伊方原発3号機 差し止め認めず 広島地裁決定 被爆者「引き下がらぬ」 東京新聞/ 当日の写真レポ 瀬戸の風

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

330

伊方原発3号機の運転を差し止めるよう住民らが申し立てた仮処分について、

広島地裁は却下する決定をした。


堀江壮原告団長

「このまま引き下がるわけにはいかない」

「自分たちのような原子力の被害者はもう出さない」

「次の世代のために頑張りたい」

「自分は放射能の恐ろしさをしっている。原爆と原発はコインの裏と表だ。

平和利用であっても核と人類は共存できない」

「もしまた事故が起きたとき『怖さを知っていたのになにもしなかったのか』

とは絶対に言われたくない」


            東京新聞293311

b0242956_21204728.jpg
b0242956_21213864.jpg

■ 電力の主張また追認

大阪高裁に続き、広島地裁が原発の運転を容認する決定を出した。

どちらも新規制基準や審査に疑問をはさまず、追認する内容だ。

新基準は「世界一厳しい」に程遠い。

核のごみや新たな事故への資金的な備えなど未解決の問題も棚上げされたままだ。


■ 松山、山口、大分でも差し止めの係争中

広島地裁の外に、

松山地裁、大分地裁、山口地裁岩国支部の3ヶ所。

今後いずれかの裁判所が、運転差し止めの決定を出せば、

停止に追い込まれる。


           東京新聞293312

b0242956_19564753.jpg

■ 何をそんなに急ぐのか

日本で最も動かしてはいけない原発」。

伊方原発をそう呼ぶ人は少なくない。

電力事業者、政府、そして司法にも、

あれためて問い直したい。

ヒロシマやフクシマの不安と嘆きを置き去りに、

誰のために、今再稼働を急ぐのか。


           東京新聞29331日社説

b0242956_19571372.jpg
               
            東京新聞29331 6面
b0242956_20060605.jpg

伊方原発広島裁判原告団声明 2017.3.30

b0242956_19591371.jpg
b0242956_19594835.jpg

伊方原発運転差止広島裁判弁護団声明 2017.3.30

b0242956_20012100.jpg
b0242956_20014495.jpg

伊方原発広島裁判原告団・応援団 プレリリース 2017.4.7


広島高裁即時抗告日は4月13日(木)

b0242956_20024410.jpg

・・・


当日の写真レポです。


裁判所前

b0242956_20292249.jpg

仮処分で原発を止める

b0242956_20295689.jpg
b0242956_20305205.jpg
ふるさと大分は原発被害を許さない  伊方原発をとめる大分裁判の会
b0242956_20312796.jpg
河合弁護士
b0242956_20321013.jpg
伊方3号機差止めならず  被爆地ヒロシマはあきらめない
b0242956_20323780.jpg
堀江壮原告団団長 記者に囲まれる。
b0242956_20331223.jpg
河合弁護士「差止めならず」の弁
b0242956_20340259.jpg
記者会見 於弁護士会館


b0242956_20343459.jpg
原告
b0242956_20351966.jpg
あきらめない。




くやしいね。。。




          

注1) 個人の感想です。

注2) F1は福島第1原子力発電所の略称

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  by setonokaze | 2017-04-10 20:54 | 東京新聞

<< 自主避難者 家を奪わないで 支... 「原発のせいで稼ぎ頭売却」怒り... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE