「ほっ」と。キャンペーン

「80キロ圏外へ」米国の決断 大使館前 あふれる人々 /全電源喪失の記憶24 東京新聞 

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

「大使館の外の歩道はスーツケースを持った人でいっぱいだ」

事故の状況が一向に好転しないことを重くみた米国は
17日、F1から半径80キロ圏外への避難勧告を、
ルース在日大使の声明として発表。
併せて、在日政府職員の家族に対し、自主的な国外退避を勧告した。

「日本側からの情報が乏しかったため、極めて保守的に判断したのです」

日本国内の米国人は約17万人。
大使館に続々と押し寄せていた。

NRCは80キロ圏の線引きを決めた。
日本が出した20キロ圏の避難指示に比べ、はるかに広い範囲だ。

12日には英国が北海道を除く東京以北からの避難検討を呼び掛けた。
13日にはフランスが東北・関東地方からの避難を勧告。
ドイツも出国の検討をもとめ、
16日にカナダ、スエーデンも80キロ圏の避難を打ち出した。

米国の避難勧告は、他国にさらなる動揺を与えた。
韓国、オーストラリア、ニュージーランド、などが同様の避難措置に踏み切った。

成田空港など各地の空港や交通機関は、日本からの出国を急ぐ外国人や
東北・関東地方から離れようと急ぐ人々であふれ返った。

未曾有の原発事故は世界に大きな波紋を広げていた。

・・・・・・・・・・・

F1では
すでに、
打つ手だては
限定的だった。


3月12日  15:36  1号機爆発。
3月14日  11:01  3号機爆発。
3月15日  06:12  4号機爆発。

後に、
菅首相は                       参照1
最悪5000万人の避難が必要となる可能性があったと述べた。

最悪の近藤シナリオ。           参照2
強制移転  170km以遠にも生じる恐れ。
移住希望認める地域  250km

ここに
故水戸巌氏の計算による
「もしも、大事故が起こったら」がある。
b0242956_86357.jpg

全員退避200km
到達時刻18時間後。(風速3m/秒で)
何万人も逃げられない。

避難すべきは
やはり、
人ではなく、
原発に避難していただくしかない。。。






注1)個人の感想です。
注2)F1は福島第1原子力発電所の略称
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2015年12月15日
b0242956_8575100.jpg

b0242956_8571983.jpg

b0242956_857341.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
参照1 
菅直人は2013年11月8日、ハフィントン・ポストにて、最悪5000万人の避難が必要となる可能性があったと述べた          wiki

http://www.huffingtonpost.jp/naoto-kan/post_6098_b_4237799.html

第94代内閣総理大臣

福島原発事故に遭遇して
投稿日: 2013年11月08日 17時08分 JST 更新: 2014年01月07日 19時12分 JST

福島原発事故は世界の歴史上、最も厳しいシビアアクシデントでした。地震発生から約5時間で1号機はメルトダウンし、更に溶けた燃料が圧力容器を突き抜けてメルトスルーしました。そして事故発生100時間の間に2号機と3号機がメルトダウン、同時期に1号機、3号機、4号機の建屋内で水素爆発が発生しました。

それぞれの原子炉には使用済み核燃料を保管する燃料プールが併設されており、一時はこの燃料プールもメルトダウンする可能性がありました。原子炉の外にある燃料プールがメルトダウンすると大量の放射性物質が直接大気中に放出されることとなり、もしもそれが続けば、福島から半径250キロ圏内、東京をはじめ首都圏を含む5000万人の人々の避難が必要となる最悪のシナリオが現実となる可能性もありました。

幸いにして東京電力、自衛隊、そして消防、警察の方々が命がけで原子炉と燃料プールに注水作業を続けてくれたおかげで、それ以上の事故の拡大を抑えることができ、 まさに紙一重の状態で最悪のシナリオに至らないですみました。最悪のシナリオの状態に陥っていたら日本は長期にわたって大混乱し、放射性物質の大量放出で他の国々にも被害を与えていたでしょう。

私は今回の福島原発事故が起きるまでは、安全性に注意していれば原発事故は起きないと考え、政策的にも原発を活用するという方針で取り組んでいました。しかし実際に福島原発事故に総理として直面し、5000万人の避難が必要となるぎりぎりの事態を経験し、考え方を180度変えました。飛行機事故など何百人もの犠牲者が出ることはありますが、何百万、何千万という人の避難が必要となる事態は戦争以外にはありません。

事故を防ぐための方策がいろいろと取られていますが、テロなどの人為的なことまで考えると、技術的に事故を完全になくすことは不可能です。しかし原発事故をなくすことは難しいことではありません。原発自体を無くすればいいのです。それを決めるのは国民です。

それに加えて、原発を稼働させれば必ず使用済み核燃料が発生します。核廃棄物の処理には膨大なコストと時間がかかります。つまり核廃棄物は将来世代に大きな禍根を残します。子や孫のためにも原発ゼロに向かう以外に道はないのです。

人間は人間を絶滅させることのできる核兵器を生み出しました。人間にとっての本質的な矛盾です。人々は核戦争を防ぐため、いろいろな努力をしています。その一つが核拡散防止条約です。しかし原子力発電所に関しては、軍事転用には規制がありますが、基本的には各国まかせになっています。私は原子力発電所の建設についても国際的なルールが必要だと考えています。事故はいつどこで起きるかは分かりませんが、いつかどこかで必ず起きます。事故を起こした時多くの人々が避難を必要とするといった被害を防げるか、そして使用済み核廃棄物処理が可能かなど国際的なルールをつくることが必要と考えます。

人類は原発に頼らないでも十分必要なエネルギーを得ることは可能です。それは太陽光、風力、バイオマスエネルギーなどの自然エネルギーです。地球温暖化を防ぐためには、原発だけでなく化石燃料の利用も止める必要があります。私は各国が技術開発に本気で取り組めば、50年以内には人類が必要とするエネルギーを全て自然エネルギーで賄うことは十分可能と考えています。

これらのことを踏まえて、私は世界全体が原発ゼロの方向に向かっていくことが人類にとって地球にとって、望ましい方向に違いないと考えています。

菅直人
第94代内閣総理大臣

(※この記事は、10月28日にハフィントンポストUS版、29日にドイツ版、30日にイタリア版で掲載されました)

参照2
福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描
http://www.asahi-net.or.jp/~pn8r-fjsk/saiakusinario.pdf
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・・・・・・

飯館村

J 飯館村 雑草占拠 除染後の農地 復興に新たな壁 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25116557/
I  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
H 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
G  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
F  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
C 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
B  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
A 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 6 /東京湾 セシウム沖合は低濃度 河口部汚染高止まり 千葉・花見川最大878ベクレル / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25115640/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10. スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11. 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12. 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
13.  チェルノブイリから福島へ ノーベル文学賞・アレクシェービッチさんのメッセージ全文 / 東京新聞 
http://lituum.exblog.jp/25016159/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 瀬戸の風 特選動画 】

花は咲けども 影法師

原子の灰が 降った町にも
変わらぬように 春は訪れ
もぬけの殻の 寂しい町で
それでも草木は 花を咲かせる
花は咲けども 花は咲けども
春を喜ぶ 人はなし
毒を吐きだす 土の上
うらめし、くやしと 花は散る


  by setonokaze | 2015-12-24 08:18 | 東京新聞

<< 静かに始まっている原発PR ... 日印原子力協定で合意 核拡散防... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE