「ほっ」と。キャンペーン

田んぼ除染耕土奪う 福島 飯館村 / 東京新聞


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】

F1事故後の除染が進む飯館村で、
環境省の委託で村が樹汚染工事を発注した田んぼが
厚さ15センチもの山砂で覆土されていた。
基準は「約5センチ」だが、約3倍の耕土が失われたことになる。

山間の田んぼ約百枚の除染を村が代行発注し、
昨年から1年かけて業者が表土をはぎ、山砂を覆土した。

3枚の田んぼの5地点の内3地点が山砂だった。
他の田んぼでも、5センチ以上の表土が剥ぎ取られた可能性がある。
山砂は平均10数センチと見ている。

「引き渡されても、山砂からどうやって復田で切るのか」
戸惑う農家が多い。

溝口東大大学院教授は
「山砂に埋もれた田んぼも、改良技術と時間があれば再生は可能だ。
心配は農家側の意欲。応援する仕組みをどう作れるかだ」

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・

100%相手側が悪いなら、
現状復帰させる。
当たり前のことだ。

F1の事故では
そうでないらしい。

田んぼの土をはぎ取ったのなら、
田んぼの土を戻す。
当たり前のことだ。
山砂入れてハイOKと言われてもね。

これでは
農業は続けられない。

除染ビジネスの
手抜きなのだろう。
5センチが15センチは
単に、剥ぎ取り機の腕の相違とは
荒っぽい話だ。

除染が難しいのは、
現状復帰を考えれば当然だ。

元の農業、生活をするには
現状復帰が必須なのだ。

一度、
核汚染されれば、現状復帰が
いかに大変か。
枚挙にいとまがない。







注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電用語では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年10月16日
b0242956_2434097.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/

当ブログ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/


0 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/

2. ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/
3.「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/
4.メルトダウンしていた米国初の原発 
5. 上関原発,祝島に思う 
http://lituum.exblog.jp/18923860 
6.原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

原発安全神話の崩壊

  by setonokaze | 2014-10-25 02:48 | 東京新聞

<< 120回目四電本社前再稼働反対... 東京湾のセシュウム 5 /東京... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE