東電社員が労災申請 賠償激務で睡眠不足うつ病に「とにかく謝れ」/ 東京新聞


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

■ 10月31日の記事
東電社員でF1事故の損害賠償業務を担当した一井さんが職場での過酷な体験を語った。
休職期間終了のため11月5日付けで解雇すると通知されており、
31日に労働基準監督署に労災申請をする。

審査内容や賠償金に納得してもらえない場合に電話で対応するのが仕事だった。
多い時は1人で180社を担当。
相手から3時間、しかられ続けたこともある。
上司からは「審査内容や賠償金額は変えられない。とにかく謝れ」

深夜帰宅が続いた。家に帰っても神経が張り詰めていて眠れず、
睡眠時間は毎日3,4時間になった。
朝、寝床から起き上がれなくなり、視野が狭まり、吐き気を覚えた。
「忙しすぎて倒れそう」「帰って寝て通勤で勉強してまた帰る感じ。フラフラです」。
家族や友人に出したメールが携帯電話に残っている。

13年7月、立川支社に異動したが、めまい や激しい嘔吐で早退や休みを繰り返した。
上司に進められて9月心療内科を受診すると、うつ病と診断され休職した。
直前の2〜6月の給与明細に記録された残業時間は月58〜89時間だが、
一井さんの計算では91〜169時間に上った。

東電の上司や労務担当に労災だと訴えたが、
「『多くの社員が事故対応をしてきて特別なことではない』と
労災申請をしてくれなかった」という。

■ 11月1日の記事

東電に労災を訴えたが、話は進まず、自ら申請するしか なかった。
社内に踏みとどまり、責任を果たそうとする社員の中には、
厳しい状況にある人も少なくない。

●審査
金額が高額になるほど、上司から「審査が甘い。ちゃんとしろ」と
チェックが厳しくなり、削られたという。
「仕事が次々押し寄せてきて気が狂いそうだった。休職した時、
これでやっと休めるとほっとした」と語った。
●失望
東電は社会的信用を失い、社員の士気は落ちた。
その一方で、やるべきことは山積みだった。
次々と社員が会社を去り、残された社員の仕事はさらにきつくなった。

●過重
事故から5年半がたった今も、うつ病や体調を崩して休職し、辞めていく社員がいる。
「社員も人間。賠償の対応などに当たる社員は
ものすごいストレスと過重労働で体調を崩す人がいる。
それを会社はどう考えているのだろうか」と一井さん。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・

まぁ、
東電はブラックですね。

F1で3.5基の爆発核事故を起こしても平気。
社長は何度でも頭は下げるが、
誠意は感じられない。

当期利益を上げるため、赤字を解消するため、
原発再稼働したい。だものね。
企業責任なんて考えたことない。ね。
政治家、上にはゴマスリ。下には鬼なのだろうね。

こんな経営者が
社員を大切にするわけはない。
F1の現場で被曝しながら対応している人の扱い見れば分かること。

まともに
やれば、真面目な人ほどうつになる。

労災対応が悪いのは今に始まったことじゃない。
それが、F1事故でなりふり構わなくなった。

ここは、
労働基準監督署の出番。
きっちり調べてほしい。。。

・・・
うつになるほど、会社のために残業残業で、仕事しても、会社は全く知らんふりが多い。
多くは直接の上司の責任としているので、いい上司に恵まれればまだ救われるが、
そんな上司は少ない。
当人は必死なので、分からないのだが、そんな仕事、さっさと辞めてしまえばいい。
但し、転職先をひそかに探しておいて、バイバイするのが一番。
サラリーマンはうつになってまで会社に奉仕する義務はない。

・・・

一井さんのツイは @ichii_tadafumi



注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・                            
                    東京新聞2016年10月31日
b0242956_84546.jpg

東京新聞2016年11月1日
b0242956_842418.jpg

b0242956_843891.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

・・・・・

-7 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-6 黒い雨 4  http://lituum.exblog.jp/20802878/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
target="_blank">http://lituum.exblog.jp/19279826/
12.  米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-11-07 08:15 | 東京新聞

<< 伊方再稼働「オレらは取り残され... 226回目四電本社前再稼働反対... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE