カテゴリ:脱原発アクション( 45 )

 

「福島を想い、福島を忘れない アピールスタンディング」 at高松 2017年3月5日レポ


「福島を想い、福島を忘れない アピールスタンディング」

3月5日(日)ひな祭り 
16:20高松市田町交番前集合
17:00三越前へ移動

と言うので、レポです。

・・・・・・・・・・

福島原発事故から6年目の3月11日をむかえます。
しかし、いまだに故郷に帰れない人々が10万人近くいます。
国際的にも、国内法令でも公衆線量限度は年間1mSvにもかかわらず、福島だけは
20mSvという、一般の20倍もの被曝を、政府は強いています。
「放射線管理区域」でさえ年間5mSvで、その区域での18歳未満の労働は禁止されています。そのようなところで、豊かな気持ちでのびのびと子育てが出来るでしょうか。
これらの問題は決して福島だけの問題ではなく、私たちひとりひとりが「便利さ」のために誰かを犠牲にしてきた結果です。
b0242956_22325873.jpg

それぞれのアピール (デモではありません)がリレーで続きます。
b0242956_22353379.jpg

福島の方たちの想いに寄り添って、吉永さゆり
あの日、2011年3月11日巨大な地震と津波が東日本を襲い、多くの方たちが亡くなりました。福島では原発事故が起きました。事故によって、かけがえのないふる里から避難しなければならなかった人たち。大切な仕事を失ってしまった人たち。
そして避難生活の中で亡くなった方も大勢います。けれども福島ではこのような過酷な状況の中から作品が生まれました。心の叫びをふる里への想いをつづった詩が次々と作られたのです。**
b0242956_2236241.jpg

福島を忘れない
b0242956_22365750.jpg

昨日よりも優しくなりたい。**
b0242956_22372079.jpg

福島の声を皆さんにお届けしたくて、そして私たちの想いを共有していただきたくて、福島を忘れてほしくなくて、ここに集まって声をだしています。**
b0242956_22374743.jpg

この国にどうして、こんなに多くの原発が出来たのか、原発によって社会はどうかわったのか、これから**
b0242956_22404742.jpg

福島を想い、福島を忘れない。
右は スピーカーを担ぐ 太田あゆみ 高松市議 最年少議員です。
b0242956_2242582.jpg

b0242956_22422531.jpg

グリーンに入ります。
b0242956_22425017.jpg

グリーンなのですが、まだ、ケヤキには葉がありません。春はそこまできているのですが。。
b0242956_22432221.jpg

丸亀町商店街を通過します。  みんなに注目されます。。
b0242956_22442122.jpg

b0242956_22444398.jpg

発電に 核を 使うな
b0242956_2245372.jpg

丸亀町アーケードを通過。
b0242956_2247845.jpg

三越前でスタンディング。
b0242956_22474389.jpg

お疲れさまでした。。。


ツイキャス 
高松市田町交番前で311記念スタンディング
http://twitcasting.tv/togura04/movie/352815805
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2017-03-07 23:14 | 脱原発アクション

伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15Ⅲレポ高松

伊方原発を激しく揺り動かす活断層
—まずは本物の中央構造線を調査せよー
「中央構造線について」

愛媛大学名誉教授
小松正幸 講演
2017年1月15日 13:30- 高松ミライエ6F
b0242956_2248038.jpg

市民の共有財産とする目的で、いち早くこの講演会を開催いたします。ひとたび原発で過酷事故がおこれば、故郷が壊滅してしまいます。二度と“想定外”と言わせないために。
「地震・津波は止められない だが 原発は止められる」


写真でレポです。
めったにない雪が屋根に薄ら残っていたが、気温が上がり、日差しも入ります。
会場のたかまつミライエ 昨年の11月にオープンしたばかり。球形は最新型プラネタリウム。
b0242956_21334941.jpg

予想を上回る来場ペース。
b0242956_21371571.jpg

会場が満杯になリました。
b0242956_21404437.jpg

今日の司会は 太田あゆみさん(高松市議 最年少)
b0242956_21412937.jpg

講演が始まりました。
b0242956_21442231.jpg

b0242956_21523380.jpg

2枚のスクリーンを使っての説明。左手の方も見やすいようです。
多くの方が手元のレジュメを見ながら聞き入っていました。
b0242956_21541251.jpg

四国電力報告書を見て最初に疑問に思ったこと
b0242956_21544532.jpg

伊予灘において中央構造線はどこを走っているか?
A 中央構造線断層帯は伊方原発の沖合6〜8kmのところにある(四電の主張)。
B 中央構造線は伊方原発の0.6〜1.5km沖合を走る(早坂・小松の新説)。
b0242956_22555186.jpg


敷地周辺の活断層分布
b0242956_2215439.jpg

重力異常分布による 伊予灘堆積盆の構造解析
重力異常の急変帯と負の異常帯に注目
b0242956_2224075.jpg

熊本地震の震源と断層のトレンド 南海前弧スリヴァーの北縁で横すべり断層に転化。
さらに、北縁断層は別府湾→伊予灘へ連続する。
一方、北西側は開いている(正断層による地溝の形成)
b0242956_2235461.jpg

講演後、休憩を挟んで、質問書への回答、解説。


【 資料 】

1 伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15資料Ⅰ高松
http://lituum.exblog.jp/26536921/

2 伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15資料Ⅱ高松
http://lituum.exblog.jp/26538763/

3 ツイキャス 中継(@togura04) http://twitcasting.tv/togura04/movie/339064454
小松正幸氏「中央構造線とは何か」講演会@高松ミライエ 

4 講演会1/15資料 PDF

a パワーポイント資料
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1663305/komatsu/IYONADA-MTL.pdf
b 講演レジュメ資料
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1663305/komatsu/%E9%AB%98%E6%9D%BE%E8%AC%9B%E6%BC%94%E8%A6%81%E6%97%A8.pdf

  by setonokaze | 2017-01-16 23:27 | 脱原発アクション

伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15資料Ⅱ高松

伊方原発を激しく揺り動かす活断層
—まずは本物の中央構造線を調査せよー
「中央構造線について」

愛媛大学名誉教授
小松正幸 講演
2017年1月15日 13:30- 高松ミライエ6F
b0242956_21415199.jpg

市民の共有財産とする目的で、いち早くこの講演会を開催いたします。ひとたび原発で過酷事故がおこれば、故郷が壊滅してしまいます。二度と“想定外”と言わせないために。
「地震・津波は止められない だが 原発は止められる」

内容が盛りだくさんです。
当日この記載のレジュメは講演会会場で用意されています。
事前にお目通し戴ければ、当日のご理解の一助となります。
59枚あります。一度にUP出来ません。資料Ⅰ(前半), 資料Ⅱ(後半)はレジュメ。Ⅲはご報告の予定。
b0242956_21433637.jpg

b0242956_21435735.jpg

b0242956_21443965.jpg

b0242956_2146778.jpg

b0242956_21462814.jpg

b0242956_21464865.jpg

b0242956_2147732.jpg

b0242956_21473572.jpg

b0242956_21481360.jpg

b0242956_21483843.jpg


b0242956_21485254.jpg

b0242956_21491640.jpg

b0242956_21502963.jpg

b0242956_21515858.jpg

b0242956_21531163.jpg

b0242956_21532781.jpg

b0242956_21534727.jpg

b0242956_2154522.jpg

b0242956_21542426.jpg

b0242956_2154467.jpg


b0242956_22163224.jpg

b0242956_2217892.jpg

b0242956_22172071.jpg

b0242956_2217323.jpg

b0242956_22263984.jpg

b0242956_22271797.jpg

b0242956_22274871.jpg

b0242956_2228764.jpg

b0242956_22282852.jpg

RDFファイルはこちら↓
https://dl.dropboxusercontent.com/u/1663305/komatsu/IYONADA-MTL.pdf

「中央構造線についてー伊予灘中央構造線の再検討を主題として」
愛媛大学名誉教授小松正幸

講演要旨
表題が「中央構造線について」というのは些か獏としていますので、「伊予灘中央構造線の再検討を主題として」という副題を付けさせてもらいました。
中央構造線は英語ではMedian Tectonic Line、略してMTLと言います。
以下MTLと記すことにします。(()内の数字はスライドの番号)。
話は、まず、MTLとは何か?という一般論を少しだけ、次にこれに関連して、
私の研究の中でMTLに関係する岩石や構造を扱ったことがありますので、私とMTLとの関わりについて、さらに、今回の「伊予灘中央構造線見直し」のきっかけとなった四電作成の地質断面図を引き合いに、MTLの様々な見方、考え方を紹介し、その後、本題に入ります。

1)MTLは「地体境界(ないし地質境界)としてのMTL」と表現されることがあります。
それはMTLが日本列島の内帯と外帯を分ける大断層、という意味です。
内帯とは領家帯(とそれを覆う堆積層(和泉層群)) よ り 北 側 の 地 質 体 、
外帯とは三波川帯より南側の地質体を指します(1)。
構造「線」というのですから本来は内帯外帯を分ける地表の境界線のことですが、実際には断層面が地表に現れた線ですから、断層そのものをMTLとするのが一般的です。遅くとも白亜紀後期(約7000万年前)には左横すべり断層として形成されていた、と考えられています(2,3)。
これがどのようにしてできたのかについて、少なくとも後々まで尾を引く2つの考え方(高角左横ずれ断層説、低角衝上断層説)があります。
現在のMTLは地形的には極めて明瞭な直線的形状を成しています。
これは、新しい“MTL”が高角の活断層として古いMTLを切ってできたものと考えられています。紀伊半島西部から四国中部にかけて、MTLの位置と活断層“MTL”の位置はほぼ一致しています。そのため、この活断層をMTLと呼ぶ人もいます。
そういう人は「MTLは高角の横すべり断層」と定義します。方や、本来のMTLは低角の層だと考えている人は、そのような定義に反対します(3〜5)。
しかし、後で見るように定義論は別にして「高角横すべり断層説」は重要な意味があります。

2)私は第三紀の瀬戶内火山岩に包有される深部岩石片の研究をしたことがあります。
この研究から領家帯岩石の下に三波川変成層があることを発見しました。
地表では領家帯(+和泉層群)と三波川帯は高角の“MTL”で堺されているように見えますが、実は本来のMTLは低角で北側に傾斜しているために、領家帯の下にMTLがあり、その下に三波川帯が存在するのです。
そればかりでなく、私の研究した八幡浜の大島では、領家帯の岩石が三波川帯のずっと南に張り出して、三波川変成岩の上に乗っていることが発見されました。
大島変成岩は深部から上昇する過程で流動変形を受け、さらに地震を起こしながらもっと上に持ち上がってきたことが分かりました(6〜13)。

3)四電の申請書を見ていて、奇妙な図があることに気がつきました。
それは、佐田岬半島の地質断面図で、三波川変成岩の上に和泉層群が描かれていますが、両者の間に断層が引かれておらず、一見すると和泉層群が三波川変成岩の上に堆積したように見えます(14,15)。
これは日本列島の地質学の常識に反します。どうしてこのような断面図がまかり通ってきたのか?
この問題が伊予灘MTL見直しのキッカケとなりました。
実は本来のMTLと活断層の“MTL”が分離しているところがあります。愛媛県の国道
33号線東温市から西条市側へ越える峠からMTLは南に屈曲し(桜樹屈曲)、砥部を通って伊予市双海(上灘)までトレースできます。ここではMTLは第三紀以降動いた形跡がありません。そのため、本来のMTLはʻ死んだ断層ʼ、とされました。
これが一般化されると、地体境界としてのMTLは死んだ断層であって、単に地質
体を分ける境界線の意味しかない、ということになり、伊予灘のMTLも実はこの延長で片付けられてしまったのです(16,17)。

MTLについて、いろいろな見方があるということは、MTLがまだ完全には分かっていない、ということです。
MTLに限らず日本列島のどの断層や構造についても、最早疑問の余地がないというほど調べがついているとことはどこにもありません。ですから、
どこそこの原発地盤が安全だと主張しても、それは現在の知識や理解に基づいて
そう主張しているのであって、調査が進めば、あるいは解析の仕方や認識のレベルが変われば、そこは実は安全ではなかった、ということにもなるのです。
自然の認識は常に相対的であって、絶対はありません。

4)話の本題は伊予灘の本来のMTLはどこにあるか、それは活断層か?ということです
(18,19)。
本来のMTLが死んだ断層ではなく活断層だということを、最初に発見したのは別府湾における京大グループの地震波探査です(20〜30)。
それに続いて四国東部・紀伊半島での陸上の地震波探査でもMTLが活断層として再活動していることが分かりました(31〜33)。
私達は、伊予灘での四電の地震波探査結果から伊予灘でもMTLが活動していること、活断層MTLが佐田岬半島の沿岸すれすれに走っていることを実証しました。
伊予灘で検出されたMTLは、西は別府湾で検出されたMTLに、東は長浜下灘で発見されていた「沿岸活断層」に繋がります(34〜53:このうち36〜40は基礎知識の解説)。

5)伊予灘の形成史を編んでみます。
伊予灘の深い堆積地溝、すなわち、ハーフグラーベンの形成過程(54)と、その
後の変化発展過程を堆積物と断層の構造から組み立てる試みです。
別府湾ではこの試みはある程度成功しています。それは西に連続する平野部の同じ時期の地層群がよく調べられていること、さらに西の豊肥火山地帯が同じ時期にハーフグラーベンとして形成されたことが分かっており、それらとの対比が可能だからです。
別府湾のハーフグラーベン形成の最初の時期は500万年前とされています(55〜57)。
伊予灘の場合には音波探査、地震波探査の記録だけが頼りです。
沢山の探査がありますが、最も深いところ、すなわち堆積盆の底まで探査しているのは、私が知る限り四電の11本の測線(最大深さ3km)で、つぎに深く、新期堆積物の下部層についてある程度の状況が分かる程度まで(約160m)達しているのが、四電の初期の探査、国土地理院の探査です。
大学などの探査は上部の堆積層を狙いとしたもの(100m以内)です(58)。
伊予灘堆積物(A,D,T層)のうち、A層は氷河期に干上がっていた瀬戶内海に海水が入ってきてからの堆積物(沖積層)で、最大の厚さは
40mですが、平均的には10〜20mです。
D層は最終氷河期前(30万年前〜数万年前)の堆積層(20〜40m)、
T層は最大2500mに達し、堆積期間も長く(500万年前〜30万年前に相当
)、その間何度か断層運動で上昇し削剥され、また、変形を受けて褶曲しています(59〜67)。
ここで分かった重要なことは、伊予灘別府湾別府・島原地溝は一連の連続する地溝帯であること(68〜70)、
その形成にはフィリピン海プレートの沈み込み方向が重要な役割を演じている、ということです(71〜74)。
4月に発生した熊本地震はこのことをリアルに示しました(72)。

6)現在、南海トラフにおけるフィリピン海プレートの沈み込み方向は斜め西寄りです
(68)。
このことがMTLに西向きの押す力を与えています(73,74)。
とくに、中部九州の西側、熊本地域ではこれが西向きから南向きに変化しており、
それに平行な日奈久断層で地震が起こりました。それに続いて西向き方向にほぼ平行な布田川断層でM7.3の本震が起こりました(75)。
前者の震源断層はほぼ垂直、後者は80°北西落ちです(76)。
布田川断層は別府島原地溝帯の南縁を画する断層で、本来は低角北西落ちの正断層(ハーフグラーベンをつくった断層)でした。
布田川断層はMTLに関連する大分熊本構造線の一部で、これが九州のMTLだという人もいます。これが今回の地震で高角の横すべり断層に化けたのです。明らかに運動が変化しているのです。
ところが布田川断層帯を離れ、北側の地溝帯では正断層型の地震が起こっているようです。地溝の南縁で横すべり断層型、地溝帯で正断層型地震が同時に起こったのです。実際、阿蘇カルデラ内で地殻水平移動を詳細に解析した結果、阿蘇市の真ん中をN30°E方向の線を境に、東側では東から西へ移動し、西側では南から北へ移動したことが分かりました(79)。
N30°Eの線は潜在的な断層で、この線に沿ってM5.8の地震が発生しています
(78)。
つまり、この断層より西側は南北に開く運動が続いているのです(77〜82)。
別府島原地溝帯は生きているのです。
別府島原地溝帯の開く運動は、現在進行中の沖縄トラフの開く運動の連続だという見解があります。
別府島原地溝帯の南縁断層は同時に南海前弧スリヴァーの北縁断層でもあります。この高角右横ずれ断層を堺に東側ではスリヴァーが西進し、反時計回りに回転するように動き、北西側では地溝帯のハーフグラーベンをつくる南北に開く運動が依然として続いている、と見ることができます(83、84)。

7)では、四国西部、佐田岬半島において、現在、西向きに押されている力を受けて、高角横すべり運動を行う断層はどれか?これが新たに浮かび上がった論点です
(85)。
それと同時に、別府島原地溝の開く運動がどこまで及んでいるか、がもう一つの問題です。この地域には伊予灘沖の活断層と、私達が唱える本来のMTLがあります。後者が低角の活断層として伊予灘のハーフグラーベン形成に関与したことは実証しました。
これが別府島原地溝布田川断層の関係で見たように、高角の横すべり断層に転化しているか、が問題です。これについては後で述べ、その前に、四電が主張するよう
に、沖合活断層は南海前弧スリヴァーの北縁断層(右横ずれの高角断層)であるか、どうかを検討します。
根拠としてあげている3つの事象は、いずれも高角右横ずれ断層説を証明する証拠としては非常に不十分で、むしろ、正断層が卓越すると見た方が合理的で
あり、一本の高角横ずれ断層とするよりは、沿岸近くにある活断層を含めて幅広い
引張性の断層帯を形成していると見るべきです(85〜100)。
それはすなわち、伊予灘は現在も開いていることを意味します。

8)沿岸活断層について、
西側は活断層の佐賀関断層に連続し、東側は西浜下灘の高角活断層に連続する、と言いました。
産総研・四国総研(2001)の報告によれば、下灘上灘高野川の沖合500〜700mは急勾配の斜面になっています。緒方(1975)は音波探査の結果、ここでは和泉層群と新期堆積物の間が断層であるとしています(101〜103)。
そしてこの断層は東は伊予断層に、西は下灘長浜の高角活断層に連続します
(104〜106)。
沖合活断層は横すべり断層ではなく、探査断面を素直に見れば正断層系です
(107)。
私達はMTLが伊予灘沿岸すれすれに走る低角の活断層であることを先に提起しましたが、引き続く検討の結果、現在この位置は、布田川断層に対応する高角横すべり断層ができつつあると確信するに至りました(108)。まだ多くの点は仮説
の域を出ませんが、その一つ一つについて事実を明らかにすることが絶対に必要です。

9)佐田岬半島の数百m沖に活断層が走るとなると、陸側海岸はこの断層の影響を受けている可能性があります。
大きな断層ではしばしば断層面に並行して小断層やカタクレーサイト帯が形成されています。この部分を断層ダメージゾーンと言います(109,110)。

私たちは伊予灘沿岸長浜から佐田岬半島の先端まで、とくに突き出た岬(鼻)を歩いてダメージゾーンの調査を行っています。これらの沿岸域、とくに佐田岬半島は切り立った崖になっており、その先に海は急に深くなっています。
そして沿岸の岩石は大小の無数の断層や亀裂によって切断されズタズタになっていることを発見しました。これぞまさにダメージゾーンです(111〜115)。

10)ここまで諸問題を解いてきましたが、いま最も問題となるのは、伊方を含む40〜50kmの範囲について沿岸海域の詳細な資料が公開さられ(されて)いない、あるいは十分な調査がなされていないことです。
私達は、海底の情報については音波探査、地震波探査に頼らざるを得ませんが、
探査の結果ʻないʼと言われれば完全にʻないʼことになりますが、複数の機関が探査を行ったところでは、1機関がʻないʼといっても、他機関がある、ということもあります。ですから、複数の機関によるクロスチェックが必要です。
私たちはこの領域について、原子力規制委員会の責任で海陸統合地震探査を行うよう要請したところです(116〜118)。

2017.1.14 講演主旨他資料追加。

  by setonokaze | 2017-01-07 22:35 | 脱原発アクション

伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15資料Ⅰ高松

伊方原発を激しく揺り動かす活断層
—まずは本物の中央構造線を調査せよー
「中央構造線について」

愛媛大学名誉教授
小松正幸 講演会
2017年1月15日 13:30- 高松ミライエ6F
b0242956_437699.jpg

b0242956_4372316.jpg

市民の共有財産とする目的で、いち早くこの講演会を開催いたします。ひとたび原発で過酷事故がおこれば、故郷が壊滅してしまいます。二度と“想定外”と言わせないために。
「地震・津波は止められない だが 原発は止められる」

内容が盛りだくさんです。
当日ここに記載のレジュメは用意されています。
事前にお目通し戴ければ、当日のご理解の一助となります。
59枚あります。一度にUP出来ません。Ⅰ,ⅡはレジュメⅢはご報告の予定。
b0242956_4524764.jpg

b0242956_5164129.jpg

b0242956_517836.jpg

b0242956_5293992.jpg

b0242956_530823.jpg

b0242956_5304414.jpg

b0242956_531838.jpg

b0242956_5313253.jpg

b0242956_532720.jpg

b0242956_5322679.jpg


b0242956_554272.jpg

b0242956_5545173.jpg

b0242956_5551159.jpg

b0242956_5553061.jpg

b0242956_5554697.jpg

b0242956_556525.jpg

b0242956_5562023.jpg

b0242956_5563875.jpg

b0242956_557291.jpg

b0242956_5571758.jpg


b0242956_6114923.jpg

b0242956_612830.jpg

b0242956_6123548.jpg

b0242956_6131882.jpg

b0242956_6134468.jpg

b0242956_614459.jpg

b0242956_6142137.jpg

b0242956_615286.jpg

b0242956_6151933.jpg

b0242956_6154262.jpg

Ⅱに続く。

  by setonokaze | 2017-01-07 06:31 | 脱原発アクション

1人1人がつくる脱原発デモ in高松 レポ 12月10日


危険な原発を今すぐSTOP!!
伊方原発沖600メートルに活断層

想い想いのプラカードや鳴り物など持参して下さい。
「原発いらない」「故郷奪うな」「瀬戸内を守りたい」
なんでも想いを伝えましょう。

日時  12月10日(土)13:30〜
集合  高松市コトデン瓦町駅陸橋集合
    JR高松駅までデモ行進

というので、レポです。

・ ・・
今日はここからスタートします。
b0242956_20161399.jpg

みんなでスタート。「原発いらない」
b0242956_20174531.jpg

「再稼働反対!」
b0242956_2019147.jpg

太田あゆみ 高松市議参上!
b0242956_20194551.jpg

「まご子に残すな核のごみ!」
b0242956_20204730.jpg

b0242956_20223061.jpg

始末は不可能核のごみ
b0242956_202369.jpg

伊方原発再稼働反対
b0242956_21295348.jpg

「再稼働? 死の灰つくるのね」
b0242956_21204096.jpg

丸亀町ドーム クリスマスツリー 横を通過。
b0242956_21164554.jpg

渡辺さと子 元香川県議 参上
b0242956_21114695.jpg

四国から原発なくせ!
b0242956_2024416.jpg

四電本社前です。
b0242956_2026349.jpg

さらにJR高松駅に向かいます。
b0242956_20263268.jpg

再稼働反対!
b0242956_20271347.jpg

「発電に核を使うな」  電のすけ 電化電車に遭遇。
b0242956_2028519.jpg

「社長の頭は核汚染 かわいい孫も被ばくする」「原発自体が核のゴミ」
b0242956_20285835.jpg

原発ゼロ
b0242956_20295158.jpg

JR高松駅に到着です。
b0242956_20303430.jpg

b0242956_21361046.jpg


・ ・・
デモが終わってから、有志が沖縄を訴えます。風車もくばります。
b0242956_20313687.jpg

沖縄の民意にしたがえ
b0242956_20323084.jpg

太田あゆみさんが署名集めです。
b0242956_2032555.jpg

b0242956_2033413.jpg

風車 嬉しそう。。
b0242956_20343593.jpg


今日はご苦労様でした。
最後にパンフです。
b0242956_205949.jpg

  by setonokaze | 2016-12-10 21:41 | 脱原発アクション

未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介 6 「公開質問状」

今日は、
会の活動をご紹介しよう。

2016年11月25日
「伊方原発3号機の再稼働についての公開質問状(4)」を出した。

 稼働前の4月14日から頻発する熊本・大分を中心とした一連の大地震、さらに稼働後の10月18日以降の鳥取中部を震源地とする大地震と相次ぐ広域連鎖的な地殻変動が起きています。11月22日の福島県沖の地震では最大1.4メートルの津波も発生しました。当社は、何事もなかったかのごとく粛々と3号機を稼働させているように見えますが、千葉昭会長、佐伯隼人社長、それに原子力本部長の玉川宏一副社長、伊方3号機をこのまま稼働させていて本当に大丈夫なのでしょうか。「もしも?万一?」というご心配はされていないのでしょうか。さて、質問です。

という質問状です。

「未来を考える脱原発四電株主会」は
いわゆる総会屋とは違い、

しごく真面目に四電の将来施策を提案する
まっとうな株主会である。

【 「公開質問状」要旨 】

1、心配されていないのならその理由を、伊方原発のすぐ近くには中央構造線が走り、かつ南海トラフ巨大地震の震源域にもあることを踏まえて、具体的にお答え下さい。心配されているのなら、それでも伊方3号機を稼働させている合理的理由を具体的にお答え下さい。

2、今回、再起動させた3号機のMOX燃料価格をご教示下さい。同時に、なぜ、ウラン用の原子炉で高価で危険性が高く、処分方法も不明なMOX燃料をわざわざ使用するのか、お答え下さい。

3、当社の緊急時対策所は、重大事故時、東京電力の免震重要棟と同程度もしくはそれ以上の機能を発揮できるのでしょうか。千葉昭会長(当時社長)は、「こうした基準(新規制基準)に適合することは、原子力発電所を稼働させるうえで必要ではありますが、国が定めた基準を充足するだけで十分であるとは考えていません」(『よんでんグループアニュアルレポート2014』)と言われています。千葉会長(当時社長)の言葉を踏まえて、緊急時対策所の設置場所、規模、収容人員等、東電の免震重要棟との比較で具体的な数字を提示してお答え下さい。同じく、耐震不十分とされた免震事務所は今後どのようにされるのでしょうか。合わせてお答え下さい。

4、福島第一原発の事故以降、ほぼ原発が停止し、政府も電力各社も電力不足を叫ぶなかで、どの会社がこのように多くの電力を販売してくれるのでしょうか。当社の最近10年間の電力購入先と購入電力量、購入単価をお答え下さい。

5、この2つのトンネル工事には巨額の費用が掛かると思うのですが、この工事の目的、工期、総工費をお答え下さい。

以上5問について、12月24日(土)までに文書にて本会事務局にご回答下さい。

・・・・・・・・・・・

ごく、
まっとうな株主が会を作り、
ささやかながら、数が全ての株主会で
まっとうな声を上げている。

しかも、
この会の指摘は的を射ている。

四電が
近視眼になり、施策を間違えていると指摘しているのだ。


原発の電気は高い。
やっと、政府が認めた。
安いと言われた原発の電気代が実は高かったので、
その差額分、遡って託送料で支払ってくださいと言い出したのだ。

四電は
伊方原発が稼働したら電気代下げます。といっていましたね。
原発の電気代が高いとなったので、
伊方原発3号機への1700億円と言われる投資は
株主利益を毀損することになりますよね。


1 南海トラフ巨大地震は必ず起こる。
いつ、どこで起こるか最新の知見をもっても、予知できないだけだ。
南海トラフ巨大地震に伊方原発が襲われたら、四電は想定外というのか。

2 なんでわざわざ高価なMOX核燃料を燃やすのか。
危険だし、処分が大変で、モウケの損失。

3 「免震重要棟がなかったら、ぞっとする」これがF1の教訓。
大きな免震棟を作る技術を持ち合わせないなら、2つでも、3つでも、免震棟を作り、繋げばいいではないですか。
新規制基準では「免震棟等」とある。その「等」の適用を受けるは最低のレベル。
「安全を最優先」とはならない。

4 四電管内の電気は余っていますよね。
コストの高い原発の電気を作ることは、株主利益を毀損しますよね。
坂出火力に新設したガスタービン発電機あと、2〜3台作れば、それで伊方原発3号機分ありますよね。この方が償却も早いし、儲もいいし、使用済み核燃料の問題も出ないし、いいことずくめですよね。
なぜ、そうしないのですか。

5 このトンネル何のためでしょう。
出口はどこになるのですか。
連絡用との話もあるらしいが、伊方原発へのアクセス道路が全滅すると考えているなら、それはそれで大問題だ。まさか、トンズラ用トンネルではないでしょうね。
トンネルを作らなければならない程、差し迫った危険があるなら、伊方原発は株主にリスクをおわせていることになる。


四電には
四電株主の利益を毀損させない義務がある。

回答期限は
2016年12月24日(土)
b0242956_18464780.jpg

b0242956_184746.jpg

未来を考える脱原発四電株主会のHP
http://miraiyonden.sakura.ne.jp/




注1)個人の感想です。
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5 未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介 5
http://lituum.exblog.jp/25044271/
4 未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介 4
http://lituum.exblog.jp/23538151/
3 未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介 3
http://lituum.exblog.jp/22849911/
2 未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介2
http://lituum.exblog.jp/19721025/
1 未来を考える脱原発四電株主会 のご紹介1
http://lituum.exblog.jp/19721025/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-12-01 18:55 | 脱原発アクション

伊方原発再稼働反対 アクション 高松中央商店街 田町交番〜四電本社 レポ 9/10 


9月10日(土)
伊方原発再稼働反対 アクション
3ヶ月に一度の定例のアクション 再稼働後初のデモ
日時  13時30分集会後四電までデモ行進
場所  高松市田町交番前集合〜四電本社まで
       
3ヶ月に一度の定例のアクションです。
飛び入り、中抜けOK 一般参加大歓迎。
主催  脱原発アクションin香川 

で、レポです。

田町交番前
b0242956_12123850.jpg

商店街を行進します。
b0242956_12125393.jpg

地球も人も被曝させるな!     脱原発アクションin香川
アーケード街はマイクがよく通ります。土曜なので人出もありアピール効果抜群。
b0242956_12131559.jpg

始末は不可能 核のゴミ
b0242956_12133842.jpg

白川 よう子 香川県議 参上!
b0242956_12135810.jpg

みんなで止めよう原発   STOP 原発
b0242956_12142390.jpg

b0242956_12144330.jpg

発電に核を使うな
b0242956_1215046.jpg

げんぱつ、うごかさんとって。
b0242956_1215249.jpg

伊方原発を廃炉に! みんなで止めよう!再稼働 
b0242956_12154667.jpg

四電が消滅しても 核のゴミは消滅しない
b0242956_12161832.jpg

高松三越前通過
b0242956_12163879.jpg

四電本社前
再稼働? 死の灰をつくるのね
b0242956_1217322.jpg

青空のもと、
四電は原発やめろ! 原発いらない! 瀬戸内海を汚すな!
b0242956_12185912.jpg

みなさん、お疲れさまでした。。
コメントの不備ごめんなさい。


当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f. 伊方原発3号機 再稼働反対 緊急抗議 8月11日 高松 レポ
http://lituum.exblog.jp/26101129/

e. 四電 伊方原発再稼働 緊急抗議集会&デモ 8月8日 高松 レポ
http://lituum.exblog.jp/26095305/

d.【瀬戸内NO NUKES LIVE 2016】高松 音楽、パフォーマンス レポ 7/31 
http://lituum.exblog.jp/26069794/

c.「みんなで止めよう伊方原発」全国集会 伊方原発ゲート前 7月24日レポ
http://lituum.exblog.jp/26049199/

b. ついに、高松にサイレントモブが上陸! 「選挙に行こうよ」2016.6.26 レポ
http://lituum.exblog.jp/25956560/

a. 原発さらば記念日 アクション2016 in 高松 鯉のぼり 5月5日レポ
ituum.exblog.jp/25767172/


-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-09-13 13:15 | 脱原発アクション

伊方原発3号機 再稼働反対 緊急抗議 8月11日 高松 レポ


明日(8月12日)
伊方原発3号機を起動させるというので、
ポンコツでオンボロの伊方原発3号機を起動させるなと
緊急抗議です。

ことでん瓦町駅から高松三越前まで抗議します。

で、レポです。

既に瓦町駅前は出発していました。
b0242956_80257.jpg

b0242956_803079.jpg

田町交番前
b0242956_805619.jpg

原子力? おことわり
b0242956_812614.jpg

歩行者なのです。
b0242956_81447.jpg

避難はできない! 原発をなくせ
太田 あゆみ 高松市議 参上!
b0242956_821769.jpg

渡辺 さと子 元香川県議 参上!
b0242956_824677.jpg

原発廃止で地域を再興
b0242956_8353.jpg

発電に核を使うな!
b0242956_83362.jpg

アーケード街から中央公園に向かいます。
b0242956_841455.jpg

中央公園が高松祭りの準備中で、公園の東側でアピールです。
b0242956_845488.jpg

アーケード街再びアーケード街に戻ります。
b0242956_852419.jpg

グリーンを通過。。
b0242956_865460.jpg

振り返る人もおいでます。
b0242956_874579.jpg

b0242956_882356.jpg

「キリン」と大旗は目立ちます。
b0242956_89597.jpg

b0242956_892611.jpg

伊方原発再稼働反対
いよいよ、三越前にこのまま流れ解散です。
b0242956_810432.jpg

注)コメントの不備ごめんなさい。

お疲れさまでした。。
(伊方原発3号機は8月12日9時に起動させる。)

  by setonokaze | 2016-08-12 08:54 | 脱原発アクション

緊急抗議 伊方原発3号機再稼働直前抗議 四電本社前 8月10日 レポ

四電は
8月12日9時から起動(再稼働ではありません)させるという。

伊方原発3号機は
起動直前の7月17日朝、一次冷却ポンプ漏れであえなくダウン。
格納容器耐圧検査(高々318 kPa)(一般の井戸ポンプ圧程度)で
一次冷却水ポンプ 第3シールのOリングが1箇不具合。
(噛み込みとは言わない。たれ込みで抵抗が増えたという)
(ホンマかいな?他の原因じゃあないのと勘ぐっている)



同じものに入れ替えただけで、(工程表では再格納容器耐圧検査はなしのお粗末)
で、いよいよ起動するという。

再稼働反対と
四電本社前で緊急抗議の様子をレポです。

みんなで力を合わせて再稼働反対!
b0242956_22122729.jpg

四国電力 原発やめろ 
b0242956_2215649.jpg

再稼働は全国全人類を滅ぼす! 反核タイガース
b0242956_22152340.jpg

伊方原発再稼働反対 8月12日四電は伊方3号機を起動させるという。四電本社前で抗議です。お昼休みに出て来る四電社員にアピールです。気になるのかチラチラこちらを見ます。伊方原発はポンコツでオンボロ原発 動かさせるわけにいきません。
b0242956_2216722.jpg

伊方原発はポンコツでオンボロ原発  動かさせるわけにいかんと、四電本社前で 再稼働反対 アピールです。お昼休みに出て来る四電社員にアピールです。チラシ配るも、受け取りません。「原発安全神話」まだ信じているのでしょうかねぇ〜〜
b0242956_22173352.jpg

四電本社正門前でハンストアピールです。
b0242956_22182922.jpg

渡辺 さと子 元香川県議も応援に参上!
b0242956_22204021.jpg

伊方原発はポンコツでオンボロ原発  12日に起動と言うので、今日、四電本社前で 再稼働反対 アピール中です。。ガードマンで原発守れれば世話ないですよね。抗議は炎天下なので、メンバーは入れ替わり立ち代わり交代でアピールです。
b0242956_2221872.jpg

伊方原発再稼働やめろ!  グリーン市民ネットワーク高知
b0242956_22212414.jpg

原発は止められる 未来は変えられる
b0242956_0182100.jpg

原発 止メヨ
b0242956_0182320.jpg

我輩は原発に反対である。NO NUKES 肉球新党 猫の生活が第一   
b0242956_22214429.jpg

炎天下にもかかわらず、元気印の太田あゆみ 高松市議 に駆けつけて戴けました。
b0242956_22225821.jpg

ギターもやります。
b0242956_22232690.jpg

そもそも、四国電力が存在していますか?

今回再稼働が強行されようとしている伊方原発3号機は、
ウラン・プルトニウム混合燃料が使用されています。
この燃料は、使用されて原子炉から取り出した後、
500年以上の長い間敷地内の保管施設で冷やし続けなければなりません。

四国電力は、このような長い期間に亘って使用済み核燃料を
安全に保管出来るのでしょうか?
500年遡れば、なんと織田信長の時代なのです。

500年以上の後々まで、四国電力が存在して
使用済み核燃料を冷却できるのでしょうか?
b0242956_22234197.jpg

あなた方は、お子さんやお孫さんに胸を張れますか?

四国電力は伊方原発3号機の再稼働を計画しています。
原発の運転は、極めて効率の悪い蒸気式発電機で電気をつくることですが、
処分方法すら見いだせない毒性の強い放射性物質を次々と作りだすことでもあります。

伊方原発を再稼働して核のゴミを作り続けることは
次世代の人々に大きな負担を残すことになる悪行です。
四国電力で働く皆さんは、
この事を次世代の人に対してどのように説明しますか?
b0242956_22235834.jpg

二胡の演奏が四電本社前に流れます。
b0242956_22245220.jpg

マスコットの「どろ」と「こち」とチアーキャッツと仲間達 】 
「たりないのは愛だろー バカヤロー 」フライングダッチマン 
「原発絶対反対」こののぼりは1988年伊方原発出力調整反対デモで、ここ四電本社前に翻ったのぼりのミニチュア。88年の意思を継ぐ。
b0242956_22252597.jpg

金曜脱原発集会の  ここ四電本社前抗議のポスター
b0242956_2225415.jpg

伊方はハイロ 伊方を止めて!! IKAIA IS OVER!
b0242956_2226316.jpg

【 定点観測です。】

いつもの平和な丸亀町ドーム。三越デパート前の風景。
毎金曜日(今日は水曜日ですが)に定点観測の様に撮影するポイントです。

何故か、丸亀町ドームが伊方原発3号機に見えてしまうのですよね。
しかも、水素爆発後の鉄骨だけになった姿に。。

四電本社前から、こんなにリアルに伊方原発3号機の事故後が
想定出来るスポットがあったなんてね。。

平和な三越のにぎわい。だがよく見ると、ドーム方向には進入禁止の赤い標識。
左か右に行けという矢印の交通標識。しかも、信号は赤信号。。。

「 発電に核を使うな 」
b0242956_22272269.jpg

ここ四電本社の正門は18時になるとスルスルと閉まります。
で、今日の抗議もそろそろ終了です。。
b0242956_22284741.jpg

注)コメントの不備ごめんなさい。 

皆さんおつかれさま。
ここまで読んで戴けたあなたに感謝です。。

  by setonokaze | 2016-08-11 23:28 | 脱原発アクション

四電 伊方原発再稼働 緊急抗議集会&デモ 8月8日 高松 レポ

四国電力は8月12日に
伊方原発3号機を起動(再稼働ではありません)するという。

地震が頻発しているなか、安全性への不安の声や、
避難計画が不十分なままでの再稼働など論外です!
伊方原発再稼働を許すなの声を上げ、
圧倒的な世論とするため、
集会とアピールデモにあつまりましょう!

と言う呼びかけで、

8月8日(月)18時から
高松コトデン瓦町駅前でミニ集会、
四電前までアピールデモを行います。

で、レポです。

このデモの前、関西の坂元さんが、
四電本社前で 1人マイクアピール。
昼と退社時に四電正門から出てくる社員に訴えます。 
b0242956_2242287.jpg

みんなで力を合わせて再稼働反対! 
皆さん集まりました。
b0242956_225164.jpg

集会が始まります。
b0242956_2255991.jpg

白川よう子 香川県議参上!
b0242956_3125391.jpg

河村 整(かわむら ただし)さん(2014年夏の香川県知事選に挑戦)
b0242956_415482.jpg

田辺 健一さん(この夏の香川県参議院選に野党統一候補で挑戦)
b0242956_3191680.jpg

こわい 死の灰 原発 あぶない
b0242956_3254637.jpg

出発
b0242956_32692.jpg

b0242956_229011.jpg

藤沢 やよい 高松市議参上!
b0242956_2295699.jpg

b0242956_2210408.jpg

b0242956_2212083.jpg

発電に 核を 使うな
b0242956_22133165.jpg

反倫理、人権無視の再稼働
b0242956_221432.jpg

b0242956_221453100.jpg

高松三越前
b0242956_2216126.jpg

b0242956_22175428.jpg

四電本社前
b0242956_22191195.jpg

b0242956_3355552.jpg

ドキュメント映像上映会
新規建設した原発を廃炉にした米、ショアハム原発と伊方原発を比較し、
再稼働の異常を訴えたドキュメンタリー
b0242956_22213166.jpg

b0242956_22224591.jpg

上が伊方原発 下がショアハム原発
b0242956_462395.jpg


最後にパンフです。
(パンフには8月11日とありますが、四電は8月12日と発表した )
b0242956_2435329.jpg


注)コメントの不備ごめんなさい。

  by setonokaze | 2016-08-09 23:56 | 脱原発アクション

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE