2012年 02月 23日 ( 1 )

 

メルトダウン 情報はアメリカから。#genpatsu

議事録がアメリカの情報公開法に基づいて公開された。
(日本の議事録は隠滅したらしい。)

アメリカは
事故2日後には1〜3号機のメルトダウンをいち早く予測。
80キロ避難勧告
日本の初動遅れが明らかに。
重要な事実の開示なのに、マスコミの扱いはあまりに低調。

当時
twitterではこの予測情報は飛び交っていた。
政府、マスコミ発表はなかったから、
既存メデアだけが頼りの人には一切伝わらなかった。
いわゆる情報弱者だ。

メルトダウンしていたのに、
パニックになるからと伏せていた。

だから
お上は爆発を事象と言い、「直ちに健康に影響はない」を連発した。
隠し通せるとでも考えたのだろうか。

日本は20Km以内は避難。
20-30Kmは屋内退避。
右往左往した。

東電及び関連社員は直ちにヨウ素剤服用。
規定とおりに速やかに配布し副作用もなくうまくいったと最近になって判明。
住民にヨウ素剤の服用の指示は出なかった。
なんじゃそれ状態,あきれるばかり。
近隣住民に対する配慮はこれっぽっちもなかった。

お上、東電は
各汚染地区を放射線測定に行っても、その情報を住民に知らせる事はなかった。
例外的に個人がリークさせた場合を除いてだ。
重大な選挙民,住民に対する背信行為だ。
民をすて、悪行商人のかたをもった。
それは今も続く。

マスコミの取扱いでは
朝日新聞も小さい。6面しかも中段扱い。
見出しも「4号機プール「空」想定」で四号機プールは空でなかった。を暗に強調する。

 


                    引用
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  nhkニュース
米当局 メルトダウン想定して対応http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120222/k10013199921000.html
アメリカ原子力規制委員会は、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生直後の委員会内部のやり取りを記録した議事録を公表しました。この中では、アメリカ当局が、事故発生から5日後には、最悪の事態を想定すると1号機から3号機までの3つの原子炉がすべてメルトダウンする可能性もあるとして、日本政府が付近の住民に出した避難・屋内退避指示よりも広い範囲の勧告を行うよう提起していたことが分かりました。
アメリカ原子力規制委員会は、21日、東日本大震災が発生した去年3月11日から10日間にわたる、委員会内部の電話などによる 緊急会議のやり取りを記した3000ページ以上にわたる議事録を公表しました。
それによりますと、事故発生から2日後のアメリカ東部時間12日には、福島第一原発の敷地内の周辺でセシウムなどが検出されたことが分かったことから、少なくとも原子炉内部で部分的な炉心損傷が起きている可能性があるなどとして、発電所から半径50マイル=およそ80キロ圏内に避難勧告を出すべきはないかと、幹部が原子力委員会に対して進言していたことが分かりました。
さらに、16日には、原子力規制委員会のヤツコ委員長が、最悪の事態を想定すると、1号機から3号機までの3つの原子炉がすべてメルトダウンする可能性もあると指摘し、また、ボーチャード事務局長が、「同じ事態がアメリカ国内で発生すれば、原発から50マイル以内には避難勧告を出すのが妥当だと思われる」と述べて、日本政府が福島第一原発の付近の住民に出した半径20キロ圏内の避難指示、20キロから30キロ圏の屋内退避指示よりも広い範囲の勧告を行うよう、委員会に提起していたことが分かりました。
今回、公表された議事録は、アメリカの規制当局が福島第一原発の事故を受けてどのような初動対応を行ったかを示す資料だけに、関心を集めるものとみられます。
錯そうする情報
今回公開された議事録からは、事故直後の情報の錯そうぶりも伝わってきます。3月16日の早い段階では、東京で対応に当たっている専門家チームのメンバーが、「東京電力から、4号機の使用済み燃料プールに水が残っていないとの情報を得た」として、とにかく注水を急ぐべきだとしています。しかし、ヤツコ委員長らが、50マイル圏内の避難勧告を出すと決めたあと、同じ日の遅い時間になって、「東京電力は、燃料プールに水が残っていないとは言っていない」という情報がもたらされ、委員長が、正確な情報を改めてスタッフにただす様子もうかがえます。
専門家チームのカスト代表は、「東京電力が扱うには、あまりに問題が大きすぎる」と漏らし、日本側との間で、情報が錯そうしていたことをうかがわせています。
議事録とは
公開された議事録は、原子力の安全規制を担当する原子力規制委員会が、アメリカとして、東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応を検討するために開いた電話会議などの内容を記録したものです。議事録は、アメリカの情報公開法に基づいて公開され、事故が発生した3月11日から20日までの10日分、合わせて3200ページ余りに上ります。
議事録には、原子力規制委員会のトップであるヤツコ委員長と、日本に派遣されていた担当者などとの間で交わされたやり取りが詳細に記され、日本側から得られた福島第一原発に関する情報などを基に、委員会が日本に滞在するアメリカ人の避難などを検討していった様子がうかがえます。一方、議事録では、日本にいる担当者と当時の北澤防衛大臣ら防衛省幹部とのやり取りを記した部分など一部が黒く塗りつぶされ公開されていません。非公開の理由について、委員会側は、「外国からもたらされた情報で機密に当たる」と説明しています。

  by setonokaze | 2012-02-23 13:59

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE