「40年廃炉」なし崩し 高浜1,2号機最長で20年課題残し「例外」適用/東京新聞


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

原子力規制委員会は6月20日、
高浜1,2号機で、最長20年の運転期間の延長を認めた。
40年廃炉が原則だが、条件を満たせば1回に限り20年の延長が認められる。
延長は「例外中の例外」とされてきたが、初の適用例が決まった。

規制委は
1格納容器上部に遮蔽用のドームを設置
2ケーブルに防火シートを巻く
3事故時の対策拠点を新設する
などすれば新基準に適合すると既に判断している。

劣化した配管などは取りかえれば問題ないと判断。

何千億円もの工事費をかけても、回収出来るとなれば、
40年廃炉の原則は崩れ、なし崩し的に運転延長を目指す動きが続く可能性が高い。

関電は美浜3号機の延長も申請している。

・ ・・

■ 審査 
審査の会合
高浜1,2号機         27回
川内原発1,2号機       64回
高浜3,4号機           70回
伊方3号機            78回
半分以下だ。

パブコメはしない。
田中規制委員長
「これまでも高経年化の評価ではしていない。極めて技術的な問題だから」

7月7日までに許認可を取得しないと、廃炉になる。
その日程を意識した審査だった。

■ 劣化
原子炉圧力容器の鋼鈑は長期にわたり中性子を浴びると脆くなって
急速な温度変化に耐えられないとされる。
審査では事故時も原子炉は割れないと評価された。

だが、
老朽化対策の専門家の井野東大名誉教授
「予測式には不確実性がある」
「脆くなって壊れる現象は分かっていないことが多い。より慎重であるべきだ」

原発内には無数のケーブルが張り巡らされ、
古い原発では被服部分が燃える恐れがある。
シートで包み、新基準をクリアする方針だが、
「シート内でのトラブルは見つけにくい」
「保守点検はどうするのか」

規制委の担当者
「具体的な点検の方法までは議論になっていない」

■  身内
老化に加え、想定している地震の揺れが十分かどうかという問題が新たに出てきた。
 
警鐘を鳴らすのは、島崎前規制委委員長代理
1/3〜1/4程度に過小評価してしまう。

大飯3,4号機の再稼働差し止め控訴審には、
すでに島崎氏の陳述書が提出。
高浜1,2号機の運転差し止め訴訟の審理でも争点になりそうだ。

・・・・・・・

原発を60年使う。
「例外中の例外」とされた例外規定。
原子力ムラが巧妙に仕掛けた。
いまや、規制委は原発推進委員会。
原発様 どうぞ、どうぞだ。

・・・

仕事がら
気になるのが電線。
防火シートで包めばいい。
電線1本、1本くるめるわけがない。
でまとめて十把一絡げ。

外からの火災対策。
電線自体の発火は考慮外。
重要配線。
まとめた十把一絡げのうちの1本でも、過電流等で燃えたら、
十把一絡げで燃えてしまう。
これを想定外としたら、
コントロール不可。アウト。

・・・

電線はどんなに燃えるのか?                 参照1
やってみた。(2016.1)

原発用の電線は入手できないので、
住宅用のごく一般的な電線と、
電気炉に使う電線。

IV2.0 一般に配電盤内で使われる電線。
トーチ炎内で、よく燃える。
b0242956_2024983.jpg

炎外でも燃える。
b0242956_20242850.jpg

塩ビ樹脂特有の青い炎を出して燃え出したらとまらない。
燃えると炭化するので、絶縁が保てない。
この電線、原発では配電盤に使ってないでしょうね。
一番安いけどね。
b0242956_20244115.jpg


一番よく住宅で使われているVVF2.0
炎から出したところ、燃える。 塩ビ製
b0242956_20252597.jpg

煙を出し、炎は下火に。
b0242956_20253957.jpg

そして消える。自己消火性あり。(60秒以内に消えることJIS規格)
だが、束になるとおそらく消えない。
炭化する。
炭化すれば、漏電、ショートもする。
この電線も原発には使えない。
b0242956_20255320.jpg

これがケーブル。ごく一般的なCV3.5 600V ポリエチレン 2芯
(難燃ケーブルかどうかは不明)
b0242956_20261945.jpg

炎を浴びると燃える。
b0242956_20263755.jpg

銅線はすでに赤熱。
b0242956_2027352.jpg

被服も燃える。
もし、この線が原発に使われているなら、なんとしてもやめてほしい。
ケーブルが燃え出す。。
b0242956_2027164.jpg


電気炉用ガラス編み組シリコン電線
炎内でも火炎はほとんどでない。
b0242956_20275848.jpg

炎からだすと、消える。
いいね。
しかも、燃えたあとも絶縁は良好。(炭化しない)
最低でも、原発にはこのぐらい性能は欲しいね。原発一般用電線としてね。
b0242956_20281597.jpg

テフロン電線が入手できなかったので、ごくありふれた、水道用テフロンシールテープでテスト。
炎内では燃えるが、
b0242956_202836100.jpg

炎外では燃えない。
少なくとも、テフロン以上の性能を有する電線が原発には必要である。
原発では、重要配線には不燃ケーブルが必要。難燃ケーブルでは心もとない。
難燃ケーブルモドキもやめなきゃだめだね。

原発で実際に使用している電線が手に入れば、もっと正確に比較出来るのにね。
ごめんなさい。
b0242956_20285225.jpg

以上の実験は当りをつけるための実験。           参照1
色々な種類の電線をとりあえず、バーナーで燃やしてみた。
故に、条件やパラメーターは記録していない。
手軽に出来るので、本格実験前に行う手法。
結果がアバウトなのはご容赦下さい。

・・・



注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年6月21日
b0242956_9351947.jpg

b0242956_935334.jpg

b0242956_9354648.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
参照1) 全原発で調査指示 柏崎刈羽のケーブル違反/東京新聞 / 原発は安全か?電線を燃やしてみた
http://lituum.exblog.jp/25285430/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

【東京湾のセシュウム】

か. 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
お. 東京湾のセシウム 5  http://lituum.exblog.jp/23624514/
え.  東京湾のセシュウム 4   http://lituum.exblog.jp/18350663/
う.  東京湾のセシウム 3   http://lituum.exblog.jp/17973763/
い. 東京湾のセシウム2   http://lituum.exblog.jp/17838047/
あ.  東京湾のセシウム1   http://lituum.exblog.jp/17770286/
【原発テロ】

e 原発テロ対策 先送りの怪 新基準で設置を義務付けたはずが… 設置せぬまま運転 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25118948/
d 被爆死最悪1.8万人 原発攻撃被害 84年に極秘研究 反対運動恐れ公表せず/ 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/24350088/
c 「自衛隊が原発警護」検討 対テロ名目 活動拡大 海外では軍隊の例なし / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23505787/
b 原子力施設狙いロケット弾 ガザからイスラエル・ディモナ原子炉を標的 ロイター / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/23006443/
a 「自衛隊が原発警護」検討 対テロ名目 活動拡大 海外では軍隊の例なし / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23505787/

・ ・・・・・

【樽葉町】

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

【飯館村】

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
target="_blank">http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-06-30 09:50 | 東京新聞

<< 株主最小最短の総会 事故後の東... ナウシカ愛機ふわり 青空を舞う... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE