193回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 3月18日(金)高松/「私は素人」

「私は素人」

3月16日                          参照1
佐伯社長は原子力規制委員会の臨時会議で、
「私は素人」を繰り返したため、
「専門家ではないという意味だろうが
全体の指揮を執るトップが言うと不安を招く」と
今後は慎むように促されましたよね。

四電の
社長は原発の ど素人
(素人を繰り替えしことから以下 ど素人と称する)
といえますよね。
不安を招くどころか、
寒気がし、めまい がし、
四電に絶望しましたよ。

原発は核プラント。
核を扱う会社の社長が、
ど素人ではどうしようもありません。
トップとして不適格です。

「私は素人」なら、辞任ですよね。

なぜなら、
F1爆発核事故のような過酷事故の場合、
陣頭指揮に立たねばならないからです。
陣頭指揮者が ど素人ではどうしようもありません。

ベントの指示、
海水注入の指示、
水素爆発の判断。
水蒸気爆発の恐れの判断。
高核汚染作業場への突入指示。
総員撤収の決断。
等々
次々と即決を求められる修羅場です。

伊方原発は
実は、原発の名を隠した「伊方発電所」が四電の正式名称のようですが、
実質は、核(発電)プラントですよね。

核プラントが動いている間は、
核プラント要員は持ち場を離れるわけにはいきませんよね。
要員がてんでばらばらに持ち場を離れれば、
核プラントが暴走を始めるからですよね。

核プラントの暴走を止めるには、
要員は最後まで、持ち場を離れられません。
同時に、
核、核プラントに通じた玄人でなければなりませんよね。

最高責任者が ど素人でどうするのですか?
「原発を安全に運転するつもり」なら素人でも言えます。
玄人は
核の恐ろしさを熟知しているだけに、
軽々しく
「原発を安全に運転するつもり」などとはいいませんよ。

F1爆発核事故を上回る過酷核事故が起きることが、
十分に予測されるなか、
瀬戸内海、郷土、多くの住民の財産等を奪う核事故が
予測されるなか、

「ど素人」の四電社長に「命と財産、未来」を
託するわけにはいかんです。

即刻、社長は辞任です。





本当のところを四電の社長にぜひ、聞いてみたい。


この、レポは 
四電の中の人にも
伊方原発の中の人にも
ぜひ、読んでいただきたいと
思っている。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・
みんなで、力を合わせて、再稼働反対!
b0242956_22394529.jpg

原発いらんけん
藤沢 やよい 高松市議参上
b0242956_22403262.jpg

原発ゼロ
b0242956_2241279.jpg

NO! げんぱつ  東京からまいりました。
b0242956_22412870.jpg

【 定点観測です。】

いつもの平和な丸亀町ドーム。三越デパート前の風景。
毎金曜日に定点観測の様に撮影するポイントです。

何故か、丸亀町ドームが伊方原発3号機に見えてしまうのですよね。
しかも、水素爆発後の鉄骨だけになった姿に。。

四電本社前から、こんなにリアルに伊方原発3号機の事故後が
想定出来るスポットがあったなんてね。。

平和な三越のにぎわい。だがよく見ると、ドーム方向には進入禁止の赤い標識。
左か右に行けという矢印の交通標識。しかも、信号は赤信号。。。
b0242956_22423152.jpg

金曜脱原発集会  ここ四電本社前抗議のポスター
b0242956_22435126.jpg

Song for GAZA
Pink Floyd のRoger Water が2年前ガザのために歌った
We shall overcome です。
「…兵士の死体にはめったに出会わない。
戦争と呼ばれるものの犠牲者はほとんど市民だった。」
DAYS JAPAN 8月号 編集後記より
b0242956_2244185.jpg

毎週、この曲が流れる。

Pete Seeger - We shall overcome

【 我輩は原発に反対である。 安倍ニモマケズ 肉球新党 猫の生活が第一 】

名は「トメ吉」へタレ猫なんだにゃ。
原発本気で止めるだニャ。

隣にガンコ猫だにゃ。20年以上ご主人宅に居候ニャン。
「いつも原発のこと考え中」だニャン。
b0242956_22452228.jpg
【 四電本社前情報  】
【マスコットの「どろ」と「こち」とチアーキャッツと仲間達 】 
「たりないのは愛だろー バカヤロー 」フライングダッチマン 
「原発絶対反対」こののぼりは1988年伊方原発出力調整反対デモで、ここ四電本社前に翻ったのぼりのミニチュア。88年の意思を継ぐ。
今宵は雨、雨によわいんだにゃ〜 編み猫だからだニャ。
b0242956_22483133.jpg

【 福島を想う 】
オーガニックフエスタ四国 2013 http://lituum.exblog.jp/20292241/
フライングダッチマン 小出裕章 小出 裕章 田中 優曳地ハル&トシ 亀山ののこ 各氏の講演会。出演メンバーからのメッセージです。27.4三宅洋平さん追加。
雨は福島の涙。。
b0242956_22491087.jpg

【 東京新聞 】
ここ四電本社前に届けて戴ける東京新聞 うれしいね。記事は別にUPします。
◯年寄りしか戻らぬ
◯15.7メートル津波試算なのに なぜ  会長ら強制起訴の意味
b0242956_22495994.jpg

【 広島2人デモ 】http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/
このHP読む価値あります。おすすめです。。

現在日本は、福島第一原子力発電所事故による 「原子力緊急事態宣言」下にあります (2011年3月11日19:03発令)

There is no safe dose of radiation
「放射線被曝に安全量はない」 世界中の科学者によって一致承認されています。
日本はまだ原子力緊急事態中です 原子力緊急事態中ということは、事故拡大の応急対策を 採らねばならない事態が継続中ということです 福島第一原発による第二苛酷事故の可能性も去っていません
原子力災害本部⻑は内閣総理大臣で、国⺠の安全と生活を守るため 全力を挙げて終息させるよう指揮を執る責任と義務を負い、遂行する権限を持っています
事故前の通常時からすれば、本来出てはいけない核種の放射能がまだ大量に出続けています 高い被曝線量により原子炉にも高濃度汚染水にも人間は近づけず、 デブリを取りだす技術もまだありません 最低でも10数年はこのままの状態が続くことが決定的です
原発賛成・反対は二の次の問題、福島原発事故が終息してからの問題です 再稼働などもってのほかです 福島原発事故の上に、追加放射能と新たな原発苛酷事故のリスクを付加するだけです 黙っていれば容認になり、そのリスクや負担はすべて私たちが負うことになります
一人一人がいま、正確な情報を知り、知ろうとし、考えることが大切です 一人一人が正確な情報を知ろうとすることだけでも、それは解決の方向に向かう大きな力になります
毎回、チラシのテーマ・内容かが違います。過去チラシも是非ご参考にしてください
◯伊方原発広島裁判のHP http://saiban.hiroshima-net.org/
b0242956_225101.jpg

◯2016年3月11日広島地裁提訴報告
投稿日: 2016年3月14日 作成者: saiban
http://saiban.hiroshima-net.org/report/?p=210
2016年3月11日広島地裁に提訴しました

すでに報道でご存じと思いますが、3月11日広島地裁に、伊方原発運転差止訴訟(以下本訴)および3号機運転差止仮処分命令申立(以下仮処分)をいたしました。

当日の報告をいたします。

◆当日の配付資料
3.11提訴日スケジュール
伊方原発広島裁判原告団概要
伊方原発広島裁判弁護団一覧
愛媛県・斉間淳子さんからのメッセージ
東京都・上田紘治さん(被爆者)からのメッセージ
福井県・嶋田千恵子さんからのメッセージ
香川県・尾崎憲正さんからのメッセージ

3月11日、前日までの雨曇りはすっかり晴れ、真っ青な青空になりました。
自然も応援しているようです。

10時30分に広島弁護士会館2F大会議室に集合します。
b0242956_45729.jpg

当日の広島弁護士会館。マスコミが続々到着していました
▼10時30分から河合弘之弁護士からコメントがありました。
b0242956_4582064.jpg

先日、滋賀県の大津地裁で高浜原発の仮処分が出されましたが、これは同様の「被害地元」となる広島にとって追い風になること、世界で最初の被爆地ヒロシマが、被曝を拒否して司法に訴えることは世界に向けて非常に大きなメッセージになる、などの話がありました。

広島弁護士会館から、広島地裁に向けて出発です。

▼広島地裁に向かう途中、ちょうど17年ぶりに広島を訪れていた広島市現代美術館第4回ヒロシマ賞受賞者、クシュシトフ・ウディチコ氏が今日の提訴を知り、「行進に参加」するために来てくれていました。
堀江原告団長、河合弁護士とあいさつを交わしました。
河合弁護士と言葉を交わすクシュシトフ・ウディチコ氏。
b0242956_4594046.jpg

▼広島地裁の前を行進するまえに隊列を整えます。
b0242956_504432.jpg

(以下略)


【 帰りたいよね 】

帰りたいよね
帰れない 故郷に
帰りたいよね
なくさんの人々の涙が
心を しめつけます

泣いては
いけない
泣いたら
かなしい
泣いても
すこしも
よくなら
ないから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島@nonn311 さん https://twitter.com/nonn311
多くの詩を発信されています。一部しかご紹介出来ません。
ぜひ、フォローしてみて下さい。
( この詩には人の心を動かす力がある。)
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
3月19日 

今ETV特集
おきてはならないことは
おきました
これから
おきないとは
言えません
だから
だめです
再稼働は
やめて下さい

・ 3月15日

・ 発表される線量の数値
・ さらに
・ 線量計の数値
・ 信じることができません
・ 本当のこと
・ 隠していませんか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5年目になってもこのありさま。



原発やめようよ。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月25日(金) 
4月 1日(金)

F1の事故から311で5年となりました。
原発の状況は悪くなるばかりです。
四電本社前抗議4年目になります、気持ちを切り替えて、
ここ四電本社前でアピール、抗議です。
新たな方も、お待ちしています。

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。
若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。
いろんな方の自由な集まり
です。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。
19〜20時くらいはゆっくり出来ます。
情報交換だけに来られている方もおいでます。
b0242956_20484260.jpg

注1)F1とは福島第一原発の略称。 
参照1 愛媛新聞WEB 2016/3/17 11:30 | 3/17 12:05 updated
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20160317/news20160317846.html
規制委と四電社長会談 伊方原発の安全向上テーマ

四国電力の佐伯勇人社長は16日、東京・六本木で原子力規制委員会の臨時会議に出席し、田中俊一委員長らと伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の安全性向上をテーマに意見交換した。

 規制委は安全への姿勢を明確にしてもらおうと電力会社トップとの意見交換を続けており四電とは2014年11月の千葉昭社長(当時)以来2回目。他の委員や四電幹部らも同席した。佐伯社長が設備強化や運転訓練による所員の能力向上といった安全性向上へのハード、ソフト両面の取り組みを説明し質疑応答した。

 更田豊志委員は、原子力事業者の中で比較的小規模な四電に原子力に関わる人材の厚みをどう確保していくか質問。四電側は「厚みは要員数だけではない。訓練や経験を積ませて一人一人の質を高め厚みを増す」と主張した。「私は素人」と繰り返す佐伯社長に更田委員が「専門家ではないという意味だろうが全体の指揮を執るトップが言うと不安を招く」と今後は慎むように促す場面もあった。

 一方、佐伯社長は規制委に対し「(新規制基準の適合審査を全国で)26基申請し許可が5基。後ろに行列ができている。効率的な審査をしてほしい」と要望。更田委員は「効率的な審査には申請側が自ら安全性を語れる態勢を確立することが重要」と指摘した。
おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1. 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21
2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
3.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
4. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
5. メルトダウンしていた米国初の原発
http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/

8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 http://lituum.exblog.jp/19960375/
11.  四国電の町長罵倒「事件」/ 原発マネーが生む悲劇 / 話題の発掘 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21916532/
12.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-03-20 05:32 | 四電本社前抗議

<< 【香川戦争いやだデモ】2016... 高浜原発停止命令 「新基準で安... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE