207回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 6月24日(金)高松/抗議文と要請

抗議文と要請(28.6.24 伊方原発前)             参照1

熊本地震が起きた今日、伊方原発を再稼働しようとする意思を示す
核燃料の装填にたいして、強く抗議します。

送受電用の四国の高圧送電網は中央構造線断層帯に沿って配置されています。
仮にこの断層帯全体が一度に動く想定をするなら、
敷地の内外を活断層が通っている 川内変電所と(電源開発の)西条変電所、
東予変電所などで繋がれた送受電網全体は
中央構造線の地震に堪えられられるはずがありません。
この地震による長期間の外部電源喪失に始まるメルトダウンはまさに福島の二の舞です。

しかし変電所の耐震性などは原子力規制委員会は、
「上流の話は経産省がやってくれ」 と言って審査していません。
安全性が確保されていないのですから、再稼働は中止すべきです。

2 燃料装荷の今日がとくにプルサーマル推進のための活動 
MOX燃料を2年目に燃やすことを中止する最後のチャンスです。
再考を要請します。

今回装荷される核燃料の中でも特にMOX燃料を2年目にも燃やすということは、
プルサーマル推進政策を続けるための活動ですが、
過去にはなかったやっかいな核のゴミを生み出すことになります。
というのも、
あと、2年間燃焼させた使用済MOX燃料は再処理出来る工場が計画すらないため、
敷地外への搬出先もありませんから、高レベル放射性廃棄物の管理方式は
近い将来に地下への直接処分方式ないしドライキャスクによる乾式貯蔵管理へと
変更されるだろう なかで、この燃料体16体だけが他の使用済燃料とは同等に
扱えず、建屋プール内で将来世代に渡って保管し続けるしかない
より厄介な核のごみに変わるからです。

3年間の使用期間の1年分だけ燃焼させた現状のMOX燃料で既に
通常の使用済み燃料と同等の崩壊熱や放射線を出し続けているでしょから、
これはもう今後燃やさないことに決めて燃料プールに当面保管し続けることにすれば、
将来起こるプルサーマル路線の変更を見越した柔軟な対応をとつたことになります。

何よりも将来の廃炉後の伊方3号機の燃料プールを将来果たして
維持出来るのかそれともそこを今後何百年間も維持し続けなければならないかを
分ける将来の廃炉過程の重大な分岐点となる問題です。

現行の核燃料サイクルにとくに高速増殖炉開発計画に未来がないことは周知のとおりです。
使い道のないプルトニウムを貯め続けることを避ける為だけの
今のプルサーマル推進政策の18年の日米原子力協定の見直しにおいて、
大きな方針転換を米国から迫られるでしょう。
当面の国策に従うためだけに惰性で破綻の道を進み続けることはもうやめて下さい。
 
御社がプルサーマル政策の泥沼から引き返す最後のチャンスが今なのです。
今、動いている他のプルサーマル炉はありません。
東電福島第一原発3号炉はメルトダウンしました。
高浜原発は裁判で動かせず、玄海原発はまだ規制基準審査も途中です。

四国電力は後戻り出来ない道を一人別に歩いていこうとするのでしょうか。
来週始めには四国電力の株主総会を控えてそこでの了解も得なければならない
でしょう。
参院選で原発推進の国策を振り回す自民党がどんな審判を受けるかも、
今後の政策に大きな影響を与えるでしょう。

東京電力は福島原発事故から5年を経過した今になってようやく
炉心溶融メルトダウンを隠蔽してきたことを認めました。
行き詰まりの現実を認めるのには時間がかかるものです。

MOX燃料の装荷は中止して問題を先送りしてはいかがですか。

・・・
四電側はなんやらがちがう、平行線だとさっさと受抗議文受け取り拒否。
引っ込んでしまった。



本当のところを四電の社長にぜひ、聞いてみたい。


この、レポは 
四電の中の人にも
伊方原発の中の人にも
ぜひ、読んでいただきたいと
思っている。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・
【今週のトップニュース】
伊方原発3号機 核燃料24日装填                  参照2
四国電力は23日、7月下旬の再稼働を目指す伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の原子炉に核燃料を装填(そうてん)する作業を24日に始めると発表した。四 電は装填完了まで4日間程度を見込んでおり、原子力規制委員会の使用前検査などが順調に進めば8月中旬の営業運転開始を想定している。


みんなで、力を合わせて、再稼働反対!
b0242956_19123291.jpg

原発ゼロの日本 YES!
b0242956_19125375.jpg

原発ゼロ
b0242956_19131046.jpg

アベ政治を許さない だれの子猫も殺させない!
NO NUKES 肉球新党
b0242956_19132585.jpg

ここ四電本社前特製のカサ
b0242956_19134186.jpg

「発電に 核を 使うな」 四電本社前特製の特大のぼりです。
b0242956_19141846.jpg

伊方町総4836世帯が 
この急峻で狭隘な佐田岬から
被曝せず速やかに避難できると
本当に考えられますか?
b0242956_19145145.jpg

【 重大事故対策 】伊方発電所(原発の名を隠した伊方核発電所、意図的と思われても、仕方ない)
重大事故対策施設である緊急時対策所は
3基の原発建屋と貯水タンクなどに囲まれた狭いスペースにあり、
アクセスするには3基の原発の間を通らなければならない。
(写真では1号機右の褐色の建物。判別のために写真での彩度を調整)
b0242956_19153570.jpg

狭い敷地にひしめく水タンク群
b0242956_20304041.jpg

四電が消滅しても 核のごみは消滅しない。(産廃は排出者責任が厳格に定められているが、原子力関係は治外法権か)
瀬戸内から原発をなくせ(原発は通常運転でも放射性物質を基準値以下だとして、放出している)
b0242956_19164128.jpg

【 定点観測です。】

いつもの平和な丸亀町ドーム。三越デパート前の風景。
毎金曜日に定点観測の様に撮影するポイントです。

何故か、丸亀町ドームが伊方原発3号機に見えてしまうのですよね。
しかも、水素爆発後の鉄骨だけになった姿に。。

四電本社前から、こんなにリアルに伊方原発3号機の事故後が
想定出来るスポットがあったなんてね。。

平和な三越のにぎわい。だがよく見ると、ドーム方向には進入禁止の赤い標識。
左か右に行けという矢印の交通標識。しかも、信号は赤信号。。。

「 発電に 核を 使うな 」
b0242956_1918120.jpg

Song for GAZA
Pink Floyd のRoger Water が2年前ガザのために歌った
We shall overcome です。
「…兵士の死体にはめったに出会わない。
戦争と呼ばれるものの犠牲者はほとんど市民だった。」
DAYS JAPAN 8月号 編集後記より
b0242956_19343760.jpg

「希望の牧場」の斑点牛オブジェ
毎週、この曲が流れる。

Pete Seeger - We shall overcome

太田あゆみ 高松市議 参上! 
b0242956_19372953.jpg

【マスコットの「どろ」と「こち」とチアーキャッツと仲間達 】 
「たりないのは愛だろー バカヤロー 」フライングダッチマン 
「原発絶対反対」こののぼりは1988年伊方原発出力調整反対デモで、ここ四電本社前に翻ったのぼりのミニチュア。88年の意思を継ぐ。
b0242956_1938461.jpg

【 福島を想う 】
オーガニックフエスタ四国 2013 http://lituum.exblog.jp/20292241/
フライングダッチマン 小出裕章 小出 裕章 田中 優曳地ハル&トシ 亀山ののこ 各氏の講演会。出演メンバーからのメッセージです。27.4三宅洋平さん追加。
b0242956_1939776.jpg

【 東京新聞 】
ここ四電本社前に届けて戴ける東京新聞 うれしいね。記事は別にUPします。
◯福島 「チェルノブイリ以下」のなぜ
◯伊方3号機燃料23日以降に装填
b0242956_19392695.jpg

【 広島2人デモ 】http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/
このHP読む価値あります。おすすめです。。

現在日本は、福島第一原子力発電所事故による 「原子力緊急事態宣言」下にあります (2011年3月11日19:03発令)

There is no safe dose of radiation
「放射線被曝に安全量はない」 世界中の科学者によって一致承認されています。
日本はまだ原子力緊急事態中です 原子力緊急事態中ということは、事故拡大の応急対策を 採らねばならない事態が継続中ということです 福島第一原発による第二苛酷事故の可能性も去っていません
原子力災害本部⻑は内閣総理大臣で、国⺠の安全と生活を守るため 全力を挙げて終息させるよう指揮を執る責任と義務を負い、遂行する権限を持っています
事故前の通常時からすれば、本来出てはいけない核種の放射能がまだ大量に出続けています 高い被曝線量により原子炉にも高濃度汚染水にも人間は近づけず、 デブリを取りだす技術もまだありません 最低でも10数年はこのままの状態が続くことが決定的です
原発賛成・反対は二の次の問題、福島原発事故が終息してからの問題です 再稼働などもってのほかです 福島原発事故の上に、追加放射能と新たな原発苛酷事故のリスクを付加するだけです 黙っていれば容認になり、そのリスクや負担はすべて私たちが負うことになります
一人一人がいま、正確な情報を知り、知ろうとし、考えることが大切です 一人一人が正確な情報を知ろうとすることだけでも、それは解決の方向に向かう大きな力になります
毎回、チラシのテーマ・内容かが違います。過去チラシも是非ご参考にしてください
▼タイトル
◯伊方原発広島裁判のHP http://saiban.hiroshima-net.org/
b0242956_19395376.jpg

伊方原発3号機はPWR
PWRは原子炉格納容器がBWRに比べ格納容器Aが非常に大きいので放射能を含む一次冷却水は格納容器内に封じ込められているので、放射能漏れはないとされていた。だがこの図にあるように一次冷却水(原子炉に通じる)配管は数多く、格納容器外につながっている。このことは、原子炉格納容器外で放射能を含む一次冷却水が漏れる可能性が十分にあることを証明する。(原子炉からの放射性物質漏洩を防ぐ為に設けられた5つの障壁の5番目の最後の砦、格納容器が役立たずを意味する。)

さらに、
Bは体積制御タンク(化学体積制御系)とある。水は温度が上昇すればそれに応じて体積が増加する。PWRのような密閉系ではそれを吸収するシステムが必要だ。格納容器内の蓄圧タンク(アキュームレータ)で一定圧にするのだが、水量の多い原子炉では格納容器内のアキュームレータで吸収出来きるはずはない。これまで、この格納容器内の蓄圧タンクしか公表していなかったかと。別に水膨張を吸収するタンクがあると睨んでいたが、この図に初めて、体積制御タンクを見つけた。だが、これは化学体積制御系。まだ他(物理系とか)にあることを示唆する。別に、サージタンクがあるのだろうと推測しているが、見つけられていない。(これは放射能を含む一次冷水が格納容器外に貯留存在することになり、PWRの欠陥となる。不都合なので伏せていると睨んでいる。)(今回はここまで。)
注)以上は個人の感想です。
b0242956_21404181.jpg

出典:伊方裁判資料 別図1 本件3号機の基本構成

【 帰りたいよね 】

帰りたいよね
帰れない 故郷に
帰りたいよね
なくさんの人々の涙が
心を しめつけます

泣いては
いけない
泣いたら
かなしい
泣いても
すこしも
よくなら
ないから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島@nonn311 さん https://twitter.com/nonn311
多くの詩を発信されています。一部しかご紹介出来ません。
ぜひ、フォローしてみて下さい。
( この詩には人の心を動かす力がある。)
・ ・・・・・・・・・・・・・・・

1月4日

福島を
繰り返さないためには
原発再稼働を
やめることしか
ありません

1月4日

チェルノブイリの時は
大騒ぎしたのに
福島のことは
しーっ
ナイショ
何もなかったことに
してしまうつもり
2015年8月11日

地震は
とめられない
津波は
とめられない
台風は
とめられない
でも
原発は
とめられます

b0242956_19403947.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5年目になってもこのありさま。



原発やめようよ。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月  1日(金) 
7月  8日(金)

F1の事故から311で5年となりました。
原発の状況は悪くなるばかりです。
四電本社前抗議4年目になります、気持ちを切り替えて、
ここ四電本社前でアピール、抗議です。
新たな方も、お待ちしています。

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。
若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。
いろんな方の自由な集まり
です。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。
19〜20時くらいはゆっくり出来ます。
情報交換だけに来られている方もおいでます。
b0242956_20484260.jpg

注1)F1とは福島第一原発の略称。 
参照1 2016 6 24伊方ゲート前 緊急抗議行動
https://youtu.be/PxgZTV-vqFY
参照2 えひめ新聞ONLINE

伊方原発3号機 核燃料24日装填2016年06月24日(金)
四国電力は23日、7月下旬の再稼働を目指す伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の原子炉に核燃料を装填(そうてん)する作業を24日に始めると発表した。四 電は装填完了まで4日間程度を見込んでおり、原子力規制委員会の使用前検査などが順調に進めば8月中旬の営業運転開始を想定している。
 装填するのはプルサーマル発電で使用するプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料16体を含む燃料集合体157体。1日40体程度を、原 子炉建屋につながる使用済み燃料プールからクレーンで移動させて原子炉容器に装填する。核燃料から出る放射線を遮蔽(しゃへい)するため、移送経路をホウ 酸水で満たした状態で行う。
 四電は核燃料の装填後、原子炉容器の組み立てや冷却機能の検査に入る。再稼働前の7月中旬には重大事故に備えた訓練を予定している。


おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21
2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
3.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
4. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
5. メルトダウンしていた米国初の原発
http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/

8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 http://lituum.exblog.jp/19960375/
11.  四国電の町長罵倒「事件」/ 原発マネーが生む悲劇 / 話題の発掘 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21916532/
12.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】
1分50秒あたりから大変な事になっています。日本が世界で有数の地震国だと言う事が良くわかります。
2011年の世界の地震 分布図 World earthquakes 2011 Visualization map (2012-01-01)


音は少し大きめがいい。

  by setonokaze | 2016-06-25 22:59 | 四電本社前抗議

<< 原子力明るい未来のエネルギー ... 居住制限区域 初の避難解除 帰... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE