「ほっ」と。キャンペーン

情報なき避難 歩いた森すでに汚染 日常の終わり1 /チェルノブイリ原発事故 30年後の現実 東京新聞


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

「4号機で事故があったらしい」
オメリチェンコは事故当日の未明、
同僚からうわさを聞いた。

アパートへ帰る途中、
多くの警官や消防士を見かけた。
異様だった。

オメリチェンコは不安を抱きつつ次の夜も出勤すると、
工場を管理する国の出先機関の職員が突然、
錠剤を配り始めた。
安定ヨウ素剤だとあとで知った。

翌日
ラジオをつけると、
「全員避難します。バスが来るので身分証と3日分の食料を持って避難を」
とくり返していた。
プリピチャ暮らしの終わりだった。

ツィブリスカヤも困難に包まれていた。
夜勤から変える途中、
爆発のような音を耳にした。

工場に行くと
門は閉まり、上司や同僚はいたが
だれも理由を知らなかった。

やむなく帰宅すると、
ラジオで避難指示が流れた。

だが、一家が歩いた駅までの松林は、後に
「レッドフォレスト(赤い森)」と呼ばれる場所だった。

超高濃度の放射能雲が通過し、松葉が枯れた。
駅も汚染されていた。
後から知ったことだった。

両家族とも夫は原発に戻され、
「石棺」の突貫工事に加わった。

オメリチェンコは、
酒におぼれるようになった夫と離婚。
自分も医師から
「がんになる恐れがある」といわれ、
甲状腺を摘出した。

6年前に30代前半の次男を心臓疾患で亡くした。

一方のツィブリスカヤは9年前、
59才の夫を心臓発作で亡くした。

「あのとき、原発で被曝したからでしょう。
行かせるんじゃなかった。
当時はソ連で、命令は絶対だったけど…」

悔い続けている。

・・・・・・・・・

チェルノブイリが爆発したとき、
この国の原子力ムラは、
ソ連は遅れている。
この国の原発は型式が違うので、
「爆発しない」と。

対岸の火事と、
我がフリ直さなかった。

ところが、
F1で3.5基の爆発。
しかも、メルトスルー。
格納容器の底にデブリがとどまっていると言うが、
定かでない。

チェルノブイリは石棺。
30年立つも、まだめどがつかない。

F1は水棺。
核汚染水の無限地獄。

水棺をやめたいのだが、
その手だてすらない。

東電、お上に
解決策があるわけがない。
で、
いつまでも、
デブリを取り出ししているフリをするだろう。。







注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2016年1月20日
b0242956_20505377.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
【読者とともに】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェルノブイリは今 事故から来年30年 /ルポ・グラフ特集  東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25245973/

7編あります。

福島を知りたければ、チェルノブイリに学べ 
第1編 http://lituum.exblog.jp/20372694/
第2編 http://lituum.exblog.jp/20378293/
第3編 http://lituum.exblog.jp/20381544/
第4編 http://lituum.exblog.jp/20389517/
第5編 http://lituum.exblog.jp/20394600/
第6編 http://lituum.exblog.jp/20400205/
第7編 http://lituum.exblog.jp/20406238/

「100キロ圏外に避難不可能なら 原発再稼働認めるな」 余命わずか 放射線研究者の「遺言」/ 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25092914/

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・ ・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.   トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-01-26 21:09 | 東京新聞

<< 新しい電気を、選ぼう。/ 東京新聞 江戸川ウナギ 出荷OK セシウ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE