最悪は「東日本壊滅」/全電源喪失の記憶 番外編6 東京新聞 

今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

F1の所長だった吉田昌郎は、聴取に、
事故がもたらす最悪の被害を
「東日本壊滅」と述べている。

吉田の想像した事態とは具体的に
どういうものだったのか。
 
2011年3月15日朝、
F1 2号機は原子炉格納容器が損傷する
可能性が高まっていた。

格納容器から大量の放射性物質が放出されると、
周辺の放射線量が上昇し、
F1を放棄せざるをえなくなる。

そうすれば4号機燃料プールの水が蒸発、
使用済み核燃料が溶融して、
放出される放射性物質はチェルノブイリ事故の何倍にもなる。

ここまでのイメージは
近藤原子力委員会委員長が事故後にまとめた
「最悪のシナリオ」と同様だ。
170キロ圏は住民の強制移転が必要となる。

だが吉田の想像はそれを上回る。
放出された放射性物質が12キロ南のF2に降りそそぎ、
ようやく冷温停止にこぎ着けた
4基の原子炉も放棄せざるを得なくなる。
そうなれば首都圏も避難することになる。

なぜ回避できたのか。
定期点検中だった4号機では、機器交換のため
原子炉圧力容器とその上部に大量の水が張られていた。
この水が偶然、燃料プールに流れ込んだことで
燃料がむき出しになる事態を免れたとみられている。

当時の菅直人首相は
事故の被害が今回の程度にとどまったことは偶然だったと指摘する。
「神のご加護としか表現のしようがないんだけれども、
ある種の幸運な偶然も重なった。現場が頑張ってくれたことと、
その両方があって、ぎりぎり5千万人の避難というところまで
いかなかったと思っています」

事故から
3年半の2014年9月、
川内原発1、2号機が新規制基準に適合。
田中規制委員長は基準に適合した原発であっても、
絶対に事故が起きないと保証したわけではないとの見解を示した。

大津波や長期間の電源喪失など、
可能が低いとされたリスクを無視し、F1事故は起きた。

教訓の一つは、どんなに可能性が低くても想定外の事故は必ず起きるということだ。

原発が存在する限り、最悪の事態が現実となる可能性はゼロではない。
そのリスクとどう向き合うかが問われている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

F1爆発の核事故。
近接して原発を設置すると連鎖反応が起きる。
原発の近接設置は全国至る所にある。
福井もそうだ。
伊方もそうだ。
この認識が足りない。
ドジなことをしたものだ。

近藤原子力委員会委員長の
「最悪のシナリオ」            参照1
これもすごいが、

吉田の想像はそれを上回る。
と言うから、
原発が迷走すると
250キロ圏は避難を覚悟しなけれなならない。

東京が壊滅していた。

原発はダーティボムといわれる。
原爆より威力は大きい。
それほどの核を原発に装填している。

事故の被害が今回の程度にとどまったことは偶然だった
というが、

現泉田新潟県知事が、
指摘した重要免震棟の完成が
311に間に合っていなければ、
東京はアウト。
最悪のシナリオだった。

東電は泉田新潟県知事に
足を向けて寝られないはずだ。

だが、
恩人の現泉田新潟県知事は
今、東電から刈谷柏崎原発を再稼働させろと
迫られている。

不条理がまかり通る。。。



やはり不条理な原発はやめようよ。。







注1)個人の感想です
注2)F1とは福島第一原発の略称。
引用1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              東京新聞2015年6月17日
b0242956_232729.jpg

b0242956_23272263.jpg

b0242956_23273478.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
参照1 福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描 平成23年3月25日
http://www.asahi-net.or.jp/~pn8r-fjsk/saiakusinario.pdf

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飯館村

A 進まぬ除染 福島・飯館村はいま  / こちら特報部 ニュースの追跡 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22377141/
B山菜 高濃度セシウム 飯館村の山除染手つかず 住民「元の暮らしに戻れぬ」/東京新聞  http://lituum.exblog.jp/24598050/
C 飯館村 村民ADR申し立て 東電 目立つ和解拒否 怒る2837人 訴え最大級 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/23795518/
D 田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23630858/
E平均7ミリシーベルト県発表の倍 京大助教チーム調査 /こちら特報部 東京新聞 「飯館村に入った」http://lituum.exblog.jp/22670590/
F 「心配ないとは何だったのか」 飯館村 初期被ばく追う /こちら特報部 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22654068/
G 飯館に住み続ける 老老介護 被爆しても「こうするしか」 /奪われた暮らし 下 / 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/22209022/
H 飯館村であの日、何が起きたのか 講演会 in高松 http://lituum.exblog.jp/18456385/

・・・・・

-6 東電の罪を問う 瀬戸の風
 http://lituum.exblog.jp/18898290/
-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/
-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2015-06-26 23:37 | 東京新聞

<< 福島・樽葉町住民「戻っても暮ら... IAEA事故報告書 「想定外」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE