「ほっ」と。キャンペーン

原発避難者 移住6900件 震災5年故郷戻れぬまま 避難者9万9000人 / 東京新聞

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

F1事故で住まいを追われた福島県の避難住民が
県内や首都圏などに新たに土地や住宅を買って移住するケースが、
毎年増え続けている。
15年末現在  約7000千件。

家、土地購入先
福島県内        9008件(約9割)
茨城           285件
栃木           156件

政府は
16年度中に帰還困難区域を除く避難指示区域を解除する方針。

F1周辺はいまだ広く汚染されている。
避難指示が解除されても、
放射能への不安があるほか、
商店や病院、学校など暮らしの基盤がどこまで元のようになるのか
見通すのは非常に難しい。

・・・

▼ 周辺自治体 存続危機も

移住者のほとんどが住民票を移していない。
移住が進めば、遠からず、
存続自体が危うくなる。

■ 事情 
「借り上げで一生を終えると思うとぞっとした。
きちんとした生活がしたかった」
「広い家で一緒に暮らそう」
「浪江に戻る人は少なく、もとの暮らしは送れない。
ここで生活を立て直そう」
「当面、住民票はそのままにして、町民税を払いたい」

■現実

大熊、双葉町民
戻りたい          1割
戻らないと決めている    6割

浪江町
戻らない         半数近く

飯館村
戻りたい          3割

復興イメージを強調し、避難者数を少しでも減らしたい政府は、
避難指示区域の大半を2016年度中に解除し、
その1年後には慰謝料も打ち切る構えだ。

■ 先行き

昨年9月に避難指示が解かれた樽葉町
人口約7300人のうち
この半年で帰町したのは6%。
町長「来春までに戻るのは多くても5割だろう。
若い人たちが戻らなければ、町は崩壊してしまう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼住居移転の自由              wiki

日本国憲法第22条第1項
何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

明治憲法下の権利保障は原則として「法律ノ範囲内ニ於テ」
または「法律ニ定メタル場合ヲ除ク外」認めるというものであった

とあるから、
完全な住居移転の自由 は戦後のことだ。

▼核公害
そなまま、そのまま。
拡散しない。
薄めない。
隔離する。
ひたすら半減期を期待する。

核の隔離ができないなら、
人が避難する。
当然だ。

核は
見えない。
色がない。
臭わない。
味がない。
音がしない。
触って分からない。

人間の五官で分からない。
大抵の場合、「直ちに影響はない」
(だが、核は晩発性の諸症状が多い)
だから隠蔽される。

▼まとめ
核の隔離ができないなら、
人が避難する。
それしかない。

幸いにして、
この国にはまだ転居の自由がまだある。
今のうちだ。

F1
爆発核事故から3月でもう5年が経つ。
石の上に3年はとうに過ぎた。
生活再建は
なんとしても、
未来の展望が開けるところでしたい。
当然だ。

未来の展望が
ないところでの
生活再建は、
孫子に
確かな未来を託すことが出来ない。

核は
やわではない。。。




注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年1月31日
b0242956_7413131.jpg

b0242956_7414998.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501

1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
5. 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-02-12 07:45 | 東京新聞

<< 「福島に希望はあるのか」涙を流... 再び注目SPEEDI 核実験... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE