川内原発迫る再稼働 規制委審査残る疑念 九電に配慮?情報隠しも 重なる「保安院体質」/ 東京新聞 


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

九電は7日から再稼働に向け、川内原発1号機に核燃料を入れ始める。
これまで避難経路や火山噴火予測の不備が批判されてきた。
規制委員会の各種審査にも疑問符がつけられている。

「このまま再稼働に突き進んでよいのか。見過ごしている欠陥は数多い」
再稼働には3つの審査を通過することが求められる。
1 「原子炉設置変更許可」 原子炉の基本設計や方針などを見る。
2 「工事計画認可」    原子炉の詳細設計を扱う
3 「保安規定認可」    運転管理ルールに関する。

「工事計画認可」
九電が提出した工事計画認可申請書は規制委がHP上で「公開」している。
だが、黒枠の中を白塗りにしている部分があちこちにある。
どの部分を非公開にするかは九電が商業機密などの理由から決めている。
「九電の都合の良いように情報が隠された。これでは認可が妥当なのか否か、
第三者が検証できない」

「制御棒が地震時に正常に働くかという問題がある。
その検証には、制御棒を差し込む配管が地震でどれだけ変形するかという
データを見なければならない。だが、申請書では非公開だ」

九電は配管などが地震の揺れで変形して機能が喪失しないか解析し、
申請書に「問題ないレベル」とみなせる数値を示している。
「規制委は計算過程を記した資料を九電から受け取っていないと言う。
つまり九電の解析を鵜呑みにしただけ。審査に値しない」

・・・・・・・・・
重なる「保安院体質」

法は運転開始から30年を超えた原発について、
事業者に「高経年化技術評価書」と保全計画の策定を義務付けている。
いずれも認可を受けなくてはならない。

川内原発1号機の運転開始は1984年7月。
13年12月 九電は評価書などの認可を申請したが、
認可は現在もおりていない。
既に30年を経過し、認可は再稼働後になる可能性もある。

規制庁の担当者は
「法的には*手続きが完了していなくても、再稼働は可能だ」
実用炉規則には認可を得ていない場合でも、
再稼働を禁じるとは書かれていないためだ。

火山の噴火予測や避難計画のずさんさは、
これまでも再三指摘されてきた。

九大の吉岡教授は
「規制委の審査は保安院より劣る部分さえある」
と批判する。
「米国の原子力規制委は独立が極めて高い。だが、
日本の場合は名ばかりの独立機関で、
委員の人選は官僚の支配下にある。
実際、現在の委員を選んだ官僚は、
旧保安院や旧原子力安全委員会の出身者ばかりだ。
そのうえ、安倍政権は再稼働推進を最優先している。
規制委が旧保安院と変わらない組織になることは目に見えていた」

・・・・・・・・・

なにしろ、
再稼働ありきで、
あらかたの原発を再稼働させるには、
この程度の規制でなければならぬ。
と決めた気配だ。

まあ、一番古いのはこの際、
没とするが、
ほとぼりが冷めれば、
最新型のもうかる大きな原発に建て替えれる。
それで、良いでしょ。

こんなところが
原子力ムラの思惑。
今のところ、
うまく運んでいると
ほくそ笑んでいる。

ストレステスト て、
なんだったんでしょうね。

30年で一区切りが、
40年にします。
例外はまずありませんと、
胸を張ったのが、
モナ大臣。

田中規制委員長は
安全を保障するものではありません。
ゼロリスクではない。

一番安全と信頼性が要求される。
原子力に対する
いや、
核に対峙する姿が情けなさすぎる。

40〜80年に1度核(過酷)事故が起こるはずだ。。







注1)個人の感想です
注2)F1とは福島第一原発の略称。
引用1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2015年7月3日
b0242956_23283477.jpg

b0242956_23285380.jpg

b0242956_2329652.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
デジタル版のご案内http://digital.tokyo-np.jp/pr/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

樽葉町

イ 樽葉避難指示 9月5日解除 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24680690/
ロ 樽葉町 来春にも帰還宣言だが、 田んぼ、水源 汚染深刻 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22803459/
ハ 樽葉町 住民不安 国は前のめり 仮設期限切れ、行き場失う恐れも 避難解除 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24180815/
ニ  避難住民帰還 同意ない加速 自民「18年に賠償打切り」提言 消えぬ不安 住民不在 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24550086/
ホ 福島・樽葉町住民「戻っても暮らせない」国、避難解除方針で説明会 /東京新聞 http://lituum.exblog.jp/24632958/
ヘ いら立つ福島 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/21989526/
・・・・・・

飯館村

A  進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
B 山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
C  飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
D  田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E 平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
F 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
G  飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
H  飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松
http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2015-07-16 23:37 | 東京新聞

<< 40年運転規制 再検討を 自民... 反原発歌い 反戦後押し アイド... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE