「ほっ」と。キャンペーン

むしばむ原発マネー ゆがんだ財政構造 こちら原発取材班⑬ / 東京新聞



今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

原発のリスクは桁違いに高いため、
人口の少ない地域に建て、何百キロにも及ぶ送電線で消費地に電気を送る。

リスクを引き受けてくれた見返りとして、
立地自治体には交付金や固定資産税、寄付金、核燃料税などの収入が流れ込む。
これら原発マネーは、麻薬によく例えられる。

全国23の自治体を対象に、交付金の使途を調べた。
痛感したのは、危うい財政運営だ。
原発は古くなるとともに減っていく。
本来は、臨時収入と考えるべきもの。

ところが、
その使途は保育園の運営やごみ収集、消防署の人件費など
基本的な住民サービスにまで及んでいた。

原発マネーで建設した温泉施設が赤字続きで、
一般会計から補填した事例がいくつもあった。

原発を巡るゆがみ 天下り問題
311後、
国家公務員OB 少なくとも71人。
立地、立地予定の14道県の幹部OB 少なくとも45人。

電力本体への再就職は自粛対象だが、関連団体は抜け道。
14道県  青森県14人、福井県9人。
突出して多かった。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・

「原発マネーは国の毒薬 地域の麻薬」

原発マネーで 地域が栄え、過疎地が解消するなんて、幻。
原発マネーで若者の流出が止まるなんて、幻。

いいこと尽くめなら、
引く手あまたのはず。
現実は、原発マネーの一本釣り。

原発は決して地域のためにならない。

禁断症状で原発マネーの催促?に
ぶち切れた四電社長の例が記録されている。
ご紹介しよう。                           参照1

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 四国電の町長罵倒「事件」/ 原発マネーが生む悲劇 / 話題の発掘 東京新聞


【 四国電の町長罵倒「事件」 】

事の発端は南海日日新聞にかかった匿名の電話だった。
「田舎の町長がうそを言って金をくれと言う」
1989年夏、四国電力前会長が町民の面前で伊方町長を罵倒した。
伊方原発2号機の出力調整実験反対運動と
原発近くに米軍ヘリが墜落する事件で
町中が揺れたのは前年88年。
その興奮が冷めやらぬ中で発生した
「大事件」だった。

・ ・・
【 原発マネーが生む悲劇 】

伊方町長を四期16年努めた山本長松氏の叙勲の祝賀会の宴席
山口恒則・四電会長(当時、故人)は
「金をくれと言われて困る。くれと言われてもそう出せるものではない。
もう今までに出している。田舎の町長がうそを言って金をくれと言う」
と言い放った。
福田町長(当時、個人)は抗議も反論もしなかった。
祝いの宴席はしらけてしまった。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・                            
                    東京新聞2016年10月24日
b0242956_8444578.jpg

b0242956_845094.jpg

b0242956_8451222.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
参照1 四国電の町長罵倒「事件」/ 原発マネーが生む悲劇 / 話題の発掘 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/21916532/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
target="_blank">http://lituum.exblog.jp/19279826/
12.  米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 瀬戸の風 特選動画 】

ムルロアから愛をこめて Greetings from Mururoa
2016/10/17 に公開
1960年代から30年にわたって南太平洋のムルロア環礁で200回以上も核実験が行われた。これは、放射能について何も知らずに核実験に参加したフランス人の若者の数十年後の姿を追ったドキュメンタリーである。

@hirougaya 28.5.12

  by setonokaze | 2016-11-01 08:49 | 東京新聞

<< 川内原発の再稼働を問う 甘い前... 「福島」が生んだ本当の危機とは... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE