184回目四電本社前再稼働反対 抗議レポ 1月15日金 高松/広島弁護士会 伊方原発の再稼働に強く反対する 



広島弁護士会   会長声明                       参照1
当会は、伊方原子力発電所3号機の再稼働に強く反対する。


声明の理由

1 現在、政府は、原子力発電所(以下、「原発」という。)による電力を「重要なベースロード電源」であると位置づけ日本各地の原発の再稼働を推し進めて おり、昨年8月には九州電力が、原子力規制委員会による、実用発電用原子炉に係る新規制基準(以下。「新規制基準」という。)適合性審査を経て、川内原発 1号機を再稼働した。
 広島市から南へ約100キロに位置する伊方原発3号機についても、昨年7月、原子力規制委員会は新規制基準に適合すると判断しており、伊方原発3号機の再稼働が目前に迫っている。
しかし、伊方原発3号機の再稼働は、以下のとおり、広島を含む瀬戸内海地域の住民の生命、身体の安全、さらには瀬戸内海の豊かな自然を揺るがしかねないものである。

2 伊方原発の北の沖合には中央構造線断層帯という日本最大級の断層帯があり、伊方原発の近くが震源となり巨大地震が起こる可能性は十分にある。また、近 い将来、南海トラフにおいてマグニチュード8から9レベルの巨大地震が発生することは確実と言われており、それに随伴して巨大津波や陸地での大地震が発生 する可能性があることも、多くの専門家から指摘されているところである。
四国電力は伊方原発を襲う地震の基準地震動について650ガルを想定し、さらにそのような想定の上で、重要設備はおおむね1000ガルの耐震性を有してい ると説明し、十分な安全性を満たしていると主張している。しかし、地震は、地下深くで生じる現象であり、地震発生の機序については、仮説や推測に依拠する しかないのが実情であるところ、私たちが地震を観測、記録し、科学的に検証できるようになったのは近代以降でしかなく、私たちは地震について未だ十分な知 見を得ているとは言えない。
これまで、例えば東日本大震災における大地震のように、地震学に基づく想定を超えるような巨大地震は何度も発生してきた。伊方原発の敷地に近隣する地域で、今後、これに比するような巨大地震が生じないとは言い切れない。
原発は、放射性物質を扱う以上、絶対に安全でなければならない。しかし、伊方原発が絶対に安全であるとは、とうてい言い切れないのが現状である。

3 万が一、地震や津波その他の要因に基づき伊方原発が過酷事故を起こした場合、事故によって原発から放射性物質が瀬戸内海へ漏出し、大きな被害をもたらすことが予想される。
もし伊方原発で福島第1原発事故と同程度の事故が起きれば、放射性物質が大気中と瀬戸内海へ大量に放出され、大気中に放出された放射性物質も、いずれは陸 や海に降下し、陸に降下した場合も、河川や湖沼・ダムを汚染しつつ結局は瀬戸内海に至り、これによって瀬戸内海は放射性物質によって汚染された海となり、 放射性物質による長期的な影響が懸念される。
昨年、瀬戸内海環境保全特別措置法が改正され、同法第2条の2には、「瀬戸内海の環境の保全は、瀬戸内海が、我が国のみならず世界においても比類のない美 しさを誇り、かつ、その自然と人々の生活及び生業並びに地域のにぎわいとが調和した自然景観と文化的景観を併せ有する景勝の地として、また、国民にとつて 貴重な漁業資源の宝庫として、その恵沢を国民がひとしく享受し、後代の国民に継承すべきものであることに鑑み、瀬戸内海を、人の活動が自然に対し適切に作 用することを通じて、美しい景観が形成されていること、生物の多様性及び生産性が確保されていること等その有する多面的価値及び機能が最大限に発揮された 豊かな海とすることを旨として、行わなければならない。」と明記された。
しかし、上記の通り、伊方原発でひとたび過酷事故が起これば、瀬戸内海は、豊かな海から一転して放射性物質によって汚染された海になり、放射性物質の影響により多くの住民の生命、身体を脅かす事態になるのである。

4 伊方原発3号機の再稼働に関しては、住民避難への配慮が欠けていることも大きな問題である。
福島第1原発の重大事故では、住民の避難への対策が不十分であったため、原発周辺の病院に重篤な入院患者が取り残され、自衛隊による救出が原発事故発生か ら3日以上経過し、50名以上の入院患者が避難の遅れによって死亡するという事件が発生した。このような事件を再び繰り返さないためには、住民避難の確保 を原発運転の最低条件とする必要がある。しかし、新規制基準は、原発周辺に居住する住民の避難計画の策定は原発再稼働の要件とはされておらず、国民の生 命、身体の安全を確保するには極めて不十分な内容である。
伊方原発に即して言えば、伊方原発は佐田岬半島の根元に位置しているが、佐田岬半島は、伊予灘と宇和海を隔てる細長い形状をしており、ほとんどの部分が海 に囲まれているため、原発で事故が起こった際、住民の避難が非常に困難となる。すなわち、陸路で避難をしようとすれば、半島の根元部分にある原発施設付近 を通過せざるを得ないし、海路でフェリー等を使って避難しようにも、原発事故による混乱や、大地震による津波なども予測される中、フェリーが支障なく運航 できるかどうかは大いに疑問である。地震や津波などにより、港やその付近の道路が機能を喪失する可能性も十分に考えられる。結局、佐多岬半島の住民は、ひ とたび伊方原発で事故が起きれば、逃げ場を失う可能性が大きい。また、周辺の瀬戸内海の島々に住む人々も、同様にして、容易に避難できない可能性がある。
そして、避難が遅れれば遅れるほど、住民の健康や生命は大きな危険にさらされることになる。
しかし、残念ながら原発周辺の住民の健康・生命への危険について十分に考慮されることなく、愛媛県や伊方町など周辺自治体は、原発再稼働に同意している。

5 福島第1原発事故で私たちが得た教訓は、いかなる原発も重大な事故を起こす可能性があり、いったん原発に事故が起きれば多くの人々の暮らしと生命に甚大な影響を与えるということである。
被爆地広島では、原爆投下によって放出された放射線により、多数の市民が病気になって苦しみ死に至った。原爆投下から70年が経過するいまもなお、多くの人々が放射線で苦しんでいる。
原発に由来する放射線は、原爆に由来する放射線と同じものである。原爆に由来すると原発に由来するとにかかわらず、放射線による被害を繰り返さないことは、この恐ろしさを身をもって知る、私たち広島に住む者の、心からの願いである。
そこで、当会は、被爆地広島の弁護士会として、愛媛県、伊方町など周辺自治体が住民の生命と健康に対する十分な配慮もせず伊方原発3号機の再稼働に同意を 与えたことに強く抗議するとともに、政府が内容も不十分な新規制基準により四国電力に伊方原発3号機の再稼働を急がせること、四国電力がこれに安易に呼応 してあえて危険も顧みず伊方原発を再稼働しようとしていることに強く反対する。
以上

・・・・・・

どうします?
原発やめませんか?

どうせ
やめるなら早ければ早い方がいいですよね。

(広島は世界初の被爆地、今なお多くの人が被曝に苦しむ。
長崎、福島とこの国は3度核被害国となった)



本当のところを四電の社長にぜひ、聞いてみたい。


この、レポは 
四電の中の人にも
伊方原発の中の人にも
ぜひ、読んでいただきたいと
思っている。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・
みんなで、力を合わせて、再稼働反対!
b0242956_16254390.jpg

CHANGE ENERGY
b0242956_162673.jpg

さよなら原発 伊方は廃炉
b0242956_1626254.jpg

【 定点観測です。】

いつもの平和な丸亀町ドーム。三越デパート前の風景。
毎金曜日に定点観測の様に撮影するポイントです。

何故か、丸亀町ドームが伊方原発3号機に見えてしまうのですよね。
しかも、水素爆発後の鉄骨だけになった姿に。。

四電本社前から、こんなにリアルに伊方原発3号機の事故後が
想定出来るスポットがあったなんてね。。

平和な三越のにぎわい。だがよく見ると、ドーム方向には進入禁止の赤い標識。
左か右に行けという矢印の交通標識。しかも、信号は赤信号。。。

「原発廃止を訴えています」
b0242956_162799.jpg

一般家庭も新電力を選べます  新電力は手軽にできる脱原発 
(アピールアイテム愛称「キリン」 四電本社前特製です)
b0242956_16281670.jpg

金曜脱原発集会  ここ四電本社前抗議のポスター
b0242956_1628374.jpg

Song for GAZA
Pink Floyd のRoger Water が2年前ガザのために歌った
We shall overcome です。
「…兵士の死体にはめったに出会わない。
戦争と呼ばれるものの犠牲者はほとんど市民だった。」
DAYS JAPAN 8月号 編集後記より
b0242956_16285727.jpg

毎週、この曲が流れる。

Pete Seeger - We shall overcome

核のゴミは毒
b0242956_16292871.jpg

【 我輩は原発に反対である。 安倍ニモマケズ 肉球新党 猫の生活が第一 】

名は「トメ吉」へタレ猫なんだにゃ。
原発本気で止めるだニャ。


党首! 
被爆地ヒロシマが被曝を拒否する ー過去は変えられないが未来は変えられるー
伊方原発運転差止広島裁判
が立ち上がる予定でニャ。
四電に強烈猫パンチですニャア〜
http://saiban.hiroshima-net.org/
b0242956_16312280.jpg
 
先週の書き初めがボードになりました。
b0242956_16294857.jpg

「地球を被曝させるな」は 太田あゆみ 高松市議の書き初めです。
b0242956_16591343.jpg

みなさんのお力添えで 1万1、175筆を提出しました。
住民投票を実施する八幡浜市民の会
b0242956_16302446.jpg

【マスコットの「どろ」と「こち」とチアーキャッツと仲間達 】 
「たりないのは愛だろー バカヤロー 」フライングダッチマン 
「原発絶対反対」こののぼりは1988年伊方原発出力調整反対デモで、ここ四電本社前に翻ったのぼりのミニチュア。88年の意思を継ぐ。
b0242956_16321268.jpg

【 福島を想う 】
オーガニックフエスタ四国 2013 http://lituum.exblog.jp/20292241/
フライングダッチマン 小出裕章 小出 裕章 田中 優曳地ハル&トシ 亀山ののこ 各氏の講演会。出演メンバーからのメッセージです。27.4三宅洋平さん追加。
b0242956_16323279.jpg

【 東京新聞 】
ここ四電本社前に届けて戴ける東京新聞 うれしいね。記事は別にUPします。
◯電力「地産地消」幕開け
◯ご当地電力広域提携へ
◯プルトニウム331キロ日本から米の施設へ
◯F1地下水の汚染濃度が乱高下
b0242956_16325541.jpg

【 広島2人デモ 】http://www.inaco.co.jp/hiroshima_2_demo/
このHP読む価値あります。おすすめです。。

現在日本は、福島第一原子力発電所事故による 「原子力緊急事態宣言」下にあります (2011年3月11日19:03発令)

There is no safe dose of radiation
「放射線被曝に安全量はない」 世界中の科学者によって一致承認されています。
日本はまだ原子力緊急事態中です 原子力緊急事態中ということは、事故拡大の応急対策を 採らねばならない事態が継続中ということです 福島第一原発による第二苛酷事故の可能性も去っていません
原子力災害本部⻑は内閣総理大臣で、国⺠の安全と生活を守るため 全力を挙げて終息させるよう指揮を執る責任と義務を負い、遂行する権限を持っています
事故前の通常時からすれば、本来出てはいけない核種の放射能がまだ大量に出続けています 高い被曝線量により原子炉にも高濃度汚染水にも人間は近づけず、 デブリを取りだす技術もまだありません 最低でも10数年はこのままの状態が続くことが決定的です
原発賛成・反対は二の次の問題、福島原発事故が終息してからの問題です 再稼働などもってのほかです 福島原発事故の上に、追加放射能と新たな原発苛酷事故のリスクを付加するだけです 黙っていれば容認になり、そのリスクや負担はすべて私たちが負うことになります
一人一人がいま、正確な情報を知り、知ろうとし、考えることが大切です 一人一人が正確な情報を知ろうとすることだけでも、それは解決の方向に向かう大きな力になります
毎回、チラシのテーマ・内容かが違います。過去チラシも是非ご参考にしてください

・・・ 

▼被爆地ヒロシマが被曝を拒否する
伊方原発運転差止広島裁判

このまま子や孫にこの社会を渡せない
このままじゃあ、渡せません。
福島原発事故で日本中が放射能に汚染された。

これ以上、私たちの社会に放射能を増やしてはいけません。
伊方原発は事故がなくても、
環境に放射能をまき散らしています。

どんなにわずかな放射能でも、
確実に生命と健康を蝕んでいきます。
広島原爆の被害者である私たちが体で知っています。

孫に「おじいちゃん、なにしとったん?」と、
いわれたくありません。

やれるだけのことはやった、
ということでないと。

このままじゃあ、渡せません。

原告団長  堀江 壮

b0242956_16332731.jpg

b0242956_16343235.jpg

【 帰りたいよね 】

帰りたいよね
帰れない 故郷に
帰りたいよね
なくさんの人々の涙が
心を しめつけます

泣いては
いけない
泣いたら
かなしい
泣いても
すこしも
よくなら
ないから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島@nonn311 さん https://twitter.com/nonn311
多くの詩を発信されています。一部しかご紹介出来ません。
ぜひ、フォローしてみて下さい。
( この詩には人の心を動かす力がある。)
・ ・・・・・・・・・・・・・・・

1月16日

いっぱい
我慢した人生でした
あんな言葉も
こんな言葉も
みんなのみこんで
人と仲良くしたいと
懸命に
努力したつもりでした
でも
それは
わがままで
ひとりよがりな思いだったと
今さらながら
気づきました
もう
我慢しないで
生きていきます
自分を大切に

1月7日

ちょっと
いやになりました
おかしなことばかり
えっ
おどろくようなことばかり
うそ
ちいさな声で
つぶやきました

1月7日

ちょっと
いやになりました
おかしなことばかり
えっ
おどろくようなことばかり
うそ
ちいさな声で
つぶやきました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5年目になってもこのありさま。



原発やめようよ。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月 22日(金)
1月 29日(金)

F1の事故から311で4年過ぎるも、原発の状況は悪くなるばかりです。
四電本社前抗議4年目になります、気持ちを切り替えて、ここ四電本社前でアピール、抗議です。
新たな方も、お待ちしています。

【ゆるく覗いてみたい方。初心者、飛び入り、年齢不問、大歓迎。若いママ達のお気楽コース 】
ツウィター、フエイスブック、ネット繋がりです。いろんな方の自由な集まり
です。
18時から四電本社前に集合です。お好きな時間にどうぞ。19〜20時くらいはゆっくり出来ます。情報交換だけに来られている方もおいでます。
b0242956_20484260.jpg

注1)F1とは福島第一原発の略称。
参照1  広島弁護士会 2016.1.
伊方原子力発電所3号機の再稼働に反対する会長声明
https://www.hiroben.or.jp/iken_info.php?ikenid=188

おすすめ 当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 四電本社前抗議  過去のレポ http://lituum.exblog.jp/i21
2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
3.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
4. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
5. メルトダウンしていた米国初の原発 

http://lituum.exblog.jp/19675969/

6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" http://lituum.exblog.jp/21285539/

8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 http://lituum.exblog.jp/19960375/
11.  四国電の町長罵倒「事件」/ 原発マネーが生む悲劇 / 話題の発掘 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21916532/
12.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2016-01-16 18:04 | 四電本社前抗議

<< F1 貯蔵容器で水素ガス発生 ... イチエフ限定で求人 東電子会社... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE