チェルノブイリ子ども基金とチェルノブイリカレンダーのご紹介


チェルノブイリ子ども基金

1991年 フォトジャーナリスト広河隆一氏が設立。
保養費を支援。
保養プログラム実施。他。


広河隆一のご紹介
あまりにこの世界で著名。
ご紹介するまでもないが、
月刊誌「DAYS JAPAN」発行人
チェルノブイリ子ども基金 設立。

「福島のことを知りたければ、チェルノブイリに学べ」と
いわれる。
チェルノブイリが原点なのだ。

未来の福島子ども基金は http://fukushimachildrensfund.org/
チェルノブイリ子ども基金の姉妹団体でもある。

高松での活動
2016年3月6日 
チェルノブイリと福島「広河隆一写真展」に合わせて
「チェルノブイリと福島の今」広河隆一講演会の様子。
会場は満員になった。
b0242956_16345419.jpg

b0242956_16353538.jpg

チェルノブイリ子ども基金のパンフ
b0242956_16423320.jpg

b0242956_163951100.jpg

チェルノブイリカレンダー

勿論撮影は広河隆一氏。
チェルノブイリ救援カレンダーでもある。

ご紹介しよう。

2017 チェルノブイリ31周年救援カレンダー “チェルノブイリの子どもたち“ 
撮影:広河隆一
http://ccfj.la.coocan.jp/saishin.html
定価1100円 送料別(6部まで200円)(10部以上:1部1000円/送料無料)
お申込みはcherno1986@jcom.zaq.ne.jpにメールをお願いします

お支払方法:お届けするカレンダーに同封の郵便振替用紙でお振り込みください
カラー、サイズ:縦42cm×30 cm  見開きA3サイズ
b0242956_16362720.jpg

オリガ(1983年生まれ)は6歳で甲状腺がんの手術を受けた。2012年4月、子ども基金の招待で来日、自らの経験を語った。2013年8月長男ニコライを出産。2015年12月には次男を出産。ベラルーシ・ゴメリ市 2016年7月撮影
b0242956_1637172.jpg

子どもの頃甲状腺がんの手術を受けたイリーナ(1985年生まれ)は染色体異常、先天性心臓病、その他いくつもの病気をかかえている。子ども基金が「希望」で開催している「病気の子どものための保養プロジェクト」に参加している。ベラルーシ・ゴメリ市 2016年7月撮影
b0242956_16372445.jpg





お気に入りましたら、
ご購入の程よろしくお願い致します。

  by setonokaze | 2016-12-31 17:00 | 話題になる

<< 234回目四電本社前再稼働反対... 朗読劇 第二章 安全神話⑥ /... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE