ノーモア広島からノーモア被ばく者へ 原発停止を求め市民提訴 /こちら特報部 東京新聞 


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

放射能の苦しみを知る広島は、
核兵器廃絶を訴え続けてきた。
だが、
被爆地ゆえに「原子力の平和利用」の旗振り役を担わされ、
反対運動の中で「原発」はしばしば切り離された。
F1事故は、ヒロシマと原発の関係も大きく変えた。

東日本大震災から5年を迎える3月11日
被爆者たちは四電伊方原発の運転差し止め訴訟に踏み切った。

「ノーモア・ヒロシマ」から「ノーモア・ヒバクシャ」へ

・ ・・

■ヒロシマの「3・11」

堀江原告団長
「(放射能の)害という意味では、原爆も原発による害もかわらない」
「放射線の恐ろしさを身をもって知る者として、後世に知らせないのはまずい。
ややこしいものは一つでも除いて次の世代に引き継ぎたい」

伊藤副団長
「福島事故まで不安に思ったことはなかった。
『安全神話』を百パーセント信じていた」

河合弘之弁護団共同代表
「伊方原発が過酷事故を起こしたら、風向きによっては放射能が飛んでくる。
今回、世界で最初に原爆の被害を受けた広島の人々が、新たな被ばくを拒んで立ち上がった。この歴史的な意義は大きい」

原告は広島、長崎の被爆者18人を含む9都府県の67人。
このうち3人は3号機の差し止めを求める仮処分も申し立てた。
広島市民が中心の提訴は今回が初めてだ。

・ ・・

被爆地・広島は「復興」のかけ声の下で、
「原子力の平和利用」にからめとられた。

1956年には
広島で「原子力平和利用博覧会」が開催された。
1958年
「広島復興大博覧会」でも原子力の平和利用が言いはやされた。
1975年
原水禁世界大会で森滝広大名誉教授が「核と人類は共存出来ない」と演説し
原発も含めた核廃絶を呼びかけた。しかし、原発の評価をめぐっては、
被爆者間でも対立が生まれ、往々にして議論は後回しにされた。

・ ・・・・

3月11日
広島市の平和記念公園親水テラスでは、
東日本大震災の犠牲者を追悼する集会が開かれていた。
夕方には、500本のろうそくが点灯され、
「3・11」の数字も浮かび上がった。

その対岸にある原爆ドーム前では、
母の胎内で被ばくした元英語教師の三登さんが終日、
手製の資料を手に外国人観光客らを案内していた。


三登さんは
3.11前から脱原発だった。
福島事故後、海外の客から
「なぜ被爆国の日本にこんなにたくさんの原発があるのか」と
問われることが増えた。

「『知っていても何も変わらない』と言われるが、そうじゃない。
知らないんです。戦後70年たっても、やっぱり事実を知らない人が多い」

GHQの報道規制で、原爆の放射線障害が隠された。
「行政も専門家も残留放射能や内部被ばくの影響をほとんど無視してきた。
70年前の戦争も、命より経済を優先して暴走した。
今も何も変わっていないではないか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■原発

電力会社は国策とばかり、
規制委員会の合格を得たと再稼働に走る。
立地地元(町)と立地県(知事)の了解を戴いた。

まるで、印籠を振りかざすように。

安倍首相は
「新規制基準」は世界最高(レベル、水準)の基準であると胸を
張る。
安全が確認された原発は稼働させると言う。

田中原子力規制委員長は
「新規制基準」は安全を保証するものではないという。

これが、原発を稼働させたい側の論理だ。
(よ〜く考えると、理屈が合わない)

■再稼働反対

多くの人が今も、電力会社、首相官邸、県庁、いろんな場所で、
反対の声を挙げている。
その声は、切実な願いである。
5年を経てなお続く、この声は今も無視されている。

発電手段なら、原発以外にいくつもあるのに、
原発の発電コストは高いのに、
原発は「トイレのないマンション」なのに、
ひとたび、地獄の釜(原子炉)の蓋が開いたら
250キロはなれていても、約24時間で退避となるのに、
F1爆発核事故は、たまたま、いくつもの幸運(奇跡)が重なって、
今の程度で収まっているのに、
今も、原子力緊急事態宣言が発令中なのに、
なぜ、再稼働させるのか?

■声を挙げる

声を挙げる大切なこと。
一人で、みんなで、力を合わせて、
巨大権力に立ち向かうは大変だ。
だが、声は挙げ続けなければならない。
なぜなら、相手はこちらが疲弊するのを待ち構えているからだ。

像の背中に止まった蚊位のつもりかもしれない。
セミの小便くらいかもしれない。
でもね、
原発の論理は破綻している。

原発に正義はない。
原発はみんなのためにならない。
社会の役に立たない。

こんな原発がいつまでも
人間社会に存続出来るわけはない。
消滅する運命にあるのは間違いない。

■四電伊方原発運転差止広島裁判 http://saiban.hiroshima-net.org/

蜂の一刺しになるだろうと期待している。

広島2人デモ(http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/)さんの資料を読んだことのある方なら、
お分かり戴けるが、ハンパでない。
それを踏まえての、訴訟。
5年目の311に満を持しての訴訟。
ぬかりはない。

全力で応援したい。






注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年3月14日
b0242956_024465.jpg

b0242956_025395.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-23 23:58 | 東京新聞

<< 電力 私が選ぶ  再稼働 前の... なお増え続ける汚染水 危険な旧... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE