ルールの崩壊 山口二郎 / 本音のコラム 東京新聞


今日、ご紹介するのは東京新聞の記事。

ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。

ちょい遅れだが、重要な情報源


【 要約 】


秩序ある社会とは、一般市民がルールを守ると同時に、

世の中を統治する側もルールを守って仕事をする社会である。


しかし、今の日本では、

人々にルールを守らせる側が自分の都合の良いようにルールを伸ばしたり、

縮めたりして、不公正で不愉快な社会ができつつある。


今の偽政者は、常に国民を縛るもので、

自分たちは何も縛られないと錯覚している。

ふざけるなと言いたい。


               東京新聞29年11月26

b0242956_18483776.jpg



・・・


今の

あべ様は三権の長気取りで、

すべてオレ様流。

なんと言われようが平気。


こんな人たちは

いずれ共謀罪でお縄だから。

あべ政治を許さない

と言っても勝ち目はないだろ と。


ブラック企業ならぬ、

ブラック国家になったもんだ。。






1)個人の感想です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。

東京新聞:東京新聞購読のご案内(TOKYO Web

東京新聞の購読・ためしよみのお申し込みや、お引越し等によるご住所・支払いなどの変更ができます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2017-12-06 00:10 | 東京新聞

<< 「大雨で悪化」変わらず  F1... 課題先送り 続く原発依存 大飯... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE