「ほっ」と。キャンペーン

福島・双葉町原子力PR看板撤去へ 「原子力 明るい未来のエネルギー」/東京新聞

 
今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源

【 要約 】

「原子力 明るい未来のエネルギー」

双葉町が町内にある原子力PRの看板を撤去することを決めた。
小学生のころ、標語を考案した男性は、
「原発推進の歴史や事故の記憶を消すことになる」と訴える。

町域の大半は帰還困難区域で、除染もはぼ手付かずのまま。
先が見通せない中、帰還を諦める町民が増えている。

「標語の考案者じゃなければ、黙っていた。
でも、標語の誤りを訂正できるのは作った自分しかいない。
看板は原発とともに歩んだ双葉の歴史を象徴するものとして残すべきだ」

大沼さんは原発事故後、標語を作った張本人としての責任を感じ、
講演やインターネットで「脱原発」を訴えてきた。

大沼さんは正直に言う。
「ぼくは原発のおかげで精神的にも経済的にも豊かになった」
原発事故を伝えるテレビを食い入るように見つめる日々。
どのチャンネルにも、自分が考えた標語が映された。
「恥ずかしく忌わしかった」

そして、確信を深めていく。
「原発推進は間違っていた」

双葉町に一時帰宅するたび、看板を撮影する。
標語の一部を改変した写真を撮ることも。
世界に発信しようと英語の文面も作った。

「町や国、東電は撤去したいのだろうが、過ちが忘れられてしまう。
歴史の否定は町そのものの否定につながる。
過去の失敗から学ぶことはたくさんある」

松橋映画監督
*原爆ドームと同じく、後世まで継承していくべきだろう」

・ ・・・・・・・・・・

「原子力 明るい未来のエネルギー」

どれほどの人がこの標語に惑わされたことか。
夢のエネルギーと刷り込まれた。

原子力時代の幕開けだと。
みんな、原子力に夢を見た。

そして、商船も原子力の時代だといわれ、
原子力船「むつ」建造された。

夢の
原子力船の誕生のはずが、
1974年 初の試験航海で、放射能漏れを起こす。
帰港を拒否される。
原子力にかげりが出始めた原子炉放射能漏れ事故である。

 
マンガ
アトムの時代が来ると信じた。

まさに
「原子力 明るい未来のエネルギー」
だったのだ。


国や町にしてみれば、
この標語は、一刻も早く消し去りたい。

ましてや、
大沼さんにあれこれ、訂正された写真や、
記事がネットにあれだけ出れば、
なおさらにことだ。

いまや
「原子力 明るい未来のエネルギー」
は「不都合な不真実」。


寄付を募る。請願をする。議員に保存を働きかける。
有効な保存の手だてを呼び掛けてほしい。。

・ ・・・・・・・・・・

大沼さんが標語の一部を改変した写真。
「脱原発明るい未来のエネルギー」
b0242956_19444997.jpg

「原子力制御できないエネルギー」
「原子力明るい未来…じゃなかった」
「原子力破滅未来のエネルギー」
b0242956_1943534.png


大沼さんと同行取材の「木内みどりの発熱中」
震災から3年半ーー「帰還困難区域」を訪ねて(写真多数)
英文メッセージもあり。
http://www.magazine9.jp/article/kiuchi/15225/

大沼さんのことはこの記事にもなっている。
「明るい未来」 本音のコラム 鎌田 慧 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23669043/

朝日新聞DEGITALの記事から、(2015.3.16)
b0242956_4533164.jpg



注)個人の感想です
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                      東京新聞2015年3月13日
b0242956_19415879.jpg

b0242956_19421924.jpg

b0242956_19423584.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-7 城南信金 吉岡毅理事長対談(上)被災地と長い絆を /3.11特別紙面  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/24281379/
-6 原発こそ非効率・高コスト 吉原毅城南信金理事長/インタビュー 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22490348/

-5 東京湾のセシュウム 5 /東京湾の放射能汚染の現状 海底の土 局所的に高濃度  東京新聞
http://lituum.exblog.jp/23624514/
-4 ガレキの広域処理 http://lituum.exblog.jp/i4
-3 2022までに脱原発 ドイツの決断 現地からのレポート
http://lituum.exblog.jp/18025076/
-2 染みだした核のごみ ドイツは失敗したか5 / 東京新聞
http://lituum.exblog.jp/22496486/-1東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/

0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://liuum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away" 
href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
12 米国最大の原子力発電会社元会長兼CEO「もうこれ以上、原子力発電を続けても良いことは無い」 フォーブズ
http://lituum.exblog.jp/21387047/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  by setonokaze | 2015-03-28 20:04 | 東京新聞

<< 142回目四電本社前再稼働反対... 伊方原発1号機訴訟 安全審査の... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE