再生エネ受け入れ制限なぜ / 東京新聞


今日、
ご紹介するのは東京新聞の記事。
ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。
ちょい遅れだが、重要な情報源。

【 要約 】

九電が再生可能エネルギーの購入受け入れを中断した。
固定買い取り制度(FIT)は購入を義務付けているが、
太陽光発電などが増えすぎたからだという。
F1事故後、再生エネは2倍に増えた。でも、
年間の発電総量のうちの2%にすぎず、
決して多いと言えないのだが…。

再生エネ受け入れ制限なぜ
九電が7月までに契約をした太陽光と風力発電の出力総量は1262万キロワット。
夏のピーク時の需要の約8割に当たり、春や秋の約八百万キロワットを
上回るようになり、九電は家庭以外の電力買い取りを中断することにした。

これだけあれば、九州の全電力を賄えそうだが、そう簡単ではない。
太陽光も風力も24時間、安定して同じ量の電気を生みだすことは出来ない。

「供給と需要のバランスが大きく崩れると電気の周波数が乱れる。
場合によっては、各発電機のタービンが壊れ、大規模な停電を招く可能性がある」
と九電の報道担当者は中断を決めた事情について説明した。

蓄電池
では、蓄電池にためて、出力を調整してはどうか。
蓄電池を用意した発電業者とは、今後も個別に購入契約を交渉する方針を示している。
「蓄電池の準備には大きな費用がかかる」
経産省2012年資料によれば
ニッケル水素電池    約10万円/kw
リチウムイオン電池  約20万円/kw
揚水発電       約2万3千円/kw

送電網
送電網に接続すること自体を断られることがある。
変電所の容量不足で接続を断られたり、
接続工事の負担金が重いことを理由に、事業を断念したとの回答もあった。
再生エネ発電業者は、電力会社が持つ送電線の容量の空いているいる分を利用する。
容量を超える場合、増強工事費用を負担しなければならない。

再生エネによる発電量は2%程度までにしか増えていないのに、
早くも買い取り制度は行き詰まろうとしている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再エネ先進国のドイツはどうなのか?
2013年総発電量の23.4%。              参照1
内訳 
風力       7.9%
バイオマス    6.8%
水力       3.4%
太陽光      4.5%
家庭ごみ     0.8%

2022年までに原子力エネルギーを段階的に廃止し、
2050年までに電力の80%を再生可能エネルギーでまかなうことを
目標にしている。

標準家庭の再エネ負担額は年間3万円に迫っている。
だが、
9月に行なわれた総選挙で
「エネルギーシフトは高すぎるからやめよう」
「やはり原子力利用に戻ろう」
と訴えた政治家がいたが、
支持を得られなかった。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・
ドイツの再エネのバランスはいい。
日本では、地熱、潮力発電が加わる。
有望だ。

年3万円の負担は月約2500円の負担増。
電気代が2倍にならないのなら、
原発やめてほしい。
節電で対抗すれば、約1.5倍程度に抑えられそうだ。

各家庭で2〜3割強(3.11前対比)の節電が出来れば、
原発分の節電が出来たことになると考えている。
なにも、江戸時代の生活に戻る必要はない。

再エネが、
これからの時代の流れなのは確かだ。
それを、どう消化するかが、問われる。

既存の電力会社に、再エネを合わせるのではなく、
再エネに電力会社を合わせる必要がある。
逆転の発想だ。

再エネには
イノベーションがある。
新しい産業の創成だ。
思考のブレイクスルーが
今一番求められている。

電力会社の言いなりでは、
この国は技術先進国とは言えない。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・

なんで、タービンが壊れるのだろうね?
逆潮にあるべき保護装置が対応していないのか?
説明が足らん。。








注1)個人の感想です。
注2)福島第一原子力発電所のことを東電用語では1Fと称するが、
   1Fは建築図面では1階のこと。
   このブログではそのままF1と表します。
引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   東京新聞2014年9月27日
b0242956_22473673.jpg

お気に入りましたら、購読のほどよろしくと、勝手に
東京新聞の購読申込をUPしておきます。
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/  
8/1からデジタル版も2ヶ月無料お試しも始まりました。
http://digital.tokyo-np.jp/pr/
参照1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
THE HUFFIHGTON POST 2014.10.08
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/15/renewable-energy-in-germany_n_4600747.html
・・・・・・・・・・・・・・・
-7 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/

-6 ガレキ広域処理(10万ベクレル)の落とし穴 7 
http://lituum.exblog.jp/18103795/
-5ガレキ広域処理(8,000ベクレルのトリック)落とし穴 13  http://lituum.exblog.jp/18165295/
-4 ラッセル・アインシュタイン宣言  一考察(原発の恐ろしさを思い知る。)
http://lituum.exblog.jp/19980944/

-3「科学者よ、声をあげよ」訴える故放射線専門家の妻 http://lituum.exblog.jp/18471961/

-2 東京新聞 http://lituum.exblog.jp/i34/
-1 上関原発,祝島に思う http://lituum.exblog.jp/18923860 
0 2. 東電社員達だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。
http://lituum.exblog.jp/17909501
1.  東電は原発事故直後から作業員ら2000人にヨウ素剤,一方住民は。。  
  http://lituum.exblog.jp/17764554/
2.  5. メルトダウンしていた米国初の原発 http://lituum.exblog.jp/19675969/
6. 原発はもう無理 GEの発言 原文も http://lituum.exblog.jp/18757169/
7. アメリカ合衆国原子力規制委員会元委員長 原発産業は "Going Away"  href="http://lituum.exblog.jp/21285539/"4target="_blank">http://lituum.exblog.jp/21285539/
8.  トリチウム 染色体異常を起こす 39年前の記事
http://lituum.exblog.jp/21437678
9.  小泉元首相、安倍首相らの「原発ゼロは無責任」に反論 講演内容詳細  
http://lituum.exblog.jp/21410321/
10 スリーマイル島からフクシマへの伝言 
http://lituum.exblog.jp/19960375/
11 福1原発はベントになぜ失敗したか 2  ラプチャーデスク
http://lituum.exblog.jp/19279826/
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【瀬戸の風 特選動画】

ロシア地下核工場 クラスノヤルスク 5

  by setonokaze | 2014-10-08 23:09 | 東京新聞

<< 再生エネ発電増でも2% 制度不... 内部被曝のお勉強会  「チェル... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE