「ほっ」と。キャンペーン

「指示前に避難」51%超 原発事故時、計画に課題 浜岡住民調査 /東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

浜岡原発で31キロ圏内に住む住民の51.7%が、
原発事故発生の情報を得たら「避難指示が出る前に避難を始める」

静岡県の計画
5キロ圏内     優先的に避難させる。
5〜31キロ圏内   屋内退避後に順次避難させる。

2014年試算
全員退避     33時間15分

・・・・・・・・・・・・・

「原発が事故だ!」
と知って、避難の順番待ち出来る?

出来るわけは無い。

こども、若い人がいれば、なおのことだ。
1刻を争うは F1から学習したこと。

逃げ遅れれば、自己責任。
白い防護服を着た人が来ても、逃げろと言わない。
政府、マスコミもパニックを起こすからと本当のことを伝えない。

さらに、
これからはSPEEDIスピーディ予測は使わない。
モニタリングポストの値を使う。
警報が出た時点で、確実に核汚染が広がっている。

311はみんな「安全神話」を信じていたから油断した。
今度はみんな「不安全神話」を信じているから、逃げ足は速い。

逃げるには
最初の30分から1時間半  が勝負。
まだ渋滞は起きていないと推測されている。
脱兎のごとく逃げるが秘訣。

そもそも、
IAEA深層防護の第5層 有効な避難計画が無ければ原発は稼働出来ない。
この国はこの法の整備が遅れているだけだ。
人が逃げられないのなら、

「原発に出て行ってもらうしかない。。。」







注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    東京新聞2016年8月17日
b0242956_8185145.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

  by setonokaze | 2016-08-24 08:41 | 東京新聞

<< 四国電力とは 伊方3号機再稼働... 住民は誰が守るのか 伊方原発再... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE