日本科学史学会第64回年会関連市民公開集会 6月4日(日) 高松 香川大学


日本科学史学会第64回年会関連市民公開集会

伊方原発が取り上げられます。
貴重なお話が聞けるチャンスですぜひご参加下さい。


6月4日(日) 17:00〜20:30
   
  第1部   17:00〜18:30
       伊方原発運転差止広島裁判と被曝問題
       哲野イサク(原告団事務局長)

    第2部   18:45〜20:30 
       「放射能汚染と放射線被ばく」
       ■~東京電力福島第一原発事故がもたらした甲状腺がん~
       山内知也(神戸大学 大学院 海事科学研究科)
       ■『復興』名を借りた被ばく健康影響科学の知見「無知化」に協力する
       日本の専門家  藤岡毅(同志社大学嘱託講師)
       ■パネル討論(哲野、山内、藤岡、瀬川 他)・全体討論
         柿原 泰(東京海洋大学 学術研究院 海洋政策文化学部門)進行 
         瀬川嘉之(高木学校/市民科学研究室・低線量被曝研究会)全体進行
       
       日本科学史学会総会関連企画です。

参加費    無 料
申 込    不 要
場 所    香川大学教育学部 学会会場 (北3号館314室)  高松市幸町1-1
b0242956_20064128.jpg
主 催   放射線被ばくの科学史研究会(日本科学史学会の研究会)
      

                     ご案内
東京電力の福島原発による惨害が今なお継続し、メーカーの東芝が破綻寸前にもかかわらず、日本政府は再稼働や輸出を進め、原子力協定のインドとの締結や米国との継続に動いてます。一方、各地では被害者や避難者が被ばくを避ける権利を求め、また市民が原発を止めるための裁判を起こしています。1973年に周辺住民が初の原発訴訟を提起したのが四国の伊方原発です。昨年、被ばくの恐ろしさを最もよく知る広島で中央構造線の巨大地震発生を予感し、新たな運転差止裁判を始めています。原告団の事務局長を招き、裁判の詳細をお話いただくとともに、歴史的な視点からも検討したいと思います。放射線被ばくの科学史研究会では昨年、東京での年会においてチェルノブイリ30年の公開シンポジウムを行い盛況でした。今年はさらに市民に開かれた形での集会を企画しました。科学史家のみなさんとも議論を深めたいと考えますので、ふるってご参加ください。

【会場図】
b0242956_22512917.jpg

【近隣駐車場のご案内】    香大には駐車出来ません。近隣の駐車場をご利用下さい。
b0242956_18183606.jpg
b0242956_17584629.jpg


  by setonokaze | 2017-05-09 21:47 | 脱原発イベント案内 香川

<< 溶けた核燃料取り出すアーム F... 荷物は布団、衣装箱のみ 起きて... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE