波江町・赤宇木 データ収集続く 教訓を探すまなざし 米大学教授 生物捕獲調査 / 東京新聞 


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

F1事故の被災地の中で、特に放射線量が高く
「百年は人が住めない」とも言われたのが
波江町津島地区の赤宇木だ。
この人影が絶えた農村地帯に通い、
生物の動向や放射線量の推移などを調べ続ける人々がいる。

サウスカロライナ大学のティモシー・ムソー教授
捕獲調査対象は主に鳥、ガ、ネズミなど。
イノシシやサルなどの大型動物の
動向も約40台の監視カメラで撮影して調べる。

チェルでの研究経験も豊富な同教授が注目するのは、
まず小動物の染色体の異常だ。
赤宇木周辺の空間線量は3〜4μSv/h
チェルのツバメやチョウは、特にメスの変化が著しく、
世代交代を重ねるにつけ、卵をうまなくなった。
このため個体数が減る減少が起きた。

福島で同じ現象が起きるかどうか、
まだわからない。

チェルと福島の共通点
ツバメの体に白い斑点。
 
「小さな生物は世代交代が速く、放射線の影響が濃く現れる。
人体への影響を予想する意味で貴重なデータとなる」と

同教授が最初に福島に調査に入ったのは2011年7月。
今回は「多分15回目」
「福島は世界的にも需要な研究フイールドになるはずだが、
残念ながら海外からの研究者は少ない。
理由は研究費を得にくいことにある。
除染に使う莫大な費用のせめて1%でも研究費にあててほしい」と
国や県に要請した。

同じ場所には、寺井中部大元教授と上野講師もいた。
一年前に赤宇木の土壌に埋めた杉やコナラなどの植物の葉を回収し、
変化のデータを調べている。
「放射線の影響で虫や微生物の活動が鈍くなり、
分解が遅くなるという現象が予想できる」

作業拠点の民家は今野さんが提供した。
事故後、仲間達と津島地区の放射線量の計測を続け、
近所の住民たちに情報を提供する活動を続けてきた。
「情報は自分たちで取らなければ駄目だと思った」と

震災の直後、浪江町の海岸部の住民たちは、
雪崩を打って津島地区に逃げ込んだ。
その直後にF1は爆発する。

SPEEDIは放射性物質が津島地区に流れていることを示していたが、
国や県から警告はなかった。
住民と避難民約4000人は何も知らず3、4日間も滞留し、
高線量を浴びた。

・ ・・・・・・・・・

薬の開発で、小動物を使う。
ラット、ブタ、サル。
人への影響を見るためだ。
これらに異変が出れば、人への異変も起こると見る。

早くの研究発表で、
「イボニシに異状」                      参照1
F1周辺でイボニシが消えた。
イボニシは肉食性、
イボニシは環境指標だ。

「原発事故でチョウに異常」 琉球大チーム調査          参照2

動物実験は難しい。環境変化をどこまで考慮するかとか、
影響因子が多い場合、さらに複雑となる。
だから、フイールドで変化を観察、調査は大切だ。
成果がさらに上がることを、期待する。

「福島県は世界最大の実験場」
あの長崎大学山下俊一氏の2011年5月の発言。
専門家の彼の発言は、
福島県が安全なら、実験の対象にならない。
実験により、最大の実験成果を上げられるような
汚染が福島にある。ということだ。

彼の判断の外れを切に願うが、
現実は厳しい。。


SPEEDI 
本当はF1で役に立ち、
救世主になっていたはずだ。

だのに、今後、
避難にSPEEDIは使わない。
代わってモニタリングポストの値を使うと言う。
避難が手遅れになるは目に見えている。

F1から教訓を探そうとしない政府だ。。



現在もこの国は
「原子力緊急事態発令中」である。。





注1)個人の感想です
注2)F1とは福島第一原発の略称。
引用1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2015年9月22日
b0242956_20503175.jpg

b0242956_20505047.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
デジタル版のご案内http://digital.tokyo-np.jp/pr/
参照1 福島原発による重篤な海洋汚染の始まり イボニシに異状 
   http://lituum.exblog.jp/20211648/

参照2
47news  2012/08/10 19:20  http://www.47news.jp/47topics/e/233375.php
原発事故でチョウに異常 琉球大チーム調査 
東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響で、チョウの一種「ヤマトシジミ」に遺伝的な異常が出たとする調査結果を琉球大の大瀧丈二准教授(分子生理学)らの研究チームがまとめ、10日までに英科学誌電子版に発表した。
 ヤマトシジミは人が生活する場所に多く生息する。チームは昨年5月と9月、福島県内のほか茨城、東京など計10カ所で採集した。
  5月に集めた成虫144匹から生まれた卵をふ化させて育て、孫の世代まで調べたところ、いわき市や広野町など福島県内のチョウは、子の世代で死ぬ確率がほ かの地域に比べ高かった。線量が高い地域ほどオスの羽のサイズが小さくなっていた。子の世代では全体の約2割で羽の配色パターンや斑点の数などに異常があ り、親の世代よりも1・5倍高い発生頻度だった。
 9月に採集した成虫約240匹では、子の世代の約5割で異常が見つかった。
 事故による放射性物質の影響がほとんどないとみられる沖縄のヤマトシジミに低線量の被ばくをさせた実験では、同様の異常が出た。
 大瀧さんは「昆虫は低線量の放射線に強いと言われていたが、ヤマトシジミは弱いことが分かった。事故が周辺の自然に影響を与えているのは間違いない」と話している。
(共同通信)

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/

・・・・・・

飯館村

A  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
B 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
C  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
D  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
F 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
G  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
H  飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2015-09-30 21:21 | 東京新聞

<< 原発再稼働反対が58% 74%... 2015年10,11月の脱原発... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE