原爆症認定訴訟 国8割超「敗訴」続く苦悩動かぬ行政 「福島原発への責任波久懸念」/ 東京新聞



今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

「ノーモア・ヒバクシャ訴訟」で
被告・国の「敗訴」が相次いでいる。
一審では8割以上が認められる結果に。

被爆者の線引きに固執し、原爆被害の実相を反映していない認定基準のせいだが、
厚労省が見直す気配はない。

原告女性
「『(長崎から避難するときに)今日は何日かカレンダーで確認しなかったのか』と
聞かれたんですよ。原爆に遭った後なのに」
戦後、慢性的なだるさや微熱に悩まされ、30代後半で左乳がんに。
その後も白内障、緑内障を発症。
2012年には右乳がんになり、原爆症認定を申請したが、却下された。

却下が相次ぐ背景には、
国の認定基準が爆発後1分間の「初期放射線」に偏っていることがある。
黒い雨などの放射性降下物や、内部被ばくなど「残留放射線」の影響は軽視。
被曝距離や入市時間が積極的に認定する条件になっているため、
訴訟で国が約70年も前の記憶の証明を強いることも多い。

しかし、
裁判所は、積極認定の数値から外れた被爆者にも多くの勝訴判決を出している。
これまで、8割以上で国が「敗訴」している。

・・

■ 裁判起こさずに済む制度を
原爆症認定集団訴訟
遠距離被爆者、入市被爆者を含む原告約300人のほとんどが勝訴したため、
国は08年、積極認定を盛り込んだ新基準を制定した。
「今後裁判の場で争う必要のないよう」定期協議で解決を図ることを約束した。
だが、実際には門前払いになるケースが続出。

■ 「福島原発への責任波及懸念」
内部被ばくの影響を軽視している健康調査や、
自主避難者の救済を後回しにする被災者支援は、厚労省の認定行政と重なりあう。
「福島を意識して、放射線の影響をできるだけ認めないつもりだろう。
この訴訟が福島の責任追及に波及することを恐れている」

・・・・・・・・・・・・・・・・

F1事故で
放出されたセシウム137は広島原爆の168箇分。
22%が陸地に降下したとされる。

その広島での核被害が今も認められないでいる。
お上にとっては不都合なことなのだ。

F1の3.5基の爆発核事故も
お上にとっては大不都合。
まともに対処するとこの国が傾く。

だから、
民を捨て置く。
この国のお上は民を広島と同じ様に捨て置くつもり。

黒い雨                             参照1
まぎれもない被曝なのだが、
お上はまともに取り合わない。
広島原爆被爆者の扱いをみれば、
福島の被曝者への扱いは容易に想像出来る。
福島の被曝者も、広島被爆者のように立ち上がるしか
解決はないだろう。。。






注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
参照1
4. 黒い雨 4  http://lituum.exblog.jp/20802878/
3. 黒い雨 3   http://lituum.exblog.jp/18959657/
2. 黒い雨 2 http://lituum.exblog.jp/18369946/
1. 黒い雨 1  http://lituum.exblog.jp/17655052/ 
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・                            
                    東京新聞2016年10月23日
b0242956_894649.jpg

b0242956_8101036.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
target="_blank">http://lituum.exblog.jp/19279826/
12.  米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 瀬戸の風 特選動画 】
ムルロアから愛をこめて Greetings from Mururoa
2016/10/17 に公開
1960年代から30年にわたって南太平洋のムルロア環礁で200回以上も核実験が行われた。これは、放射能について何も知らずに核実験に参加したフランス人の若者の数十年後の姿を追ったドキュメンタリーである。


  by setonokaze | 2016-11-04 08:14 | 東京新聞

<< 「脱原発」苦しい三反園氏 就任... 日仏のギャップ 使用済みMOX... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE