2017年 05月 03日 ( 1 )

 

「伊方原発沖中央構造線」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会 4/30 松山レポ



愛媛大学名誉教授

小松先生に

じっくり訊こう
中央構造線の再検討


「伊方原発沖中央構造線」

小松正幸 講演会


2017
430日 10001530   松山市コムズ

b0242956_21144437.jpg

b0242956_21063159.jpg


市民の共有財産とする目的で、いち早くこの講演会を開催いたします。

ひとたび原発で過酷事故がおこれば、故郷が壊滅してしまいます。

二度と想定外と言わせないために。


先生が一方的に話をするのではなく、聞いている人が自由に質問出来るような、

ざっくばらんな学習会です。


内容が高松講演よりさらに内容が盛りたくさんです。

当日この講演のレジュメは用意されています。

詳細はそのレジュメ(全カラー79頁)をご覧下さい。


写真でレポです。

レポでは任意のスライドのみの掲載になります。


会場のコムズ

b0242956_21240063.jpg

会場入り口
b0242956_21295714.jpg


受付  カンパ箱もあります。

b0242956_21303255.jpg


小松先生に じっくり訊こう    司会進行は小倉正さん

b0242956_21310987.jpg


会場全景 満員になりました。

b0242956_21314747.jpg

愛媛大学名誉教授 小松先生

b0242956_00513453.jpg

伊予灘中央構造線に関する勉強会

b0242956_21322157.jpg


中央構造線とはなにか?

b0242956_21325399.jpg


中央構造線の起源(1)  高角横ずれ断層説

b0242956_21333730.jpg


中央構造線の起源(2)

b0242956_21353322.jpg


本論1 伊予灘堆積盆の構造

b0242956_21361236.jpg


伊予灘中央構造線の位置と姿勢に関する論点(1)

b0242956_21364950.jpg


<伊予灘において中央構造線はどこを走っているか?>

中央構造線は伊方原発の0.6−1.5km沖合を走る。

b0242956_21372604.jpg


別府湾の地震波探査図 Line E

b0242956_21381352.jpg


重力異常図による 伊予灘堆積盆の構造解析

b0242956_21403126.jpg


エアガンによる探査断面図(5)<三崎沖>

b0242956_21411134.jpg


ここで、質疑応答タイム


昼休憩


午後の部

松山地域の中央構造線(死んだ断層)と付随する活断層

b0242956_21431843.jpg

5)重力異常図が示す中央四国ー九州の連続性

重力異常の急変帯(断層)と低異常帯(地溝帯)が四国から九州へ連続する

(構造が連続することは明らか)

b0242956_21442206.jpg


6)重力勾配から推定される断層斜面角の分布

60°〜90°の高角断層(赤い帯)が佐田岬半島〜大分・熊本構造線へ連続する

b0242956_21450596.jpg


伊予灘ー別府湾ー別府・島原地溝帯の連続性は同じ応力場での構造運動を物語る

b0242956_21461440.jpg


8. 熊本地震の現場検証 佐田岬半島への波及はありうるのか?

b0242956_21464621.jpg


熊本地震(2016/4/16-17)の震源を断層のトレンド 

b0242956_23084596.jpg

布田川断層の変遷史と現在の構造

b0242956_21483303.jpg


沖合活断層、沿岸活断層のリアリティー

b0242956_21491108.jpg


沖合活断層の横ずれ断層系説への反論

b0242956_21494760.jpg


私たちのブループは原子力規制庁に、

佐田岬半島周辺の海陸統合地震探査を要請した(6月末)

9月には地質学会でこの問題を提起し、

広く賛同を得た

b0242956_21502746.jpg


古い断層の再活動という問題:新たな問題の提起

b0242956_21510462.jpg


10. 断層の調査(1)マッピング

b0242956_21513706.jpg


佐田岬半島先端灯台下

b0242956_21521816.jpg


まとめ

b0242956_21531167.jpg


皆さん真剣に訊き入った1日でした。

b0242956_21540611.jpg


質疑の後、

小松先生を囲んで、フリートークがありました。


お疲れ様。。。


注)コメントの不備ご容赦下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2017115日高松講演

3 伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15Ⅲレポ高松



2 伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15資料Ⅱ高松



1 伊方原発を激しく揺り動かす活断層 「中央構造線について」愛媛大学名誉教授小松正幸講演会1/15資料Ⅰ高松



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2017-05-03 01:10

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE