森住 卓 写真展・講演会『 福島 放射線を視る 』at 高松 レポ 2017年3月5日

森住 卓 写真展・講演会『 福島 放射線を視る 』

目に見えず、臭いもなく、味もなく、音もなく、
五感で感じることが出来ない放射能。
もし、それを視ることができたら…
事態は変わっていたかもしれない。


と言うので、レポです。

【写真展】3月3日(金)〜3月6日(月) 10:00〜21:00
b0242956_15313372.jpg

GALLERLY
福島 放射線を視る 森住 卓 写真展
b0242956_15322317.jpg

会場に入ります
b0242956_15332995.jpg

会場
b0242956_15344766.jpg

飯館村野神山の麓の住人の赤石沢さんはマツタケ取りの名人だ。経験と感で
どこに生えているのかピタリと当てる。
まさに名人芸だ。

採取地:飯館村野手神山
採取日:2013年10月4日
b0242956_15361770.jpg

保育園の園庭に落ちていた上履き。

採取地:浪江町大堀
採取日:2013年2月24日
b0242956_1539557.jpg

採取地:飯館村村比曽
採取日:2013年10月20日
250〜300CPM
b0242956_15404747.jpg

手前左の写真
測りきれない将来への不安
避難住民のクリーニング検査防護服で身を守りながら測定器を当ててくる大人たちを、
無防備の子どもたちはどんな気持ちで見ていたのだろうか?
(3月16日、二本松市男女共生センター)
b0242956_15413549.jpg

Nuclear Blue 核に蝕まれる地球
福島 — 放射線を視る

目に見えず、臭いもなく、音もなく、痛くもかゆくもなく五感で感じることが出来ない放射能。
これを視覚化し人びとの脳裏に焼き付けたいと試行錯誤を続けている。
放射能の視覚化は当初、東京大学農学部名誉教授の森敏先生の協力で、ICプレートを用いて映像
化した。その後、フイルム(TRY-X)に感光させる方法で画像を作り出している。
これらは福島県内の帰還困難区域から拾ってきた物である。白くきらきら光る斑点は、放射性物質
のセシウムの微粒子が物体に付着し、放射能を出している様子だ。
放射能の脅威の持続性をあらためて認識していただければ幸いである。
                                   森住 卓
b0242956_15422994.jpg


【講演会】3月5日(日)  13:00〜16:00
高松市瓦町FLAG 8階 アートステーション 
b0242956_15432521.jpg

森住 卓 氏
b0242956_15444065.jpg

b0242956_1545617.jpg

IAEAとWHO
b0242956_154904.jpg

チェルノブイリ事故後 WHOの独自調査が出来ない。
b0242956_15492123.jpg

チェルノブイリの教訓を住民の立場で学ぶ
b0242956_15494769.jpg

やんばるで生きる ヘリパットの建設に反対する高江の人々
b0242956_1551553.jpg

福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト 渡辺さんの挨拶
b0242956_15522542.jpg

受付 書籍の販売も
b0242956_15524842.jpg

写真展の写真はこの本に掲載されている。(オートラジオグラフは掲載されていない)
福島第一原発 風下の村【森住 卓 写真集】扶桑社
b0242956_16552172.jpg

森住 卓
HP http://www.morizumi-pj.com/
FB  https://www.facebook.com/takashi.morizumi
TW  https://twitter.com/senngophoto
主催      NPO法人福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト

b0242956_1555631.jpg


b0242956_15552447.jpg


新聞報道記録
b0242956_15561753.jpg

b0242956_15564673.jpg

b0242956_1557184.jpg

b0242956_1557159.jpg

  by setonokaze | 2017-03-07 17:09 | 放射能汚染

<< 「福島を想い、福島を忘れない ... 243回目四電本社前再稼働反対... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE