福島の記録映画5作目完成 原発の怖さ動植物が伝える / 東京新聞


今日、

ご紹介するのは東京新聞の記事。

ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。

ちょい遅れだが、重要な情報源


【 要約 】


F1事故による、

福島県内の放射能汚染の実態を追っている

岩崎雅典監督が映画「福島 生きもの記録 シリーズ5〜つ遺跡〜」

を完成させた。


84,5,6の3日間、日比谷図書文化会館で上映会が開かれる。


岩崎さんは

牛などの放射性物質からの影響を明らかにしてきた。


今回は、

国立環境研究所による原発周辺の海洋調査で、

貝類への影響を紹介。


南相馬市でのモリアオガエルの繁殖異常や、

飯館村に生息するニホンザルの健康被害についても

リポートしている。


「原発事故の風化が顕著な中、映画では『これから何が起るかわからない』

と語る研究者たちの警鐘、恐怖を伝えることに主眼に描いた」


上映 日比谷図書文化会館

8月4,5,6日 14000〜 1530〜岩崎さんとゲストのトークイベント

4日は1900〜も上映。

大人1000円、中高生700円、シニア700円。

お問い合わせ  03-3267-3997 群像舍

  

       東京新聞2978

b0242956_10190108.jpg


・・・


いま

福島の異常を伝えるのは難しい。

いわく、風評被害だ。

オリンピックを控え、自主規制、忖度しているのだろう。


F1からバラまかれ放射性物質は

厳然と降下し、その地で放射線を発する。


オートラジオグラフで見れば

一目瞭然だ。消えたわけではない。


いち早くイボニシの異変を調べた研究者もいる。

福島原発による重篤な海洋汚染の始まり イボニシに異状


 

蝶の異変を調べた研究者もいる。

この研究者野原千代さんは蝶の餌カタバミを汚染地に採取に行く度の体調異変をレポしていたが、

亡くなられた。

b0242956_10070007.jpg


原発事故のチョウへの影響、スイスでの講演発表が大反響  2014.12.03

https://www.swissinfo.ch/jpn/原発事故のチョウへの影響-スイスでの講演発表が大反響/41148962 

原発事故でチョウに異常 琉球大チーム調査 

東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響で、チョウの一種「ヤマトシジミ」に遺伝的な異常が出たとする調査結果を琉球大の大瀧丈二准教授(分子生理学)らの研究チームがまとめ、10日までに英科学誌電子版に発表した。

 ヤマトシジミは人が生活する場所に多く生息する。チームは昨年5月と9月、福島県内のほか茨城、東京など計10カ所で採集した。

 5月に集めた成虫144匹から生まれた卵をふ化させて育て、孫の世代まで調べたところ、いわき市や広野町など福島県内のチョウは、子の世代で死ぬ確率がほかの地域に比べ高かった。線量が高い地域ほどオスの羽のサイズが小さくなっていた。子の世代では全体の約2割で羽の配色パターンや斑点の数などに異常があり、親の世代よりも1・5倍高い発生頻度だった。

 9月に採集した成虫約240匹では、子の世代の約5割で異常が見つかった。

 事故による放射性物質の影響がほとんどないとみられる沖縄のヤマトシジミに低線量の被ばくをさせた実験では、同様の異常が出た。

 大瀧さんは「昆虫は低線量の放射線に強いと言われていたが、ヤマトシジミは弱いことが分かった。事故が周辺の自然に影響を与えているのは間違いない」と話している。

(共同通信)


人への影響は

サルを観察するのが一番良い。


第33回日本霊長類学会大会で震災被災地のニホンザルの

放射線被ばくによる健康影響や生態変化に関する研究結果が発表された。

青森県に生息するサルと比べて白血球や赤血球の数が少なく、

一つの可能性として放射線の影響が考えられるとした。

論文はまだnetに公開されていないようだ。

学会声明見つけた。


*放射線被ばくが野生ニホンザルに与える影響調査についての日本霊長類学会声明

 http://primate-society.com/pdf/2017_6.pdf

放射線被ばくが野生ニホンザルに与える影響調査についての日本霊長類学会声明

わたしたち日本霊長類学会は、東日本大震災から 6年を経過した今年、第 33回日本霊長 類学会大会を被災地である福島市で開催しました。時を経ても震災の痛みは続いています。福島第一原子力発電所の被災で発生した放射線被ばくも震災の爪痕のひとつです。放射線 被ばくの野生ニホンザルへの影響は、日本霊長類学会会員をはじめ、関連学会会員によって 調査されてきました。ニホンザルは、国際放射線防護委員会(ICRP)の定めた「標準動 植物」に含まれているネズミなどの動物より長寿、かつヒトと近縁な動物で、数十年規模での人体への被ばくの影響を知るモデルとして重要な生物です。ヒト以外の野生霊長類の いない海外の放射線被ばく事故被災地では、こうした研究は行われていません。「標準動植物」と同様に、ニホンザルの被ばく影響についての長期モニタリングが必要です。わたし たちは、関連学会と連携しながら、ニホンザルの被ばく影響に関する調査活動への支援を関係行政機関に働きかけていくこと、被災地の動物の研究・保全、ならびにその知見を普及する活動を日本霊長類学会としてさらに支援する決意を表明し、声明とします。

2017716日 日本霊長類学会 会長 中道正之




1) 個人の感想です。

2) F1は福島第一原発の略称。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に

東京新聞の購読申込をUPしておきます。


当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 

http://lituum.exblog.jp/25092914/

・・・・・

-7 東電の罪を問う 瀬戸の風

 http://lituum.exblog.jp/18898290/

-6 黒い雨 4  http://lituum.exblog.jp/20802878/

-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 

http://lituum.exblog.jp/25115640/

-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4

-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート

http://lituum.exblog.jp/18025076/

-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞

http://lituum.exblog.jp/22496486/

-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。

http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  

  http://lituum.exblog.jp/17764554/

2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)

http://lituum.exblog.jp/19980944/

3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/

5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 

6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/

7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 

http://lituum.exblog.jp/21285539/

8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事

http://lituum.exblog.jp/21437678

9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  

http://lituum.exblog.jp/21410321/

10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 

http://lituum.exblog.jp/19960375/

11. 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク

target="_blank">http://lituum.exblog.jp/19279826/

12.   米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ

http://lituum.exblog.jp/21387047/

13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 

http://lituum.exblog.jp/25016159/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2017-07-22 10:29 | 東京新聞

<< 瀬戸内サマーナイトフェスティバ... 回らぬ核燃サイクル 六ヶ所村再... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE