「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

低線量被曝のリスク

「低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ」の抜本的見直しを求める会長声明
を日弁連が11月25日に出した。

『低線量被ばくの人体影響については、専門家の間でも大きく意見が分かれている。低線量被ばくとは、累積しておおむねゼロから約100ミリシーベルト(mSv)程度までの被ばくを指すと理解されている(米国科学アカデミー「電離放射線による生物学的影響」調査委員会報告 BEIR-VII2005年等)。このような低線量域での被ばくについては危険性が無視できるという見解と、これ以下であればがんなどが発生しないというしきい値は存在しないという見解が併存し、科学的にも決着が付いていない。』
今、東電、政府がよりどころにしているのが、この無視出来ると言う都合良い見解だ。施策は全てこの見解にもとずく。故に、現場では二論がせめぎ合いちぐはぐ状態。国を二分している。安全側にたてば、スムーズに事が運ぶのだが、意地でもそうしないようだ。国民の健康を第一に考えるなら、選択すべき見解は自明なのだが。。

『WGの構成員には、広島・長崎の原爆被爆者の健康影響の調査研究に携わる研究者が多く、低線量被ばくの健康影響について、これに否定的な見解に立つ者が多数を占めている。』
のはやはり問題と指摘。かって、原爆症の認定判断基準のハードルを高くした弊害が、被害者を故なく苦しめた。同じ事を繰り返してはならない。

『低線量被ばくのリスクも無視できないという立場に立つ研究者はもちろん、被災地に居住している、又は居住していた市民、被災者の支援に関わってきたNGO、弁護士会及びマスコミ関係者の参加を保障するとともに、議事を公開』
を求めるのは至極当たり前。低線量被ばくのリスクも無視できないという立場に立つ研究者は今の日本ではまだまだ少数だが、がんばって戴きたい。
子供達の未来の為に。。

今後も、日弁連の活動に注視したい。

  by setonokaze | 2011-11-26 19:31 | 東電原発事故

がれきの広域処理

問題なのはがれきが放射能を帯びている事。
すなわち低レベル放射線廃棄物処理 が必要。国は六ヶ所村で、厳重に管理、保管することを定めている。にもかかわらず、一般がれきとして扱かわせようとしている。原発等施設由来のものは法規制があるが、原発施設外の放射性廃棄物は適用外と言うのだ。

放射性廃棄物として扱う必要のない廃棄物は、自然界に存在するものと同じ程度で十分低い値(クリアランスレベル)として法で定められている。これは一般廃棄物として、処理出来る。目安0.01ミリシーベルト/年である。放射能量が多い焼却灰は管理型処分場に埋め立てられる。とある。これを拡大解釈して、がれきの広域処理を進めようとしている。/放射線障害防止法に規定するクリアランスレベルについて

がれきの処理は放射線廃棄物の処理工場そのものだから、運営、管理、は六ヶ所村と同レベルが必要だが、各地の自治体処分場はそもそも対応していない設備。運転を誤れば、地域の汚染は避けられない高レベル汚染が予想されるフイルターの管理にしても、同様。素人同然の職員では所詮無理。(防護服、防護マスク、被曝管理が必要)

既存の設備を使うのは手っ取り早く、経費もすくなくてすむからだ。しかし先行する東京都では、瓦礫処理が利権になってしまった。表では自治体が処理するが、業者の関与が利権になる。
放射能公害を防止しようとするなら、封じ込めが基本。封じ込めに失敗すると全国に拡散する。がれきの広域処理はまさに拡散のはじまり。
分散処理は放射性廃棄物処理施設を全国に作ることに他ならない。あらたな放射能汚染の危険を背負うことになる。分散する程汚染リスクは増大する。この二次放射能汚染を防止するには六ヶ所村処理場と同じレベルの管理をが必要。そんなこと地方自治体で出来る訳がないし、出来ると言われても危険きわまりない。

福島に高性能のがれき処理施設を作るしかない。それまでは一時保管しかない。動かしてはだめだ。数年で処理出来る程、放射性廃棄物は簡単な物ではない。
原発を誘致する事がどれだけリスキーなことか。原発マネーで潤うのは事故のない時だけ。
事故れば負のリスクはいやと言うのは通用しない。全てに責任を負うと言うこと。
このことが原発抑止力になる。

福一を核の墓場をするしかない。リェルノブイリがそうであるように。最終処分場は福島県外になどというが、福島が引き受けない物を他県が引き受けるなど政治家のリップサービスにすぎないし、甘い考えはもたないほうがいい。原発は一度事故れば、後仕舞がとてつもない事になるのは、自明で、事故発生場所に封じ込めるしかない。

福一の廃炉、事故処理は20年とも、30年とも言われている。同じくがれきの処理も年数をかけて処理すべき。放射能はすぐに朽ちない。目の前のがれきの山をたちまち処理したいのだろうけど、簡単に処理出来る物ではない。

  by setonokaze | 2011-11-24 07:12

原発事故のこと

福島第一原発の爆発事故で大量の放射性物質がまき散らされた。
(ベントによるともいわれている)
だのに、政府、東電,マスコミは明らかにしなかった。
twitterで真相を知ろうとしたが、なかなか正確な放射線数値が、
発表にならなかったし、探せなかった。モニタリングポスト値もだ。

そのとき見つけたのが、チェリノブイリ以来、自主的にR-DAN放射能検知器で測定していたアマチュアの @shimanomusume さん 原発事故の情報を出していた。しかも、同心円の避難地区を政府がさかんに支持している時に、原子雲の件についても、風向き、雨でスポットが出来る事も警鐘していた。だが、彼女のせっかくの情報が広くは伝わらなかった。もちろんマスコミに取り上げられる事も無かった。
彼女のR-DANは三春町で1000cpm超えの放射線ピークを見事に捉えていた。
(これはアマチュアグランプリ賞だと思っている。)

福島の苦難の全ての始まりであった。

政府、東電が情報を隠していたのは明らかだった。
安定ヨード剤投与の指示も出さなかった。
イソジン飲めばいい(誤報)までtwitterで飛び交っていた。

(2011.9.23 mixi掲載一部修正)

  by setonokaze | 2011-11-23 16:50

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE