「ほっ」と。キャンペーン

戦後70年長崎 募る不信 まるで福島の「秘密会」/ 東京新聞 


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

戦後70年長崎 募る不信

70年前、原爆が投下された長崎市では、
被曝者健康手帳の交付を求める運動がいまも続く。
市も有識者による「原子爆弾放射線影響研究会」を
設けたが、これが現在、批判にさらされている。

作為的な委員会人事や水面下の意見調整などが
疑われているのだ。
原発事故の健康影響をめぐり、
非公開の場で意見をすり合せた
福島県の「秘密会」を連想させる。

「藁をもすがる思いで期待を掛けた研究会だったのに…」

長崎では爆心地から南北は約15キロ、東西は5〜7キロまでが被曝地域とされ、
原爆投下時にこの地域にいた人に対し被爆者健康手帳が交付されている。

田中市長は13年
「原子爆弾放射線影響研究会」を始動すると言明。
しかし、実際に選ばれた委員には被告(行政)側の神谷広大副学長、
原告側の本田県保険医協会長は外された。

15年4月には
新たな疑惑が報じられた。

・・・・・・・・・・・・

まるで福島の「秘密会」

いかしこの一件は被爆者らの研究会に対する不信を増幅させた。
「研究会は、戦後70年を何事もなく越すためのガス抜きに成り下がった」
「過去の経緯から考えると、国の圧力が強くはたらいたと思わざるを得ない」

80年
「原爆被害者対策基本問題懇談会」の答申
「戦争という非常事態のもとで国民が何らかの犠牲を余儀なくされたとして、
ひとしく受忍しなければならない」
「いたずらに被曝地域は拡大せず、科学的・合理的な根拠のある場合に
限定して行うべきだ」
被爆地拡大の運動は続いたが、国が十分に応えたとはとても言えない。 

02年
爆心地の12キロ圏にいた人たちを支援する事業を始めたが、
医療費の公費負担があるのは精神疾患のみ。
「心身の不調はストレス」という判断を示し、
この問題の幕引きが計られたという。

龍田弁護士は
「*広く飛散した放射性降下物の影響。
これはF1事故で懸念される放射線の影響と同じ構図だ。
福島で膨大な補償を支払うことにならないよう、
都合の悪い議論を押さえ込みたいのだろう」

・・・・・・・・・・・・・・

原爆はクリーンでなければならない。
原発もクリーンでなければならない。

原爆も、原発も原理は同じ。


広島の被爆が今も認められないのは、
お上の都合。

核による健康被害は
70年経ても
解決がつかない。
福島も同じ運命だ。

「いたずらに被曝地域は拡大せず、
科学的・合理的な根拠のある場合に限定し**」
は今の福島にも言える。

お上の考えが
はっきりしている以上、
目先の甘言、
政治家のリップサービスに
ダマされないことが肝要だ。

だまっていれば、
良きに計らってくれるは妄想。
それどころか、認めたことにされる。

はっきりと
意思表示をする。
大切なことだ。










注1)個人の感想です
注2)F1とは福島第一原発の略称。
引用1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2015年6月29日
b0242956_1341497.jpg

b0242956_134337.jpg

b0242956_1344789.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飯館村

A 進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
B山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
C 飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
D 田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
F 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
G 飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
H 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松 http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2015-07-10 13:09 | 東京新聞

<< 今夏の電力需給 原発なしでも余... 英知軽視せず生かせ ( 憲法、... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE