<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

福島もう帰れない

福島もう帰れない

新聞のタイトルは
「福島もう帰れないなら」
だが、本当のところ
「福島は帰れない」だろう。

高線量にも関わらず、
帰れないとは
お上は、決して言わない。
学者も言わない。
マスコミも言わない。

この記事を書いた記者さんも、
本当のことを大晦日に
伝えたかっただろうことは、
文面から読み取れる。
だが、
ここまで、読み取れた読者は
どれほどおいでただろうか。

今は、
お上の信頼は最低だ。
民の知恵で、
この災難を乗り越えるしかないだろう。
チェリノブイリの例を
学習すれば、おのずと
解は出ている。

チェリノブイリでは移住の自由はなかった。
だから、強制移住だった。
この国は、移住の自由は法で認められている。
だから、強制移住はないのだと
言うTLも流れた。なるほどだ。
この国は、なんと政治がお粗末なことか。

記事に出ている
大熊町,双葉町、樽葉町は早川マップでは           参照1
8μSv/h 地帯だ。
この汚染が意味することの重大さは
推察出来る。

もうすぐ、年が明ける。
だが、セシュウムの呪縛は来年も
晴れそうにない。
悲しいことだ。







注)個人の感想です。
参照1  早川マップ7訂版  http://gunma.zamurai.jp/pub/2012/0727A.pdf
2012.1.1 加筆
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 朝日新聞 2012年12月31日
b0242956_23452265.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当ブログ
13.  東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
12. オーストリアには「世界一安全な原発」がある。http://lituum.exblog.jp/19722403/
11. 東芝社長 「トルコ原発は耐震性高い型で」 え、日本の原発は地震に弱いの? http://lituum.exblog.jp/19538228
10. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
9.  黒い雨 3 http://lituum.exblog.jp/18959657/
8. 「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
7. 放射能汚染と復興についての考察 1 http://lituum.exblog.jp/19580767/
6. 1ミリシーベルトなんてナンセンス なぜ? http://lituum.exblog.jp/18999524/
5. 福島避難解除1年 戻らぬ子育て世代 自己責任だし、わが子のこと考えると。。 http://lituum.exblog.jp/19078572/
4. チェリノブイリの今  元広島市長 平岡敬 http://lituum.exblog.jp/19442677/
3. 福島の生活 取り戻す。放射能は浴びせられ損なのだ。
http://lituum.exblog.jp/19064207/
2. 今回の原発事故は水俣病と酷似だ。http://lituum.exblog.jp/18560254/
1. 12年後の福島 http://lituum.exblog.jp/18902331/
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
太平洋 #放射能 汚染10年間予想図 #Fukushima PacificSea

  by setonokaze | 2012-12-31 23:55 | 原発

関電 夜間3割増「とてももたない」電気料金値上げ

関電 夜間3割増「とてももたない」電気料金値上げ

関電は来春から電気料金を値上げする。
まだ目論みだが、企業から不満が噴出していると言う。
企業向け料金は国の認可は不要だ。
個別交渉に応じるつもりはない。

安い夜間料金を当てにして、

夜間操業している企業も少なくない。
香川では東京製鉄高松工場が電気炉だ。
(既に不採算で操業停止中 2013.2.10)
また、地下室に水槽を設けて、
夜間電力で氷を作り昼間の冷房にしている
ビルもある。

夜間料金を安くしているのは、
原発が夜間出力を下げられないため、
その電力のはけ口として、
戦略的に安くしたものだ。

そもそも
発電原価が安い訳ではない。
夜間料金は原発によるあだ花。
電力会社の口車に乗ったのだから
自己責任と言われても仕方あるまい。

今後は
電気料金のUPに伴い、
自家発電で、十分カバー出来るようになるだろう。
何しろ、今までは電力会社には自家発電は目の上のたんこぶ。
自家発切り替え防止に、あの手この手の策を弄していた。

この記事によれば、
企業向けの夜間料金に関してだが、
当然家庭向け夜間料金、オール電化料金も値上げとなるのだろう。
今まで、安いよ安いよ。ガスより安いよ。
と売りまくった責任はどうするのだろう。

東電がF1で沈没してしまったので、
関電イニシチアブは全国に波及しそうだ。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           朝日新聞 2012年12月29日
b0242956_22442226.png

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
7.  東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501
6. . オーストリアには「世界一安全な原発」がある。http://lituum.exblog.jp/19722403/
5. 東芝社長 「トルコ原発は耐震性高い型で」 え、日本の原発は地震に弱いの? http://lituum.exblog.jp/19538228
4. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
3. 5アンペアの節電生活 原発ゼロへ大きな手応え http://lituum.exblog.jp/19163011/   
2. オール電化の矛盾 1  http://lituum.exblog.jp/19106589/ 
1. 原発の原価 http://lituum.exblog.jp/17184318/ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-12-30 22:48 | 電気料金

四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月28日(金)

今宵の抗議 25回目です。

今宵、またまた、雨に降られました。
降ったやんだりですが。。
後半、風も強くなりました。

安倍政権は早くも、
廃炉費用を支援すると言う。
補正予算で数百億円とりあえず計上だ。
支援は税金だ。
福島の廃炉には、1兆円、10兆円、
いや数十兆円かかると取りざたされている。
本当の所は、一体いくらかかるか分からない。
今後、なし崩しに税の支援が際限なく続くことになる。

ソ連は、
チェリノブイリの原発事故を
きっかけに崩壊したと言われている。
日本もあと一つ、原発事故を起こすと崩壊するという。

伊方原発が
福島のような事故を起こしたら、
四電は東電と同じように、
税金の投入を求めるのだろうか?
伊方原発が事故っても、
当社には何の関わりもないことですと言うのだろうか?
四電に聞いてみたい。

今宵も雨ですが、めげません。
b0242956_2175697.jpg

NO NUKES 四電に訴えます。
b0242956_2184334.jpg

マイクで抗議です。
b0242956_2191087.jpg

NO NUKES 原発ゼロ お揃いで抗議です。
b0242956_2193838.jpg

伊方は廃炉 背中もばっちりです。
b0242956_21101145.jpg

さよなら原発! 生かそう!憲法25条 守ろう!憲法9条
b0242956_2110138.jpg

NO!! NUKES しっかり訴えます。
b0242956_21103850.jpg

韓国の原発反対の意味だとか。。イラストが面白いね。
b0242956_21111922.jpg

原発の再稼働反対  今宵も四電に抗議します。
b0242956_2112310.jpg

マイクで抗議。 
b0242956_21122542.jpg

これは、2011以前のお米、レアものです。あっという間に無くなりました。写真にはありませんが、Oさんのサーモン入りのおにぎりも人気です。
b0242956_21131147.jpg

静かに、抗議です。
b0242956_21144213.jpg

みんな想いは同じ。伊方は廃炉!。コーラスもやります。
b0242956_21154624.jpg

今年最後のマイクリレーです。UPご希望はお申し出下さい。

マスコットの「どろ」と「こち」とチアーキャッツと応援仲間。 お正月バージョンです。
しめ飾りも、お鏡も、門松もあるよ。雨が残念だけど。。「どろ」と「こち」も鏡餅を槍の先にして、四電を成敗するつもりだよ。
b0242956_21194881.jpg

福島を想う From Kagawa こちらもお正月バージョンです。
b0242956_21203750.jpg



来年 1月4日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!


【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやっています。


【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。
その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。

雨にも負けず、風にも負けず、四電本社前抗議に参加して下さった全ての皆さん、ありがとうございました。感謝致します。来年も、レポ続けますのでよろしくです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
24回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月21日(金)
http://lituum.exblog.jp/19707670/
23回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月14日(金)
http://lituum.exblog.jp/19669742/
22回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月7日(金)
http://lituum.exblog.jp/19632079/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 11月30日(金)http://lituum.exblog.jp/19593823/
四電本社前再稼働反対抗議レポ11月23日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19551625/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 11月16日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19512759/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 11月9日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19468532/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 11月2日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19423004/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対  抗議 レポ 10月19日金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ  10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対  抗議 レポ  9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対  抗議 レポ9月14日(金高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日金高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月31日金)高松http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対抗議レポ8月17日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ8月10日(金)http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ8月3日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ7月27日(金)高http://lituum.exblog.jp/18735275/
2回目四電本社前再稼働反対抗議レポ7月20日(金)高松http://lituum.exblog.jp/18685624/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-12-29 22:13 | 四電本社前抗議

オーストリアには「世界一安全な原発」がある。

今日、ご紹介するのは
クリスマスにふさわしい毎日新聞の記事。
脱原発派には特にうれしい。
ツイ仲間(勝手に)のTLで見つけた。

1999年原発が憲法で禁止された。
きっかけは、1977年母親9人が決行した原発阻止ハンガーストライキ。
今では、防護服を着ずに原子炉圧力容器など内部を見学できる。という。
うらやましい限りだ。

ツベンテンドルフ原発(沸騰水型、73万キロワット)
1972年 建設工事始める。
1974年 完成
1978年 操業開始予定
1978年11月 国民投票 賛成49.54%、反対50.46%の全くの僅差で否決
1978年12月 国民会議 全会一致で「原子力禁止法」を可決

巻き返しはあった。
1980年11月 原子力発電所を容認する声が高まり、原子力禁止法の撤廃を 
      求める国民署名実施
1985年3月 40万人を超える署名が集まり、国民議会は同発電所の              運転再開を求める提案の動議を採択。しかし、必要な3分の2の賛成票を         集めることができず、この提案は否決
1986年4月 チェルノブイリ事故により完全に断たれてしまい、同発電所の運転再開      への道は閉ざされた。

日本は
東電が福島で、3基半の原発事故を起こした当事国。
なのに、今度の安倍政権は新設、増設もすると言う。
一体この国は、どうなっているのだろう。

この国は
オーストリアのように
事故から学ぶことが、出来ない国なのか。
技術先進国と言われるのにだ。
多分、政治家が三流なのだろう。
はたまた、国民が三流なのだろうか。






注)個人の感想です。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        毎日新聞 2012年12月24日 東京朝刊
脱原発:オーストリアからの報告/下 完成後36年、核なき原子炉

 オーストリアには「世界一安全な原発」がある。36年前に完成したが、国民が脱原発を選択し、一度も稼働しなかった。その後、国内に原発は一基も建設されず、再生可能エネルギーが普及した。「原発ゼロ」の原点とされるその原発を訪ねた。【奥山智己】
 ■技術者研修に利用
 首都ウィーンから北西へ約50キロ。ドナウ川のほとりに箱形の巨大な建物と煙突が並んでいた。ツベンテンドルフ原発(沸騰水型、73万キロワット)だ。
 72年に着工し、76年完成したが、核燃料が入れられることはなかった。放射性物質による汚染はなく、今では防護服を着ずに原子炉圧力容器など内部を見学できる。実際に容器底部に入り見上げると、核反応を制御する「制御棒」の装置が無数にぶら下がっていた。
 施設は、隣接するドイツの原子力技術者が、原子炉内のクレーンを操作するなどの研修に利用されている。また、敷地内ではバイオマス発電や太陽光発電の研究開発にも取り組んでいる。
 ■国民投票で禁止
 オーストリア政府は76年、国のエネルギー計画を発表。同原発を含め3原発を建設する構想だった。
 ところが、77年には母親9人が原発の試運転を阻止するため、ハンガーストライキを決行。「高濃度の使用済み核燃料は安全に処理できない」と懸念する世論も高まっていた。当時のクライスキー首相は、国民の信任を得て原発政策を不動とするため、原発稼働の是非を問う国民投票を実施した。
 ふたを開けてみると、予想外の結果となった。78年11月に実施された国民投票には人口の7割にあたる約400万人が参加。うち50・47%が反対票を投じた。結果を重視した政府は翌月、原発建設や稼働を禁止する法律を成立させた。99年には憲法が改正され、原発禁止が盛り込まれた。
 建設当時、原発の運転員ら職員約200人は米国などで訓練を受け、建設費などに約5億ユーロ(555億円)がかかっていた。電力会社は世論が変わることを見込み、いつでも稼働できるよう85年まで職員200人態勢を維持した。そのため、さらに5億ユーロがかさんだという。
 ■過去の汚染に学ぶ
 再生エネが普及した背景には、過去の環境汚染の苦い経験に基づき、環境産業が育っていたこともある。オーストリア経済・家庭・青少年省によると、60年代、家庭などからの汚水が河川や湖に垂れ流され、水質汚染が深刻な社会問題になった。
 そのため、環境保護に関する法律が成立。同省は「水質基準に関する規制が強化され、水質を改善する技術など環境産業が育つきっかけになった」と説明する。
引用2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ツベンテンドルフ原子力発電所
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=14-05-12-01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
太平洋 #放射能 汚染10年間予想図 #Fukushima PacificSea

  by setonokaze | 2012-12-25 08:01 | 原発

未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介 1

今日ご紹介するのは
未来を考える脱原発四電株主会
この12月14日にHPを立ち上げた。
チェリノブイリからの活動と言うから、
筋金入りだ。
今後の活動に期待したい。

今年の春、記憶では、
株主提案の準備をされている方にお会いしたことがある。
準備紙面もちら見したやに。
なるほど、そういう活動もあるのだ。

TLでは
東電株主総会で、提案する様子が流れていた。
各電力にあるのだろう。
連携して、活動出来ればいいなと思う。

脱原発を実現するには
色々な活動があった方がいい。
大は、政党活動から、小は井戸端会議まで。
それが、大きなうねりとなる。

HPからの引用。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめまして
 このホームページを訪れた皆さま、はじめまして、そしてホームページを訪れていただきありがとうございます。未来を考える脱原発四電株主会です。
 おそらくこのホームページを訪れた方の多くの方は、12月14日に私たちの会が送付した文書を見て、このホームページを訪れたことだと思います。賛同依頼文にも書かせていただきましたが、本当に突然のお手紙、驚かれたと思います。この場をお借りしまして、非礼をお詫びします。
 今回の送付は、会社法第311条に基づいて、議決権行使書(株主個々人が今回の議決に賛成か反対かを閲覧できる権利)を行使して、会社提案議案に何らかの反対を表明された株主さま約2300人を対象に、株主提案への賛同を募る文書を送付しました。
 このホームページは、私たちの会について設立目的から随時行われている打ち合わせ等、会の全体像を知っていただくために送付日にあわせて急いで作成したものです。ですので、不備な箇所等多数あると思いますが、随時修正し、よりよいものにしたいと思っています。また今後も、私たちが行っていくことを随時掲載する予定です。
 最後に、このホームページを訪れた皆さま、そして賛同依頼文を受け取られた皆さま、皆さまは、私たちと同じく、真剣に”未来を考える”方であると思います。このホームページを見て趣旨に賛同していただき、株主提案の一員になっていただけましたら、これ以上うれしいことはございません。なにとぞよろしくお願いします。

賛同依頼文(本文のみ掲載)(平成24年12月14日(金)送付)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
拝啓 



 突然このようなお手紙を差し上げる非礼をお許し下さい。



私たちの会は、1993年(平成5年)から四国電力株主総会で少数株主提案
権を使って、脱原発を目的とした株主提案をしてきました。

 今年6月27日に開催された四国電力の株主総会で、私たちは四電一般株主
有志の皆様のご協力をいただき、脱原発を目ざす株主提案を致しました。残
念ながら提案は賛成少数で否決されましたが、総会会場では一般株主からの
力強い応援意見も多数出て、大変勇気づけられました。

 来年の株主総会においては、今年よりもっと多くの株主の皆さんからご賛
同を得て、伊方原発の再稼働中止、原発に頼らない発電への全面切り替えを
四国電力に求める株主提案を致したいと考えています。



 総会で株主提案をするためには、30000株以上の賛同者が必要になりま
す。そのために、私たちは四電本店で今年の株主総会の議決権行使書を閲覧
し、私たちの脱原発提案に賛同された方々のお名前ご住所などを書き写させ
ていただきました。これは、会社法第311条で認められている株主の権利で
すが、突然のお手紙となり驚かれたことと存じます。

 私たちの活動にご賛同くださいます方は、同封のはがき(恐縮ですが切手
をお貼り下さい)にて来年1月15日(火)までにお返事をいただければあり
がたく存じます。当会では現在提案議題を検討中ですので、こういう提案を
四電にして欲しいとのご意見がありましたら上記賛同はがきにご記入をお願
いします。
 
 そして、来年3月中旬には、具体的な提案議題、合意書などの必要書類を
ご送付させていただく予定です。
今回書き写させていただきましたあなた様に関する情報は、株主提案権行使
に関することのみに使用させていただきます。

                2012年(平成24年)12月14日
 
                                     
                              敬具 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
未来を考える脱原発四電株主会
http://www.ne.jp/asahi/datsugenpatsu/yondenkabunushikai/

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介 2    2014.6.26
http://lituum.exblog.jp/22836894/                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                                   

  by setonokaze | 2012-12-24 23:37 | 脱原発アクション

美しい小豆島に巨大な無駄と言われたダムがほぼ完成。

内海ダムが試験湛水を始めると言う。

堤防の長さは早明浦ダムより長い。
四国で最長の423メートル。
最高水位に達するのは14年5月頃と言うから、
単純に1年半かかる。
実に1年半分の平均降水量を
貯めうることになる。

巨大な
無駄なダムと言われ、
民主党政権の誕生とともに、
「コンクリートから人へ」のキャッチコピーで、
八ッ場ダムと同じく、
中止されるかの状況だったが、
ダムムラの巻き返しで、建設GOとなった。

ダム問題は
昔から、利権が深く絡み合う様だ。
小豆島町を対象としたアンケート調査にあるように、
「内海ダム再開発事業が旧内海町町民の80%の賛同を得ている」という
香川県の解釈が過半の 町民は「正しくない」としている。
土地収用法の適用についても過半の町民が
「香川県は考え直す方がよい」としている。
この事は、何を意味するのか?
無理が通れば、道理が引っ込む。
だった様だ。


渡辺さと子氏も
ダム中止を掲げ、知事選に挑戦。
11万票を超える得票を得るも、
志を果たせなかった。

そして、
ダム建設が再開された。
その無駄ダムが全容を現した。

観光が売りの小豆島にとっては、
決してプラスにならない。

内海ダムは
小豆島の巨大なコンクリート・モニュメント
となるのだろう。

「寒霞渓の自然を守る連合会」の山西会長は、
「小豆島に観光に訪れる人は、
人工的なものでなく、
自然物の見て心をいやすために来ている。
寒霞渓はそのメーンなのに、わざわざ壊すなんて」
「建設はおかしかったと
子や孫のために裁判記録に残したい。それが私の役目だ」


2012.12.24  加筆
引用1. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         朝日新聞 2012年12月22日香川版

b0242956_18134162.png

引用2. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「内海ダム再開発事業(新内海ダム建設事業)に関するアンケート」要約
http://suigenren.jp/news/2011/04/10/1094/
1. はじめに 我が国における最初の国立公園として指定された香川県小豆島の寒霞渓の麓で、香川県は内海タム再開発事業を進めている。この事業は既存の内海ダム(総貯水量 約15万m3)が老朽化して危険という ことでその改修を目的とされた事業であるが、治水・利水両面での必要貯留容量がかさみ、総貯水量は 約 100 万m3 と 7.5 倍になっている。
この事業に対して、タム予定地地権者を中心とした住民たちが、1名勝・寒霞渓の自然と景観を破壊 すること、2ダム堰堤直下に居住地があり日常的な圧迫感と緊急時のダム災害の恐怖感にさいなまれる こと、3治水・利水両面でその必要性がないこと、などを理由に事業の見直しを香川県に訴え続けてい る。香川県は「既に充分に説明をしてきている」「80%を越える住民の了解を得ている」「質問には香川 県のホームページで答えている」等として話合いに応じることなく、土地収用法を適用して反対地権者 の地権を 2010 年 11 月 22 日を明渡期限として収用した。
このような状況で内海ダム再開発事業は進行している。「地域住民の自治的管理が地域環境の持続性 を保証する」という視点に立って、この事業内容、進行過程、土地収用法の適用、反対派地権者たちの 主張、内海ダム再開発事業の優先度、これらが小豆島町民にどのように捉えているのかをアンケート調 査した。
2. アンケート調査の手法 1) アンケート実施期間
2011 年 1 月 31 日、小豆島町内海郵便局と池田郵便局から発送。
2011 年 3 月 15 日までの投函分を以って、終了とした。 2) 対象
香川県小豆郡小豆島町 町民
3) アンケート依頼先決定方法と送付方法等 小豆島町別当川沿いの神懸通地区・草壁本町地区は全戸調査、そのほかの地区は1/10 抽出調査と し、郵送調査方式を採用した。 依頼文とともにアンケート用紙(両面印刷A4一枚)をホッチキス止めし、料金着払いの返信用封 筒と共に封筒に入れて発送した。
4) アンケート回答方式 設問ごとに選択肢を選択、もしくは意見等を書き込む方式とした。選択設問は1択と複数択がある。 回答を記入したアンケート用紙を料金着払いの返信用封筒に入れての郵送を対象者に依頼した。
5) アンケート回答状況 受取り拒否1通、本人死亡の通知1通、不在 38 通、本人死去 1 通、全回答数 361 通。
3. アンケート回答の解析 1) 回答率と信頼度 全町内平均回答率は 30.9%で、郵送法としては満足のいく回答率であった。事業地に近いほど回答率
が高かったことは、小豆島におけるこの事業への関心度の分布を表すと考える。信頼度の指標となる誤 差は 5.2%である。
2) 内海ダム再開発事業に対する小豆島町民の支持度
「内海ダム再開発事業が旧内海町町民の80%の賛同を得ている」という香川県の解釈が過半の 町民は「正しくない」としている。土地収用法の適用についても過半の町民が「香川県は考え直す
方がよい」としている。「現在の内海ダムへの対応」としての選択率は 13.0%で「取り払うのが良い」 より低く、「小豆島町民にとっての優先課題」としては実質上最下位」など、小豆島町民内の「内海 ダム再開発事業の支持度」は低い。
3) 反対派地権者たちの「異論」に対する町民の捉えかた
反対派地権者たちの異論が町民にどの程度共有されているのかを見た。各項目とも、「1 そう思う」 の選択が最も多かった。まとめの表を下に示す。
反対派地権者の異論はそのテーマにもよるが、「1 そう思う」(同意)の回答率の平均値が 59.0%
で約 6 割の同意を得ていること、一方、「3 そうは思わない」(非同意)の平均値が 13.9%
と 2 割にも満たないことから、反対派地権者の異論は小豆島町民の認識からはずれたものではなく、 むしろ、町民に共通した認識といえる。
(以下略。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
1. 瀬戸内海 小豆島のムダな巨大(新内海)ダム 反対派団結小屋を強制撤去へ http://lituum.exblog.jp/18514850/
2. ダム撤去 川が息吹き返す。http://lituum.exblog.jp/17901449/
3.  「コンクリートから人へ」心地よいキャッチコピーで出来つつある小豆島・内海ダム http://lituum.exblog.jp/17299986/
4.  民主の確かな瓦解への前兆 1 http://lituum.exblog.jp/17397280/ 

[内海ダム問題の詳しいHP ]
I LOVE 小豆島! どうする、新内海ダム。http://kankakei.web.fc2.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-12-23 18:26 | ダム

四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月21日(金)

今宵の抗議 24回目です。

今宵も、先週に引き続き雨。細く降ります。
元気な人は傘なしで抗議です。

電力会社の使命は、電力の安定供給です。
今度の安倍政権は円安にして、輸出を増やしたいと
言っています。
だが、円安では燃料調達コストが増大します。
この国は、まだまだ、火力がベースです。
困ったことです。
経済音痴がお札を大増刷すると
いいます。
どうなることやら。

企業には社会責任があります。
企業が存続し得るのは、
社会に害を与えない場合だけです。
害を与える恐れがある場合も、
社会責任は果たせません。

もう一つ。
企業は、その業をもって、生業をしています。
職業奉仕の理念です。
四電は正しく職業奉仕をしているか?
核物質を使って生業をするは正しいか?
四電に問うてみたい。
     
仕事が終わらず、やきもきしました。
で、駆けつけられたのが18時半を回ってしまいました。
デモコースの方が終わっていました。
ごめんなさい。

今宵も雨ですが、幸い降ったり止んだりです。めげません。
b0242956_8592187.jpg

原発やめよう 大阪のみんなをかえせ  生協の牛乳パック再利用です。ELDのスポットライト付きです。
b0242956_8593579.jpg

伊方をうごかさないで がれきもうごかさないで もやさないで
b0242956_901569.jpg

げんぱつゼロ 「歴史は消せない!」みんなの会
b0242956_90388.jpg

NO Nukes [歴史は消せない」みんなの会
b0242956_912837.jpg

あいほん?スピーカ付き 今宵はこれで、クリスマス曲メドレーです。いい音出しています。
只今、18:42です。
b0242956_92047.jpg

今宵もフル装備で参上。 マイクで抗議です。
b0242956_915890.jpg

四電に抗議します。
b0242956_925474.jpg

集めました。WHAT YOU DO INCASE OF A NUCLEAR ACCIDENT. Save Future.Peace on earth
メンソレータム?の缶バッチもあるよ。
b0242956_935393.jpg

エネルギー政策の転換を! NO! NUKES
b0242956_941824.jpg

情報交換中なのです。勉強になる。たのしいよ。
b0242956_94984.jpg

サケのおにぎりおいしいよ。勿論、ベクレルフリー Oさんの作。
b0242956_22938.jpg

大根の浅漬け。カリカリでヘルシー。
b0242956_230032.jpg

じっくり腰を落ち着けて、抗議です。
b0242956_951349.jpg

チャリで駆けつけました。ライトは2ヶ装備です。
b0242956_964629.jpg

動画 クリスマスバージョンです。短いですが、聖歌が四電本社前に流れます。

マスコットの「どろ」と「こち」とチエアキャッツと仲間達。クリスマスバージョン。
雨対策に、プラ引き出しの利用です。これで、ばっちり。。
b0242956_994014.jpg

福島を想う From Kagawa エンジェルとサンタさんで想いを伝えます。
b0242956_910890.jpg

「なかなかよくでいてるね〜」と渡辺さと子さん。
b0242956_9113170.jpg

【ゴッチです】未来について話そう  後藤 正文
ブログやtwitterでの社会とコミットした言動でも注目され、フォロアー数は現在195,000人を超える。(出典 THE FUTRE TIMES 2012 04)
b0242956_912646.jpg

来週 12月28日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!
来年  1月 4日(金)四電前抗議  雨天でも、やります。とのこと。6時だよ!全員集合!

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まりです。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19-20時過ぎくらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
一品持ち寄りお食事会もやっています。


【デモ参加、トークご希望の方】
デモは三越前18時に集合、四電本社まわりをデモ。

その後、四電本社前で自由にマイクトーク、アピール出来ます。
一言、二言、言いたい方もお待ちしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風の特選動画 】1
迫り来る巨大地震、その激しさ。実感出来ます。
■ 東北地方太平洋沖地震 発生地点・規模・時刻分布図

■ ※この動画は、音は消さずに(むしろ少し音量を大きめにして)ご覧になってください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
当ブログ
23回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月14日(金)
http://lituum.exblog.jp/19669742/
22回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 12月7日(金)
http://lituum.exblog.jp/19632079/
21回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 11月30日(金)
http://lituum.exblog.jp/19593823/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 11月23日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19551625/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 11月16日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19512759/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 11月9日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19468532/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 11月2日(金)高松
http://lituum.exblog.jp/19423004/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 10月26日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19358836/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月19日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19287941/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月12日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19217660/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 10月5日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19144980/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月28(金)高松http://lituum.exblog.jp/19056713/
四電本社前再稼働反対抗議レポ9月21日(金)高松http://lituum.exblog.jp/19021847/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月14日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18986251/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 9月7日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18951158/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月31日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18913822/
四電本社前再稼働反対 抗議レポ 8月24日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18879136/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月17日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18845803/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月10日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/d2012-08-11/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 8月3日(金)高松  http://lituum.exblog.jp/18774758/
四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 7月27日(金)高松  http://lituum.exblog.jp/18735275/
2回目四電本社前再稼働反対 抗議 レポ 7月20日(金)高松 http://lituum.exblog.jp/18685624/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2012-12-22 10:11 | 四電本社前抗議

青森の野生のキノコから120ベクレル 原因は深刻

青森の野生のキノコから120ベクレル 原因は深刻

核実験であろうが、原発事故であろうが、
薄くても、セシュウムは濃縮される。
ましてや福島のセシュウムが
ばらまかれた地域ならなら、
もっと強く起る可能性がある。
キノコだけでなく,地衣類、
その他でも起きそうだ。
生物濃縮に繋がるのが懸念される。

青森県十和田市の野生のキノコ、チチタケから、
10月にセシュウム120ベクレル/kgが検出。
野生キノコの出荷停止は
長野、静岡、山梨等10県に上ると言う。

記事はF1から350キロ原発事故が原因でないらしいので、
一件落着かの記事だ。

ええ、待てよ。
チェルノブイリ由来なら、深刻だ。
セシュウム137(半減期30年)だけ検出だからチェルノブイリ由来だろうと言う。

チェル事故以来、
北日本中心に100ベクレルを超えるものがみつかっていた。
1000ベクレルを超えるものも。
乾燥キノコだと1万ベクレル超えもあった。
当時、国による出荷制限はなかった。
原発安全神話を崩すこのような事態は
隠蔽されたか、
報道されにくかったのか。

重大なのは
遠くはなれた青森でチェルの影響が及んでいたと言うことだ。
チェルの事故当時、遠く離れているので、影響はない。
原子炉の方式も違うし、日本の原発は安全だ。
して、安全神話がさらに進められた。

チェルから学び、賢くなっていれば、
福島の方達が故なき放射能汚染を受けることは
なかったかもだ。
残念至極である。

菌糸を
地表近くに張り巡らし、
セシュウムを溜め込み、濃縮するキノコ類は
極めて優れた自然の放射能センサーだ。
このセンサーの警告を、
きちんと受け止める必要がある。

逆に言うと
F1での事故で飛び散ったセシュウム等の
放射性物質は遠くても、
濃縮されれば影響が出ると言う事。
F1の近くだけでは収まらない。
今後、色々な所から出てくることは容易に推定出来る。
西日本でも、濃縮に関しては要注意,油断は禁物だ。

東電は
とんでもない事故を起こしたものだ。
いまだに、飛び散らした放射性物質は当社のあずかり知らぬもので、
無主物です。
との主張を取り下げた報道はない。
反省しているとは思えない。








注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第一原発の略称。東電用語では1F。
2012.12.20 19:35  加筆
2013.10.5 チェリノブイリをチェルノブイリに訂正
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            朝日新聞 2012年12月18日
b0242956_7182465.jpg

  by setonokaze | 2012-12-20 07:16 | 放射能汚染

青森の野生のキノコから120ベクレル 原因は深刻

青森の野生のキノコから120ベクレル 原因は深刻

青森県十和田市の野生のキノコ、チチタケから、
10月にセシュウム120ベクレル/kgが検出。
野生キノコの出荷停止は
長野、静岡、山梨等10県に上ると言う。

記事はF1から350キロ原発事故が原因でないらしいので、
一件落着かの記事だ。

ええ、待てよ。
チェリノブイリ由来なら、深刻だ。
セシュウム137(半減期30年)だけ検出だからチェリノブイリ由来だろうと言う。
チェリノブイリからは約8000キロメートルも離れているのにだ。

チェリ事故以来、
北日本中心に100ベクレルを超えるものがみつかっていた。
1000ベクレルを超えるものも。
乾燥キノコだと1万ベクレル超えもあった。
当時、国による出荷制限はなかった。
原発安全神話を崩すこのような事態は
隠蔽されたか、
報道されにくかったのか。

重大なのは
遠くはなれた青森でチェリの影響が及んでいたと言うことだ。
チェリの事故当時、遠く離れているので、影響はない。
原子炉の方式も違うし、日本の原発は安全だ。
して、安全神話がさらに進められた。

チェリから学び、賢くなっていれば、
福島の方達が故なき放射能汚染を受けることは
なかったかもだ。
残念至極である。

菌糸を
地表近くに張り巡らし、
セシュウムを溜め込み、濃縮するキノコ類は
極めて優れた自然の放射能センサーだ。
このセンサーの警告を、
きちんと受け止める必要がある。

逆に言うと
F1での事故で飛び散ったセシュウム等の
放射性物質は遠くても、
濃縮されれば影響が出ると言う事。
1の近くだけでは収まらない。
今後、色々な所から出てくることは容易に推定出来る。
西日本でも、濃縮に関しては要注意だ。

東電は
とんでもない事故を起こしたものだ。
いまだに、飛び散らした放射性物質は当社のあずかり知らぬもので、
無主物です。
との主張を取り下げた報道はない。
反省しているとは思えない。








注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第一原発の略称。東電用語では1F。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            朝日新聞 2012年12月18日

  by setonokaze | 2012-12-20 07:15 | 放射能汚染

メルトダウンしていた米国初の原発 

メルトダウンしていた米国初の原発 

朝刊読んでいて、見つけた。
朝日7面下段だから、見落とすところだ。
12月14日の記事。

炉心溶融から53年後 セシュウム1000倍 
米の原子炉敷地内で検出
がん発生について懸念。

燃料棒43本中の13本が溶融した。
53年後も
ヨウ素131とセシウム137が放出されたとされる。
ヨウ素131の半減期は8日。セシウム137の半減期は30年。
にもかかわらずだ。

世界最大級の原発事故を起こしていた           wiki
米国初の発電用原発が大失敗していた。
事故は1959年7月13日夕刻に発生。
2週間に渡りとある。                  説明1

原因はテトラリンC10H12の漏洩とあるから、
ナトリウムの冷却媒体に使用していたのか。        説明2
ナトリウムの冷却が出来なければ、
炉心の冷却が出来なくなる。
水を注入すれば大爆発だ。
水での冷却は出来ない。
それで、メルトダウン。

事故があったのは、ロス郊外50kmのシミバレー。
10基あった原子炉は全て解体されている。

そして、
この重大なアメリカ初の原発のメルトダウンは
隠蔽されることになった。                 

1979年UCLAの学生が事故を発見した。   
実に20年間も、隠されていた。
アメリカにして、この隠蔽である。
1989年に作成された米エネルギー省の報告書 
2011年時点で詳細は不明と言う。
米エネルギー省のウエブサイトからは
全ての情報が削除されていると言う。
どこまで、汚染が進んでいるのだろう。
除染をしたはずなのに、これだけの汚染。      参照2
福島で政府の音頭で行なっている
除染効果が危ぶまれる内容だ。

全ての燃料棒がメルトダウンした
F1より軽い事故で、このような大事故。

F1は人類史上初めての三基半の原発事故。
直ちに政府が何もかかったことにしようとした訳だ。
だが、その被害は徐々にあぶり出されることになるのだろう。

暗澹たる想いだ。





注)個人の感想です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照1  サンタスザーナ野外実験所      wiki
1947年にアメリカ政府と提携した民間企業が設立したカリフォルニア州ロサンゼルス市郊外約50kmのシミバレー[1]にあった1150ヘクタールの広大な総合研究施設である。1949年から2006年までスペースシャトルの液体推進ロケットを、1953年から1980年まで原子炉を、1966年から1998年まで液体金属炉の研究を行っていた。当研究所では10基の原子炉があったが原子炉は80年までに全て解体されており跡地は航空大手のボーイングが所有している[2]。

参照2  http://atmc-tokyo.com/radiation/9258/

説明1  よく2週間で収束出来たものだ。スリーマイルと同じように、原子炉の底は抜けずに、原子炉内で収束したのだろう。単に幸運に恵まれたのか? だから、人知れず、廃炉に出来たのだろう。

説明2 ナトリウムは水で直接は冷やせない。熱交換器を介するにしても、交換器が破れたら、爆発的に反応する。ここで、ナトリウムをテトラリンで冷やし、テトラリンを水で冷やす。テトラリンは蓄熱材として使う。これでナトリウムを間接に水で冷却出来る。だから安全としたのだが、テトラリンが漏洩したため、ナトリウムの冷却が出来ず、炉心溶融、メルトダウンした。裏目になったのだろう。(推測です。)
2012.12.18.  加筆 
2016.1.26  追加
第4地区で1957年からロケットダイン社、後にアトミックス・インターナショナル[3]がナトリウム冷却原子炉の運用を行っていた。米国初の発電用原子炉であった。

ナトリウムを一次冷却に使えば、
軽水炉のような核汚染水の発生はない。
このことを考慮しナトリウムを使用したのだろう。
この点では優れたアプローチだった。

だが、
いとも簡単にメルトダウン。
軽水炉が主流となるが、
核汚染水とりわけ、トリチウムの発生は避けられないことになった。

特に、PWRでトリチウムの発生が多い。
商用炉でのトリチウムの除去は経済性から致命的。
トリチウムは外部被曝は低いとして、処理なし運転に踏み切った。
だが、近年、トリチウムの内部被曝、生体への影響が明らかになり、
問題化している。

311後、
原発は商用炉としては、安全対策を完璧にしようとすれば、
コスト高となり、成り立たない。

引用1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 朝日新聞 2012年12月14日7面
b0242956_11183667.jpg

引用2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              毎日新聞 2012年3月9日
米国:ロス近郊で高濃度セシウム検出…核施設の跡地
http://mainichi.jp/select/world/news/20120309k0000m030079000c.html
(残念ながら、既に削除されている。2012.12.17確認)

1959年に実験用原子炉で燃料溶融事故を起こした米ロサンゼルス近郊の核施設「サンタスザーナ野外研究所」の跡地でこのほど、最高で米環境保護局(EPA)が基準とする濃度の1000倍近い土壌1キロ当たり約7300ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが8日、分かった。

汚染実態を調べているEPAがことし2月、周辺住民に示した中間結果を共同通信が入手。

現場付近は事故後に除染作業をし、米政府は80年代、農地としての利用や居住も可能になったと表明。しかし、長年健康不安を訴えてきた周辺住民の強い要請で詳しい調査の実施が決まった。

  by setonokaze | 2012-12-16 11:22 | 原発

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE