日仏のギャップ 使用済みMOX燃料悩み共通 安全対策に福島の教訓  核ごみの後始末㊥/ 東京新聞



今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

フランス期待の
新型炉フラマンビル原発3号機の建設が進んでいた。
出力165万KWの大型だ。
厚さ2mのコンクリートの巨大なドーム状原子力建屋も完成し、
2018年の運転開始予定。

「福島の教訓も踏まえ、何重もの対策をしましたよ」
この辺りは地盤が古く安定し、地震や津波の心配はまずない。
それでも8mの津波を想定。
敷地は海抜12mにある。

航空機テロを想定し、非常用ディーゼル発電機は
離れた場所にもう1系統が備わっていた。

フイルター付きベントも完備。
圧力容器下には1800トンの貯水槽があり、
日本にはないコアキャッチャーがある。

もう一つ
原発外では「原子力事故即応部隊(FARN)が待機している。
12時間以内に駆けつける。
規制基準に盛り込まれた。
基準ぎりぎりの対策しかしようとしない日本とは正反対。

フランスは
核のゴミの後始末にもめどをつけた。
そのフランスにも使用済みMOX燃料をどうするか決まっていない。
原発やラ・アーグ工場のプールで貯めるしかない。
現在3000トン近くあり、
年120トンペースで増えると見込む。

・・・・・・・・・・・・・

「夢のエネルギー」
核は次々と新しいエネルギーを生み出し、
化石燃料枯渇の心配から、
この国を解き放つ。
エネルギーの自立ができる。

こんなうまい話には、
裏がある。

核リサイクルを繰り返せば、繰り返すほど、
やっかいものの毒(アクチニド)が増える。
核リサイクルを繰り返せば、繰り返すほど、
高レベル核廃棄物の山ができる。

その言い訳に、
お上、御用学者はそれを消滅させることが出来ると。
さらに、夢を投げかけるが、そんなモノまだ、実現してはいない。
たとえ、そんな原子炉が出来たとしても、
今の原発ほどか以上の規模がいるに違いない。

F1の教訓は、
「この国は核から手を引くこと」
なのだ。。。




注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・                            
                        東京新聞2016年10月26日
b0242956_5262522.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
target="_blank">http://lituum.exblog.jp/19279826/
12.  米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 瀬戸の風 特選動画 】
ムルロアから愛をこめて Greetings from Mururoa
2016/10/17 に公開
1960年代から30年にわたって南太平洋のムルロア環礁で200回以上も核実験が行われた。これは、放射能について何も知らずに核実験に参加したフランス人の若者の数十年後の姿を追ったドキュメンタリーである。


  by setonokaze | 2016-11-04 05:27 | 東京新聞

<< 原爆症認定訴訟 国8割超「敗訴... 日仏のギャップ 1億6500万... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE