双葉町、大熊町の今 /こちら原発取材班 東京新聞 

F1事故から6年が過ぎても、

原発が立地する大熊、双葉両町の大半の地区は、

許可がなければ立ち入りすら出来ない。


放射線量の状況は5月3日と10日付の本欄でお伝えした。

今回は、南側の富岡町から北側の浪江町までの

広域の線量マップとともに、

大熊、双葉両町の様子を写真で報告する。


JR双葉駅近くの通りでは、

倒壊した家屋が多く残っていた。

復興拠点とされるJR常磐線双葉駅周辺では、

除染作業が進んでいた。


双葉、大熊町とも、各所で路肩が崩れていた。

南側の夫沢地区から見たF1のタンク群

JR小野駅周辺。

数々の商店は荒れ果てたままだった。


除染で出た汚染土の仮置き場。

現場には高線量を知らせる立て札があり、

車内の線量計はアラームが鳴りっぱなしだった。


        東京新聞29517

b0242956_22220123.jpg


・・

正に

ゴーストタウン。

「夏草や兵どもが夢の跡」


今も、

オートラジオグラフで見れば、

厳然として、

放射性物質の粒が見える。

(入れ替えた土等は除く)


F1は

現在も「原子力緊急事態宣言発令中」

正に、まだ原子力緊急事態宣言発令中なのだ。


それが、

何事もなかったことにされている。

何故か?


危険が去ったわけでないのに。

目に見えぬから?

味がないから?

色がないから?

臭いがないから?

触れてもわからないから?


五感で分からなければ、

安全なのか?


空間線量だけで、

安全なのか?




深い闇だ。。。






注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京新聞
お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。



おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21

2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。http://lituum.exblog.jp/17909501

3.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。    http://lituum.exblog.jp/17764554/

4. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)http://lituum.exblog.jp/19980944/

5. メルトダウンしていた米国初の原発http://lituum.exblog.jp/19675969/

6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/

7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "GoingAway" http://lituum.exblog.jp/21285539/

8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事http://lituum.exblog.jp/21437678

9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  http://lituum.exblog.jp/21410321/10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 http://lituum.exblog.jp/19960375/

11.  四国電の町長罵倒「事件」/ 原発マネーが生む悲劇 / 話題の発掘 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21916532/

12.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/25016159/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2017-05-20 22:34 | 東京新聞

<< 254回目四電本社前再稼働反対... 韓国の原発で事故が起きれば… ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE