。

(Page 2 of 2)
今月の初めに、ちょうど避難指示区域(Minamisoma)の外側の都市は、さらに、全国ゼネコンの率いるグループにそれが400億円(5億2500万ドル)の価値の汚染除去プロジェクトを割り付けるだろうと言いました。
論争が何でも、日本が重大なタスクを試みていることに疑問はありません。
その努力は、ウクライナで1986年のチェルノブイリ災害に続いた部分的な掃除を越えるのが目的です、それは半径(プラントのまわりの)19マイルを残した、それは1 25年さえ後に大部分は立ち入り禁止のままです。

しかし、精製法が何が日本に有効であることを証明するかもしれないか上に、小さな一致があります。
放射性粒子は、風と雨によって容易に運ばれ掃除乗組員が通り過ぎた後さえ町と都市を再汚染することができた、とエキスパートが言います。
「エキスパートは、まだ汚染除去に存在しません。また、状態が大手建設会社に大金を払うべき理由はありません」とヨーイチ・タオ(Iitate村民が除染法を独力でテストするのを助けている工学院大学の物理学の客員教授)が言いました。
さらに、彼は、エネルギー機関の汚染除去プロジェクトの有効性をモニターしています。
大手会社は主契約をこれまで勝ち取りましたが、実際の掃除(本質的に除くと採掘地ことの単純であるが退屈なタスク)は、多数の下請け人および孫請け業者によって実行されています。この人は最も汚い汚染除去仕事をするために訓練されていない臨時雇いに次には依存します。
この層をなした構造、どの料金が吸い上げられるかに、また、賃金は梯子を下って各ステップを次第に減らします、よく知られているパターンの日本の核および建設業に続きます。
Iitateプロジェクトにおいては、ほとんどの労働者が来ます、から、他のところに。
自称アマチュア、学校ウィンドウをすっかり拭くこと、自分を柴田であるとのみ確認するだろう、言った、彼は貿易による自動車製造労働者だった、約160マイル遠方に駐在した、千葉の東京の真東。
彼は、「相当な払っていたニュースに飛び付いたと言いました、仕事、しかしそれほど危険でない」福島で。
柴田氏は、1日当たり2つの4時間のシフトを動かしておりローカルの温泉場の中で上げられていた、と言いました。
彼および他の労働者はそれらの賃金について議論することを断わりましたが、ローカル・ニュース・メディアは汚染除去仕事のための支払いが約25,000円、あるいは1日当たり約325ドルに達する場合があると報告しました。
ペーパータオルでウィンドウを拭いたとともに、彼は話しました。
「1枚のタオル当たり1つの強打、あるいは放射性粒子はまわりにちょうど広げられます」と彼が言いました。
「だからといって、いずれにしても放射線を見ることができるわけではありません。」
確かに。
地方自治体によって試みられたIitateコミュニティーセンターでの同様の掃除プロジェクトは、昨秋放射線を安全量にすることができませんでした。

大成主導の試験計画および他の契約者は既に障害にぶつかりました。
政府は、例えば、汚染された庭およびフィールドからこすり落とされた大量の土を格納するコミュニティーの抵抗を予想しませんでした。
何人かの批評家は、その間に、地域産業を作成している間、現地会社と政府が非常により少ないお金のための掃除仕事を行なうことができたと主張しました。
何人かのIitate村民は、自分の手へ問題をとるために大学エキスパートの支援を徴募しました。
Iitateのランドエリアの四分の三をカバーする、樹木に覆われた山に汚染除去が取りかかるに違いないことを実験が示唆すると彼らは言います。
「それらが私たちの家をきれいにしても、放射線は再び山脈から下降して掃き、すべてを再汚染するでしょう」とMuneo Kanno(60歳の農民)が言いました。
Iitateの他の多くの居住者のように、彼は災害(放射性プルームがIitateに達したことに気づかない)の後に1か月間以上村にとどまりました。
Kanno氏は5月に村から逃げましたが、異なる除染法を試みるために週末に戻ります。
最近、彼は、タオ氏(訪問中の物理学者)を死んでいる葉を、放射能レベルを縮小する地面から取り除く有効性をテストする、近くの山へ連れて行きました。
それらの仕事のための公的融資はありません。それは寄付金および村民自身のボランティア活動に支援されます。
最近の朝に約1ダース、ボランティア、いくらか、70と同じくらい古い、規則的な衣服および外科用マスクだけを着用していて、布袋へ葉をかき集めようと雪の山腹を上へ先を争いました。
「私たちはここで土地を建設会社よりはるかによく知っています」とKanno氏が言いました。

 
(excite自動翻訳です。不明の所は英文を参照下さい。)

原文 http://www.nytimes.com/2012/02/11/business/global/after-fukushima-disaster-a-confused-effort-at-cleanup.html?pagewanted=2&_r=4&src=recg


A Confused Nuclear Cleanup   The New York Times 2012.2.11
By HIROKO TABUCHI Published: February 10, 2012


IITATE, Japan — As 500 workers in hazmat suits and respirator masks fanned out to decontaminate this village 20 miles from the ravaged Fukushima Daiichi nuclear reactors, their confusion was apparent.

“Dig five centimeters or 10 centimeters deep here?” a site supervisor asked his colleagues, pointing to a patch of radioactive topsoil to be removed. He then gestured across the village square toward the community center. “Isn’t that going to be demolished? Shall we decontaminate it or not?”
A day laborer wiping down windows at an abandoned school nearby shrugged at the work crew’s haphazard approach. “We are all amateurs,” he said. “Nobody really knows how to clean up radiation.”
Nobody may really know how. But that has not deterred the Japanese government from starting to hand out an initial $13 billion in contracts meant to rehabilitate the more than 8,000-square-mile region most exposed to radioactive fallout — an area nearly as big as New Jersey. The main goal is to enable the return of many of the 80,000 or more displaced people nearest the site of last March’s nuclear disaster, including the 6,500 villagers of Iitate.

It is far from clear, though, that the unproved cleanup methods will be effective.

Even more disturbing to critics of the decontamination program is the fact that the government awarded the first contracts to three giant construction companies — corporations that have no more expertise in radiation cleanup than anyone else does, but that profited hugely from Japan’s previous embrace of nuclear power.
It was these same three companies that helped build 45 of Japan’s 54 nuclear plants — including the reactor buildings and other plants at Fukushima Daiichi that could not withstand the tsunami that caused a catastrophic failure — according to data from Citizens’ Nuclear Information Center, a watchdog group.
One of them, the Taisei Corporation, leads the consortium that sent out the workers now tramping around Iitate in hazmat suits. Consortiums led by Taisei and the other two big companies — Obayashi and Kajima — among them received contracts for the government’s first 12 pilot decontamination projects, totaling about $93 million.
“It’s a scam,” said Kiyoshi Sakurai, a critic of the nuclear industry and a former researcher at a forerunner to the Japan Atomic Energy Agency, which is overseeing this phase of decontamination. “Decontamination is becoming big business.”
The cleanup contracts, Mr. Sakurai and other critics contend, are emblematic of the too-cozy ties they say have long existed between the nuclear industry and government.
“The Japanese nuclear industry is run so that the more you fail, the more money you receive,” Mr. Sakurai said.
The Japan Atomic Energy Agency said the construction giants would not necessarily receive the bulk of the future work, which will be contracted out by the Environment Ministry. Company officials, however, have indicated they expected to continue serving as primary contractors.
“We are building expertise as we work,” said Fumiyasu Hirai, a Taisei spokesman. “It is a process of trial and error, but we are well-equipped for the job.”
Kajima and Obayashi said they could not comment on the projects under way.
An Environment Ministry official, Katsumasa Seimaru, said that big construction companies were best equipped to gather the necessary manpower, oversee large-scale projects like decontaminating highways and mountains, and properly protect and monitor radiation exposure among the cleanup workers.

“Whether you promoted nuclear or not beforehand isn’t as important as what you can do to help with the cleanup,” Mr. Seimaru said.
Other construction companies are scrambling to get in on the action. In late January, the Maeda Corporation, another general contractor, won a cleanup contract, this one awarded by the Environment Ministry. Maeda bid to take the job for less than half the expected costs, an apparent loss-leader maneuver to get a foot in the door that has drawn complaints from other bidders, including Taisei.

(Page 2 of 2)

Early this month, a city just outside the exclusion zone, Minamisoma, said that it would also allocate 40 billion yen ($525 million) worth of decontamination projects to groups led by national general contractors. Whatever the controversy, there is no question Japan is undertaking a crucial task. The endeavor is meant to go far beyond the partial cleanup that followed the 1986 Chernobyl disaster in Ukraine, which left a 19-mile radius around the plant that, even a quarter-century later, remains largely off limits.

But there is little consensus on what cleanup methods might prove effective in Japan. Radioactive particles are easily carried by wind and rain, and could recontaminate towns and cities even after a cleanup crew has passed through, experts say.
“No experts yet exist in decontamination, and there is no reason why the state should pay big money to big construction companies,” said Yoichi Tao, a visiting professor in physics at Kogakuin University who is helping Iitate villagers test decontamination methods on their own. He is also monitoring the effectiveness of the energy agency’s decontamination projects.
Though big companies have won the main contracts so far, the actual cleanup — essentially a simple but tedious task of scrubbing and digging — is being carried out by numerous subcontractors and sub-subcontractors, who in turn rely on untrained casual laborers to do the dirtiest decontamination work.
This tiered structure, in which fees are siphoned off and wages dwindle each step down the ladder, follows the familiar pattern of Japan’s nuclear and construction industries.
On the Iitate project, most of the workers come from elsewhere. The self-described amateur wiping down the school windows, who would identify himself only as Shibata, said he was an autoworker by trade who resided about 160 miles away, just east of Tokyo in Chiba. He said he had jumped at news that there was “decent-paying work but not so dangerous” in Fukushima.
Mr. Shibata said he was working two four-hour shifts a day and was being put up in a local spa resort. Although he and other workers declined to discuss their wages, local news media have reported that the pay for decontamination work can reach about 25,000 yen, or around $325 a day.
He spoke as he wiped a window with a paper towel. “One swipe per towel, or the radioactive particles just get spread around,” he said. “Not that you can see the radiation at all.”
Indeed. A similar cleanup project at the Iitate community center last fall, undertaken by the local government, was unable to reduce the radiation to safe levels. 
The pilot projects led by Taisei and the other contractors have already hit snags. The government, for example, failed to anticipate communities’ reluctance to store tons of soil scraped from contaminated yards and fields.
Some critics, meanwhile, have argued that local companies and governments could perform the cleanup work for much less money, while creating local jobs.
Some Iitate villagers have enlisted the help of university experts to take matters into their own hands. Their experiments, they say, suggest that decontamination must start on the forested mountains that cover three-quarters of Iitate’s land area.
“Even if they clean up our homes, the radiation will sweep down from the mountains again and recontaminate everything,” said Muneo Kanno, a 60-year-old farmer. Like many other residents of Iitate, he stayed in the village for more than a month after the disaster, unaware that the radioactive plumes had reached Iitate.
Mr. Kanno fled the village in May but returns on weekends to try different decontamination methods. Recently he took Mr. Tao, the visiting physicist, to a nearby mountain to test the effectiveness of removing dead leaves from the ground to reduce radiation levels.
There is no public financing for their work, which is supported by donations and the volunteer efforts of the villagers themselves. On a recent morning, about a dozen volunteers, some as old as 70, scrambled up a snowy mountainside to rake leaves into cloth sacks, wearing only regular clothes and surgical masks.
“We know the land here far better than the construction companies do,” Mr. Kanno said. “We are afraid that the money is just disappearing into thin air.”

Yasuko Kamiizumi contributed research.


引用2  EX-SKF-JP
http://ex-skf-jp.blogspot.jp/2012/02/blog-post_9660.html
このブログに記事の掲載あり。

  by setonokaze | 2013-01-20 22:54 | 除染

28回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月18日(金)高松

今宵の抗議 28回目です。

日が
ずいぶん長くなり始めています。
17時では十分明るくなりました。
が、18時は相変わらず真っ暗です。
風は予想より少ないのが救いです。
まだまだ寒いです。

沖縄には
原発がない。
だが、沖縄電力はやっていけている。
規模が小さいと言うが、
内容は悪くない 
株価は四電の2倍以上ある。  。            参照1

電気代も
特に高いわけでもない。              参照2
原発なしでも、四電に比しても、
2倍にはなっていない。
原発なければ
電気代が2倍になると言うのは、
沖縄電力の料金表を見る限り
ありえない。

何故だろう?
何故、沖縄の様に原発なし
で四電はやれないのだろう?
四電の社長に問うてみたい。



今宵も、めげずに再稼働反対!
b0242956_0484698.jpg

NO NUKES ワッペン 手袋に貼付けました。目立つでしょ。手袋に縫い付けようかな だって。。
b0242956_049788.jpg

原発 NO! 怒っています。マーク君が。
b0242956_0492751.jpg

マイクで抗議です。言わせてもらいます。
b0242956_0495084.jpg

1月14日で伊方原発が停止してから、1年になりました。伊方原発サラバ記念日なのです。サラダ記念日をもじりました。
b0242956_0502370.jpg

大飯をとめろ 活断層があるのにね。活断層と言うと法にふれるから、活断層とは決して言わない。今、原子力ムラは必死の抵抗です。
b0242956_0513634.jpg

猫談義です。やめよう 原発 そうだよ、止めなきゃ ニャン、ニャーゴ。
b0242956_052230.jpg

伊方原発の写真です、3基とも近いよね。近すぎるよね。
猫談義の続き 再稼働反対!伊方は廃炉だニャン。こわいぞ放射能!ニャンニャン。やばいぞ原発!
猫の本能で分かるんだニャン。
b0242956_0531170.jpg

なあ あかんのとちゃう。ニャーゴロ。  そやな あかんやろな。ゴロゴロ。ニャーン。
左のカードもよく出ています。命ぐらいはたいせつにね!東京暴力 ロゴも NO NUKES.
ロゴの下に小さく TERROR だって。マスクしているのはチューバ君だったかな?
b0242956_054276.jpg

ピカチュウ。怒りで真っ赤になります。
b0242956_1361065.jpg

でんでん太鼓で間の手を入れます。デンデン。ドコドコ。デンドコ。
b0242956_2514720.jpg

No!! Nukes!! 若い方が抗議します。
b0242956_0583980.jpg

只今、19:09 iphonスピーカユニットをタンバリンの上に。音が響きます。
今宵も、We shall over come...We shall over come some day. 何度聞いてもいいね。
b0242956_0591537.jpg

美味しいと徳島で仕入れたロールパン。美味しいよ。Oさんのおにぎりも、美味しく戴きました。
b0242956_0594511.jpg


マイクリレーの動画


今宵は、UPでご紹介。マスコットの「どろ」と「こち」 「たりないのは愛だろー バカヤロー」
「どろ」は薔薇のボンボリ。「こち」は紫陽花の胸飾り。NO NUKES のハチマキです。凛々しいね。
b0242956_103462.jpg

左のチアキャッツ 「原発いらにゃ〜い」「うさぎ追いしかの山〜こぶなつりしかの川〜」「子供の未来」No Nukes マークの鈴を首にかけています。手には薔薇のボンボンです。
b0242956_105157.jpg

右のチアキャッツ 「YOU LIE WE DIE」「福島をかえせ〜」「伊方をとめて〜!!」
b0242956_115386.jpg

福島を想う Frome Kagawa 四電本社前抗議のテーマだね。No Nukes ワッペンで囲まれました。
福島をなんとかしなければ。作者さんのお庭に咲いた水仙、冬咲きの薔薇。ピラカンサの実?
ここ、高松から福島を想う。大切な事。
b0242956_124633.jpg

1月25日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやっています。

【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。

参照1
沖縄電力株価  2,997円 2013.1.18 15:00
四国電力株価  1,314円 2013.1.18 15:00
参照2
沖縄電力電気料金 従量電灯  
最低料金383.69円 10-120kwhまで 21.86円
        120-300kwhまで 27.15円
四国電力電気料金 従量電灯A
最低料金383.25円 11-120kwhまで 18.59円
        120-300kwhまで 24.45円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
27回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月11日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19826944/
26回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月4日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19785492/
25回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月28日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19751083/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月21日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19707670/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月14日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19669742/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月7(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19632079/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月30日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19593823/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月23日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19551625/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月16日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19512759/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月9日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19468532/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月2日金高松http://lituum.exblog.jp/19423004/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ10月19日金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ9月14日(金高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日金高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月31日金)高松http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対抗議レポ8月17日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ8月10日(金)http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月3日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ7月27日(金)高http://lituum.exblog.jp/18735275/
2回目四電本社前再稼働反対抗議レポ7月20日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18685624/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画】ドイツZDF フクシマのうそ Part2

  by setonokaze | 2013-01-19 04:12 | 四電本社前抗議

28回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月18日(金)高松

今宵の抗議 28回目です。

日が
ずいぶん長くなり始めています。
17時では十分明るくなりました。
が、18時は相変わらず真っ暗です。
風は予想より少ないのが救いです。
まだまだ寒いです。

沖縄には
原発がない。
だが、沖縄電力はやっていけている。
規模が小さいと言うが、
内容は悪くない 
株価は四電の2倍以上ある。  。            参照1

電気代も
特に高わけでもない。              参照2
原発なしでも、四電に比しても、
2倍にはなっていない。
原発なければ
電気代が2倍になると言うのは、
沖縄電力の料金表を見る限り
ありえない。

何故だろう?
何故、沖縄の様に原発なし
で四電はやれないのだろう?
四電の社長に問うてみたい。



今宵も、めげずに再稼働反対!
b0242956_0484698.jpg

NO NUKES ワッペン 手袋に貼付けました。目立つでしょ。手袋に縫い付けようかな だって。。
b0242956_049788.jpg

原発 NO! 怒っています。マーク君が。
b0242956_0492751.jpg

マイクで抗議です。言わせてもらいます。
b0242956_0495084.jpg

1月14日で伊方原発が停止してから、1年になりました。サラバ記念日なのです。サラダ記念日をもじりました。
b0242956_0502370.jpg

大飯をとめろ 活断層があるのにね。活断層と言うと法にふれるから、断層とは決して言わない。今、原子力ムラは必死の抵抗です。
b0242956_0513634.jpg

猫談義です。やめよう 原発 そうだよ、止めなきゃ ニャン、ニャーゴ。
b0242956_052230.jpg

伊方原発の写真です、3基とも近いよね。近すぎるよね。
猫談義の続き 再稼働反対!伊方は廃炉だニャン。こわいぞ放射能!ニャンニャン。やばいぞ原発!
猫の本能で分かるんだニャン。
b0242956_0531170.jpg

なあ あかんのとちゃう。ニャーゴロ。  そやな あかんやろな。ゴロゴロ。ニャーン。
左のカードもよく出ています。命ぐらいはたいせつにね!東京暴力 ロゴも NO NUKES.
ロゴの下に小さく TERROR だって。マスクしているのはチューバ君だったかな?
b0242956_054276.jpg

ピカチュウがマスコット。怒りで真っ赤になります。
b0242956_1361065.jpg

でんでん太鼓で間の手を入れます。デンデン。ドコドコ。デンドコ。
b0242956_2514720.jpg

No!! Nukes!! 若い方が抗議します。
b0242956_0583980.jpg

iphonスピーカユニットをタンバリンの上に。音が響きます。
今宵も、We shall over come...We shall over come some day. 何度聞いてもいいね。
b0242956_0591537.jpg

美味しいと徳島で仕入れたロールパン。美味しいよ。Oさんのおにぎりも、美味しく戴きました。
b0242956_0594511.jpg


ここにマイクリレーの動画をup予定。

今宵は、UPでご紹介。マスコットの「どろ」と「こち」 「たりないのは愛だろー バカヤロー」
「どろ」は薔薇のボンボリ。「こち」は紫陽花の胸飾り。NO NUKES のハチマキです。凛々しいね。
b0242956_103462.jpg

左のチアキャッツ 「原発いらにゃ〜い」「うさぎ追いしかの山〜こぶなつりしかの川〜」「子供の未来」No Nukes マークの鈴を首にかけています。手には薔薇のボンボンです。
b0242956_105157.jpg

右のチアキャッツ 「YOU LIE WE DIE」「福島をかえせ〜」「伊方をとめて〜!!」
b0242956_115386.jpg

福島を想う Frome Kagawa 四電本社前抗議のテーマだね。No Nukes ワッペンで囲まれました。
福島をなんとかしなければ。作者さんのお庭に咲いた水仙、冬咲きの薔薇。ピラカンサの実?
ここ、高松から福島を想う。大切な事。
b0242956_124633.jpg

1月25日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやっています。

【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。

参照1
沖縄電力株価  2,997円 2013.1.18 15:00
四国電力株価  1,314円 2013.1.18 15:00
参照2
沖縄電力電気料金 従量電灯  
最低料金383.69円 10-120kwhまで 21.86円
        120-300kwhまで 27.15円
四国電力電気料金 従量電灯A
最低料金383.25円 11-120kwhまで 18.59円
        120-300kwhまで 24.45円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
27回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月11日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19826944/
26回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月4日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19785492/
25回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月28日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19751083/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月21日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19707670/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月14日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19669742/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月7(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19632079/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月30日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19593823/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月23日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19551625/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月16日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19512759/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月9日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19468532/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月2日金高松http://lituum.exblog.jp/19423004/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ10月19日金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ9月14日(金高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日金高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月31日金)高松http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対抗議レポ8月17日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ8月10日(金)http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月3日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ7月27日(金)高http://lituum.exblog.jp/18735275/
2回目四電本社前再稼働反対抗議レポ7月20日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18685624/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画】武田教授 報道が決して国民に伝えないもの(3) 3号機の爆発映像

  by setonokaze | 2013-01-19 03:57 | 四電本社前抗議

28回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月18日(金)高松

今宵の抗議 28回目です。

日が
ずいぶん長くなり始めています。
17時では十分明るくなりました。
が、18時は相変わらず真っ暗です。
風は予想より少ないのが救いです。
まだまだ寒いです。

沖縄には
原発がない。
だが、沖縄電力はやっていけている。
規模が小さいと言うが、
内容は悪くない 
株価は四電の2倍以上ある。  。            参照1

電気代も
特に高わけでもない。              参照2
原発なしでも、四電に比しても、
2倍にはなっていない。
原発なければ
電気代が2倍になると言うのは、
沖縄電力の料金表を見る限り
ありえない。

何故だろう?
何故、沖縄の様に原発なし
で四電はやれないのだろう?
四電の社長に問うてみたい。



今宵も、めげずに再稼働反対!
b0242956_0484698.jpg

NO NUKES ワッペン 手袋に貼付けました。目立つでしょ。手袋に縫い付けようかな だって。。
b0242956_049788.jpg

原発 NO! 怒っています。マーク君が。
b0242956_0492751.jpg

マイクで抗議です。言わせてもらいます。
b0242956_0495084.jpg

1月14日で伊方原発が停止してから、1年になりました。サラバ記念日なのです。サラダ記念日をもじりました。
b0242956_0502370.jpg

大飯をとめろ 活断層があるのにね。活断層と言うと法にふれるから、断層とは決して言わない。今、原子力ムラは必死の抵抗です。
b0242956_0513634.jpg

猫談義です。やめよう 原発 そうだよ、止めなきゃ ニャン、ニャーゴ。
b0242956_052230.jpg

伊方原発の写真です、3基とも近いよね。近すぎるよね。
猫談義の続き 再稼働反対!伊方は廃炉だニャン。こわいぞ放射能!ニャンニャン。やばいぞ原発!
猫の本能で分かるんだニャン。
b0242956_0531170.jpg

なあ あかんのとちゃう。ニャーゴロ。  そやな あかんやろな。ゴロゴロ。ニャーン。
左のカードもよく出ています。命ぐらいはたいせつにね!東京暴力 ロゴも NO NUKES.
ロゴの下に小さく TERROR だって。マスクしているのはチューバ君だったかな?
b0242956_054276.jpg

ピカチュウがマスコット。怒りで真っ赤になります。
b0242956_1361065.jpg

でんでん太鼓で間の手を入れます。デンデン。ドコドコ。デンドコ。
b0242956_2514720.jpg

No!! Nukes!! 若い方が抗議します。
b0242956_0583980.jpg

iphonスピーカユニットをタンバリンの上に。音が響きます。
今宵も、We shall over come...We shall over come some day. 何度聞いてもいいね。
b0242956_0591537.jpg

美味しいと徳島で仕入れたロールパン。美味しいよ。Oさんのおにぎりも、美味しく戴きました。
b0242956_0594511.jpg


ここにマイクリレーの動画をup予定。

今宵は、UPでご紹介。マスコットの「どろ」と「こち」 「たりないのは愛だろー バカヤロー」
「どろ」は薔薇のボンボリ。「こち」は紫陽花の胸飾り。NO NUKES のハチマキです。凛々しいね。
b0242956_103462.jpg

左のチアキャッツ 「原発いらにゃ〜い」「うさぎ追いしかの山〜こぶなつりしかの川〜」「子供の未来」No Nukes マークの鈴を首にかけています。手には薔薇のボンボンです。
b0242956_105157.jpg

右のチアキャッツ 「YOU LIE WE DIE」「福島をかえせ〜」「伊方をとめて〜!!」
b0242956_115386.jpg

福島を想う Frome Kagawa 四電本社前抗議のテーマだね。No Nukes ワッペンで囲まれました。
福島をなんとかしなければ。作者さんのお庭に咲いた水仙、冬咲きの薔薇。ピラカンサの実?
ここ、高松から福島を想う。大切な事。
b0242956_124633.jpg

1月25日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやっています。

【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。

参照1
沖縄電力株価  2,997円 2013.1.18 15:00
四国電力株価  1,314円 2013.1.18 15:00
参照2
沖縄電力電気料金 従量電灯  
最低料金383.69円 10-120kwhまで 21.86円
        120-300kwhまで 27.15円
四国電力電気料金 従量電灯A
最低料金383.25円 11-120kwhまで 18.59円
        120-300kwhまで 24.45円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
27回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月11日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19826944/
26回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月4日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19785492/
25回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月28日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19751083/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月21日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19707670/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月14日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19669742/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月7(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19632079/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月30日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19593823/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月23日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19551625/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月16日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19512759/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月9日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19468532/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月2日金高松http://lituum.exblog.jp/19423004/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ10月19日金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ9月14日(金高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日金高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月31日金)高松http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対抗議レポ8月17日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ8月10日(金)http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月3日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ7月27日(金)高http://lituum.exblog.jp/18735275/
2回目四電本社前再稼働反対抗議レポ7月20日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18685624/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画】武田教授 報道が決して国民に伝えないもの(3) 3号機の爆発映像

  by setonokaze | 2013-01-19 03:14 | 四電本社前抗議

28回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月18日(金)高松

今宵の抗議 28回目です。

日が
ずいぶん長くなり始めています。
17時では十分明るくなりました。
が、18時は相変わらず真っ暗です。
風は予想より少ないのが救いです。
まだまだ寒いです。

沖縄には
原発がない。
だが、沖縄電力はやっていけている。
規模が小さいと言うが、
内容は悪くない 
株価は四電の2倍以上ある。  。            参照1

電気代も
特に高わけでもない。              参照2
原発なしでも、四電に比しても、
2倍にはなっていない。
原発なければ
電気代が2倍になると言うのは、
沖縄電力の料金表を見る限り
ありえない。

何故だろう?
何故、沖縄の様に原発なし
で四電はやれないのだろう?
四電の社長に問うてみたい。



今宵も、めげずに再稼働反対!
b0242956_0484698.jpg

NO NUKES ワッペン 手袋に貼付けました。目立つでしょ。手袋に縫い付けようかな だって。。
b0242956_049788.jpg

原発 NO! 怒っています。マーク君が。
b0242956_0492751.jpg

マイクで抗議です。言わせてもらいます。
b0242956_0495084.jpg

1月14日で伊方原発が停止してから、1年になりました。サラバ記念日なのです。サラダ記念日をもじりました。
b0242956_0502370.jpg

大飯をとめろ 活断層があるのにね。活断層と言うと法にふれるから、断層とは決して言わない。今、原子力ムラは必死の抵抗です。
b0242956_0513634.jpg

猫談義です。やめよう 原発 そうだよ、止めなきゃ ニャン、ニャーゴ。
b0242956_052230.jpg

伊方原発の写真です、3基とも近いよね。近すぎるよね。
猫談義の続き 再稼働反対!伊方は廃炉だニャン。こわいぞ放射能!ニャンニャン。やばいぞ原発!
猫の本能で分かるんだニャン。
b0242956_0531170.jpg

なあ あかんのとちゃう。ニャーゴロ。  そやな あかんやろな。ゴロゴロ。ニャーン。
左のカードもよく出ています。命ぐらいはたいせつにね!東京暴力 ロゴも NO NUKES.
ロゴの下に小さく TERROR だって。マスクしているのはチューバ君だったかな?
b0242956_054276.jpg

ピカチュウがマスコット。怒りで真っ赤になります。
b0242956_1361065.jpg

でんでん太鼓で間の手を入れます。デンデン。ドコドコ。デンドコ。
b0242956_2514720.jpg

No!! Nukes!! 若い方が抗議します。
b0242956_0583980.jpg

iphonスピーカユニットをタンバリンの上に。音が響きます。
今宵も、We shall over come...We shall over come some day. 何度聞いてもいいね。
b0242956_0591537.jpg

美味しいと徳島で仕入れたロールパン。美味しいよ。Oさんのおにぎりも、美味しく戴きました。
b0242956_0594511.jpg


ここにマイクリレーの動画をup予定。

今宵は、UPでご紹介。マスコットの「どろ」と「こち」 「たりないのは愛だろー バカヤロー」
「どろ」は薔薇のボンボリ。「こち」は紫陽花の胸飾り。NO NUKES のハチマキです。凛々しいね。
b0242956_103462.jpg

左のチアキャッツ 「原発いらにゃ〜い」「うさぎ追いしかの山〜こぶなつりしかの川〜」「子供の未来」No Nukes マークの鈴を首にかけています。手には薔薇のボンボンです。
b0242956_105157.jpg

右のチアキャッツ 「YOU LIE WE DIE」「福島をかえせ〜」「伊方をとめて〜!!」
b0242956_115386.jpg

福島を想う Frome Kagawa 四電本社前抗議のテーマだね。No Nukes ワッペンで囲まれました。
福島をなんとかしなければ。作者さんのお庭に咲いた水仙、冬咲きの薔薇。ピラカンサの実?
ここ、高松から福島を想う。大切な事。
b0242956_124633.jpg

1月25日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやっています。

【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。

参照1
沖縄電力株価  2,997円 2013.1.18 15:00
四国電力株価  1,314円 2013.1.18 15:00
参照2
沖縄電力電気料金 従量電灯  
最低料金383.69円 10-120kwhまで 21.86円
        120-300kwhまで 27.15円
四国電力電気料金 従量電灯A
最低料金383.25円 11-120kwhまで 18.59円
        120-300kwhまで 24.45円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
27回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月11日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19826944/
26回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月4日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19785492/
25回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月28日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19751083/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月21日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19707670/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月14日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19669742/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ12月7(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19632079/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月30日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19593823/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月23日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19551625/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月16日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19512759/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月9日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19468532/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月2日金高松http://lituum.exblog.jp/19423004/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ10月19日金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対抗議レポ10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ9月14日(金高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日金高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月31日金)高松http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対抗議レポ8月17日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ8月10日(金)http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月3日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ7月27日(金)高http://lituum.exblog.jp/18735275/
2回目四電本社前再稼働反対抗議レポ7月20日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18685624/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画】武田教授 報道が決して国民に伝えないもの(3) 3号機の爆発映像

  by setonokaze | 2013-01-19 03:14 | 四電本社前抗議

東電の賠償1 放射能汚染新築マンション賠償は1階家賃のみ、建替えは拒否。

東電の賠償1 放射能汚染新築マンション賠償は1階家賃のみ、建替えは拒否。


福島県二本松市 2011年7月に完成した
3階建て12世帯賃貸マンション。
2012年1月15日に1階の室内で
.9〜1.24μSv/hが検出されたと
市が発表したのが発端だ。

波江町の砕石場の石が使われたのが原因。
マンションの基礎に使われた。

あれから、1年。
家主らは建替えを求めているが、
交渉は難航。
和解の仲介を求めている。

1階の部屋の床近くは1.95μSvだと言う。
通路にコンクリートしたが気休めだ。

除染出来ないのだから、建替えを求める。
当然の事だ。

東電は、
利益として約3000万円一括賠償を提案。
逸失利益はダメな所だけを計算した金額。
東電に有利だ。しかも、一括支払い。
あとから問題が起きても、
受け付けませんよと言う支払い。

建替え、一括支払いなら
被害者に有利なのだが。
なにせ、東電は辣腕弁護士ぞろい。
値切り倒されるは目に見えている。

加害者と被害者の立場が逆転している。
不条理が、この世の常とはいえ、
悲しいね。

こんな東電に、
我々の税がじゃぶじゃぶ使われるのに、
税が被害者に行き届かない。
わびしいね。


放射能はやはり、浴びせられ損なのだ。





注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          朝日新聞 2013年1月16日
b0242956_23182740.jpg

  by setonokaze | 2013-01-16 23:36

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE