<   2012年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

福島第1原発5号機の配管強度不足?  #genpatsu   

福島第1原発5号機の配管強度不足?

F1の5,6号機はいつでも再稼働可能としている原発だ。
5,6号機は双葉町にある。
かろうじて、非常用ディーゼル発電機1台で難を逃れた原発。
だが、東電は再稼働させる気だ。
防潮堤の補修工事に精を出していると。
一方、5,6号機も危ういとのツイートも出ていた。

今回問題となったのは、配管の強度不足。
安全の目安値1.2から4.3倍の力がかかると言うのだ。
しかも、発表されたのは、重要機器の耐震性計算結果だけだ。
準重要機器等、危うい機器もあるだろうに。
それにしても、1.2は低すぎる。

原発の地震対策は、多度津(香川)にあった震動試験台に乗せて、試験したと言うが、
確か、家4軒分位しか乗せられなかったはず。
システム全体の実機耐震試験など無理。
だからこそ、安全率は充分に取る必要があるのだ。

安全率については、
先の当ブログ 日本の原発はなぜ不安全なのか。 1/20 に記載した。http://lituum.exblog.jp/page/2/


化学プラントの安全率は経験から4(一般的に)なのだが、
当然、重要機器については4以上でしょう。
まして、絶対安全が要求される原発では化学プラントと同様の安全率は
危なくて、とても、許容出来ない。

原子力関係では、何故か、安全率と言わない。
安全の目安という。
これでは、一般の人はわけ分からんだろう。


原発への送電鉄塔が倒壊したが、これも、安全率不足が原因。
備えあれば、憂いなし。とはほど遠い。

私の考えでは、今の原発はあまりに安全率が低すぎる。

                     引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 朝日新聞 2012年1月31日
b0242956_8304340.jpg

  by setonokaze | 2012-01-31 08:37

究極の再生可能エネルギー マグネシウム @Braunite

究極の再生可能エネルギー マグネシウム

今日は@Braunite 鉱山師の方から紹介された未来のエネルギーのお話。

「マグネシウムエネルギーサイクル」
マグネシウムを石油の代わりに使うというのだ。

99.99パーセントだったと思うが、Mgを扱ったことはある。
金属光沢があり、1年位はピカピカだ。あとはくすんできて、さらに、白く酸化する
。かなのこで容易に切れる。燃やせば、青白い炎を出して燃える。火力は充分だ。
公害はまず起らない。人間には優しい金属だろう。

マグネシウムサイクルでのポイントはレーザ励起でのMgの精錬だと思う。
この技術の開発がこのシステムの成功の鍵になる様な気がする。

矢部教授にエールだ。

矢部研究室HP  http://www.mech.titech.ac.jp/~ryuutai/

  by setonokaze | 2012-01-30 03:05

民主の確かな瓦解への前兆 6 

民主の確かな瓦解への前兆

1、国会衆院本会議で谷垣総裁から、消費税はマニフェスト違反、公約違反だ。
解散せよ。と迫られての、答弁。任期後の消費税増税はマニフェスト違反ではないと。
おいおいヘリクツだよ。

2、消費税法案を成立させた後、解散総選挙する考え。
ありゃまあ、それで、解散して、選挙の勝算はあるのかなあ。
議員さん達どう選挙するつもりだろう。

3、安全保障政策も施政方針演説によると、明確な方針が出たとは思えない。
新田中防衛大臣も、モタモタだし、普天間基地問題では早くもつまずいた。
沖縄問題は民主の喉に刺さったトゲだ。

4、輿石幹事長は早くも民主党案80削減にこだわらない。
各党の意向を踏まえます。だって。議員削減は選挙民向けリップサービス。
ジェスチャーだけ。見え見え。
本気度0だ。

5、さらに追い打ち、ここに来て、官房長官が選挙権を18才に引き下げを検討するが、
今国会提出はむずかしい。
出来ない事をわざわざ発表。

6、国民新党亀井代表は石原都知事や、たちあがれ日本の平沼代表と25日会談、
70-80人の新党を目標。

7、民主党の最低保障年金を導入するには、さらに7パーセントの消費税増税が必要。
だとすると早くも、消費税17パーセントへの増税が必要と言う事。
いったい民主党は消費税いくらにすると言うのだ。
総理が消費税解散に言及した事になる。

ますます民主、混迷の様相だ。

地元選出の民主党
O議員。1月23日 二週間のアメリカ滞在から帰国。
T議員。1月19日 特別会計改革なくして増税なしというが。

  by setonokaze | 2012-01-27 02:16

「終の住処」は原発事故でどうなる?  みんなで守るしかない  #genpatsu

終の住処は自宅でと願う人は多いだろう。
意図しない場所でと願う人はおいでるのだろうか。
終の住処位は自分で決めたいものだ。

今度のF1原発爆発事故で終の住処があやうくなっている。
残留放射性物質の為だ。
最近、除染するから、戻っておいで、と言われ始めたからだ。
そりゃぁ、戻れることはうれしいことだが、念のため、若い者は、戻らせたくない。
かといって、年寄りばかりで戻っても、はかないばかり。
老老介護では先が見えている。
それでも、お上は,はいどうぞ。
帰れない高汚染地区が確定していないのに。

終の住処を追われても、泣き寝入りしかないのだろうか。
原因はお上が東電を懲らしめるどころか、擁護しているからだ。
加害者の東電は被害者の財産は当然現状復帰させる義務があるのに。
被害者に、東電の手厚い保証があれば、先の心配もないが、それはない。

やれ現状評価額は、築年数は、所有者の瑕疵は、等々で減額,減額だ。
個別交渉では、百戦錬磨の東電にかなうはずはない。
当面、老後の蓄えを取りくずし、食べ繋いでいるのが現状だろう。
やせ細るばかり。先が見えない。
終の住処はいつ定まるのだろう。

この度の事故で、原発の事故は全国どこでも起ることは容易に想定出来る。
事故が起れば、原因者の地区の電力会社が東電と同じ対応をする。
「お上の直ちに心配ない,云々」「津波対策はした」「電源車は用意した」に騙されない。
予防策を立てる。
必要な事だ。

それぞれが「終の住処」を守るしかない。では、お上に声は届かない。
「皆で終の住処を守ろう」と声を上げるしかない。

  by setonokaze | 2012-01-26 07:15

10年以上使われず農薬が残っていない農地で無農薬、無化学肥料、無動物性飼料讃岐のムムム自然栽培農場

今日、ご紹介するのは徹底的にこだわった野菜の栽培に成功した農場のお話。

無農薬といいながら、いいかげんな無農薬野菜。
減農薬と言いながら、農薬ふりふりの野菜。
自然食品と言いながら、うたい文句だけ。
こんないい加減がまかり通るこの国で、
正真正銘の無農薬を目指す農園。
希有な事例であろう。

無農薬、無化学肥料までは、普通だ。
無動物性肥料の意味の分かる人はかなりの事情通。
鶏糞等、家畜の糞を発酵させて肥料にするが、
家畜には抗生物質等、さまざまな、薬が投与されて飼育されている。
飼料にも問題がある。
これらは、家畜に使用が認められていても。
人間にはよろしくない。

私は、ダストアレルギーに花粉症だ。
2人の子供は、幼少期に卵、小麦アレルギーだった。
だから、ウズラの卵を使い、米粉パンを自作していた。
アレルギー持ちはピンキリで、
アレルギー反応は1桁から10の何乗もの世界だと考えている。
アレルギーに関しては、頓着しない医師もいまだに多く、
アレルギー専門医は非常に少ないのが現状だ。
専門外の医師にはアレルギー持ちはご用心だ。

讃岐のムムム自然栽培農場には必ず企業として成功してほしいものだ。
http://sanukinomumumu.com/index.html

                          引用
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             朝日新聞 2012年1月24日香川版

b0242956_1404328.jpg

  by setonokaze | 2012-01-25 01:58

原発 寿命60年のいい訳 #genpatsu

原発 寿命60年のいい訳

1月23日の民主党、合同会議への野田内閣の説明は異論が相次ぎ、
法案の了承は見送られた。
20年間延長例外規定に異論が出た。

寿命40年については議論されていない。
そればかりか、民主党政権ははいつの間にか、
原発への依存を減らす「減原発」にかじを切っている。
だからこそ40年で廃炉。

未だにアメリカ追従、米国は40年。
申請により20年の延長。単なる米国のまねなのだ。
長く運転した方が経済的であることが理由。

日本は運転年数を定めてこなかったと言うが、
30年後は10年ごとに将来の老朽化による影響を技術的に評価することが
義務付けられている。
現行の日本の定めの方が米国より進んでいる。
その気になり、
安全に問題ありとすれば30年で廃炉にさせることが出来るからだ。

今回も、
電気事業連合会が色々注文をつけている様だが、
業界の意向に沿うのはやめにしてほしい。


・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            朝日新聞2002年1月24日  
b0242956_857018.jpg

b0242956_8572229.jpg

  by setonokaze | 2012-01-24 09:05

F1爆発事故と同じ型の原発(BWR)を未だに使いたがる訳  #genpatsu

F1爆発事故と同じ型式の原発(BWR)を未だに使いたがる訳  私的考察

普通、
これだけの大事故を起こせば、
同じ型の原発は「直ちに停止させ、原因究明する。」のだが、
なぜかこの国ではそれがない。

2000年に一度の津波による天災だからなのだろう。
早くも、運転員の手順ミスによると言われ始めている。
手順を間違えなければ爆発事故は避けられたと言うのだ。
事故原因を調べる事故調査委員会までもが、原子カムラの影響下にあるようで、
もめている。

視点を変えて、
彼らが、「単に儲けの亡者だ」という、仮説を立てたら見えてくる。
原子力マネーも、モラルの問題も、現在の東電の態度も、「無主物」
と言う主張も読めてくる。

ところで、
制御棒でググっていて見つけた。ペレット1ヶの発電量。
なるほど、なるほどだ。


ウラン燃料 ペレット1個で
BWRは約8ヶ月分(8.3ヶ月分ともある)(1家庭の)の電気を作ることが出来る。
PWRは6〜7ヶ月分の電気を作ることが出来る。

で、
儲けの比較が簡単に(大まかに)分かる。
BWRは33〜14パーセントPWより多くの電気が作れる。
( 8/6*100=133.3  8/7*100=114.2 )
ま、だいたい儲けも33〜14パーセント多くなると言うことだ。

美味しい話。
3割3分から1割4分の儲けは商売から言えば、
そう簡単に、やめる訳にはいかないのだろう。

BWRはBoiling Water Reactor 沸騰水型原子炉
PWRはPressurizd Water Reactor 加圧水型原子炉
1ペレットは直径1cm弱、高さ1cmの円柱型 黒色


http://www.fepc.or.jp/learn/hatsuden/nuclear/nenryoushuugoutai/index.html 
「PWR燃料集合体の構造と制御棒」をクリックしないと現れない。
図中に8.3ヶ月との記述もある。
注)24.1.24確認 早くも、この上記電気事業連合会の一連の記事は削除されてしまった。
余程不都合があったのだろう。

  by setonokaze | 2012-01-23 03:41

黒い雨 1  #genpatsu

黒い雨

広島の原爆投下 放射性物質とともに降った「黒い雨」
お上は降雨地区を科学的に確定するのは困難と。
広島市、県の要望は認められない。
2008年の調査で、多くの住民が健康被害を訴えたにも関わらずだ。

そもそも、
広島の被爆影響被害はアメリカ統治の元、過小評価だといわれ続けているもの。
未だにお上は、これを見直そうとはしない。
お上は、放射線による被害は最小に押さえ込みたいようだ。
これが、後の安全神話の一翼になっていると思う。

曰く、
直ちに健康に影響はない。
今、放射性物質の飛散はほとんどない(空間線量)
低線量での健康被害はない。
海洋にばらまいた放射性物質はなかったことにする。
今後更なる汚染水の排出があっても、カウントしない。零とする。

いま、
原発の再稼働に向けて、原発推進派の、巻き返しは凄まじい。
なりふり構わず。彼らも必死の様だ。
電気は必要だ。生活、企業活動が出来ない。原発は必要。の三段論法。
広島で大した被害はでていない。すぐに人は住めた。長生きしている人も多い。
放射線の影響は少ない。などなど。

小さな囲み記事
で見落としそうになったが、朝日新聞1月20日 6面、18日訪問先のワシントンで
細野原発相は「40年で廃炉という原則に変わりない」と
野田総理の原発再開への姿勢といい、口先だけの脱原発。

このお上の勢いだと、なし崩しに原発再稼働にならないかと、気をもんでいる。

今一度、
再稼働させたいと言うが、お宅の電力会社も、事故れば、東電と同じ対応されるのですか?
事故は税金で後仕舞することになっているのですか?
ひとたび、事故れば関連住民の生活を壊し尽くす原発必要ですか?
原発に変わる安全なものはないのですか?
と問いただしたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               朝日新聞2012年1月21日

b0242956_10134488.jpg

  by setonokaze | 2012-01-21 10:49

日本の原発はなぜ不安全なのか。 #genpatsu

日本の原発はなぜ不安全なのか。

1000ガル以下でもストレステスト合格。
だが、余裕(倍)はわずか1〜2しかない。

安全率
安全率が低いのは模型飛行機を除いて、人力飛行機。
人力飛行機は究極、安全率1.1をめざす。
(人力飛行機が飛ぶか、飛ばないかと言われていたときの話,今はいくらなのかは知らないが)
1.1は壊れるか、壊れないかのギリギリだ。
ちょっとした、想定外の強い風が吹いても壊れる。
だから、早朝とか、風のない時にテストフライトをする。
ま、人力飛行機は壊れてもセシュウムを飛散させることはない。
1.1とはさほどのものだ。

安全余裕1〜2が原発としてはいかに、あやういものか。
4号機が次の地震で壊れれば、東京が終わると言われるのはこの為だ。

現在の日本の原発なぜ、かように余裕のないもの作ってしまったのか、
よく専門家の人達に検証してほしい。

学生時代に設計で、いやと言う程の教えられたのが、設計時の安全率。
設計者が自由に決めることが出来る。
だが、これがくせ者。
安全率を低くすれば、安く製造出来るが、壊れやすくなる。
高くすれば、安全だが製品は高価な物となる。
兼ね合いが難しい。

設計の部材の安全率は1.2〜10だ。
繰り返し力のかかる部材は10に近くする。
宇宙工学では1.15〜1.25倍だ。重くなると打ち上げ難いからだ。
(宇宙地震は想定しないのでこれで良いと思う)

化学プラントの安全率は4倍と経験からされている様だ。
原子炉の圧力容器ですら、3らしい。低すぎる。

安全余裕
原子力プラントでは、何故か、安全率と言わず、安全余裕と言う。
安全率と言えば、他と比較されてしまうからだと私は考えている。
安全余裕は工学上の正しい用語でないと思う。
まやかしだ。

原発となれば、訳が違う。絶対安全を設計上要求される。
一般設計より、絶対安全側に安全率を設定しなければならない。

だが、残念ながら、そうなっていないようだ。
だから、色々な事故が、原発では起っているし、今後も原発事故は起こり続けることになる。

発電用の原発は商業炉だから儲けを出さなければならない、
絶対安全の設計でなければならない原子炉が、コマーシャルベースに合うように、安全を低くせざるをえなかったのだろう。
残念なことだ。

報道によると、安全率でなく、余裕率と言う表現とか、余裕(倍)とかを使っている。
わざと、設計上の安全率を使わないのは意図的だと思っている。



ゆるゆるすぎる耐震基準
今度原発が事故る時は、地震だと私的には考えている。
F1が事故ったのは津波のせいで、地震が原因とはせずに、
何もお上も、東電も東電以外も抜本的対策をしようとしないからだ。
地震に対する考えが甘すぎる。
1000ガルには少なくとも耐えるようにしてほしい。

伊方3号機の570ガルでもゆるゆるの耐震なのに、東通1は450ガルだと。
直下型地震では1000ガルを超えたと言うのにだ。
(2011東日本大震災 震度7 2933ガル 宮城県栗原市。2008岩手・宮城内陸地震 震度6強  4022ガル。2004中越地震 2515.4ガル)
1000ガル以上に耐えられるのは、わずか2基だけだ。
1000ガルに耐えられない(充分な安全率を有していない)原発は「直ちに廃炉にする」と個人的には考えている。





注)個人の感想です。                     
                             2012.12.11加筆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        朝日新聞24年1月19日
b0242956_5503725.jpg

余裕度わずかの炉心も
耐性評価はこれまで10ヶ所14基の原発で1次評価の報告書が提出されている。福1原発以外はすべて法的な安全基準を満たし、事故で保安院が要求した対策もとっているため、各電力会社の評価について今後、保安院から妥当と判断される見込み。
揺れに対して多くは想定の1.7〜2.0倍の余裕があり、10メートル以上の津波に耐えられるとしている。*これ以上の揺れや津波に襲われた場合は、安全性が保証されていないことを意味する。

  by setonokaze | 2012-01-20 06:23

きっこさんが怒った。ごもっともだ!

きっこさんが怒った。ごもっともだ!

原発の稼働を基本30年からいきなり40年にしたからだ。
危ないと言われている原発がオールセーフとなる。
延長すれば60年運転すると言う。
馬鹿げた法律をよくもしゃあしゃあと作るものだ。

昨日、保安院は大飯原発ストレステストを妥当とした。
傍聴者を、前回さわいだのを理由に、閉め出し、別室での専門家会議を開催したのだ。
運転に慎重な2名の委員は欠席したと言う。

これが正常な審議だろうか。
再稼働ありきの、委員会。 
これが、審議を尽くしたと言えるであろうか。
ドイツに比べても、月とスッポンの差がある。
嘆かわしい限りだ。

怒りを、車検になぞらえた。
私の愛車は間もなく30年オーバーになる。
原発と同じように主要部品は取り替え、エンジンはオーバーホウル済みだ。
日ごろは自分で点検、定期検査の車検の時は、もち、車検整備する。
でも、これが原発ならとても無理。
30年も経てば、メカ、電気系統、全てが時代遅れだ。
絶対安全の保障なぞ、出来るわけない。
それが当然のことだと思う。

原発の事故を電力の自己責任に。
税はびた一文使わせないとすれば、あっと言う間に、原発の運転やめると思う。
採算に合わないことをすれば、株主訴訟の対象になるからだ。
そろばんに合わないようにすることだ。
さほどに、今の電力会社は勘定高い。

今が正念場、世界の規範となるべき選択をする時期なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
@kikko_no_blog
きっこ
原子炉を40年も使用していいのなら、新車を買ってほとんど乗ってなくても3年目に車検、その後は2年ごとに車検を受けなきゃならないなんてナンセンス。もともと車検なんて世界中で日本くらいしか実施してないバカ法なんだから、原子炉が40年もオッケーなら車検制度なんか廃止しろ!1月17日 ついっぷる/twippleから

  by setonokaze | 2012-01-19 01:17

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE